すばらしい決勝戦 ~ 2014 FIFA W杯

2014/07/16


001決勝戦スコア.jpg


東西統一ドイツの時代がきた

ドイツが優勝したねー!!
これで4度目。
優勝回数の1位はブラジルの5回で、ドイツはこれでイタリアと並ぶ2位。
3位がウルグアイとアルゼンチンとイングランドの2回、
4位がフランスとスペインの1回となったわけだ。

でもね、ドイツの過去3回の優勝は、西ドイツの時のことだったんだね。
西ドイツとして '90年に史上最強と言われて優勝してから、今回まで24年かかったんだね。
'90年に東西統一(ベルリンの壁の崩壊)してから、経済の融合や人種差別などでギクシャクして、
国の経済にもブレーキがかかって、ブンデスリーガも代表チームも調子が悪くなっちゃった。
'94年大会、'98年大会は、ベスト4常連からはずれてしまっていたんだね。

つまり、今回はドイツが東西統一して初めての優勝だったんだね。
チームにはポーランド出身のポドルスキーもいるし、トルコ系のエジル、黒人のボアテングもいる。
ネオ・ナチが象徴していた、経済後退と人種差別問題も、
少なくともサッカーの世界では解決されていたことがうかがえるんだな。

002ゲッツェシュート.jpg

メッシ顔負けのすばらしい決勝点を入れたゲッツェは、いま22才。
1992年生まれかな。
そう、彼は東西統一以後に生まれた選手なんだね。
なんて、ドラマチックな決勝点なんだろう!!
優勝を決めたその1点は、24年かかって「東西統一の安定」や「戦争負債の完済」、
「非原子力発電宣言」などを成し遂げた “新しく、強いドイツ” を象徴する一発だったんだなあ。
泣けるー。



固い守備のこじ開け合い

アルゼンチンの守備は、思いのほか堅かったねー。
ディフェンダーの能力ももちろん高いけど、MFのマスケラーノは特筆ものだよね。
バルサではセンターバックとしてやってるみたいだけど、さすが。
危ないシーンには、必ずって言っていいほどこの人がいるんだよなあ。

003マスケラーノ.jpg

ブラジル相手に培ってきた堅い守備と、南米ならではの個人技で攻めたアルゼンチン。
対するドイツも、キホンがっちり堅い守備だけど、
近年のトレンドを取り入れたボールポゼッションサッカーでチャンスを狙うというカタチ。
それがずっと続いて、延長戦に入ってしまった。
「こりゃ、PKか」と思っていたんだけど、たった一発、見事なクロス&シュートで決まったね。

文章にすると、堅い守備同士の膠着したゲームだったように見えるけど、
実におもしろい決勝戦だったなー。
それは、ドイツが教科書通りのつまんないゲームをやらなくなったからだよね。
昔は、“スペースに走り込んで、パスをもらう” ということをひたすら繰り返すだけだったから、
大男が走りまくっているようにしか見えなかったんだよね。

でも、近年は軽快なパスワークはじめ、サイドの1対1の勝負、ゴール前のエアプレー、
ゴールサイドのスピーディなえぐり、などなど、まるで南米の選手みたいなテクニックのオンパレード!
加えて、“ゲルマン魂” の走りまくりと組織的な守備でしょ。
今回のドイツは、すべてにおいてハイレベルにバランスのとれたチームだったと思う。

スペインのパスサッカーと、ブラジルの個人技、ダークホースが見せたトランジッション・サッカー、
オランダのマルチ・フォーメーションサッカー(つかりこ命名)など、
今大会はいろんな戦術が花を咲かせて見せたけど、
ドイツのサッカーはその全部を備えたサッカーだったんじゃないかな?
多彩な技術と力のぶつかり合いが続いて持久戦で終わりそうだったけど、
最後の最後は “ゲルマン魂” の体力と切れない精神力が勝ちをもたらしたんじゃないだろうか。



スペインのパスサッカーがそうだったように、
ワールドカップ優勝国の戦い方は、次の時代のトレンドになるもんなんだよな。
でも、今回のドイツの場合はむずかしいだろうね。
なぜなら、何かに特化した、○○サッカー、って名付けられるようなものでなくて、
総合力のタマモノだからなあ。

国語と英語と世界史が得意なんじゃなくて、センター試験の全教科で満点近い点を取るようなもの。
キホン、ものすごい運動神経を持った、ものすごくでっかい男を30人くらい用意して、
ものすごい戦略家のコーチのもと、ものすごくトレーニングしないとできない注文なのさ。
日本代表は、自分らの得意分野を伸ばしてドイツに対抗できるものをモノにしなきゃ、と思う。

004ドイツ優勝.jpg



大会MVP賞にちょっとひとこと

大会MVP賞(=ゴールデンボール賞)は、メッシが選ばれたねー。
そりゃ、メッシはすごい選手だけど、えー、なんでよ?って感じじゃない?
フツー、ミュラーとかロッベンじゃないの?
ドイツのクロースやアルゼンチンのマスケラーノだっていいかもしれないし。

フェアプレー賞も、コロンビア?



005ドイツサポーター.jpg

006アルゼンチンサポーター.jpg


comment (8) @ サッカー>2014 FIFA W杯
SAMURAI BLUE のために ~ 2014 FIFA W杯 | 対照的な 欧州 VS 南米 対決、準決勝2題 ~ 2014 FIFA W杯

comment

メッシMVPはWCではなくてクラブチームと勘違いしてる気がする : miss.key @eRuZ.D2c
 とはいえ、まあいいや。MVPなんてそえものさっ。やっぱり優勝トロフィーですよね。あれの前には個人の受賞なんて霞んでしまうね。
 決勝、確かに面白かったですね。思った以上にアルゼンチンが堅かったのでゴールは量産と言う訳にはいかなかったけど、ゲッツェのシュートは鳥肌ものでした。あの一点でブラジル戦の7点以上の価値があった。うん。
 そして勝ったのがドイツだという事は何より重要です。もしアルゼンチンが勝っていたら今後はワンマンチームが流行ってしまう。他にいる数多の名手を消してしまうようなチームでは面白くないですからね。メッシは良い選手ですよ。でもチームとしての魅力が無いのはダメだめ。日本にもあるよなぁ。何処とは言わないが、横浜カモメ。
2014/07/16 Wed 12:56:39 URL
No title : バニーマン @-
こんばんは。

前回のコメントのように、試合が始まる前はドイツが勝つと思っていましたし、
応援もどちらかというとドイツに肩入れしていました。

でも、試合が始まったら、何故かアルゼンチンを応援していて、
あのゴールの瞬間、思わず頭を押さえてしまいました(苦笑)。
不思議ですね・・・。

しかし予想以上に面白い決勝戦でよかったです。

MVPは僕も不満です。

MVPはマスケラーノに!

フェアプレー賞のコロンビアは、まったくわかりません、何故?

ノイアーが賞をもらったのは納得ですが。
2014/07/16 Wed 19:01:02 URL
こんにちは : 里花 @-
ゲッツェのシュートは、鮮やかだった!

ドイツに留学していた人と「優勝したね〜」と話をして、いろいろ聞いて面白かったです。
つかりこさんもご存知かと思うけど、とにかく国民のサッカー層が厚くて、それぞれのクラブで下位チームをいっぱいもっていて、サッカーする子がすごく多いのだと言ってました。
教えるのもちゃんとプロが来て、やり方も日本の部活とは全然違うみたいですね。
それにしても、東西統一で国内にいろんな問題を抱えながら、統一後初の優勝で、ドイツの方は感激もひとしおでしょうね。

日本は日本で、これからどう戦っていくのか、楽しみですね!
2014/07/16 Wed 19:32:54 URL
こんにちは。 : JOHNNY @-
ドイツ、しびれました。ファンになりそうです。古いですがベッケンバウアーの頃から、サッカ―といえばペレのブラジルとドイツというイメージ(笑)。つかりこさんの記事やコメントで、ドイツの強さ、納得しました。もし、アルゼンチンだったら、コメントが180度変わりそうですが(笑)。南米の大会で、ドイツが歴史、変えちゃいましたね。サッカ―、面白いですね。
2014/07/19 Sat 18:40:31 URL
Re: メッシMVPはWCではなくてクラブチームと勘違いしてる気がする : つかりこ @-
miss.keyさん、コメントありがとうございます。

ゲッツェの決勝点!すばらしかったですね!
あの時間に、あの入れ方、カッコ良すぎ!

メッシは、監督から「守備をするな」と言われていたようです。
ある意味、おもしろいチームでしたねー。
前半は、アルゼンチンの方が得点チャンスが多かった。
ディ・マリアが故障していなかったら、優勝していたかもしれませんね。
2014/07/21 Mon 10:44:14 URL
Re: バニーマンさん、コメントありがとうございます! : つかりこ @-
> でも、試合が始まったら、何故かアルゼンチンを応援していて、
> あのゴールの瞬間、思わず頭を押さえてしまいました(苦笑)。
> 不思議ですね・・・。

↑後半からずっと、ドイツのボールポゼッションが長くて、
アルゼンチンは押され気味でしたものね。
弱い方を応援したくなるもんですよね。

> しかし予想以上に面白い決勝戦でよかったです。

↑決勝戦だけでなく、今回の大会はおもしろいゲームばかり
だった気がします。僕が知っているかぎりでは、
最高に楽しいW杯だったと思います。
2014/07/21 Mon 10:48:42 URL
Re: こんにちは : つかりこ @-
里花さん、コメントありがとうございます。

ドイツは、昔から「スポーツシューレ」という国立のサッカー学校があって、
全寮制で学業も一緒にやるんですね。
日本の体育の延長とはまったく違うものです。
ドイツではサッカーは、2つの大戦に負けて、国民意識の高揚と
「世界の嫌われ者」から挽回するためにも国をあげて行うべき取り組みなんですね。

そこ出身のスポーツエリートが国内リーグと国代表チームを支えてきたんですが、
'90年の東西統一後、景気の後退とともにサッカーリーグの人気もレベルも
下がってしまった時期があるんですよ。
ドイツのサッカー協会は、クラブチームに若手育成の義務を課すなどの改革を行って
サッカーの衰退を防いできたという経緯があるんですよ。

サッカー関係者やファンには、東西統一後の苦しい時期を国と国民とともに
乗り越えてきたという気持ちがあるんですね。
それゆえ、今回の優勝は強烈なうれしさがあるのだと思います。

日本は、このデフレを抜け出すのにサッカーが少しでも役立てばいいですねー。
2014/07/21 Mon 11:07:37 URL
Re: こんにちは。 : つかりこ @-
JOHNNYさん、コメントありがとうございます。

優勝回数ではブラジルが1位ですが、
これまでの成績を指数化すると、圧倒的にドイツが1位なんですよ。
ドイツは世界一強いんです。

昔、イギリスにリネカーという名選手がいました。
(Jリーグにも来てた時期がある)
その人の言葉にこういうのがあります・・・

「サッカーは単純なスポーツだ。両チーム合わせて22人のプレーヤーが90分間
一つのボールを奪い合い、最後はドイツが勝つ。」
2014/07/21 Mon 11:15:29 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する