ゆらゆら草

もう少し感受性を働かせれば、毎日がスペシャルになる。そう自分に言い聞かせて、 いろいろ感じたことを書きとめてみよっと。

はな、を応援しまーす  



はな_正面02

「FIFA U-20 女子ワールドカップ2012」の日本戦は、全部観た。

僕にとって「ヤングなでしこ」と言えば、柴田華絵田中美南だなぁ。
田中陽子や猶本光は、うまいしめんこいので大好きだし、
他のポジションの選手もすごいと思うけど、
フットボールプレイヤーとしてはやっぱり柴田華絵と田中美南かなーと思うなぁ。

田中美南のファーストタッチ後のフェイントを入れてから“サイドえぐり”への動きと
その速さには、はっとするようなキレがあると思うし、
柴田華絵のポジショニングのセンスと点を取るスペースへの
アグレッシブな切れ込みには、ホントぞくぞくさせられる。

それにどっちのコも、チームのためにめちゃめちゃ動くよね。
攻めも守りも、いつも全力でひたむきで、思わずジーンときてしまう。

サッカーって実際にやるとわかるけど、
攻撃も守備も一人の力ではすごいことって、なかなかできないんだよな。
でも、そこに群を抜くレベルの選手がいれば、確実にそのチームの強さって変わるし、
戦術にも大きな影響を与えるっしょ。
そういう意味では、ヤングなでしこの右サイドとセンターについては、
ハーフウェイラインから敵ゴールまでの範囲において、
攻守のレベルはスーパーだと言い切れる。

でもね、柴田華絵ちゃんのこと好きなのは、それだけじゃないんだな。
なんだかかわいいじゃん、ってこと。

はな_得点

みんな、猶本だ、田中陽子だ、仲田だ、和田だ、などと騒ぐけど、
僕の“かわいいツボ”にハマるのは、なんてったって「はな」。
ボーイッシュなプレイとガーリィな笑顔、ちっちゃいのに頼もしかったり、
怒ってるようで微笑んでたり、眉毛がないようであったり、
その未確立性がかわいいんだな、きっと。
僕の中では、ゴールを決めた時、ホントにハグしてあげたくなる珍しい選手だなー。

はな_練習

★これからもっともっと活躍してほしいので、はなにひとこと・・・

この前、準決勝でなんでドイツに負けたと思う?
試合後の選手のコメントでは、「ドイツは、思ったより早くてうまかった」
なんて言っているコがいたけど、そうじゃないと思うな。
ひとつだけ挙げろって言われたらかんたん、「ぶつかり負けた」んだよ。

そりゃそうだよな。
僕がドイツの監督だったとしても、同じ戦術をとるなあ。
「日本は、すばやく器用にショートパスを回して攻めてくる。
だから、前からガンガンぶつかって行って、パスワークをさせるな。
ドリブルラーにも空中戦でもがっつり体をぶつけろ。
それで相手がボールをこぼしたら、奪ってすぐに中盤を省略してトップに
ロングボールを蹴るんだ」ってね。

ひょっとして、そんなことはやる前からわかっていたのかなあ。
でも結局、前半から虚を衝かれたように対応できなくて負けたよね。
そりゃね、「ドイツは早くて強いから気をつけろ」って言われてもねー、
具体的にどうしろ、と決めなきゃ。

でもね、「ぶつかられても、グラッとこない体を作れ」なんてのは論外。
それじゃ、日本人の平均身長と平均体重を増やせ、っちゅう注文になる。
あと、何十年かかるのかってことだよね。

すぐに効く答えは別にある。
それはね、「間合い」だよ。
でかくて強くて早いヤツに勝つには、トラップでもフェイントでもドリブルでも、
もっと敵との間合いを開けろ、ってこと。
間合いを詰められる前にパスを出せ、味方が間合いを詰められる前に、
パスをもらってやれ、ってこと。

はなには、「世界一のドリブラーになりたけりゃ、敵との間合いを
あと1メートル開けろ」って言いたい。
世界には、キミが知っている最高の選手より、さらに0.2秒寄せが早くて、
さらに50センチ足の伸びるプレイヤーがうじゃうじゃいるんだよ。
それが、ワールドクラスってやつさ。
わかったら、しびれるゴール&ラストパス、これからも見せてくれー。

ところで木下って、痩せた剛力彩芽、って感じじゃない?

はな_プレー

はな_正面01


コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurayuragusa.blog.fc2.com/tb.php/4-67bd87f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちかごろの記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

リンク