家族は、アカの他人 ~ 『レッド・ファミリー』


001韓国版ポスター.jpg


また、北朝鮮のことに触れた韓国の映画を見つけちゃったよ。
最近、北朝鮮が足をバタバタさせているから、
ついコレ系のタイトルが目に入って来ちゃうんだよな。



この映画は、韓国に入り込んでいる北朝鮮の特殊工作員を描いた映画なんだよ。

その工作員とは、4人の家族なんだな。
お父さん、お母さん、娘、おじいちゃんという構成だけど、
本物の家族ではなくて、母国にそれぞれ家族を残して来てる。

それぞれ、特殊工作の実行部隊員として訓練を受けてきているから、
フツーの人に見えても、格闘や暗殺などの仕事にも長けているという設定。
リーダー(お母さん)の統率も厳格で、構成員の仕事も冷徹で的確だ。

002工作員家族.jpg

003銃.jpg


この家族が、ハタ目には実にいい家族なんだな、
ホントは “アカの他人” の集まりなんだけど。
仲良く暮らす夫婦と、賢くて素直な娘、穏やかでものわかりのいいおじいちゃん。
絵に描いたような、じゃなくて絵に描いた幸せ家族。

004工作員家族2.jpg


逆に、隣に住む家族は本物の韓国人の家族だけど、ろくでもない。
内緒でサラ金から借金しまくるわ、旦那をバカにして暴言を吐くわの母ちゃんと
弱っちい父ちゃんと、いじめられっ子の息子と、何にもできないばあちゃん。

005韓国家族.jpg


かりそめの工作員家族は、隣はバカでうるせーやつらだと思いつつも、
怪しまれないように、仕事上、それなりの家族付き合いをするんだよ。

006家族付き合い.jpg


そうやって、付き合っているうちに、
バカで喧嘩ばかりしてる家族だって、ホントの家族はいいなあ、
なんて思うようになってくる。
望郷の念にかられるようになってくる。



このあたりが、この映画のいいところなんだろうな。
ロクでもない家族は、金欲やすれっからしな人間にあふれる韓国社会を、
かりそめの工作員家族は、秩序は保たれているけど自由も愛もない北朝鮮の社会
表わしていて、両方ともを批判しているんじゃないかな。

でも、ろくでもない家族だって、家族は家族。
「喧嘩するほど仲がいい」って言うじゃん。
そうだよ、北と南だって誰かのさしがねでいがみ合ってはいるけれど、
もともと家族じゃないか!
いまは、たまたま喧嘩しているだけの家族じゃないか、
ってなメッセージが読み取れるんだな。

さすがは、『アリラン』、『嘆きのピエタ』を監督した巨匠キム・ギドクの脚本だ。
うまいことメッセージが表現されている。

でも、映像面ではもひとつかな、と思うな僕は。
全くの新人監督なので、しょうがないのかもしれないけど、
それにしてももう少しなんとかならなかったのかなあ、とは感じるなあ。

で、ここまでの説明を読むと、バリバリのシリアスものに感じると思うけど、
そうじゃないんだな、この映画。

たぶん、コメディなんだろうね。
たぶんというのは、温厚なおじいちゃんがハリガネで人を殺したり、
聡明なお母さんが銃でサラッと人を撃ったりするシーンもちょくちょくあるというのに、
チームの名前が「ツツジ班」だったり、
金正恩をけなす韓国家族に、工作員家族が「私はけっこう好き」って
切り返すシーンがあったりして、けっこう笑えたりもするからなんだよ。

007プクプク.jpg

008親北派.jpg


これは、劇場で観ていたら困るだろうね。
北や南の工作員も観にきてるかもしれないから
不用意に笑ったり、うなずいたりできないよねぇ。(笑)

で、つまり、怒ったらいいのか、笑ったらいいのかよくわからない
アンバランスなタッチに感じるってわけ。



工作員家族は、ズッコケてるけど人間らしい南の家族と接しているうちに、
だんだんとそれぞれの心の中に “情” が芽生えてくる。
そして、非情を必要とする任務をしくじってしまう。
さらには、良かれと判断してやったことで、とんでもない失態を招いてしまう・・・。

この上、ラストでは、ファミリー・ヒューマンドラマって感じでマジで泣ける。
サスペンス・アクション・コミカル・ヒューマンドラマ??
んー、ますます不思議な味わい。

うん、おもしろいと思うよ。
きわどく、珍しい設定だしね。
東京国際映画祭で、“観客賞” 受賞だからね。





北朝鮮が、今度はミサイルを飛ばしたねー。
まわりの国や中国さえもが、再三やめろと言ったのに。

そりゃ、「要求を呑まないと、水爆の弾頭を積んだミサイルを撃つぞ」って
脅して生活物資をせしめるしかやりようのない国なことはわかるけど、
それにしても、なぜいまなのか、なぜ南シナ海に飛ばしたのか、
なぜ中国の言うことをきかなかったのかが、もひとつわからないなあ。

まあ、この前小競り合いになった韓国に、自分とこの力を示せるし、
日本にはもちろん以前のような支援を要求するメッセージになるだろうし、
ミサイルの飛距離が伸びたことを示すことで、アメリカにも脅しを強化できるだろうし、
アセアン方面へは中国に加担する国があることを示せるだろうしで、
いいこと尽くしだと計算したんだろうけどね。

中国は、ホントに迷惑がっているんだろうか?
北朝鮮とロシアは、冷戦時代の東側から続く数少ない友好国だしね。
表向き迷惑がっといて、実は領土・資源開拓政策は「北朝鮮もロシアも味方なんだぞ」
って脅しをかける、巧妙な作戦だったりしてさ。
まあ、根拠の希薄な悪口はよくないことだけど、そんなふうに勘ぐりたくもなるわさ。



アメリカが、アフガンやイラク戦で使った特殊部隊やネイビーシールズを
韓国に配備しつつあるという噂があるんだよ。
北朝鮮のミサイルがアメリカ本土まで届くということがわかって、
いよいよ軍事的な実行部隊が動き出したのかねぇ?

でもこれは、僕は間違いだと思うなあ。
歴史に学ばなくちゃさー。
これは、朝鮮戦争の時と同じことをやっているだけだよね。
「北 + 中国 + ロシア」 VS 「南 + アメリカ」という対立を再燃させているだけ。

これはさ、本来は、中国、ロシア、アメリカなんかいらないんだよね。
朝鮮半島の「北」と「南」が “家族に戻ればいい” だけだよな。
北と南の確執って、そんなに強いものなんだろうか?
中国 + ロシアとアメリカが仲が悪い、というかドロボー同士が争っているだけで、
ホントは「喧嘩するほど仲がいい」んじゃないのかなあ。



この朝鮮半島の南北問題って、当事者同士で話し合ったって解決なんかしないんだろうな。
もちろん、中国やロシア、アメリカが何を言ったって解決しっこないだろう。
解決しなくなるほどスッパリ分断させた、当の原因だからな。
むしろ、南北統一なんかしないでほしいと思っているのかもしれない。

じゃ、どうやったら南北が一つの国に戻れるんだろう?
ちょっとだけこの南北の喧嘩の仲裁に入って、
仲直りの手助けしてあげられるやつが必要なんだろうね。

そこで提案なんだけど・・・
それって、日本なんじゃないかって思ってるんだよ、僕は。

そりゃ、中国やロシアにしてみれば、「アメリカ側」にしてやられる
ということになるから、黙ってはいられないだろうけど、
日本は韓国や北朝鮮との関係において、たくさんの課題を抱えているわけで、
それらの解決のためにも、南北統一に関わる義務や権利があるに違いないと思う。

その辺を説得材料にして、南北統一に “協力” すべきなんじゃないかな。
「北に独自の制裁を加える」、なんてアメリカの火事場ドロ政策に加担なんてしてないでさ。

良心に則って働けば、朝鮮半島が平和になるだけでなく、
日本にとっても拉致被害問題も、従軍慰安婦問題も、竹島問題も、
在日コリアン問題も全部きれいに片付く
んじゃないの?
その上、健全で強い東アジアの政治・経済づくりの足がかりにもなるんじゃないかな。





009日本版ポスター.jpg

●レッド・ファミリー(Red Family 붉은 가족)
2013 韓国
上映時間:100分
監督:イ・ジュヒョン
脚本:キム・ギドク
原案:キム・ギドク
製作総指揮:キム・ギドク
製作:キム・ドンフ
撮影:イ・チュニ
編集:キム・ギドク、キム・フク
美術:チョン・ヘウォン 、 キム・ジヒョプ
照明:パク・ジソン
視覚効果:イ・ジャンウク
録音:イ・ソクチュン
音楽:チェ・イニョン
衣装:キム・ジナ
配給:ギャガ
出演:キム・ユミ、チョン・ウ、ソン・ビョンホ、パク・ソヨン、パク・ビョンウン、
   カン・ウンジン、オ・ジェム、パク・ミョンシン、キム・ジェロク ほか
受賞:第26回(2013年)東京国際映画祭コンペティション部門 観客賞







“ 春はもうすぐ ” / NSP





“ No.1 ” / 西野カナ





“ イカロスの末裔 ” / キリンジ




コメント

非公開コメント

おはようございます
家族の絆は素敵だなと思いました。

こんばんは。

これは観ていないけど、やっぱり笑うべき作品じゃないでしょうか・・・?
いや、ホントは分かりませんけど(^_^;)
笑って、泣いて、考えると。

韓国にとっては、北朝鮮による拉致問題も、日本と違って、“仕方がない”ことだと聞いたことがあります。
仕方がないという言い方はどうかなと思いますが、何と言うかちょっと諦めている?みたいな感じらしいです。
同じ家族で、子供の取り合いをしているみたいな。
それでも大問題だと思いますが、韓国はまー仕方がないと思っていると・・・。

「グエムル-漢江の怪物-」はそうした状況を反映した韓国映画であるらしいです。怪物(北)の被害に遭った家族以外は、それ(拉致)を問題にしないという設定なんですね。

同族の問題はやっぱりこじれるんでしょうね・・・。

こんばんは

 レッド・ファミリーとはタイトルがまた凄いですね。
 映画の内容も重そうですが。
 一見の価値がありそうですね。

 つかりこさんのブログを読んでいる最中に私のスマホに拉致家族の調査中止のニュースが飛び込んできました。
 情報過多の時代は黙っていても勝手にニュースが飛び込んでくるのですね。
 くわしくは読んでいないのですが、政治的な意図をもった政略なのでしょう。

 さまざまな要素がからんでの映画製作は難しいでしょうし、全く韓国映画のことはわからないのですが、脚本はしっかりしているのですね。

 それに比べるとNSPの歌はわかりやすくていいですね。
 とてもなつかしい。
 そんなに有名じゃないのだけれど、けっして忘れられない。
 名曲としてくくられないけど、ずっと残る曲でしょう。
 で、私はとっつきやすい方ばかり、そして柔らかいものばかりを選んでしまう。脳がボケやすくなるのは、わかっているのですが。

出来ればいいけど・・・

サスペンス・アクション・コミカル・ヒューマンドラマ??
なんとも興味深い・・・
観なくちゃ。

家族かあ。
つかりこさんのおっしゃるとおり、本当は家族なのにね。
家族に戻る手助けを日本が出来ればいいのでしょうが・・・


観なくては…

「家族は、アカの他人」…
凄いフレーズですね、いゃ、これ観たいです。
映画を観ると、あの国への見方も少しは変わるかも…??

私も
「家族は、アカの他人」「隣の芝生は、赤い。」
が、ナイス!だと思いました。
面白そう。こういうテーマこそコメディがいいと思います。
で、ラストでは泣けるんですね?
これは観てみたくなりました!

Re: ネリムさん、コメントありがとうございます。

> おはようございます
> 家族の絆は素敵だなと思いました。

↑ですよねー。
家庭に問題があって、子供がトラウマになったり、
DVのような “悪い絆” もあったりして、
一口に「家族」といっても善悪の綱渡りなのが実情なんでしょうね。

でも、よくないことがあっても、反面教師になる範囲で成立している家族は
やっぱり善悪含めて素敵なものなんだと思います。
血縁というのは、友達とはひと味もふた味も違う絆なんだと思います。

この映画は、ニセの家族になっている工作員とホントの家族を並べてみることで、
「いろいろあっても、家族はいいもんだ」と言わしめているハナシなんですが、
同時に、「朝鮮半島の北と南だって、いろいろあるけど、もともと家族だろう」
というオチになっているんですよ。

シリアスな「南北問題」を、あったかい「家族愛」で包んだ、なかなかの作品です。
いつか思い出したら、観てみてください。

Re: バニーマンさん、コメントありがとうございます。

> こんばんは。
>
> これは観ていないけど、やっぱり笑うべき作品じゃないでしょうか・・・?
> いや、ホントは分かりませんけど(^_^;)
> 笑って、泣いて、考えると。

↑んー、僕的には端から端までコメディな感じはしなかったんですよ。
確かにバリバリのシリアスものではないのですが、
でも、けっこうハードなスパイものなんです。
「ハード6割+家族愛3割+コミカル1割」くらいでしょうか。
ですから、本文にも書いたように、ドキドキすべきか、笑うべきか、泣くべきか
チクハグな印象でした。
けっして上手につくられた映画とは思えないのですが、
こういうテーマと設定に興味があられるようでしたら、おすすめです。(汗)

> 韓国にとっては、北朝鮮による拉致問題も、日本と違って、“仕方がない”ことだと聞いたことがあります。
> 仕方がないという言い方はどうかなと思いますが、何と言うかちょっと諦めている?みたいな感じらしいです。
> 同じ家族で、子供の取り合いをしているみたいな。
> それでも大問題だと思いますが、韓国はまー仕方がないと思っていると・・・。

↑僕も韓国や北朝鮮の人のメンタリティについて詳しいわけではないのですが、
韓国人の「身内」に対する気持ちや態度は、日本人とはだいぶん異なる、
というのを聞いたことがあります。
あかの他人に対しては、礼儀正しいのだけど、
身内同士では、言いたいこともやりたいこともやりたい放題で、
ある種の「甘え」とか「なあなあ」のような気持ちで接するらしいというものです。
だから、韓国人の拉致問題だって、日本人の何十倍も拉致されているのに、
「身内のやることだから・・・」というような、しょうがねーなー的な
「甘さ」があるのだと思います。
逆に、身内が困っていたりすると、身内が間違っていようが正しかろうが
身内をひいきするようなところもあるということです。
あえて良く解釈するならば、韓国は北を身内だと捉えているということなんでしょうね。

> 「グエムル-漢江の怪物-」はそうした状況を反映した韓国映画であるらしいです。怪物(北)の被害に遭った家族以外は、それ(拉致)を問題にしないという設定なんですね。
>
> 同族の問題はやっぱりこじれるんでしょうね・・・。

↑同族・身内の感情論はやめて、朝鮮半島の南北問題って、
アメリカと中国+ロシアが元凶になっている問題として
早く解決に向かってほしいと願っています。

「グムエル」は、僕の観なくちゃメモに入っておりまして、
近いうちに観てみますねー。(汗)

Re: mikitaka08さん、コメントありがとうございます!

> こんばんは
>
>  レッド・ファミリーとはタイトルがまた凄いですね。
>  映画の内容も重そうですが。
>  一見の価値がありそうですね。

↑タイトル、そのまんまですよねー。(笑)
内容は、真にリアルかどうかは判断しようがないのですが、
「なるほど、こうやって韓国社会に溶け込んで、
いろいろ工作してるんだな」というのがわかります。
そうそう、「おもしろくないかもしれないけど、
一見してみよう」と思ってレンタル屋さんで借りてみました。

>  つかりこさんのブログを読んでいる最中に私のスマホに拉致家族の調査中止のニュースが飛び込んできました。
>  情報過多の時代は黙っていても勝手にニュースが飛び込んでくるのですね。
>  くわしくは読んでいないのですが、政治的な意図をもった政略なのでしょう。

↑でしたよねー。
記事に「独自制裁なんてやめたほうがいい」と書いたばかりのニュースだったので、
僕もびっくりしました。
北朝鮮は、もうやけくそですねぇー。
多くの国の反感をかって、中国の批判もかって、
いったいどういう幕引きを望んでいるのか僕にはまったく想像がつきません。
破滅への道を歩んでいるようにしか見えないですよね。

もう、にっちもさっちもいかなくなって、
誰かになんとかしてもらいたい状態なのでしょうか。
朝鮮半島だけが、かつての冷戦が旧態依然と残っているカタチになっています。
中国もロシアも民主化が進んでいるのだから、
ベルリンの壁の崩壊のように、38度線を消滅させて
家族である韓国との融和政策をとるのがいちばん良いのだと
早く気づいてほしいとのです。

>  さまざまな要素がからんでの映画製作は難しいでしょうし、全く韓国映画のことはわからないのですが、脚本はしっかりしているのですね。

↑そうですね。
ストーリーはうまく作られていると思います。
映像や映画としての文体は、いまひとつヘタクソだと思いますが、
テーマ自体が珍しいので興味深く観させてもらいました。

>  それに比べるとNSPの歌はわかりやすくていいですね。
>  とてもなつかしい。
>  そんなに有名じゃないのだけれど、けっして忘れられない。
>  名曲としてくくられないけど、ずっと残る曲でしょう。
>  で、私はとっつきやすい方ばかり、そして柔らかいものばかりを選んでしまう。脳がボケやすくなるのは、わかっているのですが。

↑いやいや、僕も基本的にはシンプルで心が癒されるもののほうが好きなんですよ。
ホントは難しいことを考えるのも、めんどくさいことをするのも苦手です。

おっしゃる通り、NSPは簡単すぎるほどの演奏ですし、いまやメロディが暗かったりしますが、
独特の世界観がありますよね。
EmやAmから始まる曲の世界では、独自に完成された道を創り出したと思います。
中学の時、たくさんコピーして演奏しましたです。

Re: 出来ればいいけど・・・

きたあかりさん、コメントありがとうございます。

> サスペンス・アクション・コミカル・ヒューマンドラマ??
> なんとも興味深い・・・
> 観なくちゃ。

↑いやいや、なかなか変わったというか、チグハグな印象ですねー。
すごくシリアスなわけでもなく、すごく笑えるというわけでもなく・・・
でも、泣けることは請け合いです、きっと。
北の工作員がどんなふうに韓国で活動しているのか、
そういう興味には応えてくれるとは思います。

> 家族かあ。
> つかりこさんのおっしゃるとおり、本当は家族なのにね。
> 家族に戻る手助けを日本が出来ればいいのでしょうが・・・

↑まあ、難しいのはわかるのですが・・・
当事者の韓国と北朝鮮は、年を喰った親戚同士の仲たがいみたいになっちゃって
いかんともしがたいし、南北分離の原因となった東西大国同士は
それぞれの利害がチラチラして仲良くなんかしないだろうし、なので、
南北のことにも、東西のことにも絡んでいる日本が、
私欲抜きでなら解決にひと役かうのに適しているのではないか、
と思いついただけです。
このまま、南北でまた喧嘩を始めたり、北でクーデターみたいなのが起こっても
また中国、ロシア、アメリカなんかが介入してきて、
東西ドイツみたいに平和裏に解決することはないですよね?
出来ればいいと、本気で願っているのですが・・・。

Re: 観なくては…

カッパさん、コメントありがとうございます。

> 「家族は、アカの他人」…
> 凄いフレーズですね、いゃ、これ観たいです。
> 映画を観ると、あの国への見方も少しは変わるかも…??

↑ポスターのキャッチフレーズを見て、すぐに思いついたコピーですが・・・
いろいろ検索していたら、この映画の劇場用のPOPに同じようなものがありましたよ。
大ハマリなコピーって、みんなが思いつくもんですねー。

この映画を僕が「まあまあかな」カテゴリーに入れているのは、
着想はおもしろいのですが、映像や演出という意味ではいまいちだからなんですよ。
映画としての総合点を期待すると、ちょっとがっかりするかもしれません。
まあ、“珍味” としてご玩味いただければ・・・。

Re: さとちんさん、コメントありがとうございます。

> 私も
> 「家族は、アカの他人」「隣の芝生は、赤い。」
> が、ナイス!だと思いました。

↑カッパさんのコメにも書きましたが、
ポスターの「隣の芝生は、赤い。」を見て思いついたコピーなのですが、
いろいろ検索していたら、この映画の劇場用の陳列POPに、
似たようなコピーがありましたよー。
プロなら、「他人の工作員を寄せ集めた家族」+「共産主義」とくれば、
=「アカの他人」という発想はどんぴしゃで、
「もうこれしかない」と判断するくらいのもんなのですが、
やはりみんなおんなじことを考えるのです。
「アカ」は蔑称なので、怒られるかもしれませんが。
僕は共産主義、社会主義を全否定しているわけではありませんですわ。

> 面白そう。こういうテーマこそコメディがいいと思います。
> で、ラストでは泣けるんですね?
> これは観てみたくなりました!

↑本文でもなんとなく書きましたが、
「変なコメディ」というより、「変なスパイもの」です。

7割がた、シリアスものです。
残酷なシーンもちょびっとあります。
笑えるシーンもちょびっとです。
ラストはたぶん泣けます。
・・・よって、変な映画ですわー。