ゆらゆら草

もう少し感受性を働かせれば、毎日がスペシャルになる。そう自分に言い聞かせて、 いろいろ感じたことを書きとめてみよっと。

ガレットを作ってみたぜー  


隣町の三芳(みよし)で採れた蕎麦粉を使って、
ガレットを作ってみたよ。

●「蕎麦粉」に「牛乳」を適量入れて、適当なゆるさに溶く。(適当よ)
●フライパンにまあるく敷いて、少し経ったら「薄くスライスした玉ねぎ」を投入。
●また少し経ったら、冷蔵庫に残ってた「ハム」と「鶏肉の燻製」を散らばす。
●「とろけるチーズ」も散らばしちまえ。
●調味料なし。
●全体的に熱が通った頃に、「生卵」を落とす。
●フライパンにフタをして、目玉焼きに適当に火を通したら出来!(適当よ)



001ガレット全景.jpg


002ガレット拡大.jpg
ほれほれ、あつあつだよー


003ガレットフォーク上げ.jpg
鶏肉の燻製とハム、ゲット!


004目玉焼き.jpg
黄身をば、グサッ!


005ガレットカット湯気.jpg
クレープをば、ズバッ! おっと、湯気で曇ってしまったぜ


006カット.jpg


コンビニで売ってる「ブリトー」みたいな食いものだねー。

ごちそうさんでした。



そうそう僕はついこの前まで、蕎麦って、日本人が世界で最も多く食べてるんだろうな、
と思っていたんだけど、これが違ったんだなあ。
世界で最もたくさん蕎麦を食べている国って、どこか知ってる?


<玄蕎麦生産量 世界ランキング>

① ロシア(100万トンくらい)
② 中国(80万トンくらい ※内モンゴル自治区含む)
③ ウクライナ(16万トンくらい)
④ フランス(12万トンくらい)
⑤ アメリカ(8万トンくらい)
⑥ ポーランド(7万トンくらい)
⑦ ブラジル(5万トンくらい)
⑧ 日本(2.5万トンくらい)


・・・正解は、ロシアでした。
なんと、日本の40倍も生産してるんだよ!
しかも、上位15位くらいまでにウクライナやカザフスタン、
ベラルーシなどの旧ソ連の国がたくさん入っているから、
蕎麦は北方ユーラシアの国々の主食といってもおかしくないほどの量だな。
寒くて痩せた土地でもよく育つ、って言われるもんね、蕎麦は。

しかも、フランスやイタリアなどの美食の国でも、ムシャムシャ食ってるし、
ポーランドやチェコなどの東欧の国でも、ワシワシ食ってる!

それから、インドやネパールやブータンなどのヒマラヤ諸国も日常的に食べてるし、
アメリカやカナダなどの北米も、最近は健康食として人気。

つまり、日本だけでなく蕎麦を食べている国がたくさんあるってわけだ。
しかも、日本より食べている国が、いくつもあるんだね。
知らなかったねー。

でも、蕎麦を使ったロシア料理なんて聞いたことないよね、世界一食べているのに。
でも、それは知らなかっただけで、ホントに毎日のように食べられているんだよ。
一番多い食べ方は、「蕎麦粥」
ロシアではカーシャと呼ばれているそうだ。
丸ヌキか挽き割りにした実に、バターと牛乳、スープなどを入れて茹でたもので、
肉やニシンや時にはキャビアなどのお好みの具を入れて作る。

イタリアでも、ブラック・ボレンタ(貧民粥の意)という蕎麦米のお粥が有名。
このお粥というか雑炊というかが、世界で最もポピュラーな蕎麦の食べ方だったんだねー!

007カーシャ.jpg
カーシャ

その次に多い食べ方が、パンケーキ or クレープ方式。
ロシアではブリヌイ。フランスではガレットブリニ
ヒマラヤ諸国ではロティチャパティナン
アメリカやカナダではパンケーキ

008ガレット.jpg
ガレット

変わったところでは・・・
中国やヒマラヤ諸国ではの原料。
ポーランドではピロシキプリン
イギリスやチロル地方の蕎麦すいとんマスの蕎麦粉詰め
中国の餃子の皮、すいとん蕎麦がき蕎麦煎餅
イタリアではもちろんパスタニョッキ
「ピッツオケリ」というミラノの料理は有名。
などなど・・・・

009ピッツオッケリ.jpg
ピッツオケリ

なんだ、世界中で蕎麦は食われていたのだ!
しかも、お粥か雑炊、クレープ、パンケーキ、というのが世界の主流だった。
麺に加工して食べるのは、日本はじめ中国、韓国、ブータン、イタリアちょびっと
だけらしいんだね。





“ Steppin' Out ” / Joe Jackson




コメント

そばきりとそばがき

ガッレトはいまだに食べたことはありません。
どのようなものかは知っていましたが・・・。
フランス人はつかりこさんの写真のようなものを一度に数枚食べるそうですね。

そばはそばきり(いわゆる麺のそば)とそばがきしか食べたことが無いです。
それ以外では、麺そばのバリエーションだけですね、蕎麦寿しみたいなものです。

生産量が日本が少ないのは驚きませんが、蕎麦料理の種類の多いことにビックリしました。
そのことこそ、へ~!です。

バニーマン #- | URL
2015/11/18 20:35 | edit

こんにちは

すごーい、地元産蕎麦粉のガレット!
これは美味しそうです〜ああお腹が空いてきた。
それにしても、世界で蕎麦ってそんなに食べられてるんですね!
蕎麦粉のガレットとかパンケーキくらいは聞いたことあったけど、
こんなに各国でいろんな料理になっているとは・・・。
そういえば美味しんぼで、そばにトマトソース、とかいうのが
出てきたような覚えがありますが、イタリアで蕎麦のパスタがあるなら、
それだって全然不思議じゃないですね!
そばの可能性が広がる〜。
でも日本で食べるならやっぱり、日本のお蕎麦がいいかもですね。

里花 #- | URL
2015/11/18 22:51 | edit

おはようございます。

え~つかりこさんが作ったのですか(*^_^*)
お料理出来るのですか?

蕎麦粉のガレットですか?
お洒落ですね。

日本人は、そばがきでしょうね。
あ・・・そばがきも食べたことがないのです。

すいとん?のイメージでしょうか。

蕎麦と言えば、日本人のものと思い込んでいましたね。
外国の食べ方は、工夫がされていますね。

蕎麦打ち体験を親子でしたことがありますが、面白かったですね。
子どもが器用なのか、蕎麦職人の方が「センスがあるので修業に来ないか?」
とスカウト?された記憶があります。

修業していれば、立派な蕎麦職人になっていたかも知れません。

蕎麦粉のガレット(洋風お好み焼きでいいのかしら?)挑戦してみますね。

Miyu #- | URL
2015/11/19 06:59 | edit

びっくりぽん

蕎麦って世界中でそんなに食べられているんですね~びっくりぽん。
蕎麦のお粥、おいしそうです。食べてみたい。

つかりこさん、ガレットつくり、お上手ですね。アタシも、蕎麦粉でではないけれど、ガレットを作った時がありましたが、うまく畳めなくて、、、つかりこさんみたいな綺麗な四角にならず、、、台形になってました。笑

きたあかり #- | URL
2015/11/19 10:45 | edit

美味しそう!

ちょっとたまりませ~ん!
写真見ているだけで唾液が・・・失礼(汗)
まだお昼ご飯食べていない午後2時すぎ。。

記事もうす~く焼けて、
つかりこさんお料理上手ですね~☆


えー!蕎麦は日本が一番じゃないんですかー!(驚)
蕎麦を食べるのは日本だけかと思っていた無知な私(汗)
でもよく考えたら、
うどんは食べても、蕎麦はあまり食べてないことに気づきました。

お腹がグウ・・・なんか食べます^^;

ももこ #- | URL
2015/11/19 14:08 | edit

Re: そばきりとそばがき

バニーマンさん、コメントありがとうございます。

> ガッレトはいまだに食べたことはありません。
> どのようなものかは知っていましたが・・・。
> フランス人はつかりこさんの写真のようなものを一度に数枚食べるそうですね。

↑僕が作ったやり方は、コンビニで売ってるブリトーとそっくりでした。
ハムとチーズを入れたからですね。
オシャレな店で食べると、生野菜や生ハムなどが載ってたりするので、
サラダみたいなもんでしょうか?
マヨで和えたキャベツと肉を入れて、サルサソースをかけて包むと
タコスみたいになりそうです。

> そばはそばきり(いわゆる麺のそば)とそばがきしか食べたことが無いです。
> それ以外では、麺そばのバリエーションだけですね、蕎麦寿しみたいなものです。

↑蕎麦の香りや味を一番楽しめるのは、蕎麦がきじゃないかと思います。
粉さえあれば、カンタンに作れますです。

> 生産量が日本が少ないのは驚きませんが、蕎麦料理の種類の多いことにビックリしました。
> そのことこそ、へ~!です。

↑インド料理屋に行くと、ナンかライスを選べたりしますが、
カレーソースと一緒に、茶色っぽくてふくらみも弾力もないクレープのようなものが
出てきたことはありません?
ロティだかチャパティとか言って、蕎麦粉で作られています。
焼肉屋で食べる冷麺の麺、あれも米粉と蕎麦粉で練られていたりします。

多治見や木曽のほうって、蕎麦がうまいらしいですね。
ゆっくり蕎麦屋めぐりをしてみたいもんです。

つかりこ #- | URL
2015/11/19 16:33 | edit

Re: こんにちは

里花さん、コメントありがとうございます。

> すごーい、地元産蕎麦粉のガレット!
> これは美味しそうです〜ああお腹が空いてきた。

↑地粉、いいでしょ?
三芳は埼玉県で最も生産量の多いところのようです。
(てか、蕎麦を生産してるところがあまりない?)
たまに、自分で蕎麦を打ったりするのですが(ヘタ)、
三芳の粉は、かなり品質がいいことは間違いないです。

> それにしても、世界で蕎麦ってそんなに食べられてるんですね!
> 蕎麦粉のガレットとかパンケーキくらいは聞いたことあったけど、
> こんなに各国でいろんな料理になっているとは・・・。

↑ですよね。
僕も調べるまで全然知らなかったです。
世界では、蕎麦の実を脱穀して、つぶつぶのまま鍋に入れて煮た、
「蕎麦粥」がもっともポピュラーな食べ方みたいですね。

> そういえば美味しんぼで、そばにトマトソース、とかいうのが
> 出てきたような覚えがありますが、イタリアで蕎麦のパスタがあるなら、
> それだって全然不思議じゃないですね!
> そばの可能性が広がる〜。

↑ガレットって、甘辛く煮たテンペや炒めた野菜、サンバルなどを
入れて作ったら、バリ風のおいしいものができそうな気がします。

> でも日本で食べるならやっぱり、日本のお蕎麦がいいかもですね。

↑ですねー。
カーシャをネットで探したレシピで作ってみたことがあるのですが、
んー、あんまし感動がなかったです。

つかりこ #- | URL
2015/11/19 16:46 | edit

Re: おはようございます。

Miyuさん、コメントありがとうございます。

> え~つかりこさんが作ったのですか(*^_^*)
> お料理出来るのですか?

↑あれれ? 料理できなさそうに見えました?
僕、独身生活が長かったので、けっこういろいろ作れるんですよ。
(うまいかまずいかは別として・汗)
一番の得意技は、「焼き鳥」です。
材料を買ってきて、切って串に刺すところから始めます。
で、七輪で炭焼きにしてお出しいたしますです。(料理人調で)
まあ、しょせん男の遊び事ですが。

> 蕎麦粉のガレットですか?
> お洒落ですね。

↑いえいえ、ご覧の通りぐちゃぐちゃです。

> 日本人は、そばがきでしょうね。
> あ・・・そばがきも食べたことがないのです。
>
> すいとん?のイメージでしょうか。

↑んと、一般的なのは、蕎麦粉に熱湯を少しずつ足しながら、
箸などでかき混ぜて、餅や団子みたいにします。
それに、そばつゆや砂糖醤油をたらして、箸でちぎって食べます。
これが一番蕎麦そのものの味がわかる食べ方だと思います。
粉さえあれば、カンタンに作れますよ。

> 蕎麦と言えば、日本人のものと思い込んでいましたね。
> 外国の食べ方は、工夫がされていますね。

↑蕎麦は日本では昔から、「救荒作物」と言われていて、
江戸時代とかの農民が、米の収穫が少ないのに年貢で持って行かれて、
自分たちの食べ物に困った時に植えて食べたらしいんです。
痩せた土地でも高地でも早く、丈夫で失敗なく、収穫できるらしいんです。
だから、ソ連方面はじめ世界中で重宝されたんでしょうね。
ソ連の「ソ」はソバのソかも。(苦)

> 蕎麦打ち体験を親子でしたことがありますが、面白かったですね。
> 子どもが器用なのか、蕎麦職人の方が「センスがあるので修業に来ないか?」
> とスカウト?された記憶があります。
>
> 修業していれば、立派な蕎麦職人になっていたかも知れません。

↑おー、ライバルですねー。(笑)
そうですか、蕎麦職人はなかなか他人をほめない人が多いのですが、
それはすごいハナシです。
続けて腕を磨いとけば、「救荒職業」になるかもです。(苦)
僕もたまに打ちますが、いまだにうまくいきませんですわー。

> 蕎麦粉のガレット(洋風お好み焼きでいいのかしら?)挑戦してみますね。

↑溶いた蕎麦粉に具を混ぜて焼くのではなく、
クレープを焼きながら、具を包む感じです。
あ、お好み焼きみたいにするのもおもしろいかもしれませんね。
ルポ待つ!

つかりこ #- | URL
2015/11/19 17:14 | edit

へ~~~。知りませんでした!
お蕎麦は食べるたびに思うのですが、
昔の人はよくもまあ、煮てみようと思ったものだなあと。
僕ならせいぜい、焼いてみるくらいしか思いつかないような気がして。笑

ちょい若おやじ #6nHvXW6U | URL
2015/11/19 21:51 | edit

こんばんは

 ガレット!!

 素晴らしい!! そば粉のパンケーキは作ったことがありますが、ガレットとは。。絶妙のやけ具合ですね。ふだんクレープを焼いているのですか。この薄さはプロの域ですね。

 それにしても、蕎麦の生産量が世界で8位とは初めて知りました。
 さらに埼玉でも蕎麦を作っていることも初めて知りました。北海道と長野くらいかと思ってました。

 さらにそばの食べ方がいろいろあることを知り勉強になりました。
 年の瀬に備えて十勝産蕎麦粉を用意しているのですが、つかりこさんの記事を読んで気持ちが萎えました。

 そば打ちは何度挑戦してもダメ、パンケーキをつくっても不評でした。
 粉ものは作り方で味が全然違うのです。

 特に蕎麦は風味が強いから、腕次第ですよね。

 練習してみます。

mikitaka08 #- | URL
2015/11/20 01:12 | edit

ガレットおいしいですよね〜♪
いつぞやは三芳の蕎麦粉をありがとうございました!
しかし、蕎麦を食べている(それも大量に)国がこんなにあるなんて
びっくりぽんやわ〜。
でも、麺に加工して食べている国は少ないんですね。
メンだけに麺にするのが面倒くさかったのかな〜。
今度お蕎麦食べる機会があったら、この話ウンチクりますわ(笑)

さとちん #- | URL
2015/11/20 07:51 | edit

Re: びっくりぽん

きたあかりさん、コメントありがとうございます。

> 蕎麦って世界中でそんなに食べられているんですね~びっくりぽん。
> 蕎麦のお粥、おいしそうです。食べてみたい。

↑びっくりぽん、でしょ?
僕も近年まで知らなかったです。

日本は、中国からもけっこうな量を輸入しているので、
実際に食べている量はもっと多いはずですが、
それにしても、ロシアや旧ソ連系の国はものすごい量を食べているんですね。

蕎麦粥は、ネットで調べてロシア風のやつを作ってみたんですが、
んー、あんまりおいしいものではなかったです。
何か別の味付けにするといいのかも。
そばの実が手に入ったら、作ってレポしてくださいなー。

> つかりこさん、ガレットつくり、お上手ですね。アタシも、蕎麦粉でではないけれど、ガレットを作った時がありましたが、うまく畳めなくて、、、つかりこさんみたいな綺麗な四角にならず、、、台形になってました。笑

↑いやいや、ご覧の通りみっともない姿です。
我ながら、よくブログでさらしたな、ってびっくりしています。

つかりこ #- | URL
2015/11/20 12:36 | edit

Re: ちょい若おやじさん、コメントありがとうございます。

> へ~~~。知りませんでした!
> お蕎麦は食べるたびに思うのですが、
> 昔の人はよくもまあ、煮てみようと思ったものだなあと。
> 僕ならせいぜい、焼いてみるくらいしか思いつかないような気がして。笑

↑実を収穫しますよねー。
そしたらまず、そのまま食べますよね。
まずかったら、煮るか焼くで食べるのが人情でしょうか。

それで、保存してあったものも煮るか焼くで食べるけど、
乾燥してるので、小麦と同じように「粉」にして団子にして
煮る(すいとん)か焼く(パン)で食べたんでしょうね。

それから、煮るやり方が定着してから、「麺」が生まれたはず。
「団子を煮る」から「細麺にして煮る」と進化したはずだから、
「煮る」が先だったんでしょうね。

してみれば、「麺を焼く(焼きそば)」というのは、
粉もんの最も進化した食べ方かもしれませんね。

つかりこ #- | URL
2015/11/20 12:50 | edit

Re: 美味しそう!

さん、ももこさんコメントありがとうございます。

> ちょっとたまりませ~ん!
> 写真見ているだけで唾液が・・・失礼(汗)
> まだお昼ご飯食べていない午後2時すぎ。。

↑こりや、失礼いたしました。
こんなボロボロで食欲をささることができたなんて、
うれしいです。

> 記事もうす~く焼けて、
> つかりこさんお料理上手ですね~☆

↑やー、料理は好きなんですが、うまくはないんですよ。
これは、おたまで溶かした粉を真ん中に落としたら、
おたまの底でくるくる回して薄くのばすのがミソです。
火は最初は焦げないように弱火で、具を載せ終わったら
フタをして中火ですねー。

> えー!蕎麦は日本が一番じゃないんですかー!(驚)
> 蕎麦を食べるのは日本だけかと思っていた無知な私(汗)
> でもよく考えたら、
> うどんは食べても、蕎麦はあまり食べてないことに気づきました。

↑日本人、特に関東圏の会社員はものすごく食べているはずです。
立ち食い蕎麦屋の数が半端じゃないですから。
それでも、ロシアや東欧圏の人たちは、もっと食べているに違いないんですね。
僕も最近まで知らなかったんですよ。

福岡は、うどんの国ですからねー。
あご出しのうどん、うまいですよねー!

> お腹がグウ・・・なんか食べます^^;

↑おいしいもの食べたかな?

つかりこ #- | URL
2015/11/20 13:17 | edit

Re: mikitaka08さん、コメントありがとうございます!

>  素晴らしい!! そば粉のパンケーキは作ったことがありますが、ガレットとは。。絶妙のやけ具合ですね。ふだんクレープを焼いているのですか。この薄さはプロの域ですね。

> いやいや、そんなに持ち上げても、
逆立ちしても何にも出てきやしませんやー。
味噌汁で使うおたまで、溶いた粉を一杯たらして、
おたまの底でくるくると延ばしただけです。

そうそう、すぐに焦げるので、「弱火」にするのが肝心ですね。
パンケーキも火が強いと焦げるでしょ?
で、具たちを載せきると水分が出るし温度も下がるので、
フタをして卵に火が通るのを待つだけです。

>  それにしても、蕎麦の生産量が世界で8位とは初めて知りました。
>  さらに埼玉でも蕎麦を作っていることも初めて知りました。北海道と長野くらいかと思ってました。

↑そうなんですよ。
おいしい蕎麦の産地って、日本中にあるんですよ。
まあ、長野と北海道と茨城は特にうまいとされていて、
生産量も多いですけどね。

>  さらにそばの食べ方がいろいろあることを知り勉強になりました。
>  年の瀬に備えて十勝産蕎麦粉を用意しているのですが、つかりこさんの記事を読んで気持ちが萎えました。

↑十勝産の北早生でしょうか?
うまいですよねー。

年の瀬用というと、ご自身で打つんですねー!
年越しに熱い天ぷら蕎麦、いいですよねー。

>  そば打ちは何度挑戦してもダメ、パンケーキをつくっても不評でした。
>  粉ものは作り方で味が全然違うのです。

↑気持ち、萎えさせないでくださいなー。
僕も道具をひと揃え持っていて(安物)、
たまに自分で打つんですが、難しいですよねぇ。
僕の蕎麦は・・・
●短い
●太い
●不揃い
つまり、●まずい です。(笑)
一度に400g打って、家族に食べさせますが、右におなじ、不評です。
それどころか、最近は打ってるそばから邪魔者扱いです。(とほほ)

>  特に蕎麦は風味が強いから、腕次第ですよね。
>
>  練習してみます。

↑しましょ、しましょ、練習、練習。

年越し蕎麦、ブログに写真アップしてくださーい!

つかりこ #- | URL
2015/11/20 16:46 | edit

Re: さとちんさん、コメントありがとうございます。

> ガレットおいしいですよね〜♪
> いつぞやは三芳の蕎麦粉をありがとうございました!

↑こちらこそ、さっそくご利用いただいてありがとうございました。
三芳の蕎麦粉は、一部東京の名店でも使われている、うまい蕎麦らしいですよ。
水を混ぜる時に、えもいわれぬいい香りがするんですよねー。
あれは、蕎麦料理を作る人だけの特権らしいです。

> しかし、蕎麦を食べている(それも大量に)国がこんなにあるなんて
> びっくりぽんやわ〜。
> でも、麺に加工して食べている国は少ないんですね。
> メンだけに麺にするのが面倒くさかったのかな〜。

↑うふふ、いやその通りのはずです。
昔呼んだ中国料理の本に出ていましたが・・・

穀物がとれる・・・
①そのまま食べる
②煮るか焼くかして食べる
保存してあるものを・・・
③煮るか焼くかして食べる
➃乾燥しているので、粉にして団子にして、煮るか焼くかして食べる
⑤団子を削ってか延ばすかして、煮るか焼くかで食べる
・・・と進化してきたらしいです。
ちなみに、中国料理では本来、団子のことを「麺」と言うそうで、
切麺とか削麺とか伸麺とかいうのが、日本の麺のことだそうです。

> 今度お蕎麦食べる機会があったら、この話ウンチクりますわ(笑)

↑そういう場であまりやると、ウンチクおばはんとか言われますぜー。(笑)

つかりこ #- | URL
2015/11/20 17:04 | edit

蕎麦の実はマキビシみたいな形してます

こんにちは。
うちの子たちも蕎麦の実大好きなんですよ〜。
あ、うちの子って人間じゃなくてコザクラインコの方です。
昔一度製粉所の知り合いがいるという人から、人間用の蕎麦の実を分けてもらったことがあります。
鳥のエサ用として売られている物より、ず〜っと粒が大きくて良い香りがしていました。

ケフコタカハシ #- | URL
2015/11/20 21:40 | edit

Re: 蕎麦の実はマキビシみたいな形してます

> こんにちは。
> うちの子たちも蕎麦の実大好きなんですよ〜。
> あ、うちの子って人間じゃなくてコザクラインコの方です。
> 昔一度製粉所の知り合いがいるという人から、人間用の蕎麦の実を分けてもらったことがあります。
> 鳥のエサ用として売られている物より、ず〜っと粒が大きくて良い香りがしていました。

↑あ、インコも食べるんですねー。

蕎麦の実は、フライパンなどで炒るとおいしいですよ。
ナッツみたいで、そのまま食べてもおいしいし、
ヨーグルトなどに入れてもいいし、
カレーとかにまぶしてもいいし。

マキビシ!
いいとこ衝いてきますねー。
牛乳の三角パックにもそっくりじゃありません?

「そば」とは、大和言葉で、「角」のことななんですよ。
「そはそばしい」とという古語があって、「角張っている」という意味なんです。
漢字を充てると「稜稜しい」って書くんです。
山の角を稜線って言いますよね?
だから、蕎麦とはまさにあのマキビシみたいなカタチのことを言っている、
というハナシでしたー。

つかりこ #- | URL
2015/11/21 09:34 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurayuragusa.blog.fc2.com/tb.php/200-bbad09f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちかごろの記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

リンク