FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

西野劇場、上演中 ~ 2018 FIFA World Cup RUSSIA


今回の日本代表チームといえば、
「意外」なことをけっこうやらかすよねぇ。

まずは・・・

●本番直前に監督を替えたこと
まあね、本番前の親善テストマッチであれだけ負ければ、
「心機一転」ということで、監督か選手を入れ替えたく
なるもんだよね。
何がいいとか悪いとかの問題じゃなくて、
心機一転、何かを変えなければ、
負けマインドの泥沼から這い出せないに違いない
ということだよね。

●柴崎と乾が化けたこと
柴崎のパスセンスとミドルシュート、
乾のセンターに切れ込むドリブルとシュートは、
だいぶん前から定評があったけど、
代表チームではさほど振るわなかった印象だったよね。
それが、今大会本番で本格的に開花した、って感じ。
しかも、2人とも守備もめちゃくちゃいい。
驚いたー。

左サイドバックの長友は、驚いたというか
ケガが治ったのか、過去の絶好調時代に戻った印象だね。
もう、とにかく守備も攻撃も、
この人がチームで一番元気なんじゃないだろうか。

右サイドバックの酒井宏樹は病み上がりなので
なんとも言えないけど、彼の動きが絶好調になれば
もっと点が入るようになると思うな。

そう、原口と大迫と香川は僕なんかに言われなくても
欲求不満でぷるぷるしてんじゃないかな?
力が入り過ぎ?
いまんとこ、気合い空回り感が拭えないなー。
この3人が、得点にもっと機能し出すと、
日本はベルギーにも勝てると思うなー。

●セネガル戦で見せたオフサイドトラップ
あれはすごかったねー!
日本人8人一列で、敵6人を一挙に置き去りにしたよね。
あまりにきれいに決まったので簡単そうに見えるけど、
あれは、敵にしてみれば超意外性の高い、
サッカー史に残る名プレイのひとつだと思う。

●ポーランド戦でメンバーを6人も入れ替えたこと
主力メンバーが疲れていたことと、がっちり守って
隙あらば得点しようという戦略だったんだろうね。
それにしても、6人かあ。
対戦相手は、「流すつもりか?」と思ったのでは?
これも、意外だったねー。

●負けをめざし、なお他力本願でグループリーグ突破
ゲームの残り数分をパス回しやピッチのコーナーで
ボールキープして時間稼ぎをする戦い方は
世界のどこの国でもしょっちゅう行なわれることだけど、
それは、その試合が勝ちか引き分けで、
しかも総当たり戦などで自チームの勝ち抜けが
決まっている時に行なわれるものでしょ。

西野采配は、その試合で自分らが「負けている」のに
負けをキープしようとしたこと、
しかも裏ゲームでコロンビアが勝てば日本が
グループリーグ勝ち抜けになるものの、
まだコロンビアが1点リードしているだけで
あの超攻撃的なセネガルが猛攻撃中なのに
「コロンビアが勝ってくれるはず」として
ポーランドに対して負けを選んだ、ということだよね。

つまり、「コロンビアがセネガルに、あと10数分
の間に1点以上入れられてしまう確率」より、
「あのまま日本代表が引き分け以上をねらって攻めて、
逆にさらに失点してしまう確率」の方が高いと
判断したということだよね、西野監督は。

これは、日本人的な心情で言えば、
「卑怯なり!恥ずかしい、見苦しい。
日本人なら、潔く、自力で勝敗を決すべき」って
言われるような戦い方だよね。

でも、別の観方をすると、
あの時のゲームの現状の把握はもちろん、
いま裏で戦っているライバルの性質なんかを
研究し尽していて、いまこの状況ならどっちが勝つ
って、確率ではなく確信に近いものを
持てるくらいだったんだろうね。

巷では「弱気で情けない “賭け” に出た」
なんて言われているけど、
そうじゃなかったのかもしれないよね。

頭がいい。
しかも、冷静。
短い時間で、緻密な計算ができて
絶妙な答えを出せる人なんだな。
だから、Jリーグでもナンバーワンの
実績を持った監督なんだろうな。

それと、西野監督の「覚悟」
どんなに見苦しいことになっても、
どんなに自分が批判を受けることになったとしても、
「絶対にトーナメントに勝ち抜けてやる」という、
恐ろしいほどの執念が窺えるね。

西野監督は、日本人が、
体格も、技術も、戦術も、そしてメンタリティも
日本人的であっては、W杯を勝ち抜けないことを
わかっているんだろうね。
無謀でも、潔く突撃する精神、
分が悪くても、勝ちか玉砕か、
そんなロマンチシズムなど全然通用しないことを。

まあ、グループリーグ突破は、西野監督というか
今回のJFAのミッションでもあったはずなので、
「勝ち抜ける」という気持ちが強いにしても、
ここまでのこだわりがあったとは、
「意外」以外のなにものでもないよねー。

物事は須らく、古いシステムと古いマインドを
捨てた時に進化するのだ、ってよく言われるけど、
♪今がその時、今が今まさにその時♪
西野監督が、日本サッカーの新しい時代の扉を
開いたのかもしれないなー。

監督の日本人ばなれした執念は今頃、
選手のみんなにも伝わっているはず。
だから、今回のベルギーは強過ぎるとはいえ、
日本が勝ちそうな気がするのは僕だけかなあ?



■2018 FIFA World Cup RUSSIA 決勝トーナメント テレビ放映予定表

001横750_2018W杯トーナメント表放送予定.jpg

6月30日から始まる決勝トーナメントの対戦表(JPG画像)を進呈しましょう!
こいつのミソは、日本のテレビの放送時間とテレビ局がわかるとこだよ!


■プリント用

002縦750_2018W杯トーナメント表放送予定.jpg





♪ カタルシスト / RADWIMPS





♪ VOLT-AGE / Suchmos




コメント

こんばんは。

ポーランド戦はいろいろな意味でイライラもしたし、
ドキドキもしましたが、16強になるためには仕方がない!
と、僕は思っています。

しかしセネガルが最後の最後に点を取ったらどうする?
と、あっちの試合が終わるのが本当に待ち遠しかった!

予想以上に非難が多くてビックリなんですけど、
敗退していたらもっと非難されていたような・・・と。

ベルギーに勝ってほしいな!
いや、勝つぞ!
う~ん、何が起こるのか分らないのがW杯ですから・・・。

こんばんは(*^▽^*)

日頃、サッカー好きではないのですが、お祭り的に試合を観ました。

つかりこさんの解説で、よくわかりました(*^▽^*)

無責任に観ている立場だと、やや物足りないと感じましたが、賢い選択だったのでしょうね。

と・・・素人が・・・言うな。
はい、申し訳ありません。

とはいっても、今朝の2試合見ていると(見てたのは自分ではなく娘ですけど)、オヨビでない? と思ってしまったり…。
だって、メッシもクリスティアーノも敗退しちゃうような世界です。
なんか、違うことが行われている気がしちゃうじゃないですか。
(今大会イチオシのフランスのパバールが決めました)

Re: バニーマンさん、コメントありがとうございます。

> ポーランド戦はいろいろな意味でイライラもしたし、
> ドキドキもしましたが、16強になるためには仕方がない!
> と、僕は思っています。

↑そうですよね。
ルールに反することは一切していないし、
そもそも、スポーツの本質っていかに相手を騙すか、ですからね。
フェイントとかフェイクとか逆モーションとか、
ルールの範囲内で、最もずるいことをやったやつが英雄。
それが「戦略」ってもんですよね。
とにかく、強い執念を持ってグループリーグを抜けて16強に入った、
という結果に拍手を贈るべきですよね。

> しかしセネガルが最後の最後に点を取ったらどうする?
> と、あっちの試合が終わるのが本当に待ち遠しかった!
>
> 予想以上に非難が多くてビックリなんですけど、
> 敗退していたらもっと非難されていたような・・・と。

↑西野采配のおもしろさは、
負けを選んで時間稼ぎをするということでさえ珍しいのに、
それでもなおグループリーグ通過が決まっているわけではなく
コロンビアさんの結果次第という、とても不確かなことに「賭けた」
という点ですよね。
これまでに見たことのない、大博打でしたよね。
西野さんは、持ち金全部張りのギャンブルに勝ったということでしょう。

逆に言うと、西野さんは「日本チームのがんばり」より
「コンロンビアチームのがんばり」を信じたという
皮肉も浮かび上がりますよね。
かわいそうなのは、ポーランド戦に出た選手たちですね。
大ブーイングの中、自分らの「負け」を確定させなくてはならない上に、
「あと一点以上とるのはお前らにはムリ」とレッテルを貼られた
ようなもんでしょ。
さらにはきっと、次のベルギー戦のスタメンは最初に戻されるでしょ?
勝っても負けても、ポーランド戦メンバーはおもしろくないよね。
まあ、選手はみんなプロなので、そんな子供がすねるみたいな
ことはないでしょうけどね。

> ベルギーに勝ってほしいな!
> いや、勝つぞ!
> う~ん、何が起こるのか分らないのがW杯ですから・・・。

↑そうですね!
ベルギー代表は、この3年くらいで見てもほとんど負けていないので
フツーに戦っても、日本が勝てそうな雰囲気がないですよねぇ。
でも、西野さんが何か絶妙な策を考えているに違いないし、
おっしゃる通り何が起こるかわからない。
またベルギーチームの誰かがペナルティエリア内で
ハンドするかもしれないし(汗・笑)、大迫が突然超人ハルクみたいに
なるかも知れませんもね。
マジで、勝つことを願っています。

Re: こんばんは(*^▽^*)

Miyuさん、お忙しいところご訪問ありがとうございます。

> 日頃、サッカー好きではないのですが、お祭り的に試合を観ました。
>
> つかりこさんの解説で、よくわかりました(*^▽^*)
>
> 無責任に観ている立場だと、やや物足りないと感じましたが、賢い選択だったのでしょうね。
>
> と・・・素人が・・・言うな。
> はい、申し訳ありません。

↑いやいや、何をおっしゃる!
僕だって玄人という訳ではないすよー。
スポーツの試合なんて、見たままですよね。
あれは、「負けてる試合だけど、このままいけば予選突破できるかもしれないので、
そのまま残り10数分を時間稼ぎしてゲームを終わらせた」ということですよね。
たしかに、高い交通費とチケット代を払って観に来た観客が
とんでもなく退屈なゲームを観せられたと、怒り出すような内容に違いないす。

ルールに反しているわけではないので、罰せられるとかはないのですが、
なんとなく卑怯というか、潔くないというか、自分らの実力を自ら否定しているような
情けない行為ですよね。
でも、西野監督や選手たちにしてみれば、「"逃げた" のではなくて、
これ以上、点をとられないように全力を尽くした、守り切った」ということであって、
ちっとも恥ずかしいことではないのではないかと僕は考えています。

しかし、みょうちきりんなのは、「このままいけば予選突破できるかもしれない」
という部分ですよね。
フツーは、「このままいけば勝ちで、予選突破が決まっているので」のこり時間を
つつがなく消化しよう、というのがフツーなんだけど、
「このままいって、なおかつ裏ゲームのコロンビアが点を入れられなければ」という
他力本願でとんでもなく薄い確率に命運を任せたことが、一部批判の対象になって
いるんでしょうね。

確かに、あまり見かけない采配です。
自分たちが勝つ自信より、コロンビアが勝つ自信のほうがあったということですからね。(笑)
これはね、きっと西野さん一人のしわざではないのかもしれませんね。
いや、もちろん最後に決断を下すのは監督ですが、
他のコーチやアナリストなどの進言もあったりしますから。
とにかく、珍しい、きわどい、采配だったことは間違いありませんね。
でも、こういう変わったことが起こるのも、世界中の国が勝ちにこだわるサッカーW杯でしょう。
これもまたこのスポーツの一興なんだと、僕は楽しんでいます。

hobohoboさん、コメントありがとうございます。

> とはいっても、今朝の2試合見ていると(見てたのは自分ではなく娘ですけど)、オヨビでない? と思ってしまったり…。
> だって、メッシもクリスティアーノも敗退しちゃうような世界です。
> なんか、違うことが行われている気がしちゃうじゃないですか。

↑決勝トーナメント開始の2試合、すごい内容でしたね!
まるで、決勝戦みたいな対戦カードだし、
疲れが溜まっていない分、ホントにおもしろいゲームがすでに行なわれてしまった
と言えるくらいの好ゲームだったかもしれませんね。
確かに、両ゲームともものすごいレベルで、ものすごい攻撃と守備の応酬で、
近年のW杯でもあんなにすばらしい内容は数少ないと思います。

それでも、メッシもロナウドも敗退チームの一員となってしまった。
やはり「サッカーは一人の天才より、チームプレー」なんでしょうね。
思い知らされます。

・・・で、愕然としますよねぇ。
日本代表が、あんなすごいゲームをやれるとは思えないですもんね。

ベルギーはホント強いす。
2015年あたりから60回くらい国際試合をやっていますが、
負けたのはたった3回くらい。
2017年の後半からで見ると、この大会を含めても「無敗」という強さです。
FIFAランキングも、3位。
今回は、名実ともに優勝候補ですよね。
でも、まあ、勝てなかったとしても、どんなことをやって
勝とうとしたのかを観るだけでもおもしろい、
と思うことにしています。(汗)
でも、勝ってほしいなあ。

それにしても、トーナメント対戦表の左半分を見てみてくださいよう。
あらら、優勝候補じゃないのは日本だけですよ!
それに比べ右半分は・・・あらら、優勝候補はスペインの1チームだけ。
これは、元KGBだった偉い人の巧みな陰謀でしょうかねぇ。(汗)
でも、個人的にはいつもは伏兵的なクロアチアやデンマーク、スウェーデン、
スイスが優勝したりするのを期待していたりして。
ロシアは開催国だから、優勝してもおもしろくないなあ。

> (今大会イチオシのフランスのパバールが決めました)

↑ パバール、すごいロングシュートを決めましたね。
スピード、コース、テクニックとも、
今大会、いまんとこNo.1のシュートかもしれません。

> (今大会イチオシ

↑これは、"イケメンイチオシ" ということでしょうかね?(笑)
ふむふむ、娘さん、ああいうのが好みかあ。
あ、グリーズマンも、髪が長いとめっちゃかっこいいですよ、
ってお伝えください。
あ、そんなことは、もう知っていますかあ。(笑)

それぞれの愛

こんばんは。
決勝Tに入って、個々の試合の内容がガラッと変わりましたね。ホントにどれも名勝負です。日本の結果はどうであれ、気持ちよく終えてもらいたいです。
ポーランド戦は賛否両論、いまだに話題となっていますが、いろいろ意見はあってよいのだと思います。つかりこさんのような考えもあれば、私のような感想もあって当然。共通して言えるのは日本サッカーに対する優しい愛か厳しい愛か、だたそれだけのような気がするのです。
でも世間は自分と異なる意見に対しては互いに耳をかさず高圧的に返す風潮。何なんですかね。違う意見を傾聴することで知見も広がり、より深い思考ができると思うのですがねえ。皆、ストレスが多いのかな。
一番心配なのはJFA。

Re: それぞれの愛

papayoyoさん、コメントありがとうございます!

> こんばんは。
> 決勝Tに入って、個々の試合の内容がガラッと変わりましたね。ホントにどれも名勝負です。日本の結果はどうであれ、気持ちよく終えてもらいたいです。

↑ トーナメントに入ってから、特にブラジルのいる側の「トーナメント山」側のゲームは
まるで決勝戦の連続ですよね。
よく見ると、日本も入っている側(=ブラジルのいる側)の山のチームは、
日本以外はみんな優勝候補です!
かたや、ロシアの入っている側の山は、優勝候補はスペインくらいです(もう消えたけど)。
これは、毎度のことですが、開催国の陰謀がかくれていますねー。(汗)
ベルギーは、イングランド相手に9人もメンバーを変えて、
「負けてグループ2位となって、ロシア側の山に入ろう」としていたのが
見え見えでしたが、勝っちゃいましたねー(笑)。
で、日本と当たることになったのですが、
次がブラジル相手になっちゃいました。

> ポーランド戦は賛否両論、いまだに話題となっていますが、いろいろ意見はあってよいのだと思います。つかりこさんのような考えもあれば、私のような感想もあって当然。共通して言えるのは日本サッカーに対する優しい愛か厳しい愛か、だたそれだけのような気がするのです。

↑僕もインターハイに出るようなスポーツを長年やっていましたし、
いまもフットサルをやっているので、アンフェアなことは大嫌いだし、
西野監督も言っていたように、とても「不本意」な戦い方だったと思います。
ただ、西野さんは途中交代で入ってきて、なんとしてでもミッションである
「グループリーグ突破」を果たさないと笑いものになるという気持ちが強かったでしょうし、
こう言ったらなんですが、日本はあのままいっても引き分けまたは勝つことが
できないことがわかっていたんだと思います。
日本有数の監督実績者ですから。
僕もそう思いますよ。
マスコミ等は、コロンビアを撃破し、セネガルに追いつき・・・
なんて、まるで日本チームが両国と同じくらいの実力のように
報道していますが、全然そうではないと思います。
歴然と実力が下だと思います。
よく見ると、グループリーグは「不運で主力が1人足りなくなった」コロンビアに
1勝しただけですよね。
そう、アップアップなんですね。
戦術が何かの間違いで功を奏するか、運でもよくなければ
日本は勝てないのが現実でしょう。
僕は、'82年頃からW杯を観ていますが、
ずっと「日本も技術や戦術を磨けば、いつか勝てる」と思ってきました。
でも、今回でよくわかりました。
日本の技術や戦術、俊敏性は、ワールドクラスです。
コロンビアやセネガルやポーランドより上と言ってもいいかもしれません。
でも、勝てない。
それは、体の基本性能です。
背が高い、足が長い、体重が重い、走るのが早い、長いこと疲れない・・・
そういう部分です。
技術や戦術、俊敏性がどちらも同じハイレベルなら、
背が高いほうがヘディングに強い、体重が重いほうがコンタクトに強くてボールを逸しない、
走るのが早い方がデュエルに勝てる、疲れないほうが最後までハイクォリティを続けられる・・・
うまい、じゃなくて、強いです。
うまいだけではだめで、「うまい&強い」でなくては勝てないということに
今回、やっと気付きました。
ベルギー戦で日本は、うまさで守りながら2点とりましたが、後半残り30分で疲れが出て、
「体力=基本性能」の差でやられてしまったと思います。
南米やスペイン、ポネトガルのようなラテン系の民族は日本と同じように、
欧米系の民族に「うまい&強い」の「強い」で負けていますが、
それを上回る「うまい」がありますよね。

だから、西野監督の「負けをキープしてなおかつ運を他者にまかせる戦略」が
すばらしい、とは言えませんが、いま日本が勝とうと思ったら、
それくらいパツンパツンなんだと思います。

僕は、papayoyoと同じ意見なんですよ。
せこい、情けないテで勝つくらいなら出直してこい、と言いたい。
でも、まともにやっても勝てないこともわかっているので
しょうがないという気持ちもなくはない、と言ったところでしょうか。
それより、日本はちっとも強くない、このままではいつまでたっても勝てないぞ、
また、運任せのゲームをするのか?死ぬ気で方策を考えるべき、
って厳しい意見を呈したいですわ。
これもまた、「愛」ですよね?

> でも世間は自分と異なる意見に対しては互いに耳をかさず高圧的に返す風潮。何なんですかね。違う意見を傾聴することで知見も広がり、より深い思考ができると思うのですがねえ。皆、ストレスが多いのかな。
> 一番心配なのはJFA。

↑ リアルでもネットでも、極端に摩擦をさける人っていますよね?
逆に、ちょっとした意見の相違に感情的になって、喧嘩腰が止まない人もいますよね?
どちらも、精神が未熟ですよねぇ。
アタマが固過ぎ。
おっしゃる通り、いろんな意見があってこそすばらしい思考やアイデア、進歩が生まれるのだと思います。
日本人は、喧嘩の仕方とか議論の仕方を知らな過ぎだと思います。
非公開コメント

プロフィール

つかりこ

Author:つかりこ
北海道生まれ。広告制作会社勤務。スポーツ、飲み食い、音楽、読書、映画などなど、興味がゆらゆら。

ちかごろの記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム