ゆらゆら草
もう少し感受性を働かせれば、毎日がスペシャルになる。そう自分に言い聞かせて、 いろいろ感じたことを書きとめてみよっと。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
人は人のみにて生くるにあらず ~ 『世界から猫が消えたなら』

001ミナト座.jpg



世界は僕に、たくさんのかけがえのないものをくれているんだなあ。

僕は世界に、何かかけがえのないものをあげているんだろうか。

僕がいた世界と、僕がいなくなった世界に、何か違いはあるんだろうか。



・・・そんなことを考えさせられたなあ。

函館の風景がいいねー。



002ポスター.jpg

●世界から猫が消えたなら
2016 日本
上映時間:103分
監督:永井聡
原作:川村元気『世界から猫が消えたなら』
脚本:岡田惠和
製作:映画「世界から猫が消えたなら」製作委員会(東宝、博報堂DYメディアパートナーズ、
   小学館、アミューズ、ストライプインターナショナル、マガジンハウス、
   ローソンHMVエンタテイメント、ソニー・ミュージックエンタテインメント、
   KDDI、GYAO、日本出版販売)
制作:東宝映画
制作協力:ドラゴンフライ
撮影:阿藤正一
照明:高倉進
録音:郡弘道
音効:齋藤昌利
編集:今井剛
美術:杉本亮
装飾:渡辺大智
衣装:荒木里江
VFXスーパーバイザー:神田剛志
音楽プロデューサー:北原京子
音楽:小林武史
主題歌:HARUHI「ひずみ」(Sony Music Labels Inc.)
配給:東宝
出演:佐藤健、宮崎あおい、濱田岳、奥野瑛太、石井杏奈、
   奥田瑛二、原田美枝子、パンプ ほか





♪ ひずみ / HARUHI




コメント
コメント
おはようございます。
この映画観てみたいと思っていました。
自分の命と引きかえに無くして行くものを選択する?というような内容でしょうか。

自分の命も、猫も、パンも大切なのですが・・・。(^_-)-☆

近いうちに借りて観ますね。
2016/11/13(日) 08:24:14 | URL | Miyu #- [ 編集 ]
なんだか切なそうな映画ですね・・・耐えられるかしら、アタシ。
おっと、「まあまあかな」に分類ですか、う~ん。
2016/11/13(日) 15:49:34 | URL | きたあかり #- [ 編集 ]
岡田惠和さんの脚本はなんだかんだ言って好きなので
きっとこの映画も観たら泣くんだろうな〜。
猫好きの映画カッパさんもオススメの作品ですものね。
近いうち観てみますね!
2016/11/14(月) 19:06:36 | URL | さとちん #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/11/14(月) 19:15:41 | | # [ 編集 ]
Re: おはようございます。
Miyuさん、コメントありがとうございます。

> この映画観てみたいと思っていました。
> 自分の命と引きかえに無くして行くものを選択する?というような内容でしょうか。

↑そうですそうです。
余命わずかな人が、自分の命を1日伸ばすのに、
何か大切なものをこの世から消すことを余儀なくされる、という設定です。
そのことで、自分がどんなに周りのいろいろな事象から倖せをもらっているか
知るといった内容です。

猫ちゃんは名演技で、とってもかわいいです。
ですが、猫が主役の映画ではありません。
猫が人を癒すようすから、自分がどんなに漫然と生きているか、
思い知らされます。

> 自分の命も、猫も、パンも大切なのですが・・・。(^_-)-☆
>
> 近いうちに借りて観ますね。

↑Miyuさんが、どんなに人に役に立つことをされているか、
重々承知しておりますよー。

サプライズのあまりない静かな作品ですが、
きちんと感動させてくれるはずです。
お仕事の合間にでも、よろしかったらどうぞ。
2016/11/16(水) 14:51:21 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
Re: きたあかりさん、コメントありがとうございます。
> なんだか切なそうな映画ですね・・・耐えられるかしら、アタシ。
> おっと、「まあまあかな」に分類ですか、う~ん。

↑そうですねー。
静かで切ない感じではありますなー。
いくつかの大切なものを失う段になって、
それぞれその過去を振り返るというシンプルなつくりですが、
脚本と映画の撮り方がうまいなあ、と思い、記事にしてみました。
短い小品ですが、けっこういいですよ。
さりげないカットですが、猫の好きな人にはたまらない作品かもです。
2016/11/16(水) 17:53:54 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
Re: さとちんさん、コメントありがとうございます。
> 岡田惠和さんの脚本はなんだかんだ言って好きなので
> きっとこの映画も観たら泣くんだろうな〜。
> 猫好きの映画カッパさんもオススメの作品ですものね。
> 近いうち観てみますね!

↑原作のハナシ自体がシンプルなので、
岡田惠和さんの脚本といっても、「巧み」なジョークと取り回し
といった感じてはないかもです。
でも、やはり脚本と編集はうまくできている作品だと思います。
まあ、まあまあです。
猫が主役ではないですが、猫ちゃんかわいいです。
2016/11/16(水) 18:06:21 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
Re: 鍵コメさん、お返事ありがとうございました。
ですよねー、日取りが厳し過ぎですよねー。
無理を承知ではありましたが、
黙っておく仲でもないと思いましたので、
お知らせさせていただきました。
お騒がせして、かえってすみませんでした。

ウチは、まあ大丈夫です、たぶん、きっと。

あ、レインボウさん関連、ぜひかぜてくださいねー。
2016/11/16(水) 18:11:49 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/11/16(水) 19:44:32 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.