14 Comments


どっかに車で出かける時だったかなあ、とくに意味もなく免許証を見てみたんだよ。
「平成25年の誕生日まで有効」って書いてあるよなー。

あれっ?ちょっと待てよ。
平成25年っていつよ?・・・!!
えっ、今年じゃんか!!
しかも、誕生日過ぎてる!!
あれー?免許更新の案内ハガキ、届いてないよなあ。
・・・というわけで、あわてて免許の更新に行くことにしたよ。

ちなみに、免許センターに確認したら、案内ハガキが届かないことは、
しょっちゅうあることだそうだ。

この辺に住んでる人間の自動車運転免許の更新は、
埼玉県の鴻巣(こうのす)市まで行くことになる。
けっこう遠いんだよ。
でも、地図を眺めているウチに、川越市を越えて、
“川島(かわじま)町“ を通り過ぎて行くことになることに、気づいた!

おーっ、そうだ!
・・・なら、川島の『すったて』を食べるいいチャンスだ!
免許センターが終わったら、ちょうど昼飯近い時間だ!
と思ったら、「朝早くからあんな遠くまで行って、講習を受けるなんてめんどくせーなー」
という気持ちも、ピョーンと飛んでった。
某日朝6時、元気よく家を出たのだったよ。



『すったて』とは、そう、“擂(す)りたて” のことだよ。
何が擂りたてなのかというと、そう、「ゴマ」。
なんでい、ありがちじゃん、と思うだろうけど、まあそうだね。
でも、ごまだけでなく、「味噌」も擂るんだなー。
そして、キュウリの輪切りや、シソの千切り、ミョウガなんかも入れる。
そして、水を入れて冷たい汁を作るんだなー。

なんだよ、それって「冷や汁」じゃん、と思うだろうけど、そう、その通り。
でもね、こっちのほうの「冷や汁(ひやしる)」は、有名な宮崎県の冷や汁とはちょっと違って、
いりこや焼き魚のほぐし身などの動物性の材料はまったく入らないんだな。
きっちり、ベジタリアンな食べ物だ。

「冷や汁」は、どうも、宮崎と山形、それと埼玉のが有名みたいだけど、
群馬県、栃木県、新潟の栃尾市・中越地方・十日町市・三条市・見附市などは、
動物性食材が入らない “埼玉型”。
九州の熊本県の阿蘇周辺や、鹿児島県、大分県津久見市などのは、
焼き魚のほぐし身を使った “宮崎型” みたいだね。

埼玉全県に広がる「冷や汁(ひやしる)」は、
どうも鎌倉時代くらいから農村で食べられている “夏の食べ物“ らしいね。
その昔、お百姓さんが暑くて食欲のわかない時期に、
冷たくて食べやすくて、味噌やゴマから栄養をしっかり摂ろうということで
生まれた(伝わった?)料理だそうだ。

川島町在住の知人に聞けば、「すったて(=冷や汁)」は、
どこの家庭でもお母さんがパパッと作っちゃう料理だそうで、
いわば、川島の夏のソウルフードなんだね。

前にも書いたけど、おまけに埼玉西南部や東京多摩地区は、「武蔵野うどん」もソウルフードで、
それと「すったて(つったてともいう)」が自然と結びついて、
冷や汁にうどんを入れて(つけて)食べる、というのが当たり前になっているんだなー。

この「すったて+うどん」は、2010年に行われた「第6回 埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」で、
見事、優勝
したシロモノ。
農水省が主催する「農山漁村の郷土料理百選」でも、埼玉代表になっているんだよ。
ちなみに、その一部を紹介すると・・・

●埼玉県/冷や汁うどん、いが饅頭
●東京都/深川丼、くさや
●北海道/ジンギスカン、石狩鍋、ちゃんちゃん焼き
●福島県/こづゆ、にしんの山椒漬け
●神奈川県/へらへら団子、かんこ焼き
●新潟県/のっぺい汁、笹寿司
●長野県/信州そば、おやき
●岐阜県/栗きんとん、朴葉みそ
●愛知県/ひつまぶし、味噌煮込みうどん
●三重県/伊勢うどん、てこね寿司
●京都府/京漬物、賀茂なすの田楽
●大阪府/箱寿司、白みそ雑煮
●兵庫県/ぼたん鍋、いかなごのくぎ煮
●島根県/出雲そば、しじみ汁
●徳島県/そば米雑炊、ぼうぜの姿寿司
●福岡県/水炊き、がめ煮

などなど

徳島の「そば米雑炊」というのが意外だよね。



鴻巣での免許更新を終えて、信号の少ない田舎道を南下。
川島町のあたりは、荒川やその支流系の川を利用した田んぼが目立つね。
昔から、大河ドラマ「竜馬伝」にも出てくる川越藩の米を作っていたんだから当然か。

聞けば、「竜馬伝」のロケにも使われた川っぺりがあるらしいよ。
時代劇のロケに使われるというのは、カメラを回しても電線も家屋もビルも
近代的なものが何も映らない、だだっぴろい自然があるということだよね。
つまり、ド田舎ってこと。(川島の皆さんすんません。川島在住の知人が3人います)



車の冷房が効きずらいくらいの晴れの中、
着いたのは『泉の里』という手打ち蕎麦・うどんの店だよ。
着いてびっくり!
これはもう、店という感じじゃないな。
料亭、って感じかな。
でかい!

000_01泉の里_外観

000_02泉の里_店内


通常、使っているテーブル席が20卓くらいあるから、70~80人くらいは入るかな。
それの他に、広い宴会用の座敷みたいのがあるから、満杯で100人くらいは入れるなー。
その日はお盆の土曜日だったけど、それが、ほぼ満席だったんだよ。
一人で行ったから、2~3席開いてたスキマにすぐ座れたけど、
こりゃー大人気だね。


「すったて」は、うどんで食べるのがあたりまえなんだけど、
この店はもともと手打ち蕎麦の店だし、「すったて+蕎麦」のメニューもあるし、
僕も蕎麦が好きなので(うどんも好き)、「すったて+蕎麦」でたのんでみた。
ちなみに、「すったて」は、5~9月の夏季限定メニュー。

まず出てきたのは、蕎麦の麺以外のセット一式。
すったての具になるものは、手前の長皿のシソ、ミョウガ、キュウリ、
そして白いのがタマネギのみじん切り
だな。

001泉の里_すったてセット

すりこぎの突っ込んであるすり鉢は、かつ丼のどんぶりよりひと回り小さいくらい。
もちろん、炒りたての白ゴマ(金?)がどっさり入っている。
その他、味噌と、どこで使うのかわからないけど、きざみネギとわさびも別皿にあるね。
後で気づいたけど、このわさびは本物!
わさび芋を砂糖と一緒にすりおろした新鮮なものだったよ。

さてさて、いくぜー!

002泉の里_すったてごますり
① まずは炒りたてのゴマをすりこぎですり潰す。半分くらいにしとくか、徹底的に潰すかはお好みしだい。

003泉の里_すったて味噌

004泉の里_すったて味噌練り
② 次に、味噌を入れゴマと一緒に擂る。味噌の香ばしさも引き出すんだね。

005泉の里_すったてたまねぎ
③ それに、タマネギのみじん切りも入れて、すり潰す。ココんちの味のポイントはこのタマネギなんだねー。

006泉の里_すったてきゅうり

007泉の里_すったてきゅうりつぶし
④ さらにキュウリの輪切りも入れて、これも潰す。これは、かるくたたくようにほどほどに

008泉の里_すったて汁半分
⑤ ここで、蕎麦つゆを半分だけ投入してよく溶かす。
  これは、フツーは水を入れるんだけど、ココのは蕎麦つゆを3倍くらいに薄めたものだろうなー。
  味噌がしょっぱいから、つゆが濃いとしょっぱ過ぎるよね。ここは味見をしながら要注意だね。

011泉の里_汁出来
⑥ ⑤の味噌とゴマが汁に溶けたら、残りの蕎麦つゆを入れる。
  そこへ、残ってる具(シソ、ミョウガ)を入れれば、すったてのできあがり!

009泉の里_蕎麦

ゴマを擂ってる間に、蕎麦がきていたんだねー。
上に載っているのは、大根と人参のツマだな。
これをよけて蕎麦を見てみると・・・おーっ、微粉系のいい蕎麦だ。

010泉の里_蕎麦アップ

品種は北海道音威子府村の三好農場産の玄蕎麦だそうだ。
それを一九で打っているとのこと。
麺だけをつまんで食べてみたけど、んー、いいねー。
細めで、カドもつやも香りもしっかりした蕎麦だ。
すったてに浸けて食べるのがもったいないくらいだな。

012泉の里_箸上げ

おおっ、うまいぜー!!

013泉の里_箸上げ2

ゴマと味噌と蕎麦つゆの旨味だから、だいたい想像通りの味だけど、
このキュウリの味と香りは、うれしい誤算だったなー。
キュウリって、ゴマ&味噌の汁にバッチリ合うねー!これは、ウマイ!!
そこに、大葉とミョウガの香りも添えられるから、めっちゃ爽快!

味噌の植物性タンパクと食物繊維でしょ、
それからゴマの血圧低下作用やセサミンやゴマリグナンなどの抗酸化物質、
シソは殺菌効果と痩身効果、ロズマリン酸というやつのアレルギー防止効果など、
文字通り “薬味” パワーいっぱい!
それから、蕎麦のルチンを始めとするポリフェノール類で、血管病や糖尿病の予防でしょ。
なんか、いいもの食ったなあ、って気分になったなー。

分量がはっきりしなくて申し訳ないんだけど、
ご自宅で作ってみてはいかがでしょう?
カンタン!うまい!ヘルシー!の三拍子だよ。

014泉の里_ごちそうさん

ごっつぉさんでした!
残った汁に、ご飯を入れて食べるのもポピュラーだそうだ。

015泉の里_蕎麦湯



●『泉の里 』(いずみのさと)
埼玉県比企郡川島町吹塚755-1
049-291-0132
11:00~15:00
17:00~22:00(L.O.21:00)
ランチ営業
定休日/水曜日


つかりこ
Posted byつかりこ

Comments 14

There are no comments yet.
ペチュニア  

「すったて」に対する学術的?味覚的・視覚的なレポを有り難う御座います。
かなり詳細な説明がなされており、お味も想像できるようです。
しかーし、本当は想像以上に美味しいのでしょうねえ!
美味しいおそば食べたくなります(「すったて」の記事なのにスミマセン↓)。

2013/08/26 (Mon) 23:39 | EDIT | REPLY |   
つかりこ  
Re: ペチュニアさん、ありがとうございます。

お忙しいところ、いつもありがとうございます。
過去ログも読んでくださり、感謝感謝です。
ホントうれしいです!

すったて、ゴマと味噌ですから、だいたい味の想像はつくでしょ?
私も食べる直前までそうだったのですが、
生のタマネギをすって旨味を加えた汁に、
つぶして香りとエキスを出したキュウリって、
ものすごくウマイんですね。
しょっちゅうキュウリに味噌をつけて食べているので、
知ってたつもりですが、ちょっとした発見でした。

蕎麦もココんちは、もともと手打ち蕎麦屋なので
かなりイケてましたよ。
せっかくの蕎麦の味がすったての味に押されてしまうので、
ちょっともったいない感じもしましたが。
今度は、天もりあたりで、正面から勝負してみましょうか。

2013/08/27 (Tue) 03:31 | EDIT | REPLY |   
ぺこ★ぺこ  

おはようございます!

免許の更新、危機一髪でしたね^^;
気づいて良かったですね♪

しかも夏に食べたくなる美味しそうな「すったて」が食べられてラッキーですね(^_-)-☆
「農山漁村の郷土料理百選」の埼玉代表の
おいしいお料理食べてみたくなりました(^_^;)
「すったて+蕎麦」期間限定なんですね(^O^)/

新潟は、やっぱりのっぺいが入ってるぅ~\(^o^)/
各地、美味しそうで食べ歩きしたくなりますね♪

2013/08/27 (Tue) 08:47 | EDIT | REPLY |   
サンデーランチ  

こんにちは
”すったて”ついつい”すってた”と読み違えてしまいす。
すりこ木が素敵って全然関係ない事に興味津々。
胡瓜もすっちゃうんですね。ソバのおつゆは熱くないとと思いましたが、ざるそばは冷たいつゆでしたね。
おいしそうですね。自分で作るっていうのはいい。食べる前のお楽しみですね。行ってみたいな~

2013/08/27 (Tue) 12:04 | EDIT | REPLY |   
つかりこ  
Re: ぺこ★ぺこさん、いらっしゃいませ!

免許!
免許センターに、「ハガキ来ていませんけど・・・」って電話で問い合わせたら、
「いろんな理由でよくあることなんです」と、さらーっ、と答えられました。
「失効」すると運転できないし、書き換えにかかる料金も違うらしいしで、
実際困るんですが、さらーっ、はないですよねぇー。

「すったて」、冷たい味噌汁みたいなもんかあ、って思っていたんですが、
想像以上においしかったですよ。

こっちの新潟料理の田舎家(いなかや・池袋)という店で、
「のっぺい汁」を食べたことがあるのですが、
見た目で、おー、けんちん汁かあ、なんて思って食べたら大違い!
汁の味が違うんですよねー、感動的なうまさでした。

笹寿司、は食べたことがないのですが、笹団子もおいしいですよねー。

コンメントありがとうございました!

2013/08/27 (Tue) 14:45 | EDIT | REPLY |   
つかりこ  
Re: サンデーランチさん、こんにちはー

そうそう、すりこぎ、お洒落でしたよ。
すり鉢も、備前焼みたいな趣味でしたねー。

うん、胡瓜はすりこぎで一度だけつぶす、
というかんじでしょうか。
でも、これがポイントで、味噌味の汁と
バツグンのハーモニーを生み出します!
いや、ホント。

ゴマスリは、思いのほか力仕事で、
いい腹ごなしになりました。
すったての汁と、濡れた蕎麦の美味しさが
倍増しました!

いつもありがとうございます!

2013/08/27 (Tue) 15:01 | EDIT | REPLY |   
里花りん  

「すったて」すごく美味しそうです!
暑くてもこれならすいすい食べられそう。
ごまたっぷりで栄養もありそうですねー。

2013/08/27 (Tue) 21:44 | EDIT | REPLY |   
映画カッパ  
不思議、でも美味しそう!!

「すったて」初めて見ました。
不思議ですが、とっても美味しそうです。
これぞ、ご当地グルメ、心の郷土料理ですね!!
しかし、徳島の「そば米雑炊・ぼうぜの姿寿司」
なかなか渋い…? 
観光課等が製作するパンフレットには
必ず載っていますが、
地元徳島でも、なかなか食べる機会が無い
ご当地グルメです。

2013/08/27 (Tue) 23:41 | EDIT | REPLY |   
つかりこ  
Re: 里花りんさん、おかえりなさーい

想像以上に、おいしかったですよ。
うどんやそうめん、ごはんで食べるのも
ポピュラーだそうです。

2013/08/28 (Wed) 02:28 | EDIT | REPLY |   
つかりこ  
Re: 不思議、でも美味しそう!!

「すったて=冷や汁」、
調べたら、昔から日本中の農村で食べられていた
ものらしいですよ。
予想以上においしいものでした。

川島町には、冬には、前にちらっとお話しした
「呉汁」もあるので、ルポいたしますね。

農水省の「農山漁村の郷土料理百選」は、
2007年に選定したものらしく、
あくまで、農山漁村の郷土料理らしいです。
だから、北海道出身の私も、「ちゃんちゃん焼き」
などは食べたことがないなー、ということが
生じるみたいです。

農水省が選んだものに、
「御当地人気料理特選」(23品)というのも別にあって、
これがいわゆるご当地グルメで、
たとえば大阪なら、「お好み焼き」や「たこ焼き」となっています。
でも、徳島は空欄になっているので、
例の豆入りのお好み焼きやラーメンなどをぶちこむ余地ありかも。

あ、祖谷地方に蕎麦の徳島在来種があるらしいですねー。
在来種というのは、なかなか個性的な風味のあるものが多いので、
興味深いです。いつか、食べてみたいなー。

2013/08/28 (Wed) 02:57 | EDIT | REPLY |   
takaki11  
おいしそうです

すったてて初めて知りました。
冷汁自体は、山形で食べたことがあります。
すったての効能がすごくて、健康に気になる年の自分には興味がわきます。
音威子府村産の蕎麦がまた美味しそうです。
音威子府村産は、こちらでも美味しいと評判です。
それにしても涼しげで良いですね。

2013/08/28 (Wed) 06:42 | EDIT | REPLY |   
つかりこ  
Re: おいしそうです

そうそう、山形の冷や汁とほぼ同じですね。
ココんちのやつは、たまねぎのみじん切りも
擂るのが特徴です。
たまねぎの旨味が加味されて、
ひと味アップしていると思います。

よく考えたら、
大豆発酵物プラス蕎麦でしょ、他も見事に全部ナマの野菜で、
血糖値と尿酸値と血圧とコレステロールが下がって、
ダイエットにもなるかも・・・なんて毛色の食べ物なんですね。
こりゃ、いいなー、って思いました。
でも、一回くらいじゃだめでしょうけどね。

自宅でもわりと簡単にできるので、
ちょくちょくやってみようと思っています。

・・・そんな年齢になっちゃいました。

2013/08/28 (Wed) 19:40 | EDIT | REPLY |   
ちっち  
わ~わ~わ~

冷や汁を店で食べるなんておったまげたたい!なんてね。
我が家はきゅうり、青シソ、ごま、味噌で作ります。

ベジタリアンでしょ。

この前宮崎県風に鯵の干物を焼いたものを
すりつぶして加えてみましたが、それも美味。

冷や汁に蕎麦を浸けていただくのは初めて拝見しました。
麺類もよかですね。
ちなみに長崎でも冷や汁はポピュラーなんですよ。

そうそう更新葉書が届かないなんて
信じられん。

2013/08/30 (Fri) 16:21 | EDIT | REPLY |   
つかりこ  
Re: わ~わ~わ~

ちっちさん、いらっしゃいませ!

いたいた!ご自宅で作っている方。
やはり、基本の材料は日本中いっしょなんですね。
魚の身をすって入れるのも、うまいんですねー。

うん、埼玉ではうどんを浸けて食べるのが一般的みたいです。
そのまま食べたり、ご飯にかける人も多いみたいですが。

免許の更新通知ハガキは、きっと、自分でどこかに置き忘れて
いるんじゃないか、と思って徹底的に探したんですけど、
やっぱりなかったし、そもそも見かけた記憶もなかったからね。

極めてつながりにくい免許センターへの電話で聞くと、
オペレーターの女性が「なんらかの理由で、ハガキが届かないことは
よくあることです」と、当然、という口調で答えられましたねー。
“なんらかの理由” という言い方が気になりますよね?
「お前、なくしたんじゃないのか?」って言われているようで。

さらに、「なくても大丈夫です。○番窓口に並んでください」と
システマティックに案内されたので、ホントによくあることなんだと
理解しましたが、そんなんでいいのかあ?

先が思いやられるでしょ?
免許取られたばかりなのにねぇー。

2013/08/31 (Sat) 07:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply