ゆらゆら草

もう少し感受性を働かせれば、毎日がスペシャルになる。そう自分に言い聞かせて、 いろいろ感じたことを書きとめてみよっと。

ゴン中山は4度死ぬ  



1994年3月だった。
僕は、原宿にある撮影スタジオにいた。
新発売された商品の販売促進キャンペーンのための懸賞景品の撮影だ。
クライアントは、スイスに本社がある世界最大の食品メーカーN社の日本法人。
商品は、「V」という名前のミネラルウォーター。
そのイメージキャラクターが、中山雅史だった。

'93年5月に華々しくJリーグが開幕したことで、
広告界でも、人気球団や選手を製品のブランドづくりのための “顔” として使うのが
もてはやされたのだ。
'92年のアジアカップで活躍し、日本代表にも選ばれ、
“ドーハの悲劇” で泣き叫ぶ姿で多くの若者の心を揺るがした、
Jリーグ昇格を決めたばかりのジュビロ磐田のエースを
世界企業のN社がほうっておくテはなかった。

商品を買って、ボトルのラベルの一部を切って、
ハガキに貼って送ると抽選で当たる、商品ロゴ入りの景品を5点ほど撮る。
デジカメはプロの道具としてさえもまだポピュラーではなかった。
銀塩フィルムカメラで、ライティングとシャッタースピードを何度も調整し、
ポラロイド写真で仕上がりを仮想しながら撮りまわすと2時間はかかる。

クライアントの宣伝担当者と、広告代理店の営業マンのおもりもしながら
仕事をするハメになるので、とりあえず終われば、一服のひとつもしたくなる。
あとは、ポラを眺めているクライアントが、自分の仕事はここぞ、とばかりに
見当違いの注文をつけて、撮り直しにならないことを祈るばかりだ。

スタジオのバックヤードでコーヒーをすすっている広告代理店の営業マンのIに、
僕はお愛想のつもりで話しかけた。

「Jリーグさまさまですね。しかも、選手個人との契約なんて、すごいですよね」
しかし、Iはにこりともせずに、紙コップの中をじっと覗いている。
声が大きすぎたかな、と反省しつつも、
「中山雅史っていうんですよね。ルックスもいいし、これからが見ものですね」
と僕が言うと、Iは僕と目を合わさず、抑えた声を紙コップの中に溜めるように言った。

「ここだけの話だ。まだ発表されていないんだけど、すぐに問題になる」
「え、なんですか?」
「中山雅史はもうだめ。股関節の障害で、選手生命は終わりだそうだ」
「えーっ?もう、って始まったばかりじゃないですか。治療で治らないんですか?」
「スポーツ選手、特に、サッカー選手の持病みたいなもんなんだってさ。
でも、彼は無理を重ねてしまって、もう治せない、もうスポーツはできない、
というところまで来てしまってるらしいんだ。
彼も絶好調でここまできたし、クライアントとも契約したばっかなんだけどさ」
「・・・・」
「ウチとしてもやばいんだ。こうなることを知ってて契約させたんだろ、
って疑われて、これから問題になるんじゃないかと思う」
「・・・・」
「だから、絶対黙っといてくれよな」

この1カ月後、中山雅史の姿は、ピッチからもテレビからもスポーツ新聞からも、消えた。



001ゴン走る
Photo:Naoya Sanuki「Number PLUS 中山雅史と日本サッカーの20年」文芸春秋社刊より



ゴンちゃん、辞めちゃったよねー。
去年(2012年)の12月4日に記者会見やって、
本人は「第一線を退いただけ」と言ってたけど。

ずいぶん経っちゃったので、唐突感をぬぐえないけど、
前々から、書きたい!と思っていたんだよ。
コンフェデ杯だっけ?W杯アジア最終予選だっけ?
最近、ゴンちゃんを解説者としてテレビで観たので、
「いまでしょ!」ということで、ログってみました。
(それにしても、だいぶん経ってるかあ)



ゴン中山って、どんな人だと思う?
陽気で、アドリブがきいて、いつも笑顔で、ギャグをぶちかましている “お祭り男”、
って思っているんじゃない?
もうちょっとサッカーを知っている人なら、猪突猛進プレー、何物も恐れない突貫小僧、
って付け加えるかもしれないね。

そりゃ、その通りだけど、
でも僕は、それはゴン中山がハレを演じてる部分なんだと思ってるんだ。
一面というか、片面というか。
ホントは、めちゃめちゃ武骨で、ストイックで、スポ根な男なんだと思う。
でなけりゃ、あんな過酷な選手生活を20年以上も送って来れるわけがないよな。



002ゴンにらむ
Photo:Akira Matsuo「Number PLUS 中山雅史と日本サッカーの20年」文芸春秋社刊より



'94年の撮影現場での一件の後、ゴン中山は8カ月も姿を消していたんだよ。
ほぼ1シーズン、すっぽり。
僕は当然、職業を変えたんだと思っていたよ。
というか、当時はその存在すら忘れてた。

でも、'95年のリーグが始まってみれば、超びっくり。
ゴンちゃん、やってるじゃんか!
しかも、元イタリア代表のスキラッチと組んでジュビロのフォワードをやってる!



それからずいぶん経ってから、
ホントに偶然にテレビのドキュメンタリー番組を観たんだよ。
ゴンちゃんの選手生活に迫った内容だったなー。
なんチャンネルなのか、忘れてしまったけど。

たしか、深夜枠だったかな。
ゴン中山の身に、なんかがあったというわけでもなく、
つまりその番組オンエアの動機づけがないので、
ひっそりとしていて、ほとんどの人が観た記憶がないだろうと思う。

ゴンちゃんは、テレビの中でひたすら歯を食いしばっていたんだ。
死んでいたはずの '94年シーズン1年間の中山雅史の記録だった。
手術後のリハビリの苦しさが、延々と描かれていた。

仲間からどんどん遅れをとる姿。
つい昨日まで、シュビロと日本代表の先頭を全力で走っていたのに。
全然思うように治らない足。
痛みに歪む顔、とてつもなく痛いのが伝わってくる。
フツーなら、強烈に顔を歪めたまま何時間もリハビリなどしないからだ。
相当無理をしているのがわかったなー。

それを観て、ゴンちゃんに対するイメージを変えざるを得なかったねー。
ゴン中山は、サッカーの鬼だ!
スポ根なんてレベルじゃない。
修行僧だ、虎の穴のレスラーだっ!
こんなところで、“ゴン” なんて呼んでたら、バイシクルキックをもらうぜ。
バリバリの体育会男。
そして、激しい痛みがあっても表に出さない、プロフェッショナルなのだ。



'95年シーズンは、スキラッチと組んでスタートしたものの後半、やっぱり故障。
無理してるんだろうと思った。

'96年は、リーグ不調、代表からもはずされる。
まあ、あたりまえだよね、そんなに簡単に治るわけがないよ。

ところが、'97年後半は見違えるように復活!
ジュビロのステージ優勝に大きな貢献をするまでになったわけ。

そしたら当然、W杯フランス大会の最終予選の最終局面で日本代表に召集。
カズと呂比須が出場停止だったせいでもあるけどね。
でも、実際、本大会出場への大きなパワーになったよね。
さらには、鹿島とのプレーオフでも活躍して、
ジュビロをリーグ初優勝へと導いたんだった。

W杯本大会での起用の希望が生まれたせいか、'98年のゴンは神がかっていたねー。
4試合連続ハットトリックの偉業を達成!
これは、ギネスにも載っている記録なんだよ。
さらには、31歳にして36ゴールを挙げて得点王をとったっけ。

003ゴン叫び
Photo:「Number PLUS 中山雅史と日本サッカーの20年」より

当然のように、'98年W杯フランス大会本大会に出場。
グループリーグ3戦全敗だったけど、
ジャマイカ戦で日本人初のW杯得点を決めたんだった。
得点直後に足を骨折したのに、最後まで戦ったんだったね。
本人は後日、「よく夢中だったら痛みを感じないというけど、強烈に痛かった」
と言っていたけど、やっぱり、無理をするタイプなんだなー。

004ゴン痛い
Photo:Naoya Sanuki(JMPA)「Number PLUS 中山雅史と日本サッカーの20年」文芸春秋社刊より

それにも関わらず、'99年のリーグ制覇、2000年の試合開始後最短ハットトリック
またギネスに載ったり、2002年のW杯日韓大会出場など、
華々しい活躍をしたんだよ。
この頃が、中山雅史が最も輝いた時期だったんじゃないかな。

そして、2003年に股関節周辺の傷害を再発してチーム離脱。
天皇杯でワンポイントで活躍するけど、'04年シーズンはふるわず。
この時、ゴンはまた死んだんだよ。

2005年からリーグに復帰。
'06年以降徐々に出場機会も減っていったけど、
’09年までに数々の “最年長記録” を塗り替えていったんだね。

2010年、コンサドーレ札幌に移籍するも、11月に膝を手術。
この時、ゴンちゃんの膝の半月板と軟骨はほとんどなくなっていたそうだ。
膝の骨と大腿骨がクッションをなくして直接あたってしまう。
当然、走るどころかちょっと歩くだけでも激痛が走るんだそうだ。
2012年に “第一線離脱” を表明するまで、立っているのがやっとなのになお、
チャリティマッチに出場したりしてたのだ。
これが3度目の死だなー。



こうやって書いてみると、まるで3回手術をしただけに見えるのはまずいな。
調べてみると、ヤマハ~ジュビロ磐田にいた20年の間に、
治療のために100回近くも戦線離脱していた
のだ!
フツーの選手なら、3年もケガを続ければ戦意を喪失して、
パフォーマンスも落ちてクビになっちゃうのだ。
100回も大ケガをしながら20年も続けてきたなんて、とんでもないハナシだよね。

ゴン中山の選手生活は、ひょっとするとピッチに立っていた時間より、
病院やリハビリルームにいた時間のほうが長かったかもしれないな。

そう、ゴン中山は、23年間ずっとケガをしていて、
なんとなく足の具合のいい時に、その短いスキマで、
爆発的な活躍をして輝かしい記録を残してきた
んだよ。

痛くてがまんできないのに走りまくり、
「まだまだもっといいプレイができるはず」ってさらに打ち込み、
マスコミの前では明るくひょうきんに振る舞って、
僕らに元気と夢を与えてくれたんだなー。



僕は、いまテレビでピンピンしてサッカー解説をしてる中山雅史を見ると
うれしくなって泣けてくる。

だって、“ゴン中山“ は、もう死なないから。



005ゴン引退



ゴン中山さん、“力” をありがとう!! おつかれさまでした。



<中山雅史主な記録>

● 世界最多 連続ハットトリック / 4試合 (’98年4月15日~29日、ギネス認定)

● 最短ハットトリック / 3分15秒 ('00年アジアカップ予選・対ブルネイ戦、ギネス認定)

● Jリーグ通算最多得点 / 157得点 (355試合)

● Jリーグ年間最多得点 / 36得点 (27試合)

● Jリーグ1試合最多得点 / 5得点 ('98年4月15日・対セレッソ大阪戦)

● J1最年長出場 / 45歳2カ月1日 ('12年11月24日現在・対横浜F・マリノス戦)

● Jリーグ得点王 / 2回 (’98年・36得点、'00年・20得点)

● JFL1部得点王 / 1回 ('92年・13得点)

● JリーグMVP / 1回 ('98年)

● Jリーグベストイレブン / 4回 ('97、'98年、'00年、'02年)


コメント

「ゴン」さんは、好きだった選手の一人です。
何だか、迫力が違うんだもの。
このお話を読んで、そんなことがあったのか、と
驚きました。
どうりで、迫力が違うわけです。
それだけ、サッカーが好きで好きで、
サッカーしているのが当たり前の選手だったんですね。
そうでなきゃ、何度も復帰するなんてできない。
すごいです。

里花りん #- | URL
2013/07/15 22:23 | edit

Re: 里花りんさん、はじめまして!

「ゴン」さんは、チームメイトからも
サッカーの時とテレビの時とでは人が変わる、
と言われていたようです。
つまり、サッカーにおいてはひたすら
トレーニングかリハビリを続けるような
ストイックとガッツの人だったみたいです。

スポーツ選手は誰でもケガに悩まされて、
それが命取りになって引退する人もたくさんいます。
でも、ゴン中山さんは人並み外れた精神力で壮絶にケガと戦って、
何度も復活(きっと、治ってないのにやり続けた)して
ファンを楽しませてくれました。

ゴンさんが残した記録もすごいけど、
そのことを記憶しておきたくて今回の記事を
書かせていただきました。

最後まで読んでいただき、ご理解をたまわり
ありがとうございました!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

つかりこ #- | URL
2013/07/16 06:46 | edit

つかりこさん、こんにちは
今日の発見:つかりこさんって男性だったんですね。女性だとばかり思ってました。なぜかというと”りこ”だったから。
びっくり。

サンデーランチ #- | URL
2013/07/16 10:06 | edit

最後まで

読ませていただきました。

ウチのなら凄く理解すると思うのですが
サッカーのことよく知らない私でも
ゴン中山の見方が変わる内容でした。

そんな膝の状態であれば日常生活もままならぬ痛さであったことでしょう。

今晩ウチで話題にしてみます。

ちなみにコメント拝見して私も最初のころは
つかりこさん女性だと思っていたのですよ。

でもよくよく読んでみると違うやんて気付きました。

ちっち #- | URL
2013/07/16 15:06 | edit

熱い想い

つかりこさんのゴンさんに対する
「熱い想い」拝見させて頂きました。
これから様々なメディアで彼を観た時に、
彼に対する見方が少し変わるのかも知れません。
それしても広告代理店の営業マン…
情けないけど、そんなものですよ!!

映画カッパ #- | URL
2013/07/16 22:29 | edit

Re: サンデーランチさん、いらっしゃい!

> 女性だとばかり思ってました。

じえ、じぇっ!
まじっスか?
それは、由々しき事態ですね!!
ネットでは、女子になりすまして
良からぬことを企む輩がたくさんいますからね。

すみませんでした!
“りこ” がいけなかったんですね。
“りこ” にまったく意味はなかったんですが、
こうなったら正直にいきさつをお話ししますね。

去年9月に、初めてブログを始めようと
FC2さんに登録した時ですね。
ハンドルネームを入力するでしょ?
まあ、なんでも良かったんですが、
女性を連想するのだけはやめとけばよかったですね。
不慣れで気づきませんでした。

僕の姓名の一部に “つか” という言葉が
入っておりまして(バレバレ)、
「つかぽん」にしようと入力したら、はじかれたんですね。
他に「つかぽん」を使っている人がいるということですよね。
で、「つかちゃん」でもだめ、「つかさん」でもだめ、
「つかりん」でもだめ、「つかりんこ」でもだめ、
で、「ん」を省いて「つかりこ」にしたら、登録できたんです!
めんどくさかったので、これでいいや、で、いまにいたるなんです。

そんな流れがあったので、全然、女子っぽい名前だということに
今日まで気づいていなかったです。
ご迷惑をおかけして、すみませんでした。

今後は、「男です」と逐次伝えないとですねー。
でないと、変なことが起こったらいやですもんね。
それとも、ネカマになろうかしらん。(苦)

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

つかりこ #- | URL
2013/07/17 00:41 | edit

Re: 最後まで

ちっちさん、んちゃー!です。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
こんな内容でも、たくさんの人に読んでもらいたい、
と思って書いているので、ホントうれしいです。
いつも感謝しております!

そうか!目からウロコが落ちました。
コメント投稿の時に、本文に「僕」とか「オレ」とでも
書いてないと、名前の「つかりこ」だけしか伝わらないから、
十中八九、女子と間違えますねー!
なるほどー。
その節はすみませんでした。

今後はコメント時に、「男」とか「♂」とか
付け加えますねー。
あ、ちっちさんはもう知ってるかあ。

これからも、いろいろ教えてくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします!

つかりこ #- | URL
2013/07/17 01:14 | edit

Re: 熱い想い

カッパさん、コメントありがとうございます。

毎日、カッパさんのサイトで癒していただいたり、
奮起させていただいたりしております。
ありがとうございます!

ゴンさんは、強い個性で、サッカーファンならずとも
知名度が高い選手だと思います。
でも、テレビで「第一線離脱会見」を見てから、
彼が打ち立てた記録ばかりでなく、
ケガとの戦いのことをもっと言ってやらなくちゃ、
彼の実績の半分しか称えられていないと思い
書くことにしました。

スポーツ選手って誰でも、ケガと戦うハメになるので、
大しておもしろくもない記事ですが、
彼の場合はあまりにも壮絶たったことを知っていたものですから。
おつきあいいただいて、ありかどうございました!

あ、カッパさんって代理店を営んでらっしゃるんでしたっけ?
制作会社?(お答えされる必要はありませんが・笑)
代理店の営業マンのハナシ、Iさんをけなすつもりは全くなくて、
彼も契約後にあんな事態に陥って大変だったなあと言いたいところです。
マスコミ公表前に、漏らすわけにはいきませんものね。
CMの契約タレントが不祥事を起こして、突然CF流せなくなったりして、
代理店って大変です。

なんだか、長くなっちゃってすみません。
ではでは、またねー。

つかりこ #- | URL
2013/07/17 02:01 | edit

つかりこさんのゴンさんに対する想いが伝わってきます。
そうですね、真摯にサッカーに向き合ってきたんだと思います。
コンサード-レに来た時は、もうボロボロの状態でしたが、周りに対しての影響は強烈だったと思います。
札幌では、メディアで見る機会が多いのでこれからも応援していきたいと思います。

takaki11 #- | URL
2013/07/17 07:58 | edit

Re: takaki11さん、いらっしゃいませ!

そうそう、僕は道産子なので、
好きなゴンさんがコンサドーレに入った時に
すごくうれしかったです。

そうとう足にガタがきていて、
なかなか活躍できなかったですけど、
チームメイトの言葉を読むと
ゴンちゃんのガッツやプロ意識が
ずいぶん伝わったのだろうと思います。

岡田さんが監督になった時も小躍りしたものでした。

まあ、これからですよね、コンサドーレの時代は!

屋外養生式ピッチの札幌ドームに、
いつか行ってみたいです。

コメントありがとうございました。

つかりこ #- | URL
2013/07/18 01:08 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurayuragusa.blog.fc2.com/tb.php/62-5c3edeb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちかごろの記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

リンク