今年も、細く、長く、しゃきっ(?)とね



親友のHくんから、年賀メールが届きました。
去年の2月まで約2年、こっちに単身赴任してて、
ちょくちょく呑みに行ったりしてました。
(元気でやってますかあ?)

蕎麦打ちのベテランらしい年賀写メだねー。
ありがとう!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
新年おめでとう
年越し蕎麦。
まず、かき揚げの天抜きで飲んで残った汁をつけ汁に。
それと辛味大根。蕎麦の加水率は40%。
ギリギリですが、おかげで角がキリッと立っています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

001Hくん2013年越し蕎麦.jpg

002Hくん2013年越し蕎麦アップ.jpg

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今年もよろしくお願いします
加水率は粉によって異なりますが、いい粉だと40%を切っても大丈夫な感じがします。
そばもんで言う「そら豆」までは必要ないことに気づきました。
指の先で蕎麦粉全体がしっとりしてきたなと感じられる量が適量です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------



おーっ!
細くて、長くてキリッと角が立ってて、旨そうだねー。
年頭から縁起がいいやねー。

加水率40%?!
よくつながったね。
ますます腕をあげたんじゃないの?

僕はまだまだ修行が足りん状態です。
今年もいろいろ教えてねー。

今年もいい年になるよう願っています。
ますますのご活躍を!


コメント

非公開コメント

明けましておめでとうございます

正月早々、美味しいそうなお蕎麦を拝見して
眼福です。
いい粉だと40%を切ってもきっちりしたそばになるんですね。

蕎麦が食べたくなってしまいました。
昨年中は、ブログを見ていただいたり、
コメントを頂いたりありがとうございました。
今年もいろいろ教えて下さい。
よろしくお願いします。

Re: 明けましておめでとうございます

takaki11さん、新年おめでとうごさいます。
コメントたまわり、ありがとうございます。

親友Hは、実は札幌在住なんですよ。
いつか、どっかのお店で近くに座っていたかもしれませんね(笑)。
もうけっこう長年蕎麦打ちをやっていて上手なので、
教えてもらったりしています。
私はまだまだ細く、長くとはいかず、壁にぶちあたっている状態です。
こうして交流を続けられるブログは、偉大なツールですよね。

takaki11さんのワインやフレンチの造詣の深さに
いつも感動をいただいております。
今年もいろいろご教示くださいませ。
よい年になりますように!

今年も旨そう

蕎麦もうどんも、
エッジが大切ですね。
今年も美味しい「蕎麦」を
ご紹介して下さい!!

Re: 今年も旨そう

カッパさん、コメントありがとうございます!

「打ち込みうどん」もエッジがあるんですか?
いやいやどっちでもいいんですが、
体があったまりそうで、この時期いいですねー。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

おいしそう!

お蕎麦ってあまり食べないんですが、

お蕎麦好きな方の話を聞くと、
猛烈に食べたくなります。

ですが、こちらはお蕎麦屋さんって、あんまりないような……。

こちらの麺市場は、きしめんと味噌煮込みうどん、
そしてあんかけスパゲティに占拠されているような気がします(笑

どれもおいしいんですがね~(´∀`)

Re: おいしそう!

ハリガネさん、ありがとうございます。

そちらのほう(名古屋?)の蕎麦屋はよく知らないのですが、
きっとありますよ。
「手打ち蕎麦」のお店を検索すると、
たぶんたくさん出てくると思います。
そう、こちらでも、すぐ近所にあるとは限りません。

ちょっと離れているかもしれませんが、
岐阜に行くともう大変です!
あそこはうまい蕎麦屋のテーマパークです。

まあ、おおざっぱにいうと
蕎麦の味なんてどこでも同じようなもんで、
大したもんでもないんですけどね。
ええ、エビフリャーとかひつまぶしみたいな感動は
なかなかないですよねー。