FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

SW、もう一つの魅力 ~『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』


もう、1カ月以上も経っちゃった。
封切られて1週間くらいの頃に観てきたよ、
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。

世間では賛否両論、侃々諤々だねー。
ま、内容はちょっと横に置いとくとして・・・
僕はシリーズが封切られる度に、
いつも思い出すことがあるんだよね。



タイトルの見事さ

職業柄、映画の宣伝はもとより、作品のタイトルなんかも
気になるんだなー。

プロモーション大国のアメリカ映画のタイトルは
うまいものがたくさんあるけど、
中でもスター・ウォーズは、ピカイチだよ。

それは、"韻" と "字面"

001タイトル.jpg

口に出して発音してみると・・・
「ス」で始まって「ー」って伸ばして、さらに
「ー」って伸ばして「ス(゛)」で終わっている
でしょ?

ス〇ー・〇ース(゛)

徹底的に韻を踏んでいるんだよ。
上から読んでも、下から読んでも「山本山」みたいなもん。

それから、字面で見てみると・・・

S〇AR 〇ARS

「S」から始まって、「S」で終わっているでしょ?
その中にきれいに「〇AR」が2つ並んでいる。

やっぱり、左から読んでも、右から読んでも「山本山」。

音的にも、見た目的にも、
逆さ言葉のように几帳面な配列になっているんだね。
たった2つの単語の羅列に、これだけのシャレが
詰まっているという見事さなんだな。

タイトルのうまさ、
これもまたSWの魅力の一つなんだなー。



アメリカのカルチャーやコマーシャリズムの世界では、
"韻を踏む" というのがよく行なわれるけど、
近年、僕がお見事!と思ったのはコレ!

002インテル.jpg

インテル、インサイド」・・・ということで、
短い単語2つで、「イン」で韻を踏んでいるんだね。

それだけなら、まあね、ということになるけど、
僕がすごいと思ったのは、日本のコマーシャルのこと。
いまは、全然流れていないけど、
WindowsマシンのテレビCFで最後にぶらさがりで
このインテルのロゴが出てきてたでしょ?

その時に、伊武雅刀さんか誰かの声で、
「インテル、入ってるって言うんだよね。
それそれ!それがお見事なところ。

英語では、「イン」で韻を踏んでいるので、
日本語に訳してもなんとか韻を踏みたいところで、
「テル」で韻を踏んだんだね。

音のダジャレを共通化するのが困難な日本語と英語だけど、
これはお見事!言葉の意味も韻も、きれいに翻訳された
傑作の一つだと思うなー。



・・・で、肝心の映画の感想はどこへ行ったんだよ、
ということになるけど、まあ、いろんな人が
いろいろ書いているので、ちょこっとだけ。

003レイ.jpg


●クォリティは申し分なし
映像&音楽のクォリティ、チャンバラアクション、編集技
などなど制作上のアラは、まったくないと言ってもいいかも。
CGを駆使した映画は、ここまできた!って感じだな

004塩原.jpg


●ますます時代劇?
CG映画がものすごく発達してしまって、
CG+宇宙+戦闘 という図式の映画もたくさん作られてしまって、
スター・ウォーズのおもしろさやスター・ウォーズらしさ
というものが薄れてしまったんだろうね。
だから、今作は制作者は「CG+宇宙+戦闘」より
登場人物の内面・・・正義とか、ダークサイドとか、葛藤とか、
隠遁とか・・・に重心を置いた作風になっている
のだと思う。
まるで、日本の時代劇の精神性みたいなところをつついてる印象。

005レイ02.jpg


●まったく新しいスペースファンタジーへ
ダースベイダーがいなくなり、ソロがいなくなり、
歴代のジェダイがいなくなり、レイア姫がいなくなり・・・
かつてのスター・ウォーズを表わすものは何もなくなってしまい、
新しいダークサイドとジェダイ役の二人だけが残った。
映画としての「CG+宇宙+戦闘」の新鮮さもなくなったいま、
ミレニアム・ファルコンはどこへ行くんだろう?

006カイロ・レン.jpg


●それでも知りたい謎
レイはジェダイなのか?
なぜ、ジェダイの技を身につけているのか?
誰の子なのか?
・・・だからやっぱり、次作も観てしまうんだろーなー。

007レイ03.jpg

008キャラ.jpg



こたつのある映画館

ウチから徒歩ですぐのところに、映画館があってね。
よくある、駅前商業ビルの中に入っているシネコン。
テアトル系の「新所沢レッツシネパーク」っていうんだけどね。


元々、150席くらいのスクリーンが1つと
100席くらいのスクリーンが2つの小さいシネコンでさ、
ご想像通りの薄暗いピンボケ映像とチープなサウンドでね。
近くてめっちゃ便利なのに、1度しか行ったことなかったんだわ。

これが、ちょうど1年ほど前にリニューアルしたんだよ。
「きれいになった」って評判だったので行ってみたんだけど・・・

009シネパーク.jpg


したっけ、豪華なマッサージチェアのような電動リクライニング席が
数席あってね、1,800円だっけか、これが一般の席と同じ値段。

010ファースト席.jpg


一般の席だって、肘置きが隣の席と一体になっていなくて
横幅ゆったりのヘッドレスト付きの単体チェアなんだよ。

011セカンド席.jpg


やー、驚いたねー。
キャパは小さめだけど、こんなにゆったり座れる映画館は初めて!
生まれてこれまでで、No.1の快適さだったよ。
スター・ウォーズをこのミニシアターのようなとこで観るのは
少しはばかられたけど、サラウンド5.1の音も、
デジタルの映像もかつてとは違う超高品質だったよ。

さらに驚いたのは、最前列がネットカフェのフラットシートみたいな
ボックス席になっている
んだなー。
まあ、寝てまうかなー?って危惧もあるけど、
これが、1席4,000円なんだそうだ。
●大人1人+子供3人
●大人2人+子供2人
●大人3人+子供0人
●大人0人+子供4人
・・・これ以下の人数で使って4,000円。
なるほどー、子供がいっぱいいる場合はワリとお得なのね。

012ボツクス席.jpg


それで、昨日テレビのニュースを観てたら、
ここんちが出てきてさ、
いま、こたつを置いているんだってさ!
うーわー、僕の場合、寝てまう危険性ますますアップですわー。

013こたつ.jpg


なんだか宣伝っぽくなってしまったけど、
とてもおもしろい映画館だと思うので、ま、いいっかー、
クチコミということで。





014ポスター.jpg

●スター・ウォーズ/最後のジェダイ(Star Wars: The Last Jedi)
2017 アメリカ
上映時間/152分
監督/ライアン・ジョンソン
製作/キャスリーン・ケネディ、ラム・バーグマン
製作総指揮/J・J・エイブラムス、ジェイソン・マクガトリン、
      トム・カルノースキー
製作会社/ルーカスフィルム
原作/ジョージ・ルーカス『スター・ウォーズ』
脚本/ライアン・ジョンソン
撮影/スティーヴ・イェドリン
編集/ボブ・ダクセイ
音楽/ジョン・ウィリアムズ
美術/リック・ハインリクス
衣装/マイケル・カプラン
視覚効果監修/ルイ・モラン
配給/ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
出演/マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、アダム・ドライバー、
   デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、
   ドーナル・グリーソン、ケリー・マリー・トラン、ローラ・ダーン、
   ベニシオ・デル・トロ、フランク・オズ ほか







015蝋梅01.jpg


016蝋梅02.jpg


017イルミ.jpg


018氷.jpg


019つらら.jpg


コメント

素敵な映画館!

あははー!
思わず声に出して笑っちゃいました!
ボックス席だけでも驚いたのに、こたつー!!
こんなアットホームなスペースが映画館にあるなんて♪
思わず、みかん持参したくなっちゃいますよ(笑)
クッションに寄りかかって、足ぬくぬくしたら・・・よだれと共に目覚めそう^^;
面白いアイデアですね♪

冬の写真が美しい~!

こんばんは。

映画は観てからということで。

インテル、入ってるは上手いな~と思っておりました。
inとinの韻はあ~、としか思いませんでしたが(笑)、
その日本語バージョンは上手くやったな~と感心していました。

SWの題名はまったく意識しておらず、今回始めてわかって、
なるほど~と思いました。
さすがつかりこさん、職業柄素晴らしい指摘ですね。

あの映画館のボックスのこたつ、
すごいとは思いつつ、なんだか微妙な・・・
良く出来た椅子が一番かな(笑)

SWなら寝ないけど、ブレードランナーなら寝ちゃうな、きっと!

後半の写真、スゴイ!

Re: 素敵な映画館!

ももこさん、コメントありがとうございます。

> あははー!
> 思わず声に出して笑っちゃいました!
> ボックス席だけでも驚いたのに、こたつー!!
> こんなアットホームなスペースが映画館にあるなんて♪

↑ねー、おもしろいでしょ?
昔は、東京都内でも、座敷に体育座りで観るような名画座が
あったんですが、いまどき椅子がなくてこたつかよ?
って感じですよね。
去年リニューアルされたばかりなのに。

> 思わず、みかん持参したくなっちゃいますよ(笑)

↑あ、テレビのニュースではこたつに入った人たちが
みかんをつまんでいましたねー。
あれは。みかん付きなんでしょうかね?
売店で売っているんでしょうかね?
持ち込みオッケー何でしょうかね?
これで、こたつの中に猫がいたら完璧ですよね。

> クッションに寄りかかって、足ぬくぬくしたら・・・よだれと共に目覚めそう^^;
> 面白いアイデアですね♪

↑そうそう、かなり寝る率高いですよねぇ。
それと、最前列なので、後ろの席の人たちに見られているようで
なんだか落ち着かない気がします。

> 冬の写真が美しい~!

↑おありがとうございます~
写真上手なももこさんに褒めていただいてとてもうれしいです。
最近、カメラを変えたんですよ。
それまでは、15年くらい前に7千円で買ったコンデジだったので、
女子高生でもけっこういい写真を撮ってるインスタ映えの時代、
僕ももうちょっとは何とかしなくちゃということで・・・。(汗)

Re: バニーマンさん、コメントありがとうございます。

> インテル、入ってるは上手いな~と思っておりました。
> inとinの韻はあ~、としか思いませんでしたが(笑)、
> その日本語バージョンは上手くやったな~と感心していました。

↑お、さすがです!お気づきでしたかー。
あれは、うまいことやりましたよねー。
英語の意味の訳も、韻を踏むこともちゃんと翻訳されていて
お見事としか言いようがありませんよね。
また、韻の踏み方が、「イン」から「テル」に移動しちゃってるところも
お茶目でかわいいです。(笑)

> SWの題名はまったく意識しておらず、今回始めてわかって、
> なるほど~と思いました。
> さすがつかりこさん、職業柄素晴らしい指摘ですね。

↑スター・ウォーズのタイトルは名前としてあまりにも有名というか
当たり前化というか、日常化してしまっていて
細かな技を気にしなくなってしまっているというか
忘れてしまっているというかなんでしょうね。
これは、僕の発見というわけではなくて、
SWが初めてこの世に登場した時から、
アメリカでは賞賛されていたんですよ。
僕は、職業柄いつも思い出しちゃうんですよ。

> あの映画館のボックスのこたつ、
> すごいとは思いつつ、なんだか微妙な・・・
> 良く出来た椅子が一番かな(笑)
>
> SWなら寝ないけど、ブレードランナーなら寝ちゃうな、きっと!

↑あの椅子は、超快適でした。
疲れないし、前も横もゆったりで、サイコーです。

こたつは、ウチのツレは、どこぞのおっさんの
靴下の臭いがしそうでヤダー、って言っていました。
それって・・・僕のことじゃん。

> 後半の写真、スゴイ!

↑ありがとうございます。
実はミラーレス一眼を買っちゃいまして、
しばらく遊んでみようかと。
おっさんにありがちな趣味ですが。(汗)

羨ましい

これまだ観てないんスよね。
この一作前をまだ観てないんで。遅れてますw。

所沢の映画館、スゲーっ!
コタツ最強すぎる。
それに引き替え横須賀は・・・
観たい映画があるのですが、横須賀じゃ上映されていません。
横浜に観に行きます。

Re: 羨ましい

papayoyoさん、コメントありがとうございます。

> これまだ観てないんスよね。
> この一作前をまだ観てないんで。遅れてますw。

↑あ、そうでしたか。
あー、でも、ディスクで観られるのだとしたら、
前作と続けて観られるので、逆にそっちのほうが
いいかもしれませんね。
僕の印象では、ストーリーも映画のタッチも前作からの
繋がりが強いと思われますので。

> 所沢の映画館、スゲーっ!
> コタツ最強すぎる。
> それに引き替え横須賀は・・・

↑こたつ、おもしろいですよねぇ。
たしかに、コタツに入ってゴロンと観るほうが好き、
という人もいるのかもしれませんね。
(僕は、ホントに寝てしまうので椅子のほうがいいのですが)
あと、これは「インスタ映え対応」→ 販促作戦
なのでしょうね。

> 観たい映画があるのですが、横須賀じゃ上映されていません。
> 横浜に観に行きます。

↑この映画館も、昨年まではものすごく存在価値が低くて、
クレヨンしんちゃんとか名探偵コナンみたいな
親子連れ映画しか放映していないような映画館だったんですよ。
その頃は、僕も新宿か池袋まで1時間近くかけて観に行っていました。
でも、映画を劇場で観るって、こたつで横になって観るのじゃなくて
わざわざ遠くまで出かけて行って、きちんと緊張して座って
暗闇で集中して観て、帰りに街でおいしいものでも食べて帰る
というのが醍醐味かと。
ですから、わざわざ横浜まで出かける、というのがいいんでしょうね。

こたつより、椅子がピカイチなのが気に入りました。
もちろん、画質も音も改善されたのですが、
そのせいか、かかる作品も少し毛色が変わってきましたね。
邦画も洋画も、以前は絶対やらないような単館ロードショウ系の
作品もちらほら。

デジタル化の波が落ち着いてきたら、きっと横須賀にも映画館できますよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

つかりこ

Author:つかりこ
北海道生まれ。広告制作会社勤務。スポーツ、飲み食い、音楽、読書、映画などなど、興味がゆらゆら。

ちかごろの記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム