ゾーッ話。 ~ ホントにあったコワイ話


夏、といえばやっぱし、ゾーッとする話でございます。
一服の涼をば、どうぞッ。



いつもこの季節になると、あのことを思い出す。
けだるい東京の真夏の夜の出来事。
後にも先にも、あんな恐ろしい経験をしたのはこの一度だけだ。


その夜は、親しい友達と東京都内で呑んでいた。
渋谷の東急本店から、代々木上原のほうへ少し入った住宅地にある、
うまいと評判の焼き鳥屋。
いまの言い方をすれば、“ウラ渋谷” とか “隠れ家” とでも言うのだろう。
うまいのに、静かで混まない、一軒家タイプの店だ。

備長炭で丁寧に焼かれたブランド鶏をツマミに、あちこちの地酒を呑んだ。
小一時間も経って、少し酔っぱらった僕はトイレに立った。


トイレの扉には、
「トイレは一つしかございません。ノックをお願いします」
と書かれていた。
一軒家を改造してやっているせいだろう。

コンコン、と軽く2度ノックして扉を開けた。
目の前に、少し古びた “和モダン” な作りの手洗い台が現れた。
薄暗い鏡のまわりには、不思議な模様の花瓶やら、
呪術を想像させるような置物やら、前衛舞踏のビラなんかで飾られている。
便器はそこにはなくて、その右横にもう一つ扉のついた小部屋
をしつらえてあるタイプだ。


ふと見ると、鍵がついているのに、その扉が大きく開いているではないか。
僕は小用だったのだが、トイレは一つしかないのだから、
そこに入るしかない。

扉の中に入ろうとして、僕はとんでもないものを目撃してしまった。
そこには、白いブラウスを着て、黒いスカートをまくりあげて、
パンツを膝まで下げた女性の

白いお尻!

があったのだ。

そう、そこは和式の便所で、よくある床より30センチくらい高く
なっているタイプのやつだ。
それが、頭が向こうでお尻がこちら側なるようにキンカクシがついているもんだから、
モロに

桃のスジまでも

が見える状態でこちらに向けられている!

第1の「ゾッ」は、その1秒後に襲って来たのだ。
見た瞬間は、「お、ケツだ」っと思っただけなのだが、
その1秒後には、

キャーッ、痴漢!

何すんのぉーーー!!


などと、悲鳴をあげられる!と思ったのだ。
鍵をかけずに、扉を開けっ放しにしてケツを出していたのはあっちのせいなのに、
いったん痴漢扱いされたら、無実を証明するにはとても面倒なことになるに違いない。

しかし、彼女は叫ぶようなことはしなかった。
それどころか、少しお尻を上げたりするではないか。

第2の「ゾッ」は、その2秒後に襲って来た。
なんと、さらに見やすくなった桃のスジの下に、
自分ので見慣れた、だが見たくもない

ぞうさん

がいたのだ!

そして、第3の「ゾッ」は、さらにその2秒後に襲って来た。
“彼女” は、そのままのカッコで、セミロングの髪を揺らしながら
ゆっくりとこちらに振り向いたのだ。

首をヒネリきる。
僕と目が合う。
“彼女” は、何か言いたげな顔をしながら、

ニヤリと微笑み

を浮かべたのだ。


がまんしてたおしっこを漏らしそうになったのは、言うまでもない。



001和式便器.jpg
扉にお尻を向けてするのって、無防備すぎるよねぇ





がはは、ほら、ゾーッとしたでしょ?
ちょっとは、涼しくなっていただけたでしょうか?



↓ シモネタ大バーゲン!「ウソみたいなホントの話」過去ログ ※テキストリンクです

● 上石神井駅のトイレ
● 謎の境界線
● ボディコンの性質 ①
● ボディコンの性質 ②
● きゃっち話。
● 大腸内視鏡検査でわかったこと







♪ 呪い / 山崎ハコ





♪ Hero / 安室奈美恵 -short ver.-



※卓球の愛ちゃんと吉田沙保里さんには、泣かされました。
 世界2位とか3位になったのに、もう泣かないで。


コメント

No title

>卓球の愛ちゃんと吉田沙保里さんには、泣かされました。
>世界2位とか3位になったのに、もう泣かないで。

銀であれだけ謝るというのが、きわめて日本的ですね。
でもわかるな~。
吉田選手のお母さんが、銀なら立派と言っていたのはイイですね。

バド奥原選手のルーティン、良かったです。

それは兎も角、振り向いたその後は・・・?
聞いちゃいけない?

2016/08/22 (Mon) 21:34 | バニーマン #- | URL | 編集
ワナですね・・・

あ~この手のトイレか。
カギを閉めていたとしても、なんか不安ですよね。
と言うか、鍵閉め忘れて、扉開けられたことあります(汗)

その方は”彼女もどき”だったんですね?
つかりこさんはどんな反応をしたんでしょう?
トイレ利用せずにお店を出た??

ビックリですね!Σ( ̄口 ̄*)

2016/08/23 (Tue) 14:56 | ももこ #- | URL | 編集
Re: バニーマンさん、コメントありがとうございます。

> >卓球の愛ちゃんと吉田沙保里さんには、泣かされました。
> >世界2位とか3位になったのに、もう泣かないで。
>
> 銀であれだけ謝るというのが、きわめて日本的ですね。
> でもわかるな~。
> 吉田選手のお母さんが、銀なら立派と言っていたのはイイですね。

↑まわりの期待というのは、たしかにプレッシャーになりますが
気持ちの後押しにもなりますよね。
でも、あまりに大きかったり、そのために練習の時間が削られるほど
忙しくなったりするのはつらいでしょうね。

安室ちゃんの歌、よく聞くと、「きみだけのためのヒーロー」って歌っているんです。
いろんな意味にとれますが、まるで、福原愛ちゃんや吉田選手に捧げるために
作られたとも思える曲ですよねー。

> バド奥原選手のルーティン、良かったです。

↑あ、そういえば始める前に、コートのフチに立って
何かブツブツ言っていましたねー。
調べたら、応援してくれている人たちなどに
感謝の言葉を言っているようですね。
「世界一のプレーをする!」とかでなく、
感謝というのが、個人的には不思議ですが、
でも、えらいと思います。
まあ、ルーティンというのはやること自体に効果があって、
その言葉や行為に意味があってもなくても関係ないらしいですけど。

> それは兎も角、振り向いたその後は・・・?
> 聞いちゃいけない?

↑「あっ、すみません」といって扉を締めましたよー。
その後どうしたのかは覚えていないですねー。
もちろん絶対、その “彼女” と仲良くしたりしてませんね。

2016/08/23 (Tue) 19:47 | つかりこ #- | URL | 編集
おはようございます。

大爆笑です(^◇^)
その手のトイレの思い出があります。
危険なトイレであります。

お腹が痛く、大急ぎで入り、後ろを振り向いた時に、どこぞのおっさんが「失礼しました」と言われました。
最悪な状態でした・・・。

出すもの全部見ていただいたと思われます。


また、見た経験として、高齢者の方が、洋式の便座で、反対に座り排泄をされていました。


当然のことながら、後から正常に座る私の臀部が濡れました・・・。


おまけに・・・。
酔っぱらった私は、洋式便座のふたを開けぬまま、してしまいました。
当然のことながら、シャワーは自らの足に伝わった状態となりました。
永遠の秘密だったことですが・・・。


あ・・・許されますか?この告白(+o+)

2016/08/24 (Wed) 06:38 | Miyu #- | URL | 編集
Re: ワナですね・・・

ももこさん、コメントありがとうございます。

そうそう、“彼女” の最後の微笑みが何を意味したのか
いまだに考えさせられます。
恥ずかしくて照れ笑いをしたのか、それとも
「ワナ」的な誘惑の笑みなのか?

> あ~この手のトイレか。
> カギを閉めていたとしても、なんか不安ですよね。

↑そうなんです。
わかりずらい文章ですみません。

和式のトイレって、扉のある入口から見て、
横向きかうしろ向きですよねぇ。
後ろ向きのやつは、便器の位置が高くなっていたりして、
いよいよお尻のやばい部分がまっ正面に見えるカッコになりますよね。
あれは、鍵がかかっていたとしても落ちつかないものがありますわ。

で、なんで顔が入口のほうに向くような向きのものがないんでしょうね?
僕はそういう向きのやつは見たことない気がします。
(別に便器の研究をしているわけではありませんが)
万一、扉を開けられた時に、お尻を見られるより
がんばっている顔を見られるほうが恥ずかしいということですかね?

> と言うか、鍵閉め忘れて、扉開けられたことあります(汗)

↑えーっ、それはご愁傷さまでした。
扉を開けた人(男子?)は、びっくりというかラッキーというか。
でも、男子でも女子でも「開けられた経験」をした人って、
多いみたいですね。
ブログで「開けられたネタ大集合」でもやるとおもしろいかもしれませんね。(笑)

> その方は”彼女もどき”だったんですね?
> つかりこさんはどんな反応をしたんでしょう?
> トイレ利用せずにお店を出た??
>
> ビックリですね!Σ( ̄口 ̄*)

↑もどきでした。
こっちのほうには、けつこういるんですよ、妙に積極的な “彼女” が。
そういう人を差別するつもりはまったくないのですが、
「誘っている」としたら、大胆過ぎますよね、男でも女でも。

僕は、「あ、すみません」と言って素早く扉を閉めました。
その後、その人が出たのを見計らって用足しに行ったのか、
びっくりしておしっこしたくなくなってしまったのか、
店を出たのか、覚えていないんですよ。

2016/08/24 (Wed) 13:59 | つかりこ #- | URL | 編集
No title

こんばんわ
この手のトイレで用を足すのは勇気がいりますね。
吉田さんの銀メダルは素晴らしいと思います。

2016/08/24 (Wed) 21:08 | ネリム #oM6tt0T6 | URL | 編集
Re: おはようございます。

Miyuさん、いつもありがとうございます。

> 大爆笑です(^◇^)
> その手のトイレの思い出があります。
> 危険なトイレであります。
>
> お腹が痛く、大急ぎで入り、後ろを振り向いた時に、どこぞのおっさんが「失礼しました」と言われました。
> 最悪な状態でした・・・。
>
> 出すもの全部見ていただいたと思われます。

↑オー・マイ・ガーーーーーッ!!
それはそれは、大変なメに会われましたねー。
人生観が変わるような体験です!
どうりでMiyuさんって、人間味が厚いと思いました。(^∀^)
そのおっさんも、驚いたかうれしかったかわかりませんが、
なんらかのショックを受けたのではないでしょうか。

> また、見た経験として、高齢者の方が、洋式の便座で、反対に座り排泄をされていました。
>
> 当然のことながら、後から正常に座る私の臀部が濡れました・・・。

↑ん?もひとつメカニズムがよくわかりませんが・・・
あ、便座の後ろのほうに小をひっかけちゃったんですね。
高齢者に限らず、そういう人っているみたいですね。
(見たことないですが・汗)
便座に座るのがイヤで、便座に足で乗っかってしゃがむ人とか、
座らずに中腰でする人とか。

> おまけに・・・。
> 酔っぱらった私は、洋式便座のふたを開けぬまま、してしまいました。
> 当然のことながら、シャワーは自らの足に伝わった状態となりました。
> 永遠の秘密だったことですが・・・。

↑わはははー
ありゃりゃー、そりゃそうとうな泥酔ですねー。
座った時点で、気づくでしょうがー。
しかも、足が濡れるまでとなると、しばらく気づかなかったんですね。
ありゃー、もう、この子ったら、って感じ。

僕の失敗といえば・・・
フタも便座も上げた状態で、便器のフチに直に座ってしまったことが
何度かありましたねー。
冬で、めっちゃ冷たいので、飛び上がりました。
あとは、ウォシュレット中に立ち上がって、
シャワーでスボンをびしょびしょに濡らしたことが2回ありますねー。
バカですねー。

> あ・・・許されますか?この告白(+o+)

↑そりゃ、もちろんです。
このブログなんて、品位も何もありゃしません。
なんなりと言っちゃってください(Miyuさんさえよろしければ)。

永遠の秘密の告白、ありがとうございました!

2016/08/26 (Fri) 03:56 | つかりこ #- | URL | 編集
Re: ネリムさん、コメントありがとうございます。

> こんばんわ
> この手のトイレで用を足すのは勇気がいりますね。

↑ですよねぇ。
最近はどんどん見かけなくなってきていますが、
和式のトイレって、なんで扉のほうお尻なんでしょうかねぇ?
掃除とか、修理とかをやりやすい向きなのでしょうかね。
昔から、あれを使う時には、言い知れぬ不安に襲われていましたが、
扉を開けられるのだけは、あってはならないことですよねー。(笑)

いやいや、僕は開けてませんよ。
開いていたんですよ。

> 吉田さんの銀メダルは素晴らしいと思います。

↑吉田さんはじめ、皆さんすばらしかったと思います。
五輪初出場で金メダルをとった人、ランキング以上の実力が出た人、
金メダル本命だったのにすぐに負けてしまった人、
さまざまなドラマがありましたよね。

これまで何度も五輪を観てきましたが、個人的には、
今回の五輪がこれまでで一番おもしろかったような気がします。
大好きなサッカーは振るわなかったのですが・・・。

2016/08/26 (Fri) 06:31 | つかりこ #- | URL | 編集

あはははは
大変な思いをされましたね。笑ってはいけなせんね。ごめんなさ~い☆
ええ、アタシも似たような経験をしたことがあります。
鍵がかかってないし、ノックしても反応がないので、扉を開けると、
中には、今まさに用を足しているおばさまが!いらっしゃるではないですか!
彼女はとても驚いたご様子で
「もぉ!鍵かけてなかったのよ!開けないで!」
と、こちらを責めるではないですか!
ぞうさん+にやりと微笑み、は無かったですが、頭に来ました!
き~!

2016/08/26 (Fri) 19:10 | きたあかり #- | URL | 編集
Re: きたあかりさん、コメントありがとうございます。

> あはははは
> 大変な思いをされましたね。笑ってはいけなせんね。ごめんなさ~い☆

↑いえいえ、僕が見られたわけではないので、
思い切り笑ってくださ~い。
ありがとうございます。

> ええ、アタシも似たような経験をしたことがあります。
> 鍵がかかってないし、ノックしても反応がないので、扉を開けると、
> 中には、今まさに用を足しているおばさまが!いらっしゃるではないですか!
> 彼女はとても驚いたご様子で
> 「もぉ!鍵かけてなかったのよ!開けないで!」
> と、こちらを責めるではないですか!
> ぞうさん+にやりと微笑み、は無かったですが、頭に来ました!
> き~!

↑あ、やっぱりねこれ系の経験ありねなんですね。
皆さん、そこそこあるんですね。

「逆ギレ」というやつですね。(笑)
こっちは、とくに見たかったわけでもないのに、
冗談じゃないですよねぇ。
ギョッとさせられて、責められてでダブルパンチでしたねー。
開けるにしろ、開けられるにしろ、
「和式には気をつけろ!」ですかねー。

2016/08/27 (Sat) 14:35 | つかりこ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/28 (Sun) 07:23 | # | | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/03 (Sat) 19:29 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する