大腸内視鏡検査でわかったこと


記 2016年4月30日、純潔喪失。


健康診断の血液検査で、「どうも、貧血の数値が出ているなあ」とのこと。
それで、追加で検便もやったら・・・
「体内出血も陽性だから大腸がんの疑いアリだな、内視鏡検査すっかあ」
っときた。

「え、あのお尻から管を入れるやつですか?」
「うん、そうそう」
このセンセと美人な看護婦さんの前で、
素っ裸で四つん這いになっている僕の姿が脳裏に浮かぶ。

絶対阻止しなくては。
「あ、最近・・・PCの前で座ってる時間が長くて・・・それで・・・
お尻が鬱血してて・・・痔ケツ気味で出血してるんだと思うんですが・・・
それで、便に血液の反応があったんだと思いますが」

「でも、絶対、胃腸から出血してないとは言えないよね?」
「お腹の調子も全然悪くないですよう」
「あのね、大腸がんって、なり始めは痛くもかゆくもないんだよ、
内視鏡検査なんて人間ドックとかで、みんなやってるんだよ」
「で、でも・・・」
「早期発見するなら、いまが絶好のタイミングだよ」

・・・ということで、大腸内視鏡検査をすることになったんだよ。
昔、胃カメラを飲んだ時に、大腸内視鏡検査をする人を横目で眺めて、
(へへん、同じ内視鏡でもこちとら胃カメラよ、
そっちはケツからだろ、おーみじめ、あーはなりたくねーな)

なんて見下していたのにさ。


001大腸内視鏡.jpg


前の晩から、下剤を飲んで断食さ。
して、次の朝からスポーツドリンクを腐らしたみたいな味の
下剤ドリンクを2時間で2リットルも飲んで、
お腹をすっからかんにして病院へ行ったよ。

直前に、ブスコバンという胃腸の働きや痛みを止める薬を注射。
んで、なんだこりゃ、お尻の割れ目のところがまあるく開いた、紙パンツを穿かされたよ。
そりゃさ、局部にしか用はないだろうけど、こりゃ露骨。
一種のエロランジェリーだわな。

003紙パンツ.jpg



診察台の上に、左半身を下にして横向きに寝かされた。

「あのう・・・朝からキバッたせいで、肛門がものすごく痛くて・・・
今日はムリかと・・・」って、僕は言ったんだけど・・・

「おら、もっとお尻を突き出してっ」
って、無視かい!
おまけに、いつものセンセの声色と違う気がするぞ。
語調に、(いちいち言わせんな、突き出さないと見えねーだろ)
というようなニュアンスを感じるのだ。

言うことをきいて体をくの字に曲げたら、お尻がスースーする。
“エロ紙パンティの局部穴” から、プリティヒップが顔をのぞかせているはずだ。

「なんだ、お尻に力が入ってるねぇ」
と言いながら、センセは僕の右シリの肉を持ち上げて、
おもむろに僕の桃をスジから割ったかと思った瞬間・・・

ブスッ、ブスーーーーーッ

って、いきなり菊門に突っ込んだんだよ!

イデーーーッ!

ホントに入口が腫れてて、触れずにいても痛かったのに、
強烈な痛みが走った。

(なんだあ、いきなり始めたのかあ)って思ったら、

ああーーっ、違うー!
指を突っ込んでいるぜーーー!


「い、痛いす。センセ、すっごい痛いです!」
「へ、そう?」
なんて言いながら、センセは指を出したり入れたりしてる。
(い、イテーって言ってるだろ、こらーっ)

ひとしきり弄んだ後、センセは指を抜いて、
「じゃ、始めようか」だと。
(え、また、突っ込むところから始めるのかよ)

そこから本物を突っ込むまでが、これまた早かった。

ブスッ、ブスーーーーーッ
イデデーーーッ!


今度はあまり痛くない、なんてことはない。
マジで入口に激痛が走る。
しかも、さっきの指より太い(固い?)気がする。

それどころか、管が腸の中のどこかに当たるたびに
腹の中にも鈍い痛みが走るのだ。
注入する空気の圧迫感も不快だ。
見なくても、モニターを見ながら、少しずつ管を入れているのがわかる。

ふと、管の動きが止まった、
と思ったら、痛みに慣れた菊門にブルブルブルという振動を感じた。
なんだろうと思って見たら・・・な、な、なんと!

なわとびみたいに、

管をブルブル振り回している

ではないか!

僕のお尻の穴が、とび縄の片端を握って、
センセがもう片方を持って、縄を振り回しているのだっ。

ぐえっ、な、なにしてんだあ!

こ、これは凌辱プレイか何かい?
毎日のルーティンに飽き飽きしてるからって、

オレの尻で遊ぶんじゃないぞー!

それで、また少しつっかえつっかえ進んで行ったら、
なんと、またブルブルやってる!
ケツなわとび

これで、気持ちよがるヤツいて、
僕がそうなのか、そうでないのかを確かめているとでも言うのか?
何の陽性/陰性を確かめているんだあ!

またしばらく進んだら、「よし、オッケー」だと。
「今度は、戻るからね」
?!!!

なにっ? さっきのは往路かいっ
復路もあるのかあーーーっ?


「ほらほら、モニターを見てごらん」
ん、いまの言い方はゆるす。
こういうタイミングで、少しでもいやらしい語調だったら殴るからな。

センセは、腸壁を見せながら少しずつ少しずつ管を抜いていく。
僕は・・・

菊門の痛み + グロビジュアル + おならのがまん + 看護婦の視姦

で、悶絶する。
被凌辱感マックスだ。

「はいー、これが出口。すこし赤くなっているけど、痔ではないな」
ズポッ、はい、おつかれさんでしたー。



そんなこんなで、この検査でわかったことってなんなんだ。

① ポリープや出血などはまったくなく、大腸がんの疑いは全然ない
② 僕は、痔ではない


あー、よかったあ・・・けど、ちょっと待て、
けどさ貧血の疑いはどこへ行ったんだい?
なんで、血便気味なのさ?

“なわとびブルブル” で、痔じゃないことだけがわかったっての?
そんなもん、なにも内視鏡を使わなくたって、そのへんに転がっているヒモで、
いやいや、なわとびなんかしなくてもわかるだろ。
肝心なことは何にもわかってないじゃん。

でもね、ひとつだけは重要なことがわかったな。
それは、僕にはホモのケがないってこと。


002なわとび.jpg





↓ シモネタ大バーゲン!「ウソみたいなホントの話」過去ログ ※クリッカブルです

● 上石神井駅のトイレ
● 謎の境界線
● ボディコンの性質 ①
● ボディコンの性質 ②
● きゃっち話。



★レスター優勝、すごいねー!!
 よその国のハナシだけど、すんごくうれしいわ。







♪ 桃ノ花ビラ / 大塚 愛




♪ 500Miles / Peter, Paul and Mary




Comment

菊の門にはゼリーがいいのよ
お疲れ様でしたー!
ずっとこのレポートをお待ちしていました。期待以上の素晴らしい臨場感!
最高です!ありがとうございます。
私の周りでは、菊門には塗る麻酔剤を塗ってからぶち込まれたと言ってましたよ。
つかりこさんの主治医さんは、なかなかにごうけつ?

でも確かに、貧血は大腸ガンの一つの症状らしいので、挿入経験は念のためには必要だったのでしょうね。陰性で本当に良かったです。

指でもブツでも、入れすぎると将来◯ンコ漏れるようになるから、ホモじゃなくてもホモでも、菊はあんまりやらないほうがいいようです。
  • 2016/05/04 21:20
  • びー
  • URL
はははは
純潔喪失ってなんだ!はははははっ!

アタシも二十年くらい前に検査したけれど、苦しかったは苦しかったけれど、そんなに感情も動かず、はいはい、あ、終わったかあ、という感じでした。つかりこさんは感情豊かでステキです。
男性と女性の違いかしら。

>① ポリープや出血などはまったくなく、大腸がんの疑いは全然ない
>② 僕は、痔ではない

良かったですっ☆

ちなみにアタシも貧血気味です。お互いに鉄分摂取頑張りましょう♪
  • 2016/05/04 21:45
  • きたあかり
  • URL
上野駅の13番ホームもアレらしいですよ(^ー゚)ノ
河井的には懐かしのブルートレイン「北陸」に乗って帰省した想い出のホームなので正直(゚Д゚)ゴルァって思うところなのですが( -_-)
気になったら是非是非(^_-)-☆
  • 2016/05/05 01:46
  • ポニャトフスキ(河井継之助
  • URL
おはようございます。
この手の記事には、参加せねば~。
何のこっちゃ(*^_^*)

検査お疲れ様でした。
過日、母も同じ検査を行い、臨場感たっぷりに説明してくれました。
穴あきパンツ素敵ですね。
しかし、コウモン様の調子が悪い時は、きついですね。
拷問みたいに・・・。

結果、無事でなによりです。
安心するためには、仕方がありませんね。

胃カメラは、経験がありますが、あれも出る物が全部出て・・・
悲惨ですよね。
あまりに苦しくて暴れ、医師の手をがっつり握り、看護師に抑え込まれました。

また、オペの達人としましては、いつでも裸体になる衣装?を着て何時間も待つのですよ。
スッポンポンの状態。
意識は奪われ、死ぬも生きるも委ねることになります。

多くの場合、激痛と共に覚醒し、吐き気とたたかうのです。
ああ、生きていて良かった~。

つかりこさんは、検査だけなので、良かったのです(*^_^*)
健康が一番です。

男性の方が痛みに弱いですからね。
女性は、お産を経験しますから。
その痛みは、半端じゃありません。
あのスタイルも・・・。

ケツ・ロン
検査をして、異常なしなら感謝です。
貴重な体験談、とても参考になりました。
ありがとうございました。



  • 2016/05/05 08:11
  • Miyu
  • URL
お疲れ様
お疲れ様というか、ご愁傷様…
大変な連休でしたね??
そうですね、もう決して若くない私達…、
何処かが、壊れますよね。
でも、でも、良かったですね、
笑っちゃ失礼ですが、様々な発見があって!!
…明日は、我が身かも知れない??


  • 2016/05/05 12:00
  • 映画カッパ
  • URL
ご丁寧で詳細なレポートをありがとうございました。
(あ〜ヤダヤダ。絶対大腸内視鏡検査なんて受けたくないわさ)
大腸ガンでもなく、痔でもなく、オマケにホモの気もない
ということがわかって何よりでございました。
(健康には絶対気をつけようっと。あんな紙パンツ履きたくない)
そして、久しぶりの下ネタ、楽しゅうございました。
(ひとの不幸は蜜の味って言うよね〜笑)
つかりこさん、長生きして、またどんどん面白話を披露してくださいね〜♡love
何にも無くて良かったですね!

近所の人で、カメラまったく平気という人がいますが、このレポートを読むと信じられないですね、その人の感覚。

うちの父がカメラ検査をする?という状態になった時、従姉妹が来て、あんな大変なものしない方が伯父さんのためよと、阻止?してくれて、父はカメラツッコまれていません(笑)

僕はカメラの経験ありませんが、カテーテルを我がジュニアに挿し込まれた時は、なんで看護婦さんがやるんだ!?と思いました。あー恥ずかしい。二回も経験しています。
盲腸手術経験者は、毛を看護婦さんに剃られるのが恥ずかしいようですね(笑)
こんばんは

 擬音を交えたつかりこさんの悶絶レポに思わず爆笑しました。素晴らしいイラストと大塚愛のエンディングですからたまりません。
 他人の不幸は蜜の味といいますが、本当ですね。失礼。
 実は私、過去に3回この忌々しい凌辱プレイ検査を受けました。そのうち1回はつかりこさんの故郷苫小牧、某製紙工場病院です。経験者だけにわかる苦しみですし、苫小牧がらみですので、未知のつかりこさんの存在がとても身近に感じられました。

 結果がOKで良かったですね。
 3回も経験した者から言わせていただくと、あの検査は医者の技術によって痛さが全然ちがうということです。私は3名の医者の手にかかりましたが、2人の医者はとても上手で、語りかけがやさしく腹部の膨張がつらかったけど、痛みはほとんどなかったです。ところが3回目の女医は下手くそで、内視鏡が何度も腸壁にぶつかり拷問のようでした。
 今回のつかりこロストバージンレポートに笑わせていただきましが、相手が悪かった、とコメントさせていただきます。
 さらに、これは2回目があり得ますので、食生活やストレスには十分気をつけてください。
Re: 菊の門にはゼリーがいいのよ
びーさん(http://newbii.blog.fc2.com/)、コメントありがとうございます。

> お疲れ様でしたー!
> ずっとこのレポートをお待ちしていました。期待以上の素晴らしい臨場感!
> 最高です!ありがとうございます。

↑びーさんの萎縮性胃炎のルポへのお返しですー。
あ、別に待ってらっしゃらなくても・・・。

> 私の周りでは、菊門には塗る麻酔剤を塗ってからぶち込まれたと言ってましたよ。
> つかりこさんの主治医さんは、なかなかにごうけつ?

↑思えば、最初にいきなり指を突っ込んだのは、塗る麻酔薬を塗ったのだと思います。
でも、突っ込む前に「ほぐす」とか「塗る」というケアはなかったですねぇ。
なに指か知らないけど、いきなり突っ込まれました。(怒)
最近、PCの前での座り仕事時間が長かったせいで、お尻が圧迫され続けて痛かったのと
朝から繰り返しの噴水をキバったので、そもそもホントに痛かったんです。
ちょっと触れるだけでもビリッと痛みが走るくらいだったのに、
マジですげー痛かったです。

> でも確かに、貧血は大腸ガンの一つの症状らしいので、挿入経験は念のためには必要だったのでしょうね。陰性で本当に良かったです。

↑ホントによかったです。
痛い思いをして、さらに陽性だったらダブルパンチでした。
血液検査でヘモグロビンの比重が低くて、追検査で大便に血液反応があったので、
医者はほぼ間違いなく腸にポリープかびらんがあると踏んでいるようでした。
そうそう、もし違ったらラッキー、とにかく念のために検査しようということになりました。


> 指でもブツでも、入れすぎると将来◯ンコ漏れるようになるから、ホモじゃなくてもホモでも、菊はあんまりやらないほうがいいようです。

↑ちょいちょいちょい、ホモじゃないってばー。
  • 2016/05/07 13:14
  • つかりこ
  • URL
何ともなくておめでとう♪
いや他人事ではないです。
私も検査したばかりですし(いえお尻は未経験です)
何はともあれ、何ともなくて本当に良かった♪

ドリンクを2リットルからプレイが始まっているのですね・・・。
何回かやったら慣れたりして?( ̄ー ̄)

お疲れさまでした^^
  • 2016/05/07 16:04
  • ももこ
  • URL
こんばんわ
大腸内視鏡検査お疲れ様です。
Re: はははは
きたあかりさん、コメントありがとうございます。

> 純潔喪失ってなんだ!はははははっ!

↑だって、初めてだったんだもん。


> アタシも二十年くらい前に検査したけれど、苦しかったは苦しかったけれど、そんなに感情も動かず、はいはい、あ、終わったかあ、という感じでした。つかりこさんは感情豊かでステキです。
> 男性と女性の違いかしら。

↑あ、先輩でしたか!
男女の差はあるかもしれませんが、僕が一番つらかったのは、
始める前からかなり「入口」が痛かったからなんです。
何かを突っ込まれたから痛いというのではなくて、
座り仕事が長くて、おまけに下剤のせいで朝からキバっていたせいで、
お尻が荒れて、何にも触れなくてもキョーレツに痛い状態だったんですよ。
確かに、管が腸壁に当たるのも痛いですが、入口の痛みはそれどころではなく、
傷口に指を突っ込まれているような痛みでした。

> >① ポリープや出血などはまったくなく、大腸がんの疑いは全然ない
> >② 僕は、痔ではない
>
> 良かったですっ☆

↑ええ、おっしゃる通りです。
あんな痛い思いをして、陽性だったらマジでがっくりきます。

> ちなみにアタシも貧血気味です。お互いに鉄分摂取頑張りましょう♪

↑まだ、原因がわからないので、ちょっと調べようかと。
きたあかりさんは、女性ならではの貧血気味?
心配なら、調べてもらったほうがいいかもよ。
一緒に、「なわとび検査」やってもらいますう?
  • 2016/05/09 19:30
  • つかりこ
  • URL
Re: ポニャトフスキ(河井継之助)さん、いらっしゃいませ。
> 上野駅の13番ホームもアレらしいですよ(^ー゚)ノ
> 河井的には懐かしのブルートレイン「北陸」に乗って帰省した想い出のホームなので正直(゚Д゚)ゴルァって思うところなのですが( -_-)
> 気になったら是非是非(^_-)-☆

↑だからあ、ホモじゃないってばー。

あ、そういえばそれ系で上野思い出がありますわー。
かなり昔のハナシですが、成田から朝に飛行機に乗るのに、
前日の夜に上野に行って、お酒を飲んだりして
スカイライナーの始発を待ったことがありました。(若気のいたり)
あまりに暇なので、夜の上野公園をブラブラしていたら
ホモのおじさんに追いかけまわされたことがありましたよ。
後に、知人にそのハナシをしたら、
夜の上野公園はホモの出会いの場だとのことで、
後からゾッとしたことがありました。
いまでも、上野はホモの社交場なんでしょうかねー?
  • 2016/05/09 19:42
  • つかりこ
  • URL
Re: おはようございます。
Miyuさん、コメントありがとうございます。

> この手の記事には、参加せねば~。
> 何のこっちゃ(*^_^*)

↑ふふふ、そうですよね。
すみません、この手の記事が増える年頃になってしまったんでしょうか。

> 検査お疲れ様でした。
> 過日、母も同じ検査を行い、臨場感たっぷりに説明してくれました。
> 穴あきパンツ素敵ですね。
> しかし、コウモン様の調子が悪い時は、きついですね。
> 拷問みたいに・・・。

↑そうそう、それなんです。
コウモン様の機嫌が最悪の時でした。
痛いのなんのって、あれはケガの痛みです。

穴あきパンツはシュールというか、不思議でひょうきんなビジュアルでした。
他人さまの姿は見たことがありませんが、いろんなのを集めると
楽しい展覧会が開けるかもしれませんね。(汗)

> 結果、無事でなによりです。
> 安心するためには、仕方がありませんね。

↑はい、お金と手間と恥じらいがもったいなかったですが、
安心できてよかったです。

> 胃カメラは、経験がありますが、あれも出る物が全部出て・・・
> 悲惨ですよね。
> あまりに苦しくて暴れ、医師の手をがっつり握り、看護師に抑え込まれました。

↑胃カメラの時は、僕は何も戻すことはなかったのですが、
嗚咽はひどかったです。
何がつらいって、一度、オエッってなっても管を抜いてくれることはないので、
オエ、オエ、オエ、オエ、オエ、オエ、オエ、・・・って
何度も続けてなりますよね?
これまでの人生、幾度も飲み過ぎてゲロってきたとはいえ、
あの連続攻撃にはまいりました。
暴れて押さえつけられることはなかったですが。(笑)

> また、オペの達人としましては、いつでも裸体になる衣装?を着て何時間も待つのですよ。
> スッポンポンの状態。
> 意識は奪われ、死ぬも生きるも委ねることになります。

↑そういえば、Miyuさんは検査どころか大きな手術をされた経験が
あったとおっしゃっていませんでしたか?
男のくせにこの程度で痛がっていたりして、情けないですよねぇ。

僕は、骨折の時に手術の経験がありますが、
全身麻酔を必要とするような手術は想像するだけでコワイものがあります。
医者をあまり信用していないんですね。
友達に医者がいるのですが、そいつを見てると「医者だって人間だし」なんて
納得しちゃって、全面的に任せても大丈夫なわけないよな、って思っているんですよ。なはは

> 多くの場合、激痛と共に覚醒し、吐き気とたたかうのです。
> ああ、生きていて良かった~。

↑局部麻酔が覚めてきた時でさえ、唸りたくなるほど痛いのに、
ハデにメスを入れた手術の後は、苦しいんでしょうね。
だって、気が付いたら切腹してた、ってくらいの切り傷・刺し傷が
復活するんですからね。
いまごろですが、大変なごくろうさまでした。(苦)

> つかりこさんは、検査だけなので、良かったのです(*^_^*)
> 健康が一番です。

↑検査の結果なんともなかった、というのは拍子抜けますが、
よかったです。

> 男性の方が痛みに弱いですからね。
> 女性は、お産を経験しますから。
> その痛みは、半端じゃありません。
> あのスタイルも・・・。

↑だそうですね。
ものすごく痛いんでしょ?
出産はめでたいことなのに、なんで痛いんでしょうね?
一人の子孫をより大切に育てるため?

> ケツ・ロン
> 検査をして、異常なしなら感謝です。
> 貴重な体験談、とても参考になりました。
> ありがとうございました。

↑「ケツ・ロン」←うまい!!

ギャーギャーさわいだ記事を書いて、脅してすみませんでした。
お尻の入口が荒れたりしてて痛いということがなければ、
全然どうってことのない検査だと思います。
胃カメラよりつらくないかも?
安心してくださいねー(何をや?)。
  • 2016/05/10 12:38
  • つかりこ
  • URL
Re: お疲れ様
カッパ師匠、コメントありがとうございます。

> お疲れ様というか、ご愁傷様…
> 大変な連休でしたね??

↑まあ、大変というか珍しい経験をさせてもらいました。(笑)
4/30でしたので、あとは仕事以外では縛られなかったんですよ。(汗)
体の具合が悪くて検査をしたというわけではないので、
体のどこも、痛くも痒くも何ともないんです。

> そうですね、もう決して若くない私達…、
> 何処かが、壊れますよね。
> でも、でも、良かったですね、
> 笑っちゃ失礼ですが、様々な発見があって!!
> …明日は、我が身かも知れない??

↑師匠は、未経験でしたか?
じゃ、一度は健康診断の一環ということでやってみたらいかがでしょう?
ちょっと、大人になった気分になれますよ。(笑)

健康第一です。
無理なさらず、お仕事がんばってくださいませー。
  • 2016/05/12 18:38
  • つかりこ
  • URL
Re: さとちんさん、コメントありがとうございます。
> ご丁寧で詳細なレポートをありがとうございました。
> (あ〜ヤダヤダ。絶対大腸内視鏡検査なんて受けたくないわさ)
> 大腸ガンでもなく、痔でもなく、オマケにホモの気もない
> ということがわかって何よりでございました。

↑ちょっと、脅かし過ぎたと反省しています。
まあ、お尻に何かを突っ込まれること自体、ギョギョギョですが、
僕は最初からお尻の入口が痛んでいたのでつらかったですが、
そうでなければ、痛みは大したことはないと思いますです。
ちょっとハズイですが。

> (健康には絶対気をつけようっと。あんな紙パンツ履きたくない)

↑すーすーして、案外気持ちいいかも。(笑)

> そして、久しぶりの下ネタ、楽しゅうございました。
> (ひとの不幸は蜜の味って言うよね〜笑)
> つかりこさん、長生きして、またどんどん面白話を披露してくださいね〜♡love

↑下ネタ、まだまだありますので、ご期待くださいませ。
生きてる限り、ご提供続けさせていただきますです。
  • 2016/05/12 18:49
  • つかりこ
  • URL
Re: バニーマンさん、コメントありがとうございます。
> 何にも無くて良かったですね!
>
> 近所の人で、カメラまったく平気という人がいますが、このレポートを読むと信じられないですね、その人の感覚。
>
> うちの父がカメラ検査をする?という状態になった時、従姉妹が来て、あんな大変なものしない方が伯父さんのためよと、阻止?してくれて、父はカメラツッコまれていません(笑)

↑何もなくてよかったです。
ご共感、ありがとうございます。

あ、他の方のレスにも書きましたが、
お尻が痔だとかでなければ、そんなに痛いということはないと思います。
僕の場合は、医師が僕の訴えを半ば無視して、
痛いのにラフにやったおかげで、えらい痛い思いをしましたが、
入口が平時の健常状態でしたら、大したことがないと想像できますね。
僕は昔に、胃カメラの経験もありますが、
嗚咽を何度も繰り返すのに何も出ないのを容赦なく繰り返させられるので、
ひょっとするとあっちのほうがつらいかもしれません。

ええ?お父さん、回避できたんですかっ?
あー、いいなあ、いいご親戚をお持ちで。
でも、何もないということを一度確かめておくのも
精神衛生上よろしいかもしれませんね。
僕なんて、医者が「これで、向こう3年検査しなくても大腸がんになどならないよ」
って太鼓判押されましたよ。
それを聞いて、いきなり元気が出ました。(笑)

> 僕はカメラの経験ありませんが、カテーテルを我がジュニアに挿し込まれた時は、なんで看護婦さんがやるんだ!?と思いました。あー恥ずかしい。二回も経験しています。
> 盲腸手術経験者は、毛を看護婦さんに剃られるのが恥ずかしいようですね(笑)

↑ええーっ!?
ポ○チンにカテーテルですかあ!? しかも2回も。
うーわー、それは痛そうですねぇー。(痛くない?)
看護婦さんにやられた?
それも、イタイ話ですね。
恥辱感でかいですわ。
お尻に管も恥ずかしいですが、自分の背後での出来事ですし、
へこんでいる分、ジュニアより局部感が小さいでしょ?(汗)
3度目は、楽しい気分になれるといいですねー。

盲腸の剃毛は、中学生くらいの頃から、
想像するだけでそれがいやで、盲腸になりやす食べ物とかを
避けていたりしました。(笑)
いまなら、まあ、その頃ほどは恥ずかしくないかもしれませんね。
でも、「自分で剃らせてもらえませんか?」って、
とりあえず聞くかもしれません。
  • 2016/05/12 19:12
  • つかりこ
  • URL
Re: mikitaka08さん、コメントありがとうございます。
> こんばんは
>
>  擬音を交えたつかりこさんの悶絶レポに思わず爆笑しました。素晴らしいイラストと大塚愛のエンディングですからたまりません。
>  他人の不幸は蜜の味といいますが、本当ですね。失礼。

↑笑っていただけてうれしいです。
ギャーギャー書きましたが、災難レボートではなくて、
お笑いレポートにしたかったんですよ。

>  実は私、過去に3回この忌々しい凌辱プレイ検査を受けました。そのうち1回はつかりこさんの故郷苫小牧、某製紙工場病院です。経験者だけにわかる苦しみですし、苫小牧がらみですので、未知のつかりこさんの存在がとても身近に感じられました。

↑ぎょえー、3回ですか!?
それは大変でしたねー。
もうちょいで、評論が書けますね。(調子こいてすみません)
きっと、ストレスが溜まるほどお仕事に打ち込まれて来られたのでは?

おおー、某ぷりんす病院ですね!?
はいはい、僕も何かといえばぷりんす病院にお世話になりましたよ。
家族も親戚も、みーんな揃ってぷりんす病院ですわー。
ご存知かどうかわかりませんが、昔は待合ロビーに温室があって、
冬でもバナナの木が眺められました。

そうですかー、ぷりんす病院に行かれましたかあ。
なんだか、mikitaka08さんが親戚みたいな親近感を感じますです。

>  結果がOKで良かったですね。
>  3回も経験した者から言わせていただくと、あの検査は医者の技術によって痛さが全然ちがうということです。私は3名の医者の手にかかりましたが、2人の医者はとても上手で、語りかけがやさしく腹部の膨張がつらかったけど、痛みはほとんどなかったです。ところが3回目の女医は下手くそで、内視鏡が何度も腸壁にぶつかり拷問のようでした。
>  今回のつかりこロストバージンレポートに笑わせていただきましが、相手が悪かった、とコメントさせていただきます。
>  さらに、これは2回目があり得ますので、食生活やストレスには十分気をつけてください。

↑なるほどー、僕がかかった医者は、乱暴で有名な防衛医大出身のようです。
だから、ぶっきらぼうな感じだったんでしょうね。
入口がすごく痛いと言ってるのに、「うるさいなー、いくじなしめ」という
無言の圧力を感じましたもん。
相手が悪かったですねー。

はい、生活のリズムがめちゃくちゃなので、
まずはそこから直していこうかと。
あの医者さえしてくれなかったアドバイス、ありがとうございます!
  • 2016/05/12 19:30
  • つかりこ
  • URL
Re: 何ともなくておめでとう♪
ももこさん、コメントありがとうございます。

「何ともなくておめでとう♪」

↑この言葉は、深いですねー。
うまくいって・・・じゃなく、何事もなくて・・・というのが絶妙です。
つつがなく、ほどほど、というのが、ホントは一番幸せなのかもしれませんね。

> いや他人事ではないです。
> 私も検査したばかりですし(いえお尻は未経験です)
> 何はともあれ、何ともなくて本当に良かった♪

↑あ、そうでしたよね。おつかれさまでした。
間接関係は、何もしなくてもどうしても消耗してくるらしいので、
いかんともしがたいものがあるようですが、
ふだんの姿勢や食べ物、体操なんかで改善はできるみたいなので、
スポーツ整形外科のような専門家に相談してみたらいかがでしょう?

> ドリンクを2リットルからプレイが始まっているのですね・・・。
> 何回かやったら慣れたりして?( ̄ー ̄)

↑あ、そうそう、そうです!
ドリンクはけっこうつらいです。
すきっ腹にごくごく飲むでしょ。
たぽたぽしたと思ったら、すぐに下るんですよ。
それの繰り返し。
10分に1回、まずい液体を飲んですぐトイレへ、を
15回くらい繰り返すことになります。
でも、ちょっとだけ、体内がすっきりした気持ちにもなりますが。

> お疲れさまでした^^

↑具合が悪くなって検査をしたわけではないので、
ピンピンしていますよ!
ももこさんも、MRI、おつかれさまでした。
  • 2016/05/13 13:03
  • つかりこ
  • URL
Re: ネリムさん、コメントありがとうございます。
> こんばんわ
> 大腸内視鏡検査お疲れ様です。

↑ありがとうございます!
でも、疲れちゃいないんですよ。
もともとなんともないのに、医師が疑いを持っただけです。
まあ、健康診断みたいなもんです。
ちょっと痛い思いをしたのと、恥ずかしい思い出が残りました。(汗)

ネリムさんも健康には、お気を付けくださいねー!
  • 2016/05/13 13:08
  • つかりこ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)