ゆらゆら草
もう少し感受性を働かせれば、毎日がスペシャルになる。そう自分に言い聞かせて、 いろいろ感じたことを書きとめてみよっと。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
アリバイを持っておいで ~ EAGLES『Hotel California』も和訳してみた


何かのきっかけでブログを見たら、
イーグルスの「ホテルカリフォルニア」の歌詞の意味についての記事って
いっぱいあんのねぇ。

1976年の12月に発売された当時は、
ロマンチックで哀愁の漂ったメロディと
カリフォルニアらしいパーティや贅沢な生活を感じさせる歌詞で、
“別れた彼女との思い出” を描いた曲だと解釈されていたんだよ。
もう少し進んだ解釈では、当時は、ベトナム戦争が終わって
アメリカの栄光や繁栄が翳りを見せていた時代なので、
そういうことをゴージャスなホテルライフの “思い出” というカタチで描いた、
という意見もみられたな。

でも、翌年の2月にシングルレコードが発売されて、
日本の洋楽のラジオ番組なんかでもバンバンかかるようになってから、
“黒魔術の歌” だとか、“マリファナパーティ” のことだとか、
いろいろな意見が噴出し出したんだよ。

しばらく混沌としていたけど、
僕もずっと、ホントはどういう意味なんだろう、って頭の片隅に引っかかったまま
ことあるごとに訳したり、他人の意見を読んだり聞いたりして、
何年もかかって “こうだ!” という決着をつけたんだった・・・。

いまでも、“アメリカの繁栄を象徴するカリフォルニアの、ドラッグや暴力で堕落した姿を描いた”とか、
“堕落した人間を封じ込めるべきだというメッセージ” とかとか・・・、
いろんな意見があっておもしろいので、
当時、僕が出した結論に基づいて、ものすごく久しぶりに和訳にリトライしてみた。
もともと、いろいろな解釈ができるようにできている曲なので、
いち意見として読んでいただければ・・・。




<プレーン訳>

001レコジャケ



“Hotel California“
“ホテル・カリフォルニア“



On a dark desert highway,
夜の砂漠のハイウェイ

Cool wind in my hair,
髪を梳る冷たい風

Warm smell of “colitas”
コリタスの生暖かい匂い

Rising up through the air,
大気の中を立ち上っている

Up ahead in the distance
遠く彼方に

I saw a shimmering light,
かすかな光が見えた

My head grew heavy and my sight grew dim,
頭が重くなり、視界も霞んできて、

I had to stop for the night.
泊まらなきゃならなくなった

There she stood in the doorway,
入口に立っている女のあたりで

I heard the mission bell
礼拝の鐘の音が聞こえた

And I was thinkin’ to myself :
そして、私は自問した

“This could be heaven and this could be hell”
「ここは天国なのか、それとも、地獄なのか」

Then she lit up a candle,
すると彼女はろうそくを灯して

And she showed me the way,
私を案内した

There were voices down the corridor,
回廊のあたりで声が聞こえた

I thought I heard them say
私には、彼らがこう言ったような気がした



Welcome to the Hotel California,
ようこそ、ホテル・カリフォルニアへ

Such a lovely place,
とっても素敵な所

(Such a lovely place)
(とっても素敵な所)

Such a lovely face
とっても素敵な外観

Plenty of room at the Hotel California,
ホテル・カリフォルニアには、充分に空きがありますので

Any time of year,
一年中いつでも

(Any time of year)
(一年中いつでも)

You can find it here
ここでなら、泊まる場所を見つけられますよ



Her mind is Tiffany-twisted,
彼女の心はティファニーにかぶれている

She got the Mercedes Bends,
いかしたメルセデスだって持っている

She got a lot of pretty, pretty boys
彼女にはイケてる彼氏がたくさんいる

she calls friends
彼女は友達と呼んでるけど

How they dance in the courtyard,
彼らは中庭でダンスを踊っている

Sweet summer sweat
甘い夏の汗に濡れながら

Some dance to remember,
ある者は何かを思い出すため踊り

Some dance to forget
ある者は何かを忘れるために踊る



So I called up the Captain
そして、私は責任者を呼んだ

“Please bring me my wine”
「私のワインを持ってきてください」

He said, “We haven’t had that spirit here
彼は言った、

Since nineteen sixty-nine”
「1969年以来、あの酒は置いていないんです」

And still those voices are calling from far away,
そしてまだ、彼らの声が遠くからやってくる

Wake you up in the middle of the night
真夜中にあなたを目覚めさせる

Just to hear them say:
ほら、彼らの言うことが聞こえるだろ



Welcome to the Hotel California,
ようこそ、ホテル・カリフォルニアへ

Such a lovely place,
とっても素敵な所

(Such a lovely place)
(とっても素敵な所)

Such a lovely face
とっても素敵な外観

They’re livin’ it up at the Hotel California,
みなさん、ホテル・カリフォルニアで大いに楽しんでらっしゃいます

What a nice surprise,
なんてすばらしいサプライズ

(What a nice surprise)
(なんてすばらしいサプライズ)

Bring your alibis
口実を作ってでも、ぜひお越しください



Mirrors on the ceiling,
天井の鏡

The pink champagne on ice, and she said:
氷入りのピンクのシャンペン、そして彼女は言った

“We are all just prisoners here,
「私たちはみんなここの囚人なのよ、

Of our own device”
自分で仕組んでそうしたんだけどね」

And in the master’s chambers
そして、支配人の広間に

They gathered for the feast,
彼らは祝宴をするために集まった

They stabbed it with their steely knives,
彼らは鋼鉄のナイフでそれを突き刺した

But they just can’t kill the beast
でも、彼らはだれもその獣を殺すことはできない



Last thing I remember, I was running for the door,
最後に覚えていることは、ドアに向かって走っていたこと

I had to find the passage back to the place I was before,
自分が前にいた場所に戻る通路を探さなきゃならなかった

“Relax,” said the night man, “We are programmed to receive,
「ゆっくりおくつろぎください」と夜勤の人は言った、
「ご要望は何でも受け入れる決まりとなっています、

You can check out anytime you like… but you can never leave”
あなたは、いつでも好きな時にチェックアウトできます、
でも、あなたはもうココの虜、離れられなくなってしまったでしょ」




●“colitas”
コリタスとは、ロサンゼルス郊外の砂漠に自生する植物のこと。
その匂いが似ている(?)ため、マリファナの隠語となっているらしい。
アメリカ西海岸が、マリファナの匂いにまみれているイメージ。
または、歌詞の “I” 自身が、マリファナをやっていることも連想させるな。
それは、その後の文脈から、「頭が重くなって、視界が霞んできて」、
「I had to stop for the night. 」→ 強制的に泊まらなきゃならなくなるからだ。
マリファナ吸引で捕まって連行されてきた、という感じ。

●“I heard the mission bell”
「the mission bell」とは、キリスト教会で使われる礼拝始業の鐘らしい。
ホテルのはずなのに、この辺から、この歌詞がオカルトっぽいテイストになり始める。

●“This could be heaven and this could be hell”
「ここは天国なのか、それとも、地獄なのか」→ いよいよオカルトチックに。
それと、後に出てくる、ホテルカリフォルニアはなんてすばらしいところだ、
というセリフを嘘くさいと感じさせるための伏線となっていると思うな。

●“Welcome to the Hotel California,”
オカルトチックな前フリがあるため、そこが普通のホテルじゃない語感を帯びている。
「ようこそ」という歓迎のあいさつが、逆にコワイ。

●“Such a lovely place”
ウソ臭さがプンプンだよね。
日本人だって、「あそこのホテルどうだった?」、
「サイコーに良かったよ、隣のへやの声がよく聞こえて全く眠れなくて、今日、寝坊しなくて済んだよ」
なんて言い方するよね。

●“Such a lovely face”
よく「素敵な顔」とか「素敵な人たち」って訳してあるものを見るけど、
それなら “faces” と複数になってるはずだから、
これは「外観、外見、見かけ」という意味だろうな。
これもニュアンスとしては、「見かけは素敵でしょ(でも、中ではどうかな、ひっひっひ)
という含みを感じさせる。

●“You can find it here”
“it” の意味がむずかしいなあ。
文脈からすると、「(空き)を見つけられる」ということに思えるけど、
ホテルの部屋を “it” というのも変な感じだし、
「何かを発見する」という解釈もアリかな思う。

●“Her mind is Tiffany-twisted,”、“She got the Mercedes Bends,”
これは造語で、難しいけど、
「彼女の心は、ティファニーねじれ」=「ティファニーかぶれ」=「ブランドファッションにかぶれ」。
「彼女はメルセデスの曲がりを手に入れた」=「見事なフォルムのメルセデスベンツを手に入れた」
または、「メルセデスの曲線のようなゴージャスなスタイルになった(美容整形や装いで)」
ってなとこだろうなあ。
要は、彼女は金と物欲にまみれた生活をしているということだろうな。

●“She got a lot of pretty, pretty boys”
これを、「かわいいかわいいボーイフレンド」とか「親密な関係の男の子」と
訳している向きがあるけど、「pretty-pretty」というスラングがあって、
「飾りすぎた、きれいなだけの、カッコつけの」という意味があるので、
そっちのほうを採用した。

●“Some dance to remember, Some dance to forget”
これはお手上げ、何を言いたいのかわからないなあ。
これの直前の「彼女」のハナシとは切り離して考えた方がいいかもしれない。
みんなが中庭に集まって、過去のよかったことや悪かったことを
思い出したり、忘れたがったりしながら、踊ったり語り合っているイメージが浮かぶけどなー。

●“Please bring me my wine”
これは、「bring ~ my」がミソ。
単純に「私にワインを持ってきて」と訳せるけど、「bring」のニュアンスからして、
「どこかに置いてある私のワイン」を「返して」ととることもできる。

●“We haven’t had that spirit here Since nineteen sixty-nine”
有名な一節だよね。
「1969年以来、あのは置いていません」と
「1969年以来、あの精神は持ち合わせていません」のダブルミーニング
イーグルスはロックミュージシャンだから、1969年と言えば “ウッドストックフェス”
のことを言っているんだろうと考えるのが自然かな。

002ウッドストック
ウッドストック・フェスティバルで演奏するジミー・ヘンドリックス

じゃ、ウッドストックってなんだったんだろう、ということになるわけで、
それは、当時、“ LOVE&PEACEや自由共同体、サイケデリック” なんかを標榜していた
ロック・スピリッツの集大成であったとともに、
ロック業界がマスプロ商売をスタートさせるきっかけとなったイベントとも
意味づけられているんだよ。
つまり、この歌詞では、「1969年にロック・スピリッツは死んだ」と言いたいんだと思う。
'70年には、それを証明するかのように、ジャニス・ジョプリンとジミヘンがドラッグで死んだ。

003ジャニス
ジャニス・ジョプリン

ここで初めて、この歌が、なんだか現在のロックを批判しているのでは?
'60年代のロッカーが思想していたことを忘れ、
ドラッグ、拝金、セックスにまみれたロック界を批判しているのでは?
と感じることができる。

この解釈はいまや一般的で、ほぼ正解だと僕は思うんだけど、
それはこのアルバムの他の曲も訳すとわかるはず。
イーグルスは、このアルバム全体で、拝金主義に産業化したロックに幻滅し、
“駆け足でヒットを生産し続けなければならない暮らし” や
金と締切に追われる生活で、“愛する人との大切な時間を失ってしまったこと” を
思い切り嘆いているからだ。

さらに、1969年には、ウッドストック以外にもいろんなことが起こっている
アメリカ人には忘れられない年なんだよ。
なんたって、アポロ11号が人類初の月面着陸した年だし、ゲイの暴動なんかもあった。
ベトナムから米軍が撤退し始めた年でもある。

特に、ローリングストーンズのオルタモントでのコンサートで、
ヘルスエンジェルスが黒人の子供を惨殺した事件
は、ロック好きで知らない人は少ないはず。
あの事件は、LOVE&PEACEのヒッピーが暴徒と化して、殺人をもって人種差別をした
ということに他ならないんだな。
つまり、LOVE&PEACEも自由もカウンターカルチャーもサイケも腐ってしまって、
ケネディ大統領やキング牧師の暗殺などにみるように、すでに公民権運動も反戦運動も阻害されていて、
おまけにロックもここで終わったのだということを象徴した事件
だったと言える。

004スマイルバッヂ
LOVE&PEACEのシンボル、スマイルバッヂ

だから、「1969年以来、その精神はなくなった」の意味は、
単に、ロックスピリッツがなくなった、というだけではなくて、もっと包括的に
'60年代まで、愛や平和や自由や平等を叫んできた豊かなアメリカの精神が失われて、
それまでのツケを返すための管理社会になってしまった
、という意味が濃厚なんだな。

●“They’re livin’ it up at the Hotel California,”
“be livin’ it up” を「生きていく」とか「人生を謳歌する」みたいに訳してる人がいるけど、
「大いに楽しむ」というイディオムじゃないかな。

●“Hotel California” ってどこか?
歌詞の中で、“here” などで済ませられる部分もあるのに、
くどいほどに “the Hotel California”とフルネームが繰り返させるよね。
へたくそな宣伝コピーに多いやり方だけど、
繰り返せば繰り返すほど、そこが、ホテルじゃない、みたいに聞こえる。
それで、当時も物議をかもし、「変な宗教の教会じゃないのか」とか
カリフォルニア州と地つながりの「メキシコにある逃亡者をかくまう宿」とか
いろんな憶測が飛び交った。

中でも、最も信憑性が高いと思われるのが、
「カリフォルニア州立精神病院(Camarillo State Mental Hospital)」だとする説。
1997年まで実在していて、いまも学校として使われていて建物は残っているらしい。
ネットで検索してみると、んー、ジャケ写にそっくり!
この元カリフォルニア州立精神病院の建物は、高速道路の脇道から行ける砂漠の中にあって、
その事実も歌詞と符号する。

006州立精神病院
元カリフォルニア州立精神病院の建物

001レコジャケ

ちなみに、実際にレコジャケに使われているのは、
ロサンゼルスの超高級住宅地ビバリーヒルズに実在する5つ星ホテル
『The Beverly Hills Hotel』だ。

005ビバリーヒルズホテル
ハリウッドのセレブも御用達の『The Beverly Hills Hotel』

それから、当時、ドラッグ中毒などで犯罪を犯した人間が精神病院に入れられて、
「刑務所に比べたら精神病院は天国、まるでホテルのおもてなしだよ」
なんて言っていたらしいのだ。
精神病やドラッグ中毒を装って、刑罰を逃れる犯罪者が大勢いたのだ。
中でも、カリフォルニア州立精神病院は、
実際に「ホテル・カリフォルニア」と呼ばれていたらしい
のだ!

犯罪者が刑を逃れるために精神病を装う例は、
このアルバムがリリースされる前年(1975年)に封切られた映画
『カッコーの巣の上で』でも表わされているね。

それで、そんなうまいことをやって入ったはいいけど、
実際は、中ではひどい目にあわされるし、一度入れられたら出れらやしない、
というのも歌詞と同じ。
ひょっとしてドン・ヘンリーは、この映画をオマージュにして
『ホテル・カリフォルニア』を書いたんじゃないか、と思ってしまう。

そうか、ホテル・カリフォルニアってその精神病院のことか、
という前提で歌詞を読んでいくと、いろんな部分で腑に落ちるはずだ。

●“What a nice surprise”
これも、内緒で突然プレゼントが出てきたりする時みたいに、
いい意味で捉えらればいいけれど、
「びっくりする出来事」には悪い出来事もあるわけで。

●“Bring your alibis”
これは、めっちゃ曲者!
“alibis” には、①「口実」と②「アリバイ(不在証拠)」の2つの意味があるけど、
①なら、「口実を連れておいで」=「口実を作ってでも、ぜひお越しください」となる。
②なら、ホテルカリフォルニアが “犯罪者が刑を逃れてやってくる精神病院”
という意味が浮き彫りにされて、「アリバイを持っておいで」=「ここに入所したいなら、
あなたが事件と無関係なことを証明できるアリバイ(=あなたが精神病であることを証明できるもの)
を持っておいで」ということになる。

●“The pink champagne on ice,”
ドンペリのピンクをオンザロックで呑む人はまずいないよね。
それくらい異様なものということ。
ここを精神病院と仮定して、ピンク色の飲み薬と捉えてみた。

●“We are all just prisoners here, Of our own device”
これは、“Of our own device” を「自分で企てた仕掛けの」とか「私たち自身が仕組んだ」=
「自分たちが作り上げたシステムに自身が囚われてしまっている」ととるパターンと、
前述の “alibis” とつなげて考えて、
「刑を逃れるために、わざと精神病を装ってここの囚われの身になった」
というパターンの2つが考えられる。

●“And in the master’s chambers”、“They gathered for the feast,”、
 ”They stabbed it with their steely knives,“、“But they just can’t kill the beast”

これも、言葉を訳すのはそうでもないけど、意味を捉えるのはかなり難しいな。
①人種差別反対運動や反戦運動など、大衆が共謀して暴動を起こしたが制圧された
②ベトナム戦争をやったけど勝てなかった

・・・の二つの意味に取れるけど、そのどっちともと考えてもいいかもしれない。

●“We are programmed to receive,”
これを「私たちは皆、受け入れる運命になっている」と
訳す人が多いみたいだけど、僕はそんなに哲学的な意味じゃないと思う。
「私たち従業員は、お客様のご要望は何でも聞くよう教育されている」か
「当館は、受け入れ専門となっている(出る仕組みはない)」のどっちかでは?

●“… but you can never leave”
そのまま訳せば、「しかし、あなたは決して離れられない」となるけど、
この言い回しは、北中米あたりの旅行の宣伝やホテルのパンフレットのコピーなんかでよく見かける
紋切りというか古いというかの表現なんだよ。
日本のコピーでいうと、「あなたはもうここの虜に!」とか「もう、夢中!」といった恥ずかしい言い方。
アメリカあたりでは、
「当ホテルにはあなたを煩わせるものは一切ありません、ここを離れたくなくなること以外は
ってな感じで使われるんだよ。



あー、つかれたあ!

でも、そんなこんなを踏まえたうえで、↓意味に沿った “意訳” をやってみた。




<つかりこ意訳>

006州立精神病院



“Hotel California“
“ホテル・カリフォルニア“


On a dark desert highway,
夜の砂漠のハイウェイ
いつの間にか、夜の砂漠のハイウェイを車で走ってる

Cool wind in my hair,
髪を梳る冷たい風
冷たい風が髪をなびかせるたびに、記憶がフラッシュバックする

Warm smell of “colitas”
コリタスの生暖かい匂い
そこでは、マリファナの匂いが

Rising up through the air,
大気の中を立ち上っている
大気の中を立ち上っていた

Up ahead in the distance
遠く彼方に
遠く彼方に

I saw a shimmering light,
かすかな光が見えた
かすかな光が見えた

My head grew heavy and my sight grew dim,
頭が重くなり、視界も霞んできて、
頭が重くなり、視界も霞んできて、

I had to stop for the night.
泊まらなきゃならなくなった
俺は捕まっちまったのか、
気がつけば、こんなところに連れて来られちまった


There she stood in the doorway,
入口に立っている女のあたりで
入口に立っている女のあたりで

I heard the mission bell
礼拝の鐘の音が聞こえた
教会でもないのに、礼拝の鐘の音が聞こえた

And I was thinkin’ to myself :
そして、私は自問した
薄気味悪くなって、俺は自問した

“This could be heaven and this could be hell”
「ここは天国なのか、それとも、地獄なのか」
「ここは天国なのか、それとも、地獄なのか」

Then she lit up a candle,
すると彼女はろうそくを灯して
するとその女はろうそくを灯して

And she showed me the way,
私を案内した
俺に行く道を指図した

There were voices down the corridor,
回廊のあたりで声が聞こえた
中に入ると、回廊のあたりで声が聞こえた

I thought I heard them say
私には、彼らがこう言ったような気がした
俺には、やつらがこう言ったように聞こえた



Welcome to the Hotel California,
ようこそ、ホテル・カリフォルニアへ
ようこそいらっしゃいました、ホテル・カリフォルニアへ

Such a lovely place,
とっても素敵な所
大丈夫、安心してください

(Such a lovely place)
(とっても素敵な所)
(イヤことなんか何にもありません、とってもとってもいい所なんですよ)

Such a lovely face
とっても素敵な外観
外見はまるでホントのホテルみたいに、とっても素敵でしょ

Plenty of room at the Hotel California,
ホテル・カリフォルニアには、充分に空きがありますので
ホテル・カリフォルニアは、とっても広いので

Any time of year,
一年中いつでも
一年中いつでも

(Any time of year)
(一年中いつでも)
(一年中いつでも)

You can find it here
ここでなら、泊まる場所を見つけられますよ
ここでなら、あなたの収容場所くらいいくらでもありますよ



Her mind is Tiffany-twisted,
彼女の心はティファニーにかぶれている
その女の頭の中は、バカ高いブランドにまみれてる

She got the Mercedes Bends,
いかしたメルセデスだって持っている
エステに整形、矯正、虚飾の贅沢三昧

She got a lot of pretty, pretty boys
彼女にはイケてる彼氏がたくさんいる
おまけに、見た目がカッコいいだけで脳みその足りない情夫を
どっさり囲ってる


she calls friends
彼女は友達と呼んでるけどさ
あの女は友達と呼んでるけどな

How they dance in the courtyard,
彼らは中庭でダンスを踊っている
ある時、中庭でダンスパーティがあった

Sweet summer sweat
甘い夏の汗に濡れながら
やるせない真夏の夢

Some dance to remember,
ある者は何かを思い出すため踊り
いい思い出を語るやつがいれば

Some dance to forget
ある者は何かを忘れるために踊る
悪い思い出を吐き捨てるように話すやつもいた
俺は、踊りながら入所者のいろんなハナシを聞いたんだよ




So I called up the Captain
そして、私は責任者を呼んだ
ある時、俺は責任者を呼んだ

“Please bring me my wine”
「ワインを持ってきてください」
「入所の時に俺から没収したワインを返してくれよ」

He said, “We haven’t had that spirit here
彼は言った、
彼は言った、

Since nineteen sixty-nine”
「1969年以来、あの酒は置いていないんです」
「ここで酒だと?奔放にやるのもいいかげんにしろ。
ロックだのLOVE&PEACEだの、自由だのサイケだのフラワーだの、
人種差別反対だの戦争反対だのゲイの権利だの、
お前らのたわごとは1969年で終わったんだよ。
ここでは、そういうのは通用しない」


And still those voices are calling from far away,
そしてまだ、あの声が遠くからやってくる
そしてまだ、あの声が遠くからやってくる

Wake you up in the middle of the night
真夜中にあなたを目覚めさせる
真夜中に気味が悪くて眠れないだろ

Just to hear them say:
ほら、彼らの言うことが聞こえるだろ
ほら、やつらの言うことが聞こえるだろ



Welcome to the Hotel California,
ようこそ、ホテル・カリフォルニアへ
ようこそいらっしゃいました、ホテル・カリフォルニアへ

Such a lovely place,
とっても素敵な所
あなた、いい所を見つけましたね、すばらしいところですよ

(Such a lovely place)
(とっても素敵な所)
(大丈夫、危ないことなんて何にもありませんよ)

Such a lovely face
とっても素敵な外観
見た目は、とっても素敵でしょ

They’re livin’ it up at the Hotel California,
みなさん、ホテル・カリフォルニアで大いに楽しんでらっしゃいますよ
みなさん、ホテル・カリフォルニアで大いに楽しんでらっしゃいますよ

What a nice surprise,
なんてすばらしいサプライズ
驚くようなことばかりが待ってます

(What a nice surprise)
(なんてすばらしいサプライズ)
(ここで楽しめたら、驚きだぜ)

Bring your alibis
口実を作ってでもお越しください
ここに入りたいなら、心療内科の診断書など、
あなたがあの事件に関わりないと証明できる
アリバイを持って来てください




Mirrors on the ceiling,
天井の鏡
その時俺は、鏡張りの部屋の中にいた

The pink champagne on ice, and she said:
氷入りのピンクのシャンペン、そして彼女は言った
毒々しいピンク色の薬を片手に、その女は言った

“We are all just prisoners here,
「私たちはみんなここの囚人なのよ、
「私たちはみんなこの病院に囚われているのよ、

Of our own device”
自分で仕組んでそうしたんだけどね」
自分で精神病を装ってそうしたんだけどね。
だって、刑務所に入れられるよりましでしょ。
ここは、刑務所に比べたら天国、まるでホテルの待遇よ」


And in the master’s chambers
そして、支配人の広間に
またある時、指導者が指示した戦地へ

They gathered for the feast,
彼らは祝宴をするために集まった
彼らは、利権を取りにこぞって行って

They stabbed it with their steely knives,
彼らは鋼鉄のナイフでそれを突き刺した
野蛮な現地人と戦った

But they just can’t kill the beast
でも、彼らはだれもその獣を殺すことはできない
でも、勝つことはできなかった



Last thing I remember, I was running for the door,
最後に覚えていることは、ドアに向かって走っていたこと
最後に覚えていることは、ドアに向かって走っていたこと

I had to find the passage back to the place I was before,
自分が前にいた場所に戻る通路を探さなきゃならなかった
自分が前にいた場所に戻る通路を探さなきゃならなかった

“Relax,” said the night man, “We are programmed to receive,
「ゆっくりおくつろぎください」と夜勤の人は言った、
「ご要望は何でも受け入れる決まりとなっています、
「落ち着け」と夜警は言った、「ウチは、受け入れ専門さ、

You can check out anytime you like… but you can never leave”
あなたは、いつでも好きな時にチェックアウトできます、
でも、あなたはもうココの虜、離れられなくなってしまったでしょ」
そりゃ、いつでも好きな時に脱走できるよ、
でもすぐに見つかって連れ戻される、決して逃げるなんてできないんだよ」





<まとめ>


この精神病院だと思われる「ホテル・カリフォルニア」には、
’50年代 ’60年代に新しい思想や権利やカルチャーで、
次のアメリカの豊かさを創ろうとした人たちがいる。

かつてヒッピーとしてLOVE&PEACEを標榜して、
ドラッグやセックスやコミュニティなんかの新しいカルチャーを築こうとしてた人たち。
愛や自由や反体制を叫んでいたのに、拝金主義にまみれてしまったロッカーたち。
反戦運動をしていて、鎮圧されてしまった人たち。
公民権運動をしていて、制圧されてしまった人たち・・・。

’69年以降、犯罪者扱いされて、ギリギリでここに逃れてきたけれど、
いまはみんな、自分たちの力で何も変えられなかった、自分たちが招いてしまった
悪弊だらけの管理の檻の中に囚われているのだ。

歌詞の中のロックミュージシャンの “俺” も、マリファナ吸引か何かの罪でココへ連れて来られる。
他の人たちの話を聞くうちに、自分がロック・スピリッツを忘れてしまい、
音楽業界を取り巻く儲け主義や酒やドラッグやセックスや生産期限に囚われてしまって、
すっかり人間らしい心を失っていることに気づく。

ある日、逃げ出そうとするが、すでにがんじがらめ、もう二度とあの頃へ戻れないことを知ったのだ。

歌詞では精神病院をモチーフとしているけど、
そう、「ホテル・カリフォルニア」とは、
繁栄への希望と、愛や平和や自由や平等を失ってしまい、
拝金主義と非道徳、傍若無人な管理主義に取りつかれた、
'70年代前半のアメリカ社会そのものをさしているのだ。




・・・これが、僕の『ホテルカリフォルニア』の意味の解釈です。
(ご参考いただければ、幸せです)


イーグルスというバンド名は、アメリカの国鳥である白頭鷲(Bald Eagle)にあやかって
つけられたのではないかと思う。
カントリー調の曲が多いから、明るく楽しくアメリカ賛歌を奏でる右寄りバンドなのか、
って思ったら全然違うのだ。

ベトナム戦争に批判的だったり、管理社会を批判したりで、左翼的に見える。
思い切り保守的なアメリカの音楽界で、よく無事にやって来れたな、と思うんだけど、
よーく曲調や歌詞を観察すると、単に批判しているだけではなくて、
そういうアメリカを憂いたり、諭したりしているのがわかる。
やさしさを感じるのだ。
『ホテル・カリフォルニア』だって、ラブソングと間違えるほどに
とっても胸にキュンとくるメロディだよね。
ちゃーんと、右からも左からも文句が出ないようにうまく作られているんだなあ。



↓こちらもどうぞ
♪ Desperado / EAGLES 和訳
♪ In the morning(Morning of my life)/ Bee Gees 和訳


コメント
コメント
つかりこさんへ
こんにちわぁ~~~ヾ(^∇^)

連休はどうですか?
ゆっくり過ごせてますか?

えっとつかりこサンのブログリンク貼らせてもらいました(礼)

なのでこれからも宜しくお願いします。
2013/04/30(火) 14:20:16 | URL | さん平です。 #- [ 編集 ]
左右からの文句?
う〜ん。
アメリカを愛しているからだと思いますよ。某国の左翼のように、自国を弱体化させる事が正しいというバイアスが流れていないだけ純粋だと思いますね。
フランス辺りの左翼なんかも自国の国益には貪欲ですし。
歴史的な名曲には違い有りませんね。同時にスコット・マッケンジーの「花のサンフランシスコ」を思い出してしまいます。
2013/08/16(金) 00:07:31 | URL | アルマジロ #ELD9pjOg [ 編集 ]
Re: 左右からの文句?
アルマジロさん、ようこそ!
最後まで読んでくださって、
ありがとうございます。

おっしゃる通りです。
国を愛しているからこそ、批判したり嘆いたり
するのでしょう。
ロックのマスプロ商業化やヒッピーを始めとする
自由を旗印としてカウンターカルチャーの終焉、
ベストナム戦争の敗戦と政府の管理主義化など、
当時のアメリカは、日本人の理解を越えた
喪失感があったのだと思います。

それが、「体制側が悪いとか、反体制側が悪いとか
はっきり言っているようでそうでもないという表現が
米国の映画や音楽や書籍には多いと感じられます。
その曲も、壮大なる比喩表現とロマンチックなメロディで
うまく婉曲しているのだと思います。

「花のサンフランシスコ」は、もうちょっと前の時代の歌で、
ヒッピー賛歌ですよね。

何か政治的なことやイデオロギーのことを歌や映画にするのは、
アメリカも日本もとても難しいのが現状です。
いや、アメリカは日本よりも難しいと思われます。
それゆえに、『ホテルカリフォルニア』のように、
おもしろい表現の歌が生まれるのだと思います。

今頃気づいてすみませんでした。
コメント、ありがとうございました。
2013/08/17(土) 21:17:19 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/25(金) 08:15:33 | | # [ 編集 ]
Re: 貴訳文に付いて
葉茶取り庵さま、はじめまして!

おおーっ、なるほど!
ご指摘ありがとうございます。

そうかー、そうなんですね!
あちら・こちらであり、上・下の意味はない。
とても勉強になりました。
実際、「コリドールの上から?下から?」と
自分でもしっくり来ないままだったんです。

一所懸命やってみたんですが、
他にも間違いがあると思います。

お手間でなかったら、ぜひご指導ください。

ご訪問ありがとうございました。
2013/10/25(金) 09:58:47 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
こ、ここはぁ~(驚)
このブログだったんですね!
意訳の際にメチャクチャ分かりやすくて丁寧なブログがあったんですがここだったとはΣ(゚д゚lll)

曲中でも出てきてる「1969年」
確かにこの年はいろんな事が起こってたんですね。
ウッドストックやオルタモントなど・・・

ロックだけについて思うと愛や自由や反体制よりもむしろ酒やドラッグが日常茶飯事なのがイメージに合ってるというか正解のような気がしてました。


でも愛や自由といった1969年より前のspiritが完全に失われたわけではないと思うんですよね。
時代に合わせて今までのものを踏襲して移り変わったんだと僕は考えてます。

この節はお世話になりました。
この曲を和訳してる人はいっぱいいて皆が皆違う捉え方をしてたんですがつかりこさんの和訳が僕の中で一番しっくり来ました(`・ω・´)
2014/02/16(日) 11:51:46 | URL | HASE #- [ 編集 ]
Re: HASEさん、コメントありがとうございます!!
> こ、ここはぁ~(驚)
> このブログだったんですね!

はい、ここだったんです(汗)。
蕎麦とか映画とか、いろんなことを書いてあるのでわかりずらいでしょ?
ブログを始める時に迷ったんですが、自分的には何か一つを極めているわけじゃないし、
いろいろ書きたいこともあるし、で、いろんなことを書くブログにしちゃったんですよ。
だから、あっちこっちに浅く “ゆらゆら” してるんですよ。すんません

でも、この『Hotel California』と、『Desperado』の意訳については、浅くないでしょ?
もう、そうとう長いこと、あーでもないこーでもないと訳してきた末の答えなんですよ。

この2曲は、発表された当時からいろんな解釈がされてきたんだけど、
僕がここに書いたような解釈で決着をみたところがあったんですよ。
それが、だんだんと1960年代や70年代のアメリカそのものやロック界の実情など、
曲の忘れられていくにつれて、またおもしろい解釈が出てくるようになっているのが現状なんです。
それはそれでいいのだと思うのだけれども、僕としては、いちおう本来的な解釈を
できるだけ詳しく書き残しておこうと思ったわけです。

参考にしていただけて、こちらこそとてもうれしいです。
ありがとうございます!!
アルバム『Hotel California』の他の曲も訳してみると、もっとわかりやすいかもです。

超新しいのは知らないのですが、ロックやギタスリトも大好きです。
これからも、ぼちぼちよろしくお願いいたします。
2014/02/16(日) 23:47:46 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
すごいです
僕は高校生で最近イーグルスを知りました。
ホテルカリフォルニアを聞いた感想は「切ないラブソング?」って感じで(もちろん歌詞は聞き取れてません)、メロディや歌声がとても好みでそれだけの理由で聴いていたんですが、こちらで歌詞の和訳や解釈を読み、歌詞にとても深い意味や思いがこめられていたんだと知りました。
以前よりイーグルスが好きになりました。
ありがとうございます。
2014/09/02(火) 02:04:10 | URL | まっち #- [ 編集 ]
Re: すごいです
まっちさん、コメントありがとう!

現役の高校生に読んでもらえて、とてもうれしいです。

本文にも書いてありますが、
興味がありましたら、『カッコーの巣の上で』という映画を
観られたらどうでしょう?
当時、社会問題になっていた「ロボトミー手術」というのを
批判した映画ですが、曲を理解するのに少し役立つかもしれません。

↓イーグルスの『デスペラード』を訳した記事もあります。
http://yurayuragusa.blog.fc2.com/blog-entry-11.html
よかったら、読んでみてください。

これからも、どうぞよろしくです。
2014/09/03(水) 07:38:54 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
鐘楼
大変興味深く読ませて頂きました。

自分なりに調べたら、カリフォルニア州立精神病院には鐘楼があったんですね。(そんなの誰でも知ってるよなのかも知れませんが笑)

mission bellは暗喩でもなんでも無かったのかもしれません。

抽象的な歌詞だと思っていたら、実はかなりストレートな内容を歌ってたんだ、と個人的には目から鱗です。

もちろん、そこからイメージを膨らませて様々な意味を内包してるのは間違いないと思いますが。

非常に面白かったです。ありがとうございました。
2014/09/27(土) 17:45:28 | URL | りょうぱぱ #t5k9YYEY [ 編集 ]
Re: 鐘楼
りょうぱぱさん、コメントありがとうございます!
過去ログにコメントをいただけて、とてもうれしいです。

> 自分なりに調べたら、カリフォルニア州立精神病院には鐘楼があったんですね。
> (そんなの誰でも知ってるよなのかも知れませんが笑)

↑おー、そうなんですね!
いよいよ信憑性が高まりましたね。

でも、それも比喩で、「ホテル・カリフォルニア」とは、
当時のアメリカ社会のことを言っているのでしょうね。
ホテル → 精神病院 → アメリカ社会 と、
二重の比喩になっているんだと思われます。

この曲が流行り出した頃、アメリカ経済は50年代60年代の好景気から
下り坂を迎えていました。
なので、この曲は、彼女とゴージャスなホテルカリフォルニアに泊まった
“あの頃の素敵な恋の思い出”の歌、という解釈が一般的でした。
酒やマリファナやセックスやファッション、音楽・・・
豊かなカリフォルニアでの恋を「肯定的」に懐かしがった曲というわけです。

それでも、間違いはないと思うのですが、
ところが、歌詞をよく読み込んでいくと、
“恋” ではないし、“あの頃” のことも “いま” のことにも
「否定的」であることがわかったんです。
それで、記事に書いたような意訳に落ち着けたんです。

イーグルスは、デビュー当時は、カントリーミュージックを基調にした
まっすぐなウェストコーストバンドでしたが、
アルバム『ならず者』から、巧妙な比喩を駆使した社会派バンドに変わりました。
事実上のアメリカのベトナム戦争敗戦という大きなショックがそうさせたんでしょうね。
それがなければ、『ホテル・カリフォルニア』は生まれなかったでしょうし、
イーグルスも今あるように伝説のバンドにもならなかったでしょうね。

> 非常に面白かったです。ありがとうございました。

↑楽しんでいただけて光栄です!
これからもどうぞよろしくです。
2014/09/27(土) 19:31:44 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
No title
はじめまして、こんばんは。

上記のコメントと同じく私も高校生で内容が被るところがあるかもしれませんが書きます。

最近曲作りでカントリー調なのを作っていて歌詞の参考にしようとイーグルスの和訳を調べていてこのブログにたどり着いた者なのですが、内容見た限り曲や解釈によって変わるかもしれませんが、全然軽い感じではないのですね(笑)むしろかなり重めというか・・・。

曲調だけでイーグルスはカリフォルニアで気楽にやってるおじさま達(ちょっと言い方が失礼すぎるかも)だと思ってた自分を反省しているところです。。。

昔から父がよく流していたこともあり、イーグルスの音楽自体にはわりと親近感があったのですが、歌詞の内容をみてびっくりしています。

「1969」などの数字は私たち世代では「ロックっぽい雰囲気な数字」といった感じで、ファッション的に使われることが多い気がしていて(Tシャツのロゴなど)、その意味自体あまり意識することがありませんでしたが、このブログをみて、当時のアメリカや世界全体の社会情勢などに興味を持ちました。

「カッコーの巣の上で」も、早速見てみたいと思います。


正直洋楽自体、聴きながら歌詞の意味を理解するほどの英語力がないので曲の雰囲気や語呂の良さを楽しむ程度でしたが、作者の意図を想像してみたりしながら大事に聴いていこうと思いました。

作者がインタビューなどで意図を言っちゃったりしてたら考えすぎなくてもいいし、気楽に聴けるなぁと思いますが、聴き手に考えさせる意図があるかどうかは置いておいて、主張を音楽にしてそれ以上は語らないというのも、説得力を持たせるのと同時にかっこいいなぁという印象をもたせてくれますね!

もしコメント内に不快な内容などが含まれていたらごめんなさい。

本当にいい記事を見つけることが出来たのでリンクを保存しておこうと思います。
文章が長くなってごめんなさい。

ありがとうございました。
2015/03/30(月) 04:17:39 | URL | はたけ #Q63McUXo [ 編集 ]
Re: はたけさん、ようこそですー!!
はたけさん、コメントありがとうございます!

おー、現役の高校生ですか!
自分も若いつもりで書いているので、
若い方に、しかも過去ログにアクセスしてもらえるのは、
とてもとてもうれしいです。(笑)

> 最近曲作りでカントリー調なのを作っていて歌詞の参考にしようとイーグルスの和訳を
> 調べていてこのブログにたどり着いた者なのですが、内容見た限り曲や解釈によって
> 変わるかもしれませんが、全然軽い感じではないのですね(笑)むしろかなり重めというか・・・。

↑イーグルスは、カントリー調のウェストコーストロックなんですよ、元々は。
だから、調べた先にイーグルスの曲があって正解ではあると思いますよ。
ただ、アルバムによっては歌詞が辛辣なものもあるということですねー。

でも、ポップスやロックって、そういうものですよね?
アーティストは、「LOVE」ばかりではなくて、「政治」や「経済」や「人種差別」、
「反戦」、「貧富格差」などを歌詞とメロディで糾弾しようとするものです。

カントリーミージックだってそうなんですよ。
村のお祭りの特設ステージで、カウボーイハットを被った酔っ払いのおっちゃん達が、
のど自慢よろしくノリノリで歌う歌だと捉えていたら間違えます。
カントリーにも、自然破壊や、故郷の喪失(=人の心の荒廃)、反戦などを訴えた曲は
たくさんあるんですねー。

> 「1969」などの数字は私たち世代では「ロックっぽい雰囲気な数字」といった感じで、
> ファッション的に使われることが多い気がしていて(Tシャツのロゴなど)、
> その意味自体あまり意識することがありませんでしたが、
> このブログをみて、当時のアメリカや世界全体の社会情勢などに興味を持ちました。

↑’69年にアメリカや世界で何があったのか、調べてみるとおもしろいですよ。
“激動” と呼ぶにふさわしい時代だったと思います。

また、1950~60年代のアメリカの政治・経済 とカルチャーを探ってみるのもおすすめです。
その頃はどんな時代だったのか、どんなカルチャーが生まれたのか?
いまのカルチャーにどんな影響を与えたのか?などなど、とってもおもしろいです。

> 「カッコーの巣の上で」も、早速見てみたいと思います。

↑この映画は、当時社会問題になっていた「ロボトミー手術」というものを批判した作品で、
『ホテル・カリフォルニア』のように、“自由の国アメリカの喪失” といったことを
訴えているわけではないのですが、歌詞がイメージさせる『ホテルカリフォルニア』とは、
こんな感じかなと、考えるヒントになるかと思います。
僕はいまでも、間違いなくドン・ヘンリーにひらめきを与えた映画だと思っています。

> 正直洋楽自体、聴きながら歌詞の意味を理解するほどの英語力がないので
> 曲の雰囲気や語呂の良さを楽しむ程度でしたが、作者の意図を想像してみたりしながら
> 大事に聴いていこうと思いました。

↑僕も英語が得意ではないし、訳すのにも大変な時間がかかってイヤになってしまうのですが、
「これは好き!」と思う曲ぐらいは、和訳を知りたい、自分で訳してみたい、と感じます。
実際、苦労して訳してみると、“大好きぐあい” が何倍にも大きくなりますよ。
もちろん、英語の勉強にもなります。(笑)

> 作者がインタビューなどで意図を言っちゃったりしてたら考えすぎなくてもいいし、
> 気楽に聴けるなぁと思いますが、聴き手に考えさせる意図があるかどうかは置いておいて、
> 主張を音楽にしてそれ以上は語らないというのも、説得力を持たせるのと同時に
> かっこいいなぁという印象をもたせてくれますね!

↑イーグルスに限らず、調べてみると “意味深” だったっていう曲はたくさんありますよね。
アメリカにも、日本にもけっこうあります。
それは、かっこいいというのもありますが、聴く人の想像の自由度を高めるといのも
あるのだと思います。
それから、もっとも重要なのは、「言っちゃいけないことを、オブラートに包む」
というのがでかいはずです。
日本でも、アメリカでも、業界の自主規制というのがあったり、
テレビ、ラジオの放送コードというのがあって、けっこう厳しく管理されているんですよ。
テレビ、ラジオ、音楽、映画など、マスコミ系の企業って、もともと保守的なんですね。

だから、メッセージの内容によっては、ちょっとしたことで「放送禁止」になったりします。
アーティストは、そうならないように、ストレートにモノを言わず、
リスナーの想像で補うようにしていろんな批判をしたりするんです。
それでもだめな場合は、インディーズレーベルから曲を出すでしょ?

最後まで、おつきあいくださり、ありがとうございました。
おもしろい曲を作ってくださいねー。
これからも、どうぞよろしくですー!
2015/03/30(月) 12:39:43 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
No title
久しぶりに「ホテルカリフォルニア」をギターで弾いてた時、そうだ歌詞の意味は、アメリカのことを言ってたんじゃなかったっけ?と思い出しつつ、検索したら素晴らしい訳に出会いました。
最高の和訳、意訳だと思います。ロックスピリット、アメリカの理想が失われた最初の年、1969。
今の時代はどうなのか?そのシステムがさらに高度化して病はさらに重くなってるのかも。それとも人間は流行り廃りの中で、自然にシステムを飼いならしてるかもしれない。金儲けに関してだけは酷さを増してるように思うが、商業主義もそっぽを向かれ始めてる気もする・・・
2015/05/16(土) 01:34:37 | URL | にし #- [ 編集 ]
Re: にしさん、コメントありがとうございます!
> 久しぶりに「ホテルカリフォルニア」をギターで弾いてた時、そうだ歌詞の意味は、アメリカのことを言ってたんじゃなかったっけ?と思い出しつつ、検索したら素晴らしい訳に出会いました。
> 最高の和訳、意訳だと思います。ロックスピリット、アメリカの理想が失われた最初の年、1969。

↑アメリカの'50年代'60年代の文化や豊かさのことを
つぶさに知っている人が少なくなってきて、
この曲の強烈な意味もだんだんと薄れてきているように思えます。
僕は、'70年代'80年代が青春でしたが、
運よくこの曲にはハイティーンの時に出会うことができました。

ホントはどういう意味なのか、忘れないためにも書き残しておこうと思いました。
過去ログなのに、にしさんみたいに読んでいただいて、
評価してもらえることは無上の喜びです。
ほめていただいてありがとうございます!

> 今の時代はどうなのか?そのシステムがさらに高度化して病はさらに重くなってるのかも。それとも人間は流行り廃りの中で、自然にシステムを飼いならしてるかもしれない。金儲けに関してだけは酷さを増してるように思うが、商業主義もそっぽを向かれ始めてる気もする・・・

↑1969年以降、ロック魂は死んだ。
商業主義なんてクソくらえ、なんて何度も叫ばれてきたのに、
全然変わっていませんよね。
でも、いつの時代にも反骨的なアーティストはいるのものです。
マスプロ的に儲かることとは逆行してて、強大なパワーを持ちずらいのですが、
インターネットの時代、また少し変化が生まれつつあるような気がします。

ホント、コメントうれしかったです。
ありがとうございます。

『Desperado』の訳&意訳もあります。
↓よかったら、読んでやってください。
http://yurayuragusa.blog.fc2.com/blog-entry-11.html
2015/05/16(土) 04:05:29 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
凄い参考になりました
本当にこの歌の訳って暗喩だらけでわけが分からないんですよね。
こういう歌ってその時その時代を生きた人は、皆が共感できるけど、後の世代は分からない。多分、そういうことも狙っての歌詞だと思います。

私は
bring my wine は私の人生を返して
no spirit here はお前は元々ここに魂を持ってきてない

っていう暗喩なのかなと。

天井に鏡っていうもすごい意味深だし。
ロゼのシャンパンに氷なんて普通じゃないのは分かるんだけど何のことやら。

天井の鏡は意識しないと見れないとか、ベッドに横たわった時だけ見えるとか何か意味があるんだろうなと。ロゼのシャンパンは何かの薬だろうかとか。あー本当に難しすぎです。
2015/06/08(月) 23:37:35 | URL | ヤス #- [ 編集 ]
Re: 凄い参考になりました
ヤスさん、コメントありがとうございます。

> 本当にこの歌の訳って暗喩だらけでわけが分からないんですよね。
> こういう歌ってその時その時代を生きた人は、皆が共感できるけど、
> 後の世代は分からない。多分、そういうことも狙っての歌詞だと思います。
>
> 私は
> bring my wine は私の人生を返して
> no spirit here はお前は元々ここに魂を持ってきてない
>
> っていう暗喩なのかなと。

↑そうですよね、隅から隅まで暗喩のオンパレードですよね。
まずは、ここ「ホテル・カリフォルニア」とは、どんなとこか?
ということを仮定でもいいから決着をつけないと、暗喩が暗喩を呼んで、
とてもとても抽象的な歌詞なんだということになってしまうのでは?

とりあえず、ジャケ写にあるようなゴージャスなホテルなのだ、
ということにするだけでも、かなりわかりやすくなるかと思います。

そういう前提で読んでいくと、「ここ」が・・・
●マリファナを吸って
●物欲にまみれ
●拝金主義で
●セックスに溺れた
・・・堕落した成金たちが集まるようなホテルであることがわかりますよね。

それで、一度堕落してしまったら、もうそういう生活から抜け出せないのだ、
と歌詞を結んでいます。

これで、ほとんどこの曲の言いたいことはつかめていると思いますが、
「1969」がどうも気になる。
'69といえば、ロックスピリッツが失われ始めた象徴といわれている、
ウッドストックフェスのことだ、と気づくわけです。
イーグルスはロックミュージシャンですからね。

それで、そうか、ロックが産業化してしまって拝金主義となり、
麻薬やセックスに溺れてしまい、すっかりそのスピリッツを失ってしまったことを
嘆いているんだな!ということになるわけです。
そういう解釈でほとんど正解なんですね。
それは、本文でも書きましたが、このアルバムの他の曲、
『Life in the Fast Lane』や『Wasted Time』なんかも訳してみるとわかりやすいですよ。
前者は、めまぐるしくスケジュールをこなし、次々とヒット曲を生産しなければならない苦悩を、
後者は、ビジネスに追われ愛する人との失われた時間を惜しんでいる歌です。

ただ、「商業主義化したロック」のことだけを言ったのでは、あまりにも手前味噌なハナシだし、
だいたい'69年はロック界だけでなく、いろんなことが起こった年。
公民権運動やゲイの自由、ヒッピーカルチャーなどが終息し始めた年でもあったんですね。

・・・ということで、僕は『ホテル・カリフォルニア』の歌詞の意味は、
ロックスピリッツの喪失だけではなく、
自由や平等や愛や平和を希求してきた文化や活動が失われて、
商業主義やセックスやドラッグにまみれてしまったことを嘆いたものだと
広く解釈することにしてみました。

ホテル・カリフォルニアが、スノッブな人たちが集まるホテルではなく、
精神病院だと気づいたのは、教会でもないのに、ミッションベルがあったり、
歌詞の文脈で、ここがホテルじゃないというニュアンスがぷんぷん漂っていたりだし、
このアルバムのリリースの前年に『カッコーの巣の上で』という、
傷害事件を起こした犯人が精神病を装って精神病院に逃れるという映画が
発表されていたことが決め手でした。

> 天井に鏡っていうもすごい意味深だし。
> ロゼのシャンパンに氷なんて普通じゃないのは分かるんだけど何のことやら。
>
> 天井の鏡は意識しないと見れないとか、ベッドに横たわった時だけ見えるとか何か意味があるんだろうなと。
> ロゼのシャンパンは何かの薬だろうかとか。あー本当に難しすぎです。

↑僕が、訳で最もわからない部分は・・・
“And in the master’s chambers”、“They gathered for the feast,”、
 ”They stabbed it with their steely knives,“、“But they just can’t kill the beast”
↑この部分です。
言葉を訳すのは難しくないですが、意味が全然わかりませんよね?

“そして、支配人の広間に、彼らは祝宴をするために集まった。
彼らは鋼鉄のナイフでそれを突き刺した。でも、誰もその獣を殺すことはできないのだ”

↑ベトナム戦争に負けたことなのか、
公民権運動や黒人の暴動、ゲイの暴動が制圧されたことを言っているのか、
素直に、この病院の中で患者たちが反乱を起こしたのか・・・?
んー、まじでわからん。
名訳があったら教えてくださいねー。


ヤスさん、過去ログを読んでいただいて、貴重なコメントまでいただいて
ありがとうございました!
過去ログは、どんなに一所懸命書いたものでも、埋もれてしまうものが多くて
悲しいものですが、こうしていじっていただけると、めっちゃうれしいです。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします!
2015/06/09(火) 02:22:08 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
むしろこちらがうれしいです。
感謝と喜びです。
こんなさっそくの応答までいただけることに。

>“そして、支配人の広間に、彼らは祝宴をするために集まった。
>彼らは鋼鉄のナイフでそれを突き刺した。でも、誰もその獣を殺すことはできないのだ”

>↑ベトナム戦争に負けたことなのか、
>公民権運動や黒人の暴動、ゲイの暴動が制圧されたことを言っているのか、
>素直に、この病院の中で患者たちが反乱を起こしたのか・・・?
んー、まじでわからん。
名訳があったら教えてくださいねー。


>名訳があったら教えてくださいねー
つかりこさんの訳以上の説明は私には無理ですwww
個別にはあげられているどれか一つ。
それとも全体を指しているのかと思いますね。

『一か所に集めて抑圧しようとも誰も魂は侵蝕出来ない。』

獣性と訳してそれが本能や魂と言う風に考えればいかにもロックでありそうなこんな訳に
するのが表の意味なんでしょうが・・・ 裏があるんでしょうねー。
もしくは俺たちをここに集めて殺してもまだどんどん入ってくるのさ。
総合するとつかりこさんの言う通りでベトナム戦争まで含んだ比喩じゃないかと。
ベトナムをたとえ滅ぼしても、本当の戦争は終わらないのさと言う意味で。

余り考え過ぎると俺が病院に入りそうですwww

もしお願いできるならスカボロフェアのご意見も一度聞きたいです。
2015/06/12(金) 16:14:30 | URL | ヤス #- [ 編集 ]
Re: むしろこちらがうれしいです。
ヤスさん、コメコメありがとうございます!

> 『一か所に集めて抑圧しようとも誰も魂は侵蝕出来ない。』
>
> 獣性と訳してそれが本能や魂と言う風に考えればいかにもロックでありそうなこんな訳に
> するのが表の意味なんでしょうが・・・ 裏があるんでしょうねー。
> もしくは俺たちをここに集めて殺してもまだどんどん入ってくるのさ。
> 総合するとつかりこさんの言う通りでベトナム戦争まで含んだ比喩じゃないかと。
> ベトナムをたとえ滅ぼしても、本当の戦争は終わらないのさと言う意味で。

↑んー、難しいですよねー。
愛と平和と自由の時代から、「管理社会」へ変わっていくアメリカのことを
行っているんでしょうかね?

> 余り考え過ぎると俺が病院に入りそうですwww

↑わははははー。
まあ、のんびり探っていく「宿題」ということにしときましょうね。

> もしお願いできるならスカボロフェアのご意見も一度聞きたいです。

↑おー、これもいわくありで有名な曲ですよねー。
センテンスを和訳するのは、そう難しくないけど、
何を意味しているのか、何を言いたいのか理解するには、
15世紀のイギリス民謡にまで遡って調べないとですねー。
一言で語るのは難しいでしょうね。

スカボロフェアにはたくさんの元歌があって、
僕らが知っているスカボロフェアは、長年歌い継がれてきた
収れんの末の歌詞なので難解なんですよ。
日本の「かごめかごめ」の歌詞も、その昔の民俗学的なことを
知らないと理解しがたいものがあるのと同じですよね。

そういう、もともとの意味を探る難しさと、
ポール・サイモンが2番の歌詞に輪唱でつけた歌詞の意味(ベトナム反戦?)
の難しさのダブルパンチですねー。(笑)

この曲は、前者のイギリス民謡としての歴史や変遷を調べたほうが
おもしろいかもしれませんね。
それをやれると、たぶん分厚い論文ができあがって、
価値ある本ができるに違いないです。

きっと、たくさん研究者がいると思いますよ。
2015/06/13(土) 05:55:01 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
謎が氷解しました(笑)
はじめまして。
もう40年くらい前ですが、ラジオでlying eyesを聴いてからのイーグルスの楽曲のファンです。
なのにベースラインを聴き取るばかりで、歌詞の意味を考えたことが一度もありませんでした。
言葉も音として聴くだけで、気にしていなかったのです。
ですが先日、初めてカラオケでこのホテルカリフォルニアを歌うハメになり映像を見てびっくり。
窓の無い狭い部屋でアメリカ人とおぼしき男性がのたうち回り叫ぶばかりの映像だったのです。
しばらく気になっては忘れたりしていたのですが、ふと思い出して検索して、貴殿の解説と意訳を拝読しました。
「あぁ、なるほど」と謎が氷解した思いです。

メッセージソングとしてあらためて聴いてみると、複雑な思いがします。

このところ、私が若い頃に知った(ロック)ミュージシャンが何人も他界しています。
死因はそれでもドラッグより癌が目立って、昔よりはずいぶんマシとは思いますが、それでもあの頃の「時代」は遠く遠く過ぎてしまったようです。
2016/05/12(木) 13:08:07 | URL | psk #h1Y3VsFI [ 編集 ]
Re: 謎が氷解しました(笑)
pskさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。

> はじめまして。
> もう40年くらい前ですが、ラジオでlying eyesを聴いてからのイーグルスの楽曲のファンです。
> なのにベースラインを聴き取るばかりで、歌詞の意味を考えたことが一度もありませんでした。
> 言葉も音として聴くだけで、気にしていなかったのです。
> ですが先日、初めてカラオケでこのホテルカリフォルニアを歌うハメになり映像を見てびっくり。
> 窓の無い狭い部屋でアメリカ人とおぼしき男性がのたうち回り叫ぶばかりの映像だったのです。
> しばらく気になっては忘れたりしていたのですが、ふと思い出して検索して、貴殿の解説と意訳を拝読しました。
> 「あぁ、なるほど」と謎が氷解した思いです。
> メッセージソングとしてあらためて聴いてみると、複雑な思いがします。

↑謎が解けてよかったですね!
なんか、僕もすっきりうれしい気分です。(笑)

それにしても、ホテルカリフォルニアのカラオケって、
いまはそういう風になっているんですね、驚きです。
つまり、僕や僕と同じような訳をしている人の解釈が定番化しているということですね!
すばらしいことだと思います。
なんと、発表から40年近く経って、なんとなく核心に近づいてきたのかもしれませんね。

> このところ、私が若い頃に知った(ロック)ミュージシャンが何人も他界しています。
> 死因はそれでもドラッグより癌が目立って、昔よりはずいぶんマシとは思いますが、それでもあの頃の「時代」は遠く遠く過ぎてしまったようです。

↑そうですよね、最近、かつて一世を風靡した大物が亡くなるニュースが
多いような気がしますよね。
まあ、みんなそういう年齢になってきたということでしょうねぇ。
彼ら彼女らの遺産を、いろいろ自由な解釈で歌い継ぐのも
作者にとってうれしいことに違いないと思いますが、
本来はどんな気持ちで作り歌ったのかも知るのは時にはいいことですよね。
その曲のメッセージはもとより、その時代背景を知ったりすると、
今や未来への教訓になることも多いでしょう?

イーグルスのベースラインというと、
個人的には『Life In The Fast Lane』あたりが好きかなあ。
2016/05/12(木) 17:25:52 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
過去記事にお邪魔します
こんばんは
今、カリフォルニアのことをいろいろ検索していて、ホテルカリフォルニアのことをつかりこさんがこんなに詳しく書いてくれていて感激しています。
まさに来月、ホテルカリフォルニアに泊まるのです。入ったら出られない精神病院ではない、高級らしいリゾートホテルです。1年前から予約入れて楽しみにしてるんです。イーグルスのこの曲を夫が好きだと言うので。私は英語がわからないから、歌詞の解釈がいろいろあるとは聞いてたけど、こんなに複雑だったんですねー。
うわー つかりこさんすごい!
2016/05/14(土) 23:22:47 | URL | びー #- [ 編集 ]
Re: 過去記事にお邪魔します
びーさん、過去ログにコメントいただきありがとうございます!

> こんばんは
> 今、カリフォルニアのことをいろいろ検索していて、ホテルカリフォルニアのことをつかりこさんがこんなに詳しく書いてくれていて感激しています。

↑いやいやこちらこそ感激です!
過去の記事って、苦労して書いてもすぐに埋もれちゃうでしょ?
しかも、僕のブログの場合、「日記」のつもりではないので、
いじってもらえるととてもうれしいんです。
ホント、ありがとうございます!

> まさに来月、ホテルカリフォルニアに泊まるのです。入ったら出られない精神病院ではない、高級らしいリゾートホテルです。1年前から予約入れて楽しみにしてるんです。

↑おおーっ、5つ星のビバリーヒルズホテルですよね?
それとも、メキシコ西海岸にあるホテルカリフォルニア?
ま、いずれにしてもアメリカのセレブがのんびりしに来るような高級ホテルですよねー!
すごい!いいなあ!!

イーグルスのアルバム「ホテル・カリフォルニア」では、ジャケット写真に
ビバリーヒルズホテルの外観も内観も使われているんですよ。
映画スターに会えるといいですねー。

> イーグルスのこの曲を夫が好きだと言うので。私は英語がわからないから、歌詞の解釈がいろいろあるとは聞いてたけど、こんなに複雑だったんですねー。
> うわー つかりこさんすごい!

↑なかなかおもしろい歌でしょ?
誰からも文句の出ないように作られた巧妙な比喩!
アメリカの歌は、日本よりもこういう「ホントの意味を隠した」ものが多いと思います。
それは、アメリカの音楽界や映画界って、かなり右寄りだからなんですねー。
だから、この手の曲を探すとやんやとおもしろい発見がありそうな気がします。

僕は、全然、英語得意じゃないんですよ。
「ホテル・カリフォルニア」の解釈は、何年もあーでもないこーでもないと
ちびちびやってきたので、その間に世間の意見なども様々出てくるでしょ?
それを、すこーしずつ検証しながら核心に迫ってきたので、
だいたい世の中の定評を代表するものに固まったという感じでしょうかねー。
英語、得意ではないのですが、じっくり時間だけはかかっているわけです。(笑)

人々を何十年も考えさせる曲を書いたイーグルス、
なんだかんだ言っても、やっぱりすごいバンドというしかないですよねー。

やー、ホントにコメントありがとうございました!!
2016/05/17(火) 11:57:15 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
小さな誤訳、失礼
はじめまして。楽しく拝見しました。

思うとこあってこの曲の訳を探しててたどり着いた次第です。

当時、これを聴いて、メロメロの曲=商業主義な曲やな、という印象でした。
今も変わりません。

その後、難解などという話をチラチラ聞いていたのでちょいと思い立って調べ始めた次第です。

本質的にはやはり難解ですね。確かに話題に上がる部分はわかりません。


ただ、つかりこさんの小さい誤訳、
ちょい気が付きましたので、お伝えしようと思いました。
よそさんでも同様の誤訳をしていると思います。

1.plenty of room

これは「空間が潤沢にある」という意味ですよ。
つまり「広い」「ゆったりした」などの意味です。

「部屋がたくさん」ではありません。
部屋だったら rooms でしょ?

少し後の you can find it here も、部屋なら one となるでしょう。
ちなみに it は plenty of room 広い空間のことです(Hotel California ではなく)。

2.wine / spirit
これ、作者は縁語として語ってないと思います。
wine は spirit ではありません。
でも英米人でも縁語ととらえていることあるようですね。

wine は(お酒というより)甘美な酔いのニュアンスで使われることが多いと思います。
spirit は(お酒ではなく)精神/魂の意味のみと思います(縁語や掛詞はなしに)。

で wine が何か、というのが核心のようですが、
それが具体的に何なのかは私もわかりません。
象徴的にお楽しみのニュアンス程度のことかなと思っていますが。

spirit の解説は私も概ね同意します。

「エエもん持って来て」て聞いたら「'69年以降そんなもんないで」
いう程度のニュアンスなのではないかと思います。

3.feast / beast の下り、
私も同意します。
象徴的に
戦争ゲームやってる連中が結局は仕留めることはできなかった、
いうことですよね。

4.Tiffany / Bends,
ともにブランドを外した文章に、おまけにブランドを付けたんやろと思っています。
つまり
Her mind is twisted / She got the Bends,
屈折した性根 / 腰を折る(なまめかしい腰の曲線?)

自動車のベンツは bentz ですよね(bendsではなく)。

すさんだ、ただれた、倦怠感に金に飽かしたのニュアンスを込めてるんやろなと思います。


お邪魔しました。

2016/06/05(日) 14:56:19 | URL | JunO #X03tlyFs [ 編集 ]
Re: 小さな誤訳、失礼
JunOさん、コメントありがとうございます!
ご指摘、感謝感謝ですー。

> 1.plenty of room
>
> これは「空間が潤沢にある」という意味ですよ。
> つまり「広い」「ゆったりした」などの意味です。
>
> 「部屋がたくさん」ではありません。
> 部屋だったら rooms でしょ?

↑はい、充分検証した上であの訳をアップしていたのですが、
おかげさまで思うところに気が付きまして、↓訳を改訂いたしました。

★ホテル・カリフォルニアには、充分に空きがありますので
★一年中いつでも (一年中いつでも)
★ここでなら、泊まる場所を見つけられますよ

当初は・・・
「(一つの館として)充分な空きスペースがある」→
結局、「たくさんの部屋がある」と同じことではないかという解釈で
当初の訳にしていたんです。
また、文脈からすると「スペース」でなく「プレイス」でもなく
「ルーム」として、わざとホテルルームにひっかけていると思われ、
歌を耳で聴くだけでは、アメリカ人でも「部屋のことではないのか」と
勘違いするように作られているようすですので、
わざと作詞者の策に乗っかって「たくさんの部屋」と訳しました。
しかし、よく考えると、病院の一つの「相部屋」のようなイメージを
醸したかったのかも、と捉えることもできるなあ、ということで、
部屋ともスペースともつかない「空き」と変えてみました。

> 少し後の you can find it here も、部屋なら one となるでしょう。
> ちなみに it は plenty of room 広い空間のことです(Hotel California ではなく)。

↑本文でも書いてありましたが、
ここで部屋のことを「it」と呼ぶのがおかしいのは明らかですよね。
でも、「広い空間」を見つけられるというのもしっくりこないので、
歌詞の前のほうにあった「I had to stop for the night.」を受けて、
素直に「泊まる(夜を過ごす)場所」と訳しました。

> 2.wine / spirit
> これ、作者は縁語として語ってないと思います。
> wine は spirit ではありません。
> でも英米人でも縁語ととらえていることあるようですね。
>
> wine は(お酒というより)甘美な酔いのニュアンスで使われることが多いと思います。

↑これは、考えすぎではないでしょうか?
文脈からすると、ここで比喩的な使い方をするのはかなり唐突な感じがします。
「wine」は単純に「酒」ではないでしょうか?
いや、「葡萄酒」でもどっちでもいいんですが、
「酒」を意味する言葉でなおかつ spirit(s)とは違う言葉である
ことがポイントと思われます。

> spirit は(お酒ではなく)精神/魂の意味のみと思います(縁語や掛詞はなしに)。

↑たしかに、酒のスピリッツは単数形で使われませんよねぇ。
“We haven’t had that spirit here Since nineteen sixty-nine”
これを、「1969年依頼、ここではああいうサービスはやめました」
というニュアンスで捉えることもできるかと思いますが、
でもこれはやはり、明らかに酒の提供を想像させる文脈なので、
「plenty of room」と同様に、歌を耳で聴いた時に、聴き違いかと思わせるような
すっとぼけたダジャレをかましているのではないでしょうか。
(アメリカ版のレコードには歌詞カードはほとんどついていません)

> 3.feast / beast の下り、
> 私も同意します。

↑これは本文でも書いてある通り、僕のもっとも自信のない部分です。
ただ、素直に文面を訳して、「集まった者たちがこぞって反乱を起こして、
管理者を殺そうとしたが失敗した」とそのまんまに訳してもいいかな
とも思っています。

> Her mind is twisted / She got the Bends,
> 屈折した性根 / 腰を折る(なまめかしい腰の曲線?)
>
> 自動車のベンツは bentz ですよね(bendsではなく)。

ティファニーは貴金属とファッションのブランドですので、
心がティファニーに屈折 → かぶれ
で、高級なブランドにまみれたイメージです。

「She got~」には、「Mercedes Bends」と、“メルセデス” がついているので、
①メルセデスの曲線=いかしたメルセデス、か
②メルセデスのような曲線=エステや整形や矯正で手に入れた彼女の体の曲線美
のどちらかだと思います。

> 当時、これを聴いて、メロメロの曲=商業主義な曲やな、という印象でした。
> 今も変わりません。

↑これはやはり作者はこの曲で、少なくとも「ロック魂は1969年で終わってしまった。
ドラッグや拝金主義にどっぷりつかってしまってもう後戻りできない」と
言いたいのだと思います。
それは、このアルバムの他の曲も訳してみるとわかります。
それを僕は、歌詞全体をみて、
ロック魂だけではなく、'69年以前にカ “自由な国アメリカ” で栄えていた
カルチャーやイデオロギーの全部であると解釈して、
ホテル・カリフォルニアをその吹き溜まりと捉えたものです。

でも作者が、そういう人騒がせなことを意図的に言って、
アルバムをヒットさせようとしたのだとしたら、
それは多分に商業主義的だとは思いますが、真意はわかりません。

ご指摘、ありがとうございました!
おかげさまでとても勉強になり、拙訳もだいぶん進化させていただきました。
今後ともご教示賜れれば、とてもうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
2016/06/05(日) 20:30:10 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/07/18(月) 23:04:41 | | # [ 編集 ]
Re: 名無し33歳さん、コメントありがとうございます。
> 単純に、流れる曲をそのまま楽しむ事も悪くないですが、このような意味や背景を知ったうえで楽しむ音楽はまた一段と違う楽しみがありますね!

↑ですよねー。
英語がすらすらできるわけではないので、
全部というわけにはいかないのですが、
自分の気に入った曲くらいはどんな訳なんだろうって、
どなたかの訳を読んだり、自分で訳してみたりをするようにしています。

時々、曲調から得た想像と全然違う意味だったりして、
がっかりすることもありますが、まあ、それはそれとして一興では?

アーティストは、いろんな関係者の納得とたくさんの予算と期待を受けて
曲を作ってリリースするので、けっこうふかーい意味や願いの込められた
曲もたくさんあるものです。
いろいろ訳したりしてみて、いろいろとお楽しみください。

『ホテル・カリフォルニア』も、もう40年近く前からいろいろ言われてきましたが、
メロディとは全然違う訳の印象で、おもしろいですよね。
謎が謎を呼んで、いつまでも語り継がれる名曲なんでしょうね。

> とても分かりやすくって勉強になりました^^
> 尊敬致します( ;∀;)

↑いやいや、そんな大そうなものじゃないですよ。
たまたま好きな曲を一所懸命訳しただけです。
ブログはこうしてリファレンスとして残せる点がすばらしいですよね。

名無し33歳さんも、ご自身の好きな曲の “名訳” に
じっくりトライしてみたらいかがでしょう?
ご自身の宝物を手に入れることができるに違いありません。
2016/07/19(火) 17:33:15 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/25(日) 22:33:32 | | # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/28(水) 13:10:09 | | # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/10/05(水) 08:06:23 | | # [ 編集 ]
ホテルカリフォルニアの詩の和訳有難うございました。
素晴らしいです。感動しました。有難うございました。
2016/10/21(金) 17:12:55 | URL | マリリン #sR0EcQzM [ 編集 ]
Re: ホテルカリフォルニアの詩の和訳有難うございました。
マリリンさん、コメントありがとうございます。
過去ログを読んでいただけて、とてもとてもうれしいです。

> 素晴らしいです。感動しました。有難うございました。

↑ね、けっこうおもしろいでしょ?
この曲って、ただなんとなく聴くと、
「カリフォルニアにある素敵なリゾートホテルに泊まって過ごした、
彼女との切ない思い出」って感じのロマンチックな曲なんですよね。
でも、そんなはずない、って何十年も前からあーだこーだ言われているんですよ。
僕は、この歌がとても好きだし、ホントはどんな意味なんだろう?って
自分で訳してみたり、ひとの訳を読んで検証したりして、
ずーっと、宿題にしながらたくさんの訳に目を通してきて、
最大公約数的に、これがみんなの主流だ、という答えをつかんだつもりでいます。

僕はこの歌を、「'60年代までアメリカで活発に行なわれてきた、
自由とか人種差別の廃止とか、ウーマンリブとか、ロックムーブメントとか、
同性愛の自由とか、無政府主義とか、反戦運動とか、カウンターカルチャーが
儲け主義や麻薬や暴力、セックスなどにまみれてしまって、
もう後戻りできないことを嘆いている歌」とやや拡大して解釈しましたが、
ドン・ヘンリーは少なくとも、「ロック魂が、儲け主義や麻薬や暴力、
セックスなどで堕落してしまったことを嘆いている曲」としたことは
紛れもなく正解だと思っています。
それは、この曲の入っているアルバムの他の曲も訳してみるとわかります。
「Life in the Fast Lane」では、すっかり産業化してしまい、
休む暇もなくアルバムづくりに追われる自分を描いていますし、
「Wasted Time」では、仕事に追われて愛する人と別れてしまったことを
悲しんでいるのです。
アルバムの全体で、ヒット曲を次々つくらなければならない虚しさや
それによって大切なものや人を失うことの悲しさを描いていることから
わかるということです。

今回の意訳トライで、自分でも大発見だったと思っていることは、
ドン・ヘンリーが、このアルバムがリリースされる前年に封切られた映画
『カッコーの巣の上で』をモチーフにしたに違いないということです。
お時間がありましたら、ぜひご覧になってみてください。
「ホテル・カリフォルニア」の歌詞の中の主人公が出られなくなっている
ホテル・カリフォルニアって、こんなところなかあ、って
イメージできること請け合いです。

称賛をいただき、ありがとうございました!
すごくうれしいです。

ところで、マリリンさんって、S.N.さんの娘さんのマリリンさん?
だとしたら・・・この度はおめでとうございます!
違ったら、失礼ご容赦ください。
2016/10/23(日) 16:13:24 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/12/11(日) 22:30:20 | | # [ 編集 ]
Re: 感謝します
鍵コメさん、コメントありがとうございます。

でしょ?ただの不思議な歌詞の曲じゃなさそうでしょ?
こんなに世界中のいろんな人にいろいろに受け止められて、
こんなに長い間じっくり聴いてもらって、
なんて幸せな曲なんでしょうね。
僕の解釈をほめてくださり、こちらこそ感謝しております。
ありがとうございます!

サイモン&ガーファンクルの「サウンドオブサイレンス」や
「コンドルは飛んでいく」もいまだにあーだこーだ言われている
名曲ですよね。
これらは、当時の時代背景はもとより、イギリスやアメリカの
古い風習やポール・サイモンの人物的な思想やセンスや経験も知らないと
ホントの意味を捉えるのは難しいかと思っています。
私もいまは仕事が忙しく、自分の疑問としても解釈を解決したい
歌詞のひとつなんですが、なかなか手をつけることができません。
仕事を引退してからでも、余生の楽しみとでもしようかなと・・・。
どうもすみません。
これからもどうぞよろしくおつきあいくださいませ。
2016/12/16(金) 03:41:34 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.