名作だよ!!とささやきたい ~ 『ミツバチのささやき』



この前、テレビを観ていたらCMに芦田愛菜ちゃんが出ていたよ。
すこーし、大人っぽくなっていたね。
いま、10歳だそうだ。

30秒の間に何人か子供が出てるんだけど、福くんも出てたなー。
こちらは、愛菜ちゃんほど大人っぽくなっていなかったかな。



映画を観る楽しみっていろいろあるけど、“子役” ってのも、あるよね。
子役がかわいいと、ホント和む。
子役がうまいと、物語の迫真力がグンと増す。
子役には、泣かされる・・・。

ちょっと思い出したところでは・・・

●『レオン』ナタリー・ポートマン
●『ハリー・ポッター』エマ・ワトソン
●『アイ・アム・サム』ダコタ・ファニング
●『バベル』エル・ファニング(ダコタ・ファニングの妹)
●『E. T. 』ドリュー・バリモア
●『リトル・ミス・サンシャイン』アビゲイル・ブレスリン(おなかポンポコリン)
●『タクシードライバー』ジョディ・フォスター
●『ペーパー・ムーン』テータム・オニール

●『スタンド・バイ・ミー』リヴァー・フェニックス(1993年に死去)
●『ホーム・アローン』マコーレー・カルキン
●『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』ジェイク・ロイド

・・・などなど、んー、ホントかわいかったねー。

んなこと言ってると、あぶないおじさんみたいだけど、
そういう意味じゃなくて、「小さきものは、皆うつくし」ということ。(汗)



子役のいろんな活躍で、映画のおもしろさって全然違うものになると思うんだけど、
子役が主役の映画ってのもあるよね。

まあ、いろいろあるけど、
僕の印象に強く残っているのが『地下鉄のザジ(Zazie dans le metro)』という映画。
フランスのルイ・マル監督。
ヌーヴェルヴァーグの先駆け的作品なんだね。

001地下鉄のザジポスター.jpg

この映画がおもしろいのは、10歳の少女ザジちゃんが主役には違いないんだけど、
ザジちゃんが何かの物語の主役なんじゃなくて、
ザジちゃんそのものが映画なんだよ。

ストライキで地下鉄がストップしているパリを舞台にしていて、
ちょびっと大人社会を皮肉っているふうだけど、
たぶん、言いたいことはそんなとこにあるんじゃなくて、
ザジちゃんの顔の表情やしぐさ、あどけなさや茶目っ気、わくわく冒険心
なんかがスクリーンいっぱいに展開するんだなー。
「ザジちゃん、今度は何やらかすのかなあ、んー?」ってな感じ。
ザジ役のカトリーヌ・ドモンジョちゃんのおかっぱ頭とすきっ歯がかわい過ぎ!

スラップスティック・コメディと位置づけられているみたいで、
ヌーヴェルヴァーグらしくも、ややシュールなトーンで表現されているけど、
やっぱりテーマは物語の中にあるんじゃなく、
空虚なパリの空気の中を冒険するザジちゃんのかわいさそのもの
なんじゃないかと思う。
そんな美術作品的な映画って、たまにあるんだなー。



それから、この『ミツバチのささやき(El espiritu de la colmena)』

002ポスター西.jpg

スペインのヴィクトル・エリセ監督の作品だね。
『エル・スール』や『マルメロの陽光』、
日本の東日本大震災をテーマにしたメッセージ映画『3.11 A Sense of Home Films』
などを撮った監督だよ。

主役は、当時5~6歳の女の子、アナ・トレントちゃん。
この作品も、女の子がめっちゃかわいい!!
あのジム・ジャームッシュ監督が、「アナが大人になったら、オレが結婚する」って
言ったというエピソードがあるほど。(笑)

003顔アップ.jpg

『地下鉄のザジ』は、おかっぱ&すきっ歯で街を駆け回るファニーな魅力なんだけど、こちらは正統派。
静的で妖精のような美しさとあどけなさなんだなー。
物語も、スペインの田舎の詩情あふれる風景を舞台に、
子供の感性とかわいらしさを描いた、絵本のような世界
が展開する。

004学校.jpg



物語の舞台は、スペインのカスティーリャ地方の小さな村。
なんてきれいな景色!
ヨーロッパの田舎の詩情あふれる風景が、
ハリウッド映画では体験できない世界へ僕らを連れて行ってくれる。

005草原.jpg

そこに住む家族は、6歳のアナとお父さん、お母さん、そして2つか3つほど年上のお姉ちゃん。
お父さんは、学者かな。
ミツバチを飼っているんだな。
書斎にこもったり、養蜂に忙しく、子供たちとあまり接触がない。

006きのこ採り.jpg

お母さんは、少し心を病んでいるのかもしれない。
いつも悲しげで、家族に内緒で誰かに手紙を書いたり、
駅に誰かを迎えに行くふうな不審な行動を時々したりする。

お姉ちゃんは、いたずら盛りのお年頃。
身の回りの出来事の意味なんかも、すこーしわかるようになってきた。

007姉妹.jpg

アナは、お姉ちゃんとは逆に内気なタイプ。
まったくの純真無垢で、「なんで?どうして?」って聞きながら、
少しずついろんなことを知っていく年頃の女の子なんだよ。

008髭剃り.jpg



ある日、村の集会所に巡回映画がやってきて、フランケンシュタインの映画を観てから
かわいいアナの “冒険” が始まるんだな。

009映画鑑賞.jpg

僕が最初にガツーンとやられてしまったのは、アナとお姉ちゃんのピロートークのシーンだ。
フランケンシュタインの映画を観てから、アナは興奮覚めやらぬ状態。
ベッドに入ってから、フランケンシュタインの映画について、アナがお姉ちゃんに質問する。

010ピロートーク.jpg

妹「どうして、モンスターは女の子を殺してしまったの?」
妹「どうして、みんなはモンスターを殺したの?」
「モンスターは、精霊なのよ。だから、死んでないの。呼べばいつでも会えるのよ」

この会話は、“こそこそばなし“ なんだよ。
耳打ちで内緒ばなしをする時、声帯に声をひっかけないで、空気音で話すよね?
アレ、アレ。

それが、たどたどしくて、かわいくて、清しくて。
背筋をくすぐられるような快感が走ったなあ。
と同時に、映像作家でもないのに「あ、やられたー」とも思ったねー。
「んー、このテがあったかあ」って。
邦題の「ささやき」ってのは、この超かわいいシーンのことだったんだね。

明かりを消した部屋のベッドでのこそこそばなしだから、
映画としては映像も音声も最小限だ。
でも、インパクトは最大。
後のほうに書くけど、監督はこのシーンで、最もでかい声で言いたいことを言っていたんだね。

ビクトル・エリセ監督は、
最もはっきり映して、最も声を大にして言いたいことを
最も薄暗く、最も小さな声で表現した
のだ!
んーーーーー、ビクトル・エリセって天才じゃないのか。



ある日、アナは野原のずっと向こうの小屋のような廃墟に行く。
野原の風景が美しい!
その中で、アナはケガをしたおじさんを見つける。

フランケンシュタインが村人に殺される映画を観て、かわいそうに思っていたので
アナはそのおじさんに着るものを与えたり、りんごをあげたり、介抱してあげるんだな。
このシーンは危険な感じが漂うけど、子供の純真さをかわいいアナの手から直接受け取るようで、
とても癒されるなあ。

011りんご.jpg

アナに助けられたおじさんだけど、アナが去った後に殺されてしまう。
大人たちのせいで、アナはもうそのおじさんと会えなくなってしまうんだな。



その後、夢か幻想か、アナは森の中でフランケンシュタインと出会う・・・。



ある夜、アナはお姉ちゃんに教えてもらったことを思い出して、精霊を呼ぶ。
「わたしよ、アナよ・・・」

012夢.jpg



・・・ってな感じ。
ちょっぴりミステリアスな、絵本のようなハナシでしょ?

スペインの田舎の美しい田園風景と、少女のあどけなさを描いた上質なお伽ばなし。
日本で封切られた1985年当時、会社の同僚の女子にすすめられて観に行ったんだけど、
「ああ、こういう、感性だけをテーマにした映画もあるんだな」って満足してたっけ。

ストーリーやメッセージがなくても、とても素敵な詩のような映画・・・・・





・・・なんて、思っていたら大きな間違いだったんだなー!!
僕がその間違いに気づいたのは、なんとほんの数年前。
ネットでなんとなく検索して読んでみて、驚いたねー。
この映画は、蜂がお尻の針で人を刺すような “社会派” の映画だったんだよ。

この映画は、隅から隅まで比喩で固められた作品だったんだな。

スペインで封切られたのが1973年だけど、物語の設定は1940年とのこと。
スペインでは1936年から1939年まで、「スペイン内乱」というのがあったんだね。
これは、ファシズムを掲げたスペイン陸軍のクーデターで始まって、
当時の共和国政府を倒して、フランコ政権が立ちあがったという出来事。
フランコ政権は、実質、軍事力にモノを言わせた独裁政権だったんだね。

映画の設定の1940年は、独裁政権が成立した直後で、
アナが介抱してりんごをあげたおじさんは、反フランコ政権軍の敗残兵士だったんだよ。
だから、見つかって殺されたんだね。

お父さんが観察している蜂の巣は、自由のないがんじがらめの独裁国家、
そこに住む蜂たちは、意思を持たない国民を比喩しているんだそうだ。

013蜂の巣.jpg

お母さんの怪しげな行動は、裏切りやスパイのイメージ。
お姉ちゃんは、スペイン内乱を知る世代。
アナは、スペイン内乱を知らないイノセントな世代の象徴だ。

つまり、国民は軍事独裁政権下で自由の許されない生活を強いられている状況において、
アナの行為が象徴するように、もともとは同じ国民、フランコ軍も元政府軍もなく
一つのりんごを分けあうような自由で平和な国を希求した映画だったんだね。

“フランケンシュタイン=精霊“ は、1931年に作られたアメリカ映画のキャラだ。
これは当時の、アメリカが象徴する自由と民主主義を “精霊“ ということにしたんだね。
精霊は “呼べばいつでも会える(革命を起こすなど、自分たちの意思で実現できる)” のだ。
そう、この映画は、軍事政権を早くやめて、自由で暴力のない国を作ろう
って訴えていたんだね。


この映画がリリースされた1973年は、独裁制はだいぶん緩くはなっていたとはいえ、
まだまだ政府批判など許されない状況だったそうだ。
だから、ビクトル・エリセ監督は、
最も光を当てて、最も声高に叫びたいこと(=呼べばいつでも会える精霊のハナシ)を、
最も少ない光を当てて、最も小さな声(こそこそ、ささやき)で発した
んだな。



原題は『El espiritu de la colmena』、英語だと『The Spirit of the Beehive』。
訳すと『ミツバチの巣箱の精霊』なんだね。
これなら、ちゃんと社会派然としてるね。

でもね、スペイン内乱なんて俺たちには関係ねぇーぜ、と言って、
ただ、あどけない女の子のくすぐったい “ささやき” を愛でる映画として観ても、
バツグンにすばらしい作品だと言い切れるな。

だから、僕はいつものように文字を大にしてささやきたい・・・

関係者のみなさん、DVDを再版してくれー!!



014線路.jpg







015窓.jpg







016ポスター.jpg

●ミツバチのささやき(El espiritu de la colmena)
1973 スペイン (1985 日本)
上映時間:99分
監督:ヴィクトル・エリセ
原案:ヴィクトル・エリセ
脚本:ヴィクトル・エリセ、アンヘル・フェルナンデス=サントス
製作:エリアス・ケレヘタ
撮影:ルイス・クアドラド
音楽:ルイス・デ・パブロ
編集:パブロ・ゴンザレス・デル・アモ
配給:フランス映画社(日)
出演:アナ・トレント、イザベル・テリェリア、フェルナンド・フェルナン・ゴメス、
   テレサ・ジンペラ ほか
受賞:シカゴ国際映画祭 シルバー・ヒューゴ(1973年)
   サン・セバスティアン国際映画祭 コンチャ・デ・オロ (1973年)
   スペイン映画記者協会賞 最優秀作品賞/最優秀男優賞/最優秀監督賞 (1974年)
   Fotogramas de Plata, Madrid, Spain 最優秀スペイン映画俳優(1974年)
   ラテン・エンターテイメント批評家協会賞 映画部門: 最優秀女優賞/最優秀監督賞(1977年)



*********************************************************************************


<その後のアナ・トレント>

Ana Torrent:1966年7月12日、スペイン・マドリッド生まれ。
2014年8月現在48歳。


001小学生.jpg
小学校中学年くらいかな。


002中学生.jpg
中学生くらい?


003高校生.jpg
高校生くらい?


004_20代.jpg
20代だろうね。


005_30代.jpg
30代だと思う。


006_40代.jpg
30~40代かなあ。


007最近.jpg
最近のはず。


『ミツバチのささやき』に初演後も、7~8本のワールドワイド作品に出演。
その間もいまも、コンスタントにスペイン映画に出ているらしい。
いまは、スペインの映画祭のポスターになったりするくらいの国民的女優だそうだ。

直近の出演は、『ブーリン家の姉妹』(2008年)というイギリス映画。
ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンが主役格の作品に、
脇役の一人として出てるみたいだねー。


コメント

非公開コメント

No title

見たーーーいっ!!
え~?DVD無いんですか?
私、この映画がかかっていたのを覚えています。
見ようかな~どうしようかな~と思っているうちに終わっちゃったんです。
そうか・・・そんなに素敵な作品だったのね。そしてDVDは無いと。
後悔先に立たず・・・何事も時を逃さず行動せねば。

「地下鉄のザジ」も面白そうですね!
カトリーヌ・ドモンジョちゃん?ヤッターマンのドロンジョ様みたいな名前ですね(笑)
あ、それで、ジム・ジャームッシュ監督に大人になったら俺が結婚すると言わせしめた
アナちゃんは大人になってからどうしてるのかしら?女優さん?

私が子役で・・・というか子役ばっかりでビックリした懐かしい映画は
「ダウンタウン物語」です。 あれは可愛かったです(*^_^*)

No title

こんばんわ
子役の演技は映画には欠かせないんだなと思いました。

こんにちは

子役が主人公の映画って、つい映像の向こうの世界に引き込まれてしまいます。
私が一番印象的だったのは、すっごい古いけど「禁じられた遊び」。
中学生の頃劇場で(たぶん新宿?)やってて、3回も観に行っちゃいました。

子供には、大人に見えないものが見えてるんだろうなあ。
演技してても、そういう部分が出ている気がします。
バリ島で、毎日師匠宅に行って、そこの子供と遊んだり話したりしましたが、
くるくる変わる感情と表情で楽しかったですよ。
3歳の甥っ子が、にこにこ笑って屋根の方を指差し、見てって言うんだけど、
私が見ても何も見えなかったです。
何がいたんだろうなあ・・・。

バリ滞在中もコメントありがとうございました!

見てません!!

この作品、ワタシ見てません!!
何度か、見たいと思いながらも…。
本当にリマスター版で再版して欲しいものです。

Re: さとちんさん、コメありがとうございます!

「地下鉄のザジ」もこの映画も、いわゆる単館ロードショウ系の作品で、
名作中の名作なんですよ。
ついこの間まで、レンタル屋さんにもソフトがあったのですが、
気づいたらあれれーっ、で、なくなりつつあります。
僕は、間違いなく永久保存版だと思っているのですが、
コレが再版されないなんて、文化的には大きな損失だと思います。
(字面ほど、怒ってはいません・笑)

「ダウンタウン物語」!
ジョディ・フォスターが世間を騒がせましたよね。
監督のアラン・パーカーは、「小さな恋の物語」の原作&脚本も
やってますので、子供が好きなのかもしれませんね。

もう、ほとんどストーリーを忘れていますので、
また観てみたい1本です。

Re: ネリムさん、コメントありがとうございます!

そうですねー。
「女性」、「子供」、「動物」は、ビジュアルとして、
視線を集める力の強い要素らしいです。

それが、きれいだったり、かわいかったり、演技が上手だったりすると
強いインパクトで感動を呼び覚ますんでしょうね。

禁じられた遊び

名前は知らないが、駅の雑踏の中に消えていく少女の後姿が思い出されます。あれは泣けた。

Re: こんにちは

里花さん、おかえりなさーい。


> 私が一番印象的だったのは、すっごい古いけど「禁じられた遊び」。
> 中学生の頃劇場で(たぶん新宿?)やってて、3回も観に行っちゃいました。

↑おー、なつかしい!
これは、ミシェル(男の子)もポーレット(女の子)もかわいい&名演ですよね!
強烈な反戦映画です。
昔は、テレビで年に2~3度放送されるくらいの人気作品でした。
ナルシソ・イエペスが作ったギター曲は、僕らの世代のギター小僧なら
必ずって言っていいほどチャレンジする曲でした。
劇中で3回くらい泣かされますが、特にラストでポーレットが
「ミシェール、ミシェール・・・」と叫んでいるのが、
「ママー」に変わったとたん、涙がだだーっと出てしまいます。


> 3歳の甥っ子が、にこにこ笑って屋根の方を指差し、見てって言うんだけど、
> 私が見ても何も見えなかったです。
> 何がいたんだろうなあ・・・。

↑子供って、時々「あれなーに」とか、大人に見えないものを指差しますよね?
実際、大人に聞こえない音(モスキート音)が聞こえたりしますしね。
2~3歳の子供に、「お母さんのお腹にいた時のこと覚えてる?」と聞くと、
「うん」と答えて、どんなだったか話す子がけっこういるらしいですよ。
成長するにつれて、忘れてしまうそうです。

Re: 見てません!!

師匠、毎度ありがとうございます!

ツタヤディスカスにあるみたいですが、
在庫が希少でなかなか順番がまわって来ない状況みたいです。
数年ほど前までは、どこのレンタル屋さんにも当たり前のように
置いてあったので、いつでも観られる名版としてほっといたのですが、
いまではプレミアム値段の中古しかなくなってしまいました。
コレを再版しないなんて、どういうことでしょう。
カルチャーのいち担い手として、自覚が足りんぞ!
って言いたくなります。

映画の空気がおもいきりヨーロッパです。
絵画的作品として観てもじゅうぶんに名作です。

Re: 禁じられた遊び

miss.keyさん、コメントありがとうございます!

「禁じられた遊び」は、猛烈に泣けますよね。
里花さんへのコメ返しにも書きましたが、
僕は何度観ても1度観るだびに3回くらいは泣いてしまいます。

特にラストでポーレットがの叫び声が 「ミシェール、ミシェール・・・」から
「ママー」に変わったとたん、ドカーンと泣いてしまいます。
強烈な反戦映画ですよね。

これの日本版はさしずめ、「火垂るの墓」でしょうか。
アニメですが。

No title

アナちゃんのその後情報ありがとうございます。 Good job!
まあ、立派なオトナになっちゃって~。
国民的女優さんになられているんですね。
清楚でナチュラルなかんじが、子ども時代を思わせていいですね。
でも、やっぱ何と言っても子ども時代が天使デスネ☆

観たいですねえ~

いやあ、本当に子役によってぐいぐい良さが上がっていくことありますよねえ。
ちなみにスカヨハは『ホームアローン3』から目を付けてました、えっへん(笑)
なんていうのは置いておいて、「弱小スポーツチーム成長コメディもの」などが好きだったんですが、それらにもいい味出している子役は多かったです。
私は、『スーパー8』でエルちゃんの虜となりました(笑)
シュワちゃんの『ジングルオールザウェイ』に出ていたジェイク・ロイドもっとちっこくて、かわいかったです。

これらの映画観ていないんですよ~
DVDになっていないのは残念です。
数年前までは近所に「ハリウッドビデオ」というVHSもあるどでかいビデオ屋さんがあったのですが、つぶれてしまって、ふらっと入手できない作品が増えたように思います。
超マニアックなコメディ映画ですが、『ロケットマン』(1997年)なんていう映画もDVD化されてなくて、すごい観たいんですよ。
これについては、どうしても、ではなく、ふらっと手持無沙汰に観たいんですよね。
グリーンマイルやショーシャンクに出ていた、ウィリアム・サドラーがコミカルに堅物を演じるのが最高で、最高で!

Re: 観たいですねえ~

ちょい若おやじさん、コメントありがとうございます!

あ、『ホームアローン3』の女の子って、スカヨハだったんですね!
全然気づいていませんでした。
この時もバツグンにかわいかったですね!

『スーパー8』は、観たいと思いつつ観ていない1本です。
なんとかして、観たいと思います。
『ロケットマン』も、覚えておきますねー。

また、いろいろ教えてください。
ありがとうございます。

はじめまして

いまtheアートシアターという企画により全国数館で『ミツバチのささやき』が上映されています。
この作品を観るのは30年ぶりくらい?でしょうか。
当時は意識しなかったアナちゃんのその後が気になり調べていてこのブログに辿り着きました。
近影の写真を見るとすっかり成長して美人になって・・・完全にオトーサン目線ですな(笑)

Re: はじめまして

alpha23dさん、コメントありがとうございます。

> いまtheアートシアターという企画により全国数館で『ミツバチのささやき』が上映されています。

↑あ、ホントですねー。
『ミツバチのささやき』は、近年、DVDが発売されましたが、
昔の名作とされる作品を劇場で観られるのはとてもうれしいですよね。
アートシアターさんに感謝です。

> この作品を観るのは30年ぶりくらい?でしょうか。
> 当時は意識しなかったアナちゃんのその後が気になり調べていてこのブログに辿り着きました。
> 近影の写真を見るとすっかり成長して美人になって・・・完全にオトーサン目線ですな(笑)

↑僕は、去年、ディスクで観ましたがやはりいいものは何度観ても色褪せませんねー。
ご本人は、いまでも映画がらみで、スペインのベテラン女優として
活躍されているようです。
いまでも、やっぱり美人ですよね。
過去ログにご注目いただきありがとうございました!