衣を厚く揚げて、甘汁で煮て、載せる ~ 蕎麦屋の天ぷら

単身赴任中のH氏、イブのお昼ごはんは、
一人で自作のかき揚げ蕎麦だったようです。

Hくんかき揚げ蕎麦

H「そばもんに倣って、かき揚げをつゆで煮てみましたが、だしが出て美味でした。
ちなみにそばは田舎。温かい種物によく合います。」


おーっ、湯気がほかほかだねー!
うまそう!

今年の年越し蕎麦は、田舎の手打ちであつあつの天ぷら蕎麦かな?

そうですか。
揚げといた天ぷらを甘汁でさっと煮てからかけ蕎麦に載せると
出しがしみてておいしくなるんだね。
なるほど、ちょっとの手間がポイントなんだねー。

Trackback

Trackback URL
http://yurayuragusa.blog.fc2.com/tb.php/23-630e188d

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

つかりこ

Author:つかりこ
北海道生まれ。広告制作会社勤務。スポーツ、飲み食い、音楽、読書、映画などなど、興味がゆらゆら。

ちかごろの記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
検索フォーム
リンク