ゆらゆら草
もう少し感受性を働かせれば、毎日がスペシャルになる。そう自分に言い聞かせて、 いろいろ感じたことを書きとめてみよっと。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
そうだ石巻、行こう。 [石巻焼きそば篇]

午前4時55分、埼玉県の西武新宿線の某駅。

001しんとこ駅.JPG

あー眠い、おー写真もネムイ

始発、ヒア・ウイ・ゴー!
高田馬場をめざせー。

002始発.JPG






ほいほい、高田馬場でJR山手線に乗り換えて東京駅に到着。
今度は新幹線に乗り換えだぜ。
「はやぶさ・こまち1号」も本日の始発。

003新幹線始発.JPG


緑のが「はやぶさ」で、赤が「こまち」。
行先の違う列車が2つ、ドッキングしているんだな。

004こまちはやぶさ連結.JPG

005こまち.JPG

くっついて走って行って仙台で切り離して、それぞれ別ルートへ。
「はやぶさ」に乗ってて寝過ごしたら青森を経由して函館
「こまち」で寝過ごしたら秋田へ。
いずれにしても仙台で絶対起きないと、とんでもないところまで行ってしまう。

006はやぶさ表示.JPG

007座席表示.JPG

僕が乗ったのは、「はやぶさ」3号車13列のE。






イェーッ、たった1時間半で仙台に着くんだねー。

008仙台駅.JPG

009かもめの玉子電飾看板.JPG

010青葉亭.JPG

011スマイルホテル.JPG


仙石東北ラインに乗り換えるぜー。

012仙石改札.JPG

013仙台デビュー.JPG


014ドンク.JPG

仙台駅構内にある「ドンク」
おいしいパンで朝食だべ。


いざ、石巻へ!

015仙石電光掲示.JPG

016仙石東北ライン表示.JPG






017_009_01.JPG

着いたー。
これは、仙石線のラッピング列車だな。
妖艶じゃないタイプの003・フランソワーズ・アルヌール。


018_009_02.JPG

019_009_03.JPG

020_時代劇01.JPG

021_時代劇02.JPG

022漫画の国.JPG

023ロボコン.JPG

石ノ森章太郎シリーズだねー。

024石巻駅ホーム.JPG

025キカイダー.JPG

026仮面ライダー.JPG

027石ノ森イラスト.JPG

左が石ノ森章太郎だろうな。


028喫茶えき.JPG

駅の外にあるのに、駅のホームからダイレクトに入れる喫茶店、
マンガッタンカフェ「えき」
そのまんまの名前だな。

「マンガッタン」とは、石巻のことさ。
マンガとマンハッタンをひっかけたんだろうな、
なんだか恥ずかしー。


029駅内フィギュア.JPG

030_フランソワーズ・アルヌール.JPG

これも、改札の内側にあるんだよ。

031駅舎内部ステンドグラス.JPG

駅舎の中から見た駅前。
入口の上部には、ステンドグラス調のサイボーグ009が。

032石巻とマンガについて.JPG


033喫茶えき外.JPG

駅の中からも外からも入れる、マンガッタンカフェ「えき」。
お店のおねえさんに・・・
「外から入って来た人は、改札を通らずに
ここから駅の中に入って電車に乗れるんですか?」って聞くと、
「入れません」とのこと。
ここで切符も売ってくれるのかと思った。

「じゃ、ホームから入って来た人は、
そのまま外に出られるんですか?」って聞くと、
「出られません、入ってきたホーム側の扉から
ホームに戻っていただきます」とのこと。

「へぇー、じゃ、お客さんがどっちから入ってきたか、
一人一人覚えとかなきゃならないんですか?」と僕が聞くと、
「はい」とのこと。
わはは。

"別世界へつながる扉が2つあるのに、
入って来た扉から元の世界に戻るしかできない喫茶店"。
向こうの世界のことを知るには、向こうの扉から来た人と話すしかない。
または、自分が来た世界に戻って、
向こうにつながる別の入口を探さなきゃならないのだ。

・・・ってか。

「ずんだ餡のロールケーキ」と「石巻ブレンド」がおいしかった。



ネット検索によると、
たしか、市役所の裏のほうに・・・

034かのまたや01.JPG

・・・あったあった、これや、石巻焼きそばの店。
おおー、レトロだねー。
古民家風というか、古商家風というか。

035かのまたや02.JPG

おおー、これはレトロ"風"ではなくて、ホントに古いんだ。

036かのまたや学校給食03.JPG

「宮学給第六五号」、「県学校給食指定工場」と筆文字看板。
いつ掲げられたんだろう?

ちなみに・・・
日本最古の学校給食が始まったのが、明治22年。
6大都市の小学校で始まったのが昭和19年。
文部・厚生・農林の行政通達で、
東京・神奈川・千葉で始まったのが昭和21年。
昭和29年(1954年)、学校給食法が施行。
「揚げパン」や「ソフト麺」が出るようになったのは、
昭和40年前後だそうだ。

037かのまたや入口.JPG

うどん屋さんなのか。

ちわー、って中に入ると、
お昼どきのせいか、街は閑散としているのに、けっこうお客がいる。
典型的な蕎麦屋というか、うどん屋というか、昔の食堂というかの内装で
40人くらいは入れる広さだな。
お客がたくさんいるので、内観の写真を撮るのがはばかられたわ。

038_1メニュー.jpg

うわー、安い。
値段もレトロだぞ。

そうか、うどん屋なんだ。
でも、ちゃんとあるぞ、石巻焼きそば。
テーブルにメニューがあるけど、券売機で購入。
そうこうしているうちにも、
近所の会社員風のグループが続々ご来店。


038_2石巻焼きそば01.JPG

石巻焼きそば だし・480円 + かきあげ100円 なりぃー。

039石巻焼きそば02.JPG

040かき揚げ.JPG

041石巻焼きそば02.JPG

見た目はいわゆる焼きそばだけど、
ほう、そうか、和風だしの味なんだねー。
水産業の町だからして、魚介だしの焼きそばねぇ、なるほどなるほど。

うん、おいしいよ。
びっくりするほどうまい、というほどでもないけど、
安いし、ソース味もいいけどだし味もいいね、って感じ。
学校給食や学食にくらべたら、はるかにうまいぜー。
たぶん、キミの想像通りの味。
目玉焼きをつぶせば、味のシフトチェンジもできるのさ。



実は、石巻にちょくちょく出張する仕事を承っていてね。
ハタと思いついて来たんじゃないんだけどね。
打ち合わせの時間より少し早く行って、
名物のひとつくらい食べてみようと思ったわけ。



仙石東北ラインは、仙台と石巻ー女川を結ぶ在来線。
たった2両の編成。
塩竈や松島の海岸沿いを走っている。

晴れていると、この車両から観える風景が、とても気持ちいいんだよ。
石巻に向かって走っていると、右手に海岸がちらちら、
左手に緑の丘がちらちら。
海や野山の風景が、スライドのようにかわるがわる眺められるのさー。

停車駅のホームも、映画に出てきそうな昔ながらの
野ざらしタイプが多かったりして。
制服のスカートの下にジャージをはいた女子高生が
ぽつんと電車を待っていたりして・・・。



縫うように行く、ほのぼのと癒される海岸の町々の風景。

だけど、この辺はみんな、あの日の津波の被害のあったところなのだ。

石巻に近づくと、たくさんの空き地が目につくようになる。



063がんばろう石巻.JPG







♪ 気球にのってどこまでも





♪ 魔法のじゅうたん / くるり





♪ 風は止んだ / cover.





コメント
コメント
いわしうどん・・・?
こんばんは。

うどん喰いとしては“いわしうどん”が何か気になります。
いわしフライ? 焼きいわし? いわしの煮付け?
・・・気になる(笑)

不思議なのは焼きそばに天ぷらをトッピングというか、
おかずとして付ける?
これも初めて見ました。
焼きそばにはご飯(或いはおにぎり)ですね(笑)
2016/12/15(木) 22:14:45 | URL | バニーマン #- [ 編集 ]
No title
石巻をご紹介くださりありがとうございます。つかりこさんはお仕事でちょくちょく行かれているとのことですが、アタシ、宮城県民なのに、震災後は一度も行ってないんですよ。友達がいるっちゅ~のに、彼女、震災以降、体調が悪くてね。なんだかね。
新幹線、そうなんです。秋田や函館に行っちゃわないように気を付けなければ~(^◇^)娘が関東から帰ってくるときは、いつもキツ~ク言っております。
2016/12/16(金) 13:10:55 | URL | きたあかり #- [ 編集 ]
おはようございます。
石巻焼きそば 素朴な感じで良いですね(^◇^)
わが地域の焼きそばに似ています。

こちらの焼きそば、甘口の出汁醤油味です。
豚バラ肉が甘辛く煮てあり、後のせします。

そして、胡椒とソースをかけて食べるスタイルです。
意外と美味しいのですよ。

「せと焼きそば」と言います。
一度食べていただきたいですね(^◇^)

仙台と言えば、ぶ厚い牛タンを食べた思い出があります。
震災後、こちら方面に訪れたのですよ。

津波の爪痕に胸が締め付けられました。
まだまだ困難があることでしょう。

さて、
とても寒くなりました。
冬が苦手ですが、
冬のイベントを楽しみたいと思います。
つかりこさんも、飲みすぎないでくださいね。


2016/12/17(土) 06:57:53 | URL | Miyu #- [ 編集 ]
こんにちは^^
気持ちのいい旅気分になれました♪
ほんとレトロな世界にワープしたよう!

列車のドッキングって初めて見ました!
緑と赤でクリスマスのようですね☆

デンデンガンガンのロボコンだぁ~♪
人造人間キカイダーに、
なんだっけ?あー!ロボット刑事!懐かしすぎる~!!
って、歳バレですね^^;

「気球にのってどこまでも」も懐かしいです♪
他のクラスが合唱コンクールで歌ってました。

懐かしい気分をありがとうございます☆


2016/12/17(土) 11:29:21 | URL | ももこ #- [ 編集 ]
あ、私も5月に仙台から松島へ行くのに仙石線乗ったわよ〜。

さすが石巻☆ 石ノ森章太郎さん色ハンパないですね。
駅といいカフェといい、うどん屋さんといい、
昭和レトロなかんじがまた素敵。
今時ワンコインでうどんが食べられるなんて、
沖縄の食堂の沖縄そばに匹敵する安さですね。

つかりこさん、次回は松島で寄り道して
絶品牡蠣も食べてきてくださいよ〜。
おいしいじょー♪
2016/12/17(土) 18:15:59 | URL | さとちん #- [ 編集 ]
Re: いわしうどん・・・?
バニーマンさん、コメントありがとうございます。

> うどん喰いとしては“いわしうどん”が何か気になります。
> いわしフライ? 焼きいわし? いわしの煮付け?
> ・・・気になる(笑)

↑あ、ホントだ!
「いわしうどん」、何でしょうね?
何がいわしなんでしょう。
まさか、いわしを練り込んだ麺じゃないでしょうね。
よし、今度行ったら確かめてみますねー。

> 不思議なのは焼きそばに天ぷらをトッピングというか、
> おかずとして付ける?
> これも初めて見ました。
> 焼きそばにはご飯(或いはおにぎり)ですね(笑)

↑あー、そういえばそうですねー。
なんも考えていなかったー。
これはたぶん、僕の個人的なもので、
石巻の人たちが焼きそばのおかずに天ぷらを別皿で頼む
習慣があるというわけではないと思うのですが・・・。

僕も元々、蕎麦屋、うどん屋の天ぷらは、
かけ蕎麦、かけうどんの熱い汁に浮かべて食べていたはずですが。
・・・んー、わかった!
近年、手打ち蕎麦屋に出かけるようになって、
そういう店でよく冷たいもり蕎麦の天ぷら蕎麦をたのむと、
別皿で天ぷらがついていたりするからなんだと思います。
かき揚げ天なんかを汁に浮かべることなく、
天つゆにも蕎麦つゆにもつけることなく
そのまま箸でガリガリ崩して多べることが多いからかと。
何のためらいもなくこういうたのみかたをしていましたわー。

でも、「チョコレートケーキに水」というのよりは変わっていないかも。
(プロっぽい合わせ方ですよねー)
2016/12/18(日) 00:10:05 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
Re: きたあかりさん、コメントありがとうございます。
> 石巻をご紹介くださりありがとうございます。つかりこさんはお仕事でちょくちょく行かれているとのことですが、アタシ、宮城県民なのに、震災後は一度も行ってないんですよ。友達がいるっちゅ~のに、彼女、震災以降、体調が悪くてね。なんだかね。

↑石巻はご存知、水産業の町ですが、
震災の前からすこーし経済的にはパワーダウンしていたようです。
それで泣き面に蜂だったので、いよいよ産業や財政的には厳しい状態のようです。
でも、いまは見た目の震災のツメ跡はあまり見受けられないですね。
それでも、女川のほうは行っていないのでわからないのですが、
被害の甚大だった漁港のあるあたりは、「空き地」だらけです。

> 新幹線、そうなんです。秋田や函館に行っちゃわないように気を付けなければ~(^◇^)娘が関東から帰ってくるときは、いつもキツ~ク言っております。

↑これは、個人的にはかなり危険なんです。
いまはまだ気が張っていて、大丈夫ですが、
打ち合わせのための資料を作ったりして、
前日は徹夜に近い状態で列車に乗るので、
いつ気が緩んで寝過ごすやら心配です。
なんせ、会社に行く電車に乗って寝てしまって、
始発駅と終点駅を何往復もしたことがあるので・・・。(汗)
2016/12/18(日) 00:26:52 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
Re: おはようございます。
Miyuさんねコメントありがとうございます。

> 石巻焼きそば 素朴な感じで良いですね(^◇^)
> わが地域の焼きそばに似ています。

↑素朴、素朴。
若者言葉で言うと、フツーにおいしいです。(汗)
醤油とみりんかな、それにだしのきいた和風味なんです。
そんなに甘くはないです。

> こちらの焼きそば、甘口の出汁醤油味です。
> 豚バラ肉が甘辛く煮てあり、後のせします。
>
> そして、胡椒とソースをかけて食べるスタイルです。
> 意外と美味しいのですよ。
>
> 「せと焼きそば」と言います。
> 一度食べていただきたいですね(^◇^)

↑ネットで拝見してみました。
なるほどー、おいしそうですねー。
石巻のやつより凝っていますねー。
「せと」って、瀬戸物の瀬戸市のせとですよね?
Omunaoさんが以前に旅されていましたね。
陶器が好きなので、いつか、瀬戸や岐阜の多治見を旅して物色しつつ、
食べてみたいです。

> 仙台と言えば、ぶ厚い牛タンを食べた思い出があります。
> 震災後、こちら方面に訪れたのですよ。
>
> 津波の爪痕に胸が締め付けられました。
> まだまだ困難があることでしょう。

↑僕は昔に2度仙台に行ったことがありました。
1度目は牡蠣、2度目に「太助」というお店で
分厚くて噛み切れない牛タンをいただきました。(汗)
そういえば、震災のボランティアか何かで行かれたことが
あるとおっしゃっていましたよね。
いまは、ツメ跡はあまり見受けられませんが、
避難者の問題や産業の衰退による経済的な問題などは
まだまだ復興途中なのですね。

> さて、
> とても寒くなりました。
> 冬が苦手ですが、
> 冬のイベントを楽しみたいと思います。
> つかりこさんも、飲みすぎないでくださいね。

↑はい、僕は近年、腸閉塞とかやっていますので、
ストレスをためず、体を冷やさず、飲みすぎ食べ過ぎに注意しようと思っています。
Miyuさんは、コスプレし過ぎにご注意でしょうか?(見たいわー・笑)
2016/12/18(日) 00:43:12 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
Re: こんにちは^^
ももこさん、コメントありがとうございます。

> 気持ちのいい旅気分になれました♪
> ほんとレトロな世界にワープしたよう!

↑あ、そういえば、昔の漫画や古い建物など、
レトロなものばかりを撮ってしまいましたねー。
そのせいで石巻、レトロな町みたいな紹介になってしまいました。
あの特別にレトロではないようですよ。(汗)

> 列車のドッキングって初めて見ました!
> 緑と赤でクリスマスのようですね☆

↑あ、意外と見かけないでしょ?
生で見ると、とんがった顔と顔がくっついていて、
けっこうびっくりしますよ。
僕が写真を撮ったアングルは、次から次へと人がきて写真を撮るので、
順番待ちみたいになっていました。
そういえば、クリスマスシーズンにぴったりな配色でしたねー。

> デンデンガンガンのロボコンだぁ~♪
> 人造人間キカイダーに、
> なんだっけ?あー!ロボット刑事!懐かしすぎる~!!
> って、歳バレですね^^;

↑ばればれー。
男の子キャラなのに、よくご存知で!

> 「気球にのってどこまでも」も懐かしいです♪
> 他のクラスが合唱コンクールで歌ってました。
>
> 懐かしい気分をありがとうございます☆

↑これは、小中学校の合唱曲の名曲というか定番ですよねー。
すなおで、のびのびしてて、大好きな曲です。
最近の合唱曲は、歌詞も旋律もひねり過ぎですよねぇ。
2016/12/18(日) 00:53:45 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
Re: さとちんさん、コメントありがとうございます。
> あ、私も5月に仙台から松島へ行くのに仙石線乗ったわよ〜。

↑あ、そうでしたよね。
松島ならすぐに着いたでしょ?
仙台から近いんですよね。
あ、仙石線はマジで生活用の在来線で、
仙石東北ラインとは微妙に異なるんじゃなかったかな?
んー、よくわかんないけど。

> さすが石巻☆ 石ノ森章太郎さん色ハンパないですね。

↑はい、これには僕も初めて行った時にびっくりしました。
仙石線の列車にラッピングしてるでしょ、
それから駅の構内にも絵が書いてあったり、実物大フィギュアがあったり、
これが駅前や目抜き通りなど、けっこうあっちこっちで見かけるんですよ。
かなり、気合いとお金をかけて展開したんだろうなって。
でも、個人的にはちょっとだけ悪ノリっぽく感じてしまって、
なんだかなあー、です。

> 駅といいカフェといい、うどん屋さんといい、
> 昭和レトロなかんじがまた素敵。
> 今時ワンコインでうどんが食べられるなんて、
> 沖縄の食堂の沖縄そばに匹敵する安さですね。

↑別の方のコメにも書きましたが、
僕がレトロなものばかりを紹介してしまったので、
まるで石巻がレトロな町みたいなイメージになってしまいました。
実際に行ってみると、レトロイメージを押しているわけではないんです。
喫茶店の内部も見た目はレトロというかいわゆる喫茶店ですが、
オリジナルのケーキの質は高いし、コーヒー豆も石巻の業者か独自に焙煎したもので
非常に洗練されています。

> つかりこさん、次回は松島で寄り道して
> 絶品牡蠣も食べてきてくださいよ〜。
> おいしいじょー♪

↑それが、行きも帰りも仙台で乗り換え時間があるだけで、
毎回、強行軍なんですよ。
仕事の最終訪問の日かなんかじゃないとムリかなあ?
でも、昔、仙台から松島へ行く道端にあった露店で、
「焼き牡蠣」は食べたことはありますよ。
当時は、夏の岩ガキと呼ばれていたやつで、
身が大きく、風味も強くて、すごくおいしかったのを覚えています。
思わず大量に買って箱詰めにしてらって、自分ちに送りましたぜ。
仙台の国分町で一杯、ご一緒したいですねー。
2016/12/18(日) 01:15:45 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.