ゆらゆら草

もう少し感受性を働かせれば、毎日がスペシャルになる。そう自分に言い聞かせて、 いろいろ感じたことを書きとめてみよっと。

消えたデータはどこへ  


001ビル街.jpg



きのうの朝、つまんない夢をみたよ。

日数で4日、なんだかんだで30時間くらいかかって仕上げた企画書を
キー一つ押すだけで、削除してしまったんだよ。

ドキッときて、ギョェーッ!
っと、びっくりしたら目が覚めた。
(ほら、つまんねー)



ああ、夢でよかったあ、なんて思うと同時に、
まだ寝ぼけた頭の中に、妙な考えがさわさわと降りてきた。

削除してしまったデータは、どこへ行ってしまったんだろう。
あんなに苦労して作ったデータ。
膨大な文字数というだけでなく、この仕事を始めてから得てきた
たくさんの経験や知恵や情報が詰め込まれたデータ。

そのデータが持つエネルギーは、僕の労力だけでなく、
僕が学んだ知識やノウハウを生み出した人の労力も加えたら、
とんでもない大きさになるんじゃないか。

そのエネルギーを数値にしたら、どれくらいなんだろう。
それを、たとえば石油に置き換えたら何リットル?
企画の説明に添えるためにデザイナーに頼んで書いてもらった
イラストやフローチャートを書くエネルギーや、
カメラマンが写真を撮ったエネルギーだって加える必要があるだろう。

それらが、キー一つ、ペッで音もなく消えてしまう



いやいや、データの消去ってなんてあっけないんだろう、とか
労力が大きかったのでめっちゃ悔しい、とかって言いたいんじゃないんだよ。
そのでっかいエネルギーは、どこへ行ったんだろう、って疑問。

質量保存の法則とか、エネルギー保存の法則ってのがあるよね。
厳密には、インプットとアウトプットが必ずしもイコールではないらしいんだけど、
注いだエネルギーは、たとえ消したとしても、何かに変換されたりして
注いだと同じくらい残るはずなのだ。

古代人は、岩の壁に文字や絵を描いたりした。
それを消去しようとすれば、壁を削ったり岩を砕いたりする
エネルギーが必要になるよなあ。

紙に書かれた文書を燃やしたりするのだって、
みんながやれば、地球の気象が変わってしまうくらいのことが起こるだろ。

でも、デジタルデータは、ペッ、でおしまい。
そら、磁力だか電気だかの1/0の点点点点・・・の集まりだから、
ペッで消えるんだろうけど、
そもそも、磁力ってそんなに簡単に消せるものなんだろうか



とてつもない労力や英知や感性なんかを生み出したエネルギーが、
何の跡形もなく、何の変動も起こさず消えるわけがない。
ペッで消去したエネルギーは、
どこかでなんかのカタチになって溜まっているんじゃないだろうか
って思ってしまう。

このままパソコンやテレビやカメラやスマホを使い続けたら、
人類はいつかどこかで、捨てて溜まった巨大なエネルギーに
突然遭遇するんじゃないだろうか・・・




・・・なんて、SFな目覚めの朝だった。
大腸内視鏡の先っぽが頭まで届いて、脳みそを突っついたかなあ。



002ディア.jpg







♪ 地球は狭くなりました / Off Course




コメント

楽しみにしています

SFな発想、とても素敵です。
確かにそうです。
そのエネルギーはどこに行っちゃったんでしょう。
何に変換されたんでしょう。

つかりこさんのおっしゃるように、
きっと何かに変換されていて、それは蓄積され、
思わぬ形で襲ってくるのかも。

キー一つ、ペッ
で、きっとアタシも何かを消してきているのだろう。
企画書じゃないけど、何か。

その、アタシがどこかへやってしまった多くのエネルギーは
いつかアタシを襲いに来てくれるでしょうか。

来てほしいものです。
楽しみにしています。

きたあかり #- | URL
2016/05/11 09:17 | edit

興味深い発想ですね☆

この話をもとに、

つかりこ監督の初作品としてぜひ映画製作を!

何はともあれ、、夢で良かったです^^

ももこ #- | URL
2016/05/11 15:45 | edit

おはようございます
SFチックな想像ですね。

ネリム #oM6tt0T6 | URL
2016/05/12 08:59 | edit

こんにちは

なるほど、そうですよね。
キー一つで消えてしまっても、その消えたものに費やしたエネルギーは、何かの形で残っていても不思議ではないなと思います。
見えない形で、宇宙のどこかに浮遊してるのかな?
それがまた降りてくるようなこともあるのかな?
いろいろ想像すると面白いです。

でも実際に消してしまった時は、どこかに奇跡的に残ってる、と切実に信じたくなりますが(笑)。

里花 #- | URL
2016/05/12 18:35 | edit

これほど腹の立つ!ことないですね。

それもそれなりの量に限って、消しちゃう!!!

なぜだ~(笑)

ハードディスクの中身って、復元が出来るのに、どうして間違って削除したデータは元に戻らないんでしょう・・・。

バニーマン #- | URL
2016/05/12 21:52 | edit

悪夢ネタに乗っかります

今ここで白状させてください。
熊本の地震の少し後に、地震の夢を見ました。
いわゆる首都直下型ってアレです。
大きなビルが次々と崩壊していくの。
まんまハリウッドのディザスタームービーのようでした。
ディザスタームービーなんて予告しか観たことないのに。笑

ケフコタカハシ #oibKWSZc | URL
2016/05/12 22:48 | edit

Re: 楽しみにしています

きたあかりさん、コメントありがとうございます。

> SFな発想、とても素敵です。
> 確かにそうです。
> そのエネルギーはどこに行っちゃったんでしょう。
> 何に変換されたんでしょう。
>
> つかりこさんのおっしゃるように、
> きっと何かに変換されていて、それは蓄積され、
> 思わぬ形で襲ってくるのかも。

↑まあ、一概に襲って来るとは言えないでしょうけど、
現代の世の中の活動って、磁力と電気=パソコンに偏り過ぎているんじゃないか
って、いつも思うんですよ。

いま、世の中の物事って、パソコン仕事の絡んでいないものって、皆無でしょ?
僕の仕事もそうです。
パソコンがなければ、デザインや制作や製造はもちろん、宣伝も営業も、
ひとこと連絡さえもできない。

PCのような超高度な道具が、生活必需品であるなんて、
思えばとても危ういと思うんです。
もしPCが壊れたら、ちょっとした日常のトラブルさえも自分で解決できない
ということになってしまいます。

昔は人は、ペンやスコップやカーボン紙やいろんな道具を使って
生活してきました。
いろいろめんどくさい代わりに、リスクも分散していたんだと思います。
いまは、PC(磁気、電気)に偏り過ぎているなあと。
なんらかの理由で電気が作れなくなったり、地球の磁場に以上が生じたりすると
なんにもできなくなってしまいますよね?

それほどの能力を発揮するデータが、ボタンひとつ、クリックひとつで消えてしまうって
すごくバランスが悪い気がしてるんですよ、日頃。
だから、データを消してしまうとかの以前の問題として、
危機感を感じているというのがこの記事の本質なんですよ。

> キー一つ、ペッ
> で、きっとアタシも何かを消してきているのだろう。
> 企画書じゃないけど、何か。

そうですよねー。
哲学的です!
ヒトの思考や行動って、何かを生み出すはずですが、
それをただの電子信号に置き換えること自体、
何かを消しているという行為なのかもしれないと考えさせられます。

> その、アタシがどこかへやってしまった多くのエネルギーは
> いつかアタシを襲いに来てくれるでしょうか。
>
> 来てほしいものです。
> 楽しみにしています。

↑さすが、きたあかりさんですね!
ポジティブですわー!
でも、襲ってくるとは限らないですよねー。
何かいいことがある、って思いながら暮らすのがいいんでしょうね。

つかりこ #- | URL
2016/05/15 13:05 | edit

Re: 興味深い発想ですね☆

ももこさん、コメントありがとうございます。

> この話をもとに、
>
> つかりこ監督の初作品としてぜひ映画製作を!
>
> 何はともあれ、、夢で良かったです^^

↑おー、うれしいお褒めの言葉、ありがとうございます。
脚本でも書いてみましょうかねー。(汗)

ワープロ時代から、何度、企画書やテキスト原稿を消してしまったことか。
そんなショックが、脳みそのどっかにがっつり刻まれているんでしょうね。
で、きっかけもなく、なんでそんな夢を見たのか・・・やな予感。
やな予感をおすそ分けしてしまって、すみませんでした。(笑)

つかりこ #- | URL
2016/05/16 07:48 | edit

Re: ネリムさん、コメントありがとうございます。

> おはようございます
> SFチックな想像ですね。

↑この夢の時ばかりでなく、
ふだんちょくちょくそんなことを考えているんですけど、
ちょっとしたアイデアでしょ?
でも、星新一風にいくか、クリストファー・ノーラン風にいくか、
ここからが大変なんですけどね。

最近の科学系のSFは、ものすごい専門知識を駆使したものが多いですよねー。

つかりこ #- | URL
2016/05/16 17:12 | edit

Re: こんにちは

里花さん、コメントありがとうございます

> なるほど、そうですよね。
> キー一つで消えてしまっても、その消えたものに費やしたエネルギーは、何かの形で残っていても不思議ではないなと思います。
> 見えない形で、宇宙のどこかに浮遊してるのかな?
> それがまた降りてくるようなこともあるのかな?
> いろいろ想像すると面白いです。

↑でしょ、でしょ?
ホントにまじめにそう思うことがあるんですよ。

まあ、コンテンツの持つ価値は別として、
パソコンの入力に要したエネルギーなんて
キーを押したり、マウスをクリックしたりで
大した量ではないですけどね。
それにしても、キーを1万回押したエネルギーはどこへ?
なんて思ってしまいます。

人間が削除した磁気エネルギーは・・・
実は北極に集まって、放射状に噴き出して南極に向かって対流している。
その時にオーロラを発生させ、氷河を溶しながら、
なんと自転地軸のブレをどんどん大きくしているのだった。
???年後、地球は太陽を中心とした公転軌道から外れて宇宙空間へ飛び出し、
ものすごいスピードで銀河系から離れてしまう。
はたして、地球がたどり着くところは?
途中で遭遇した出来事は?
・・・なんてね。

> でも実際に消してしまった時は、どこかに奇跡的に残ってる、と切実に信じたくなりますが(笑)。

↑ははは!
そうですよね。
実際に、何度もあっちこっちのフォルダーを探したりしたことがありましたよ。(笑)
いまは、外付けHDにリアルタイムですべてのプログラムとデータを
バックアップできるソフトなどがあるんですよ。
仕事ではWINDOESでもMACで、そういうのを使っています。
もし、すごーく大切なデータを扱ったりする時には、思い出してみてくださいねー。
昔のPCやワープロでは泣かされましたよねぇ。

つかりこ #- | URL
2016/05/16 17:46 | edit

Re: バニーマンさん、コメントありがとうございます。

> これほど腹の立つ!ことないですね。
>
> それもそれなりの量に限って、消しちゃう!!!
>
> なぜだ~(笑)

↑「マーフィの法則」、というやつでしょうかね。
大変な作業のものほど、無くした時のショックがでかくて
記憶がいつまでも残る、ということなのでしょうね。

でも、経験からすると、データ量の多いものや複数のアプリを
同時に立ち上げないとならないような大変な仕事ほど
PCがフリーズしたり強制終了したりしてデータを失いやすいですよね。(笑)

> ハードディスクの中身って、復元が出来るのに、どうして間違って削除したデータは元に戻らないんでしょう・・・。

↑PCのことにそんなに詳しくないので、正確なことはわからないのですが、
とりあえずハードディスクに残っているんじゃないかと思います。
ただ、素人には復元できない。
プロの業者に頼むと高い。

MACは、過去の日付や時刻を指定して作成データまで復元できるんじゃなかったかな?
他のコメにも書きましたが、リアルタイムで外付けのHDにバックアップできる
ソフトはあります。
もし、絶対に失いたくないデータをハンドリングする場合は、
探してみてください。
(たぶん、その時々でいいソフトが開発されていると思います)

つかりこ #- | URL
2016/05/17 11:13 | edit

Re: 悪夢ネタに乗っかります

ケフコタカハシさん、コメントありがとうございます!

> 今ここで白状させてください。
> 熊本の地震の少し後に、地震の夢を見ました。
> いわゆる首都直下型ってアレです。
> 大きなビルが次々と崩壊していくの。
> まんまハリウッドのディザスタームービーのようでした。
> ディザスタームービーなんて予告しか観たことないのに。笑

↑おおおーっ、昨夜(5/16)に茨城、千葉、東京を揺るがす
やや大きめの地震がありましたよね!
こっち(埼玉県所沢市)は、震度1~2程度の微震でしたが、
そちらは大きかったのでは?
大丈夫ですか?

大災害にはならなかったようですが・・・
今度それ系の夢をみられる時は、小ぶりな揺れのやつでお願いしますねー。(笑)

つかりこ #- | URL
2016/05/17 11:19 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurayuragusa.blog.fc2.com/tb.php/227-91d8878f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちかごろの記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

リンク