ゆらゆら草

もう少し感受性を働かせれば、毎日がスペシャルになる。そう自分に言い聞かせて、 いろいろ感じたことを書きとめてみよっと。

都心からすぐ行ける森の中の一軒家 ~ 『樹庵』  



紅葉の季節に行った蕎麦屋『樹庵(いつきあん)』は、
すごく素敵なところだ。

飯能市の北にある宮沢湖の北北西、
西部池袋線の高麗駅の東にある「巾着田」の近くにある。
その辺は、ゴルフ場や曼珠沙華やさるすべりなどの花畑や湖なんかが売りのネイチャーエリアだから、
当然ものすごい自然の中だ。

だのに、樹庵はもっとすごいところにある。
まあ、簡単に言って森の中だな。
まわりが木ばかりだから、樹庵って言うんだろうね。

01樹案小道

長野県の安曇野や戸隠、木曽町あたりに行くと、
森の中の一軒家といったロケーションの蕎麦屋がたくさんあるらしいけど、
この辺で森の中というのはけっこう珍しいのでは。

もちろん、一回、その森への入口を見逃して通り過ぎてしまった。
その入口から先は、車がすれ違うのも難しい細道。
しかもくねくねの下り道となっていた。
ホントにこの先にあるんだろうか?とか、
着いたら、車をUターンできるところがあるのか?とか、不安に陥ってしまう。

02樹案玄関

昼の12時半頃に着いたんだけど、なんと混んでいる!
順番待ちの名前の記入用紙を見ると、11時の開店から1時間半で
20組くらいの代表者の名前が通し済みになっていた。
こんなわかりずらい森の中に、今日はもうこんなに客が来たのか!とびっくり。

店内は、掘り炬燵式の4人掛けほどのテーブルが直列に3席と隣に個室が1室。
厨房の隣にも部屋がありそうだけど、客用なのかよくわかんなかった。
広い窓からは、ちょっと開けた中庭が見える。
森だから、緑の木々や紅葉した葉っぱが見えて、景色がいいねー。
森の中と思うだけで、妙に落ち着いた気分になっちゃったなあ。

たのんだのは、粗挽きそば750円天もりそば1,700円
粗挽きは、手引きの石臼で丹念に挽いた粗挽き粉のニ八そば。
ニ八といっても、けっこう白いね。
麺をよく見ると、白い星がつぶつぶ見えて美しい。
んー、いい感じだねー。

04粗挽きそば
粗挽きそば

05粗挽きそばアップ

口に運ぶと、思ったほどは固くなく、細いのにしなやかで短くなく、
つるつる感もあって、これはかなりいける!
香りはあまりしないけど、味はリッチ。
粗挽きの中でも、ココのは麺が白くて細いので、
すごく洗練された印象だね。
けっこう好きかも。

天もりは、微粉のニ八に5種類の天ぷら付き。
これまたかなり白い。
御前蕎麦とかさらしな蕎麦に近いね。
麺の質感はつややかで、コシがあるんだけど、つるつるももっちりも忘れてない。
こっちも、相当いいぞ!

06樹庵天もりそば
天もりそば

08樹庵天もりそば俯瞰

07樹庵もりそばアップ

でも、粗挽きも微粉も茹でた蕎麦粉の香りが微妙過ぎる気がするなあ。
ココに行ったのが11月の半ばだったから、
秋新が出る直前の一番良くないタイミングだったかなあ。

そういえば、入口のメッセージボードに、
「佐渡市の玄蕎麦」って貼ってあった。
ちょっとぐぐると、なになに、佐渡には夏蕎麦の新品種があって「なつみ」というらしい。
生地がつながりやすいのが特長だそうだ。
佐渡の秋蕎麦は「信濃1号」とのこと。
今回食べた蕎麦が、どっちかはわからないなあ。

03樹案メッセージボード

最近、「今日の蕎麦粉は○○産」と表示している手打ち蕎麦屋をけっこう見るよねぇ。
蕎麦のうまさは、その品種や産地、農家の手間のかけ方が命、とよく聞くので、
産地と品種の表示にはわくわくしてしまう。
国産の蕎麦粉はすでにブランド化しているんだねー。
フランスワインみたいに、町村名や農家の名前、畑の番地なんかも
表示されるようになる日も近いね。

ちなみに、日本で安定的に栽培されている主な蕎麦の品種は下記の通り。
下記の他に、日本には各地の“在来種”というのが何十種類もある。

<北海道>
●レラノカオリ
●キタワセソバ
●キタユキ
●キタノマシュウ
●牡丹そば
●ほろみのり

<青森県>
●階上早生(はしかみわせ)

<岩手県>
●岩手早生
●岩手中生(いわてなかて)

<山形県>
●最上早生(もがみわせ)
●でわかおり

<福島県>
●会津のかおり

<新潟県>
●とよむすめ
●なつみ(夏そば新品種(北陸3号)

<茨城県>
●常陸秋そば

<長野県>
●信濃1号
●しなの夏そば
●開田早生
●信州大そば

<宮崎県>
●みやざきおおつぶ


●『樹庵 (いつきあん)』
埼玉県日高市高岡160-2
0429-85-5111
11:00~15:00(売切れ次第閉店)
15:00以降はコースのみで要予約
ランチ営業、日曜営業
定休日/火曜・第1第3水曜


コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurayuragusa.blog.fc2.com/tb.php/25-8c1ba122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちかごろの記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

リンク