北と南の憎悪を消すものって ~ 『サスペクト』

2016/01/11

001注射.jpg


北朝鮮が核実験をしたねー。
「水爆の実験はアメリカをはじめとする敵対勢力から、
国の自主権と生存権を守り朝鮮半島の平和と安全を保証する自衛的措置だ」・・・だそうだ。
しかも、「核抑止力を質的、量的に絶えず強化していく」んだそうだ。

なんでこのタイミングで、親代わりの中国の怒りをかってまでそんなことやってんだ、
って思うけど、どうもいつものアメリカ等にタカるための“だだっ子政策” とはちょっと違って、
キム・ジョンウン(金正恩)第1書記の誕生日に乗じて、
現体制の国威発揚をはかったのではないかと言われているようだね。
ということは、現体制が国内で安定していないということなわけだ。
経済ではなく政治のことね。

僕はいつもテレビで金正男を見るたびに、
「この人がホントに政治を行なっているんだろうか?」って疑っているんだよ。
で、式典などで彼の後ろに控えている人たち(ホントはこの人たちが北の政治を
仕切っていると思われる)を見ると、なんとみんなじいさんばかり!
だから、国内的にはアンシャン・レジーム批判のようなことが起こっていて、
政権争いなどでギクシャクしてるんじゃないかという気がしてるんだよ。
それで、現体制が国威発揚の必要性にかられたというのは理解できるわけだよ。

もしくは単純に、南シナ海で侵略を続けてアセアンの国やアメリカと喧嘩っぽくなっている
中国への応援歌でも歌ったつもりでいるんじゃないだろうか。



この映画はフィクションだけど、北朝鮮の特殊部隊の工作員のあり方や “脱北“、
脱北者を受け入れる側の韓国の姿、韓国における脱北者の組織の存在
なんかが知ることができ
て、とても興味深かったよ。

あ、映画としては、バリバリのスパイ・アクションもので、
コマとばしの格闘カットや、緊迫感あふれるPOV、
屋根の上や大橋から飛び降りたりするスタント、
CGを使わずに街なかでガッチャガッチャにぶっこわすカースタントなどは
ハリウッドもびっくりのハイクォリティだよ!

もう何度も言っているけど、コレ系では韓国映画はもうとっくに
香港映画にも、日本映画にも後塵をぶっかけているんだね。



<あらすじ>

北朝鮮特殊部隊の元工作員、チ・ドンチョルは、
訳あって秘密抹消のため当局から消されることなったんだな。
仲間の工作員から命を狙われ、妻娘も殺され、命からがら韓国へ脱北する。

002橋から.jpg

それからの彼の生きる意味は、復讐あるのみ。
ソウルの街の片隅で運転代行の仕事をしながら、
同じく脱北して、いまは韓国にいる妻娘殺しの犯人を探していた。

ある日、在韓脱北者の生活の支援活動を行なう有志組織の会長が
チ・ドンチョルの目の前で殺されてしまう。

003格闘.jpg

004銃.jpg

死ぬ直前に会長からある物を預かってしまったがために、
ある組織から、チ・ドンチョルが犯人に仕立てられる。

そのせいで彼は、韓国の警察と、ある組織の二者から追われながら、
自分も仇を追うという、なんと、三重の追跡劇が展開するという
ストーリー仕立てなんだなー。



まあ、アメリカやイギリスの諜報工作員モノでは、
掃いて捨てるほどあるストーリーだけど、
成長著しい韓国映画でも、南北関係がますます緊迫化するいま、
“北朝鮮の特殊工作員 VS 韓国の諜報機関” みたいな危ない設定の作品は
珍しいんじゃないかな。

今回の核実験の前の、ついこの前には、
北と南はあやうく戦争をおっぱじめるところだったし。

でも、この映画はよく観るとね、
南北統一の願いが込められているんじゃないかと思う。
南側から北への、さりげない親愛が見て取れるんだなあ。

アクション映画としてものすごく見応えがあるけど、
そういう意味でもかなりおもしろい作品だと思う。
でもともかく、スパイ・アクションものが好きなら、
すばりおすすめの一本ですわ。


005逮捕.jpg




---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

そもそも、朝鮮半島ってなんで南北2つに分離しているんだろう?

第二次大戦が終わるまで、朝鮮半島って日本が統治していたんだったよね。

第二次大戦における日本の敗戦が見えてきた1943年11月、
すでに「カイロ会談」でアメリカとイギリス、中華民国は、
「大戦が終わったら、日本から朝鮮を開放させよう」と話し合ってあったんだね。

そこへ、東アジアに領土のほしいソ連が首を突っ込んできて、
1945年2月の「ヤルタ協定」となって、
「大戦が終わったら、朝鮮半島はアメリカ、イギリス、中華民国、ソ連の
4国で信託統治することにしようぜ」と、誰の許可もなく勝手に決めちゃったんだよ。
信託統治とは、複数国で行なった実例がないので具体的にどうやるかは不明だけど、
奪ったエリアを “国連の領土” ということにして、
施政を信託された国(この場合上記の4カ国)で政治を行なうことらしい。

1945年7月にポツダム宣言(日本に降伏を勧告)。
8月6日、アメリカが広島に原爆を投下。
その直後の8月8日に、ソ連は卑怯にも日ソ中立条約を破って日本に宣戦布告。
満州国、樺太南部、千島列島、それと朝鮮半島を奪ったんだよ。

それをみたアメリカは、「朝鮮半島は全部はやるまい」とちょっかいを出して、
8月15日以降に、北緯38度線を境に、北はソ連軍、南はアメリカ軍が
占領することにしたんだな。

そんな中、朝鮮民族も黙ってはおらず、
あちこちに散らばっていた、共産主義の金日成らや右翼の李承晩ら、
民族運動家たちなどが朝鮮半島に集まって活動を始めていたんだよ。

その後12月に、アメリカ合衆国、イギリス、ソ連の3国で、
「朝鮮を信託統治しよう」という協定を結んだ後、
朝鮮国内では、信託統治賛成派の金日成らと、反対派の李承晩らが
抗争を始めたんだよ。

それで、ソ連が共産主義を掲げる北側に協力的なのをみるや、
南の李承晩は1948年5月に、南朝鮮だけで大韓民国という独立国家を
作っちゃったんだよ。

で、北側も黙っていられず、その7月に憲法を制定して、
9月に金日成を首相にして朝鮮民主主義人民共和国を建国したというわけ。

さらに、1950年に北朝鮮が朝鮮南北統一をめざして始めたのが朝鮮戦争なんだ。
9月には、韓国側は北朝鮮の侵攻にぐいぐい押されてしまったけど、
マッカーサー率いるアメリカ軍の介入を得て、
10月には逆に中国国境まで押し返す。

それをみた隣国の中国は、北朝鮮に加担することに。
朝鮮戦争は、<北朝鮮+中国>VS<韓国+アメリカ>という構図になったんだな。

それぞれ押したり押されたりしたけど、とうとう38度線あたりで膠着状態に。
1953年のスターリンの死を機に、休戦の気運が高まって、
その7月南北の休戦協定が結ばれたんだよ。

でも、これには問題があって、
韓国の李承晩大統領が休戦協定への署名を拒み、
代わりにアメリカの軍の代表が署名したため、
実質、韓国と北朝鮮は休戦協定も平和条約も結ばない、
いわばいまでも戦争状態のままということになっているんだな。

だから、この前のように、ちょっとした弾みで戦闘が始まっても
ちっとも不思議じゃないというわけ。

どっちの国も、南北統一が悲願なんだけど、
それぞれ自分とこを主体にして統一したいと思っているから、
簡単そうに見えてそう簡単にはいかない問題だというわけだ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------






006ポスター.jpg

●サスペクト 哀しき容疑者(용의자)
2013 韓国
上映時間:137分
監督:ウォン・シニョン
脚本:イム・サンユン
製作:チャン・ファンシン、ユ・ジョンフン
撮影:イ・ソンジェ
照明:イ・ビョンフン
美術:イ・ジョンゴン
アクション監督:オ・セヨン
音楽:キム・ジュンソン
配給:ツイン
出演:コン・ユ、パク・ヒスン、チョ・ソンハ、ユ・ダイン、
   キム・ソンギュン、チョ・ジェユン、ソン・ジェホ、
   パク・チイル、キム・ウィソン、ナム・ボラ ほか







“ イムジン河 ” / フォーク・クルセイダーズ





“ Space Oddity ” / David Bowie



2016年1月10日昇天。そっちの星の上から、地球の平和を祈っていてくれ!


comment (14) @ 映画>コレコレ、いいよ!
冬といえばギターだぜ | つかりこ宛年賀状コンテスト2016

comment

スターマンは何処? : バニーマン @-
David Bowieの死亡記事、ビックリでした。

>もう何度も言っているけど、コレ系では韓国映画はもうとっくに
>香港映画にも、日本映画にも後塵をぶっかけているんだね。

そうなんですよね、日本映画頑張ってくれ!

この作品はちょこっとだけ、知っていました(^_^;)
面白そうですね。
予約リストに入れておかないと!
2016/01/11 Mon 21:53:59 URL
: Beat Wolf @-
北と南の問題って、結局第一次世界大戦で連合国が
自分たちの都合でオスマンを分割したのと同じですよね。
一つの国を自由国と共産国で統治したらその後どうなるか
考えたら容易にわかるはずなのに。

でも、朝鮮の人たちも負けず嫌いだからなぁ…。
平和裏での統一って、ちょっと想像できません。
2016/01/11 Mon 23:22:43 URL
David Bowie素敵 : きたあかり @-
スパイ・アクションは、そんなに好きというわけじゃあないけれど、
そんなにハイクオリティで、しかも
「南北統一の願いが込められているんじゃないかと思う。
 南側から北への、さりげない親愛が見て取れるんだなあ。」
なんですね。
これは・・・見て取りたいです。う~ん。せつない。
と、
下の方のちっちゃい字を読むのが大変だわよ。メガネ変えるべきかしら(・_・)
2016/01/12 Tue 09:31:21 URL
: さとちん @-
記事読み進みながら頭の中のBGMは「イムジン河」でした。
そしたら、あらま、やっぱり「イムジン河」貼ってありましたわね☆
David Bowieの死亡記事には、私もビックリでした。
が、8日に新譜をリリースしたばかりって・・・
まだまだご活躍だったんですね?!それにもビックリ(スミマセン、洋楽に疎いんです)
2016/01/12 Tue 13:36:45 URL
: mikitaka08 @-
こんにちは

 昨夜、成人式を終えた若者たちと●●キノで新年会をやりました。わけのわからない一気飲み音頭にハラハラしながら、抑えて、久しぶりに遅い電車で帰って来ました。●広島の駅から自宅まで「イムジン河」を歌いながら歩きました。つかりこさんのブログを今読みながら、つかりこさんの解説を読むだけで緊張感漂う、この映画は是非見たいと思いつつスクロールして、下へ進むと、何とフォークルの「イムジン河」が。。。 驚きました!!おどろきつつ、じゃあなぜ「イムジン河」だったのかと自問すると、自分の成人の日を無意識に振り返っていたのですね、ひとっこ一人いない雪道で。当時、新宿区戸塚に住んでいたのですが、同じアパートの学生たちからの成人式への誘いを断り、ひとり洗濯をしていました。金盥(たらい)、洗濯板と洗濯石鹸で。その時よくラジオから聴いたのが「イムジン河」でした。
 今考えると、恥ずかしい限りです。
 冷や汗をかきながら、David Bowieをyoutubeで聴いております。
2016/01/12 Tue 14:28:08 URL
残念です : 魔笛 @-
3年くらい前にボウイの帰還を喜ぶ記事を書いたのだが、こんなに早く亡くなってしまうとは思ってもみませんでした。「ミッション・トゥ・マーズ」繋がりではありませんが、「Life On Mars」を聞きながらこのコメントを書いています。本当に残念です。
2016/01/12 Tue 22:47:20 URL
: ももこ @-
朝鮮半島の歴史があやふやになっていたので、
つかりこ解説員のお蔭で、スッキリしました。
ありがとうございます!

私は北朝鮮のニュースを見るたびに、
あんなに恰幅が良かったら、
そのうち病気になっちゃいそう・・・って思います。

2016/01/14 Thu 10:40:01 URL
Re: スターマンは何処? : つかりこ @-
> David Bowieの死亡記事、ビックリでした。

↑ですよねー。
僕も最近CDを出したことも知らず、
悠々自適に暮らしているんだろうなあ、なんて思っていました。
まだ、若いですからねー。

> >もう何度も言っているけど、コレ系では韓国映画はもうとっくに
> >香港映画にも、日本映画にも後塵をぶっかけているんだね。
>
> そうなんですよね、日本映画頑張ってくれ!

↑全部を知っているわけではないのですが、
僕が知る限りでは、2000年の声を聞いても、
韓国ではこのレベルの映画はなかったですねー。
ラブロマンスでも、アクションでも、コメディでも
日本はどんどん抜かれているような気がします。
特に、カーアクションは日本では無理では?
ハイレベルのスタントマンがいそうにないし、
撮る場所もないですよねぇ。

> この作品はちょこっとだけ、知っていました(^_^;)
> 面白そうですね。
> 予約リストに入れておかないと!

↑ぜこどうぞ。
スパイ&アクションがお嫌いでないなら、
きっと楽しめると思いますよ。
2016/01/14 Thu 17:41:36 URL
Re: Beat Wolf さん、コメントありがとうございます! : つかりこ @-
> 北と南の問題って、結局第一次世界大戦で連合国が
> 自分たちの都合でオスマンを分割したのと同じですよね。
> 一つの国を自由国と共産国で統治したらその後どうなるか
> 考えたら容易にわかるはずなのに。

↑ですよねー。
戦勝国がよってたかって占領したってことですよね。
おっしゃる通り、民族的なイデオロギーや宗教が違った場合、
取り返しのつかないことになるに決まっていますよね。
ドイツは、ロシアが民主化したので、統一に向かいましたが、
朝鮮半島は中国が元気ですからね。

ウクライナやシリアなど、人類は近年でも同じことをやってます。

> でも、朝鮮の人たちも負けず嫌いだからなぁ…。
> 平和裏での統一って、ちょっと想像できません。

↑単純に、北の援助を誰もしなくなったら、
韓国と統一されるかもしれませんね。
まあ、その前に北の現体制が変わる必要があるかもしれませんが。
2016/01/14 Thu 18:05:41 URL
Re: David Bowie素敵 : つかりこ @-
きたあかりさん、いつもありがとうございます。

> スパイ・アクションは、そんなに好きというわけじゃあないけれど、
> そんなにハイクオリティで、しかも
> 「南北統一の願いが込められているんじゃないかと思う。
>  南側から北への、さりげない親愛が見て取れるんだなあ。」
> なんですね。
> これは・・・見て取りたいです。う~ん。せつない。

↑韓国映画なので、一見、北朝鮮のスパイ活動の問題や
脱北したくなるような政治を批判しているように見えますが、
気付いたら、韓国の警察や諜報機関が一番悪者というハナシです。
まあ、泣けるようなストーリーではないですが、
南から北への思いやりや友情がうまいこと表現されていると思います。

> と、
> 下の方のちっちゃい字を読むのが大変だわよ。メガネ変えるべきかしら(・_・)

↑あ、すんませんです。
読みずらくするつもりはないのですが、文章が長いので
「知っている人は読まなくてもいいよ」ってくらいの気持ちです。
ブラウザの機能で、拡大して読んでくださいねー。

きっちり読んでくださり、ありがとうございます!!
2016/01/14 Thu 18:16:52 URL
Re: さとちんさん、コメントありがとうございます。 : つかりこ @-
> 記事読み進みながら頭の中のBGMは「イムジン河」でした。
> そしたら、あらま、やっぱり「イムジン河」貼ってありましたわね☆

↑ふふふ、朝鮮半島の南北モンダイといえば、もうこの曲しかないですよねー。
なんか、あ・・・うん、って感じでうれしいです。

> David Bowieの死亡記事には、私もビックリでした。
> が、8日に新譜をリリースしたばかりって・・・
> まだまだご活躍だったんですね?!それにもビックリ(スミマセン、洋楽に疎いんです)

↑僕も新譜のハナシは11日まで知らなかったです。
僕もそれほど洋楽に詳しくもないし、
デビッド・ボウイ熱烈なファンというほどでもないのですが、
やっぱり偉大な音楽アーティストが亡くなったという
ショックはでかいですよね。

時は'60年代後半、世界の商業音楽の世界では、
●黒人音楽(ブルースコード)をベースとした楽曲
●恋愛や身の回りのことに関わる感情
※もちろん、白人的な楽曲も反戦や社会的なテーマの曲もあった
などを主にした、ポップスやロックが主流でした。

デビッド・ボウイは、そこへ
●ブルースコードからかけ離れたメロディと伴奏
●宇宙や世界、幻想をテイストにした歌詞
●ユニセックスで異様な見た目
というようなスタイルで、新しい音楽アートをぶちあげたんですね。

当時は、それはそれはびっくりぽんな出来事で、
グラムロックとかプログレとかパンクとかビジュアル系とか、
音楽はもちろん映画とかファッションの世界にまで影響を与えた
ということなんですね。

さらには、その後もボウイの音楽はいろいろに変化して、
ずっと最近まで活躍し続けてきたというのもすごいんでしょうね。
音楽の世界では、本物のアーティストと呼べる人のひとりだと思います。

僕のよくわからない説明ですみませんが、こんな感じですかね。
2016/01/14 Thu 18:50:47 URL
Re: mikitaka08さん、コメントありがとうございます! : つかりこ @-
> こんにちは
>
>  昨夜、成人式を終えた若者たちと●●キノで新年会をやりました。わけのわからない一気飲み音頭にハラハラしながら、抑えて、久しぶりに遅い電車で帰って来ました。●広島の駅から自宅まで「イムジン河」を歌いながら歩きました。つかりこさんのブログを今読みながら、つかりこさんの解説を読むだけで緊張感漂う、この映画は是非見たいと思いつつスクロールして、下へ進むと、何とフォークルの「イムジン河」が。。。 驚きました!!

↑わおー!
すごいシンクロですねー!
朝鮮半島の南北が出てくれば、曲といえばほぼ「イムジン河」ですが、
+成人式 +mikitaka08さんとつながるなんて、不思議ですねー。

それにしても、ハタチの皆さんの宴会に招かれるなんて、
きっとご職業と関係があるのかもしれませんが、
mikitaka08さんのご人徳がうかがえます。
楽しく、うれしい集まりなんだろうと拝察いたします。

> おどろきつつ、じゃあなぜ「イムジン河」だったのかと自問すると、自分の成人の日を無意識に振り返っていたのですね、ひとっこ一人いない雪道で。当時、新宿区戸塚に住んでいたのですが、同じアパートの学生たちからの成人式への誘いを断り、ひとり洗濯をしていました。金盥(たらい)、洗濯板と洗濯石鹸で。その時よくラジオから聴いたのが「イムジン河」でした。
>  今考えると、恥ずかしい限りです。

↑なるほどー。
僕もハタチの時は、住民票が故郷にあったもんですから、
帰省しないでいれば下宿のある東京の役所からは成人式の案内は当然来ず、
何の儀式も祝いもしないでバイトでもしてたはずです。(覚えていない)

「イムジン河」がハタチの思い出ということでしたら、
やはり僕の一回りほど先輩に違いないですね。
新宿区戸塚にお住まいだったということでしたら、
だぶんW大学に通われていたのでは?
あ、いやいや、詮索はなしですよねー。

>  冷や汗をかきながら、David Bowieをyoutubeで聴いております。

↑そういえば、デビッド・ボウイがデビューしたのも
「イムジン河」の頃だったのでは?!
うーむ、とことん不思議なシンクロですねー。

僕の年齢でも、誰それが亡くなったとか、悲しい話題が増えてきた昨今ですが、
ハタチの思い出も、我々自身もまだまだ生きています。
元気に頑張りましょう!!
2016/01/15 Fri 13:45:07 URL
Re: 残念です : つかりこ @-
魔笛さん、コメントありがとうございます。

> 3年くらい前にボウイの帰還を喜ぶ記事を書いたのだが、こんなに早く亡くなってしまうとは思ってもみませんでした。「ミッション・トゥ・マーズ」繋がりではありませんが、「Life On Mars」を聞きながらこのコメントを書いています。本当に残念です。

↑そうですよね。
デビッド・ボウイなら、ひょっこり出てきて、
またまた新しいことをやってくれるのではないかと
ぼんやり期待していました。
デビッド・ボウイは、火星とか月とかどこかの星で生きているのではなく、
これでホントに太陽系の新しい惑星のひとつになったのではないでしょうか。
2016/01/15 Fri 13:54:44 URL
Re: ももこさん、コメントありがとうございます。 : つかりこ @-
> 朝鮮半島の歴史があやふやになっていたので、
> つかりこ解説員のお蔭で、スッキリしました。
> ありがとうございます!

↑はい、そう言っていただけるととてもうれしいです!!
僕も、はるか昔に世界史かなにかで勉強したとはいえ、
ぼんやりした事実しか記憶になかったので、
ひとつ、ちゃんと調べて書き残しておこうと思ったんですよ。
そしたら、昔、知ったこととはまた違った解釈が出てきたりして、
なかなかに勉強になりました。
きっちり読んでいただいて、ありがとうございました!

> 私は北朝鮮のニュースを見るたびに、
> あんなに恰幅が良かったら、
> そのうち病気になっちゃいそう・・・って思います。

↑国民の人たちには、どう映るんでしょうね?
① 偉い人らしく、立派で堂々とした体つきだと敬う
② 自分たちはお腹が減っているので、アタマにくる

あの髪型(ワカメちゃん?)、誰かやさしく注意してあげるといいのに。
彼が「裸の王様」であることを象徴しているのではないかと思います。
実は周りのホントに悪い人たちにまつりあげられた、
かわいそうな人なのかもしれませんね。(汗)
2016/01/15 Fri 14:15:04 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する