対照的な 欧州 VS 南米 対決、準決勝2題 ~ 2014 FIFA W杯



001ブラジル対ドイツスコア.jpg


最初っから言ってたけど、ほらみろ負けちゃったじゃんか。

いつもそうだけど、今回のブラジルって、とくに無策じゃなかった?
どのポジションの選手も、超一流ばかりで固めてはいるけど、どうも戦術がはっきりしない。
同じチームであまりパターン練習とかしないんだろうね。

だから、グループリーグはいっつも危なっかしいでしょ。
でも、回が進むに連れて連携プレーも慣れてきて、だんだん強くなってくる。
戦術が無くても、すごいプレイヤーばかりなので、
ピッチ上のどんな局面でもブラジルが優位に立つ
んだよね。
「戦術」じゃなくて、「個の力」の集合体。

だからこそ、ネイマールとチアゴシウバの欠場は大きなマイナスだったんだね。
どちらも他の選手が埋めても、ブラジルは何%戦力ダウンするんだろう?って思ってたけど、
とんでもないパワーダウンだったんだね。
たった二人の力に、想像以上に依存度が高かったということ。

攻めても、最後の最後になんとかしてシュートしてくれる人がいないし、
守っても、最後の最後にボールを撥ね返してくれる人がいなかった。
ブラジルは “飛車&角ヌキ“ の名人戦をやってたんだね。
そりゃ、ボコボコにされるわ。

002ミュラー得点.jpg

でもモンダイは、“飛車&角ヌキ“ で戦わざるを得なくなってしまったことではなくて、
“飛車&角ヌキ“ でも何とかする方法を持っていなかったことでしょ。

ポゼッション(パス)・サッカー × リアクション(カウンター)・サッカー × トランジッション・サッカー・・・
ブラジルは、いやどの国も、これまでのやり方では勝てない時代に突入したと思うよ。

戦術、こぴっとやらなくちゃ。

003泣く女子サポーター.jpg





004オランダ対アルゼンチンスコア.jpg


ホント膠着したゲームだったねー。
どっちがオランダで、どっちがアルゼンチンなのか見分けがつかないくらいだった。

このカードは、どっちの国も “堅守&速攻” をめざしたんだろうね。
どっちの国も、キホン引いてがっちり守っているので、“速攻” ができるわけもなく、
“堅守 対 堅守” な戦いになってしまったんじゃない?

シュート数が、両チーム合わせて10本程度だったというから、
そりゃ、ガチガチのハンパなく守備的なサッカーだったことがわかるよね。
フツーの試合だったら、両方のチーム合わせて40本前後はシュート打つもんなんだよ。

005メッシFK.jpg


観てて驚いたのは、アルゼンチンが全然南米的なサッカーじゃなかったことだな。
後半から南米的なサッカーにシフトしてくるんじゃないかと思っていたんだけど、
最後の最後まで、カタイ守備を軸にしたやり方を変えなかったよね。
アルゼンチンって、そういうことができるんだね。

オランダが点を入れられなかったのも驚いた。
後半から、いよいよ攻撃的な布陣に変えて、ガンガンやるんだと思っていたんだけど、
ガンガンというわけにはいかなかったねー。
よっぽど、アルゼンチンの守備がうまかったんだね。

結局、アルゼンチンもオランダもお互いに攻めまくることができなくて、
お互いに守りまくってスコアレスドローになった印象。

PKなんてどっちが勝つかなんてわかりっこないよね。
ホームに近くて応援団が圧倒的に多かったのが吉と出たのか?
4-2でアルゼンチンが勝ってしまったねー。

006PK.jpg





これで、決勝はドイツ対アルゼンチンとなったねー。

ドイツとアルゼンチンはワールドカップで過去6回対戦して、
対戦成績はドイツが3勝1敗2引き分け。
前回の南ア大会では、準々決勝でドイツが4対0で勝ったのが直近だよ。

アルゼンチンが勝ったのは、1986年のメキシコ大会の決勝で、3対2という結果。
いまは、当時みたいな「まじめで固いドイツ」と、「うまくて汚いアルゼンチン」なんて
見る影もないから、ホントどっちが勝つかわからん雰囲気だよね。

でも、僕の予想では、総合的に観れば明らかにドイツのほうが強いと思う。
やっぱり、アルゼンチンがなんらかの作戦を持ち込まないと、
ひょっとすると一方的なゲームになるかもしれないよ。

ではでは決勝戦まで、ごきげんよう、さようなら。



007トロフィー.jpg


Trackback

Trackback URL
http://yurayuragusa.blog.fc2.com/tb.php/129-6dba4f80

Comment

バニーマン | URL | 2014.07.11 21:24
こんばんは。

僕もドイツが優勝するような気がしますが、
今回のW杯は予想が外れまくっているので・・・(^_^;)。

色々な国が、そのイメージを裏切って!?、これ何処のチームだ?という
戦い方をしてくるので、ホントわかりません。

日本も見習えよ!ってことですよね。
つかりこ | URL | 2014.07.12 06:14
きっと、ドイツの総合力が勝つと思うのですが、
アルゼンチンの得体がしれません。
メッシとディ・マリアが得点源なだけで、
イランやスイスやベルギーにやっと勝ったって感じで、
大したことのないチームだ、きっとオランダに負ける、
と思っていたのですが、そうではなかった。

実際、ここまで1敗もしてないんですよね。
まあ、それもラッキーなカードばかりだった、
といえないこともないですが、やっぱり得体がしれない。
強いのか弱いのか、いまだに判断できていないんです。
そういう意味でも、決勝戦、楽しみですねー。

> 色々な国が、そのイメージを裏切って!?、これ何処のチームだ?という
> 戦い方をしてくるので、ホントわかりません。

↑そうそう、今回のW杯は、どこのチームも戦術的に革新的だったと思います。
そういう意味で、とてもおもしろい大会だったと思えるのと同時に、
「試合中に、分刻みで戦術を変える」ような、
サッカー新時代の始まりをみた大会だったといえるかもしれません。

日本やイタリアやスペインは、フタを開けたら、
それに乗り遅れていた、ということでしょう。
オランダは、その最先端を行っていたはずですが、
アルゼンチン相手に点を入れられなかった。
それゆえに、僕の中ではアルゼンチンの得体のしれなさが強調されています。
miss.key | URL | 2014.07.12 21:19 | Edit
 わたし、ドイツファンです。ウルグアイも好きです。スペインとかアルゼンチンはうーんです。一貫してません(笑
 それはさておき、オランダのPK狙いみたいな試合はがっかりです。コスタリカ戦でPKに勝って勘違いしていた節が有ると思うのは私だけでしょうか。世界屈指の攻撃力を持ちながら、宝の持ち腐れを地で行っちゃったというか・・・。PK戦はどんなチームでも勝率五割。確率論で言えば二度続けば大抵負けるのです。圧倒的な格上相手なら兎も角、オランダがやるような戦術ではありません。反省しろ、ファンハール。
 アルゼンチンのひたすらメッシみたいなチームも好きになれません。半分はメディアが言い立てているだけなんでしょうが、アルゼンチンはマラドーナで当たって以来、そのシステムが大好きと見えて、一人の天才に総てをおっかぶせてくるところがあります。あれだけのタレントを揃えていながらメッシだけとは。メッシこけたら皆こけたではチームって何なのよです。しかし今回それが当たっています。だから余計にうーんなのであります。これで優勝なんぞされた日にはサッカーは間違った方向へ行ってしまいそうだ。特に直ぐに食いつく日本(笑
 ドイツにギッタンギッタンにされてしまえ(願望・笑
JOHNNY | URL | 2014.07.13 01:21
サッカ―のコメントありがとうございます。バラバラだったパズルが解けていく感じでしょうか。コメント読んで、サッカ―、もっと楽しみたいと思いました。国内のサッカ―とか世界のサッカ―とか女子サッカーとか高校サッカーとか・・・いろいろと。とか多すぎましたね(笑)。W杯が終わると、クールダウンするでしょうが地道に楽しみをみつけていきたいですね。サッカ―もですが、いろいろとコメントもらい、たいへん感謝してます。関係ありませんが、このブログのイラスト好きですね。シンプルで和めます。当然、作者がいるんでしょうがほかの作品も見てみたいですね。
つかりこ | URL | 2014.07.13 04:02
miss.keyさん、熱いコメントありがとうございます!

オランダは、本気でPK狙いに出たんでしょうかね?
PKなんて、ほぼ運なのに。
「運で勝てる」と思っていたんでしょうかね。

いずれにしても、消極的でしたよねぇ?
それまで、「守って、ロッベンかファンペルシー」というやり方できていたので、
ここで、クライファートやダービッツのいた頃のような
超攻撃的なオランダサッカーをやらかすだろうな、ってわくわくして観てたんですが、
監督、作戦ミスりましたかねー?
「勝者のメンタリティがない」というのは、こういうことなのでしょうか。
おっしゃる通り「宝の持ち腐れ」、もったいないゲームだったと思います。

アルゼンチンも、メッシとディマリアだけでやっているイメージで、
イランやスイスにもやっと勝った印象があって、
僕的には「弱いなあ」と思っていたんですよ。
まあ、マラドーナやケンペスの時代の盛り上がりよもう一度、
って感じかもしれませんが、いまのままではブラジルと一緒ですよね。
メッシが機能しないとだめ。
ただ、オランダ戦では、けっこう守備が固いことがわかったので、
ドイツがそれをどうこじ開けるか、見ものですよね。
アルゼンチンが勝っちゃうと、おっしゃる通り
'80年代みたいな「ストライカーの時代」や「ファンタジスタ」の時代が
また来るのでしょうか(笑)。

近年のドイツのサッカーはおもしろくなりましたよね。
ベッケンバウアー以降のドイツサッカーは、教科書通りの「スペース走り込みサッカー」を
ひたすら繰り返すだけで、大男が一所懸命走っている姿を観るだけのイメージがありました。
最近は、軽快なパスあり、ゴール前のスペクタクルあり、1対1の勝負ありで、
サッカーのおもしろさがいっぱい詰まったゲームをやってくれます。

経済破綻しそうなアルゼンチンを応援してやりたい気持ちもありますが、
悲願の東西統一の安定と戦争負債の支払いを済ませた、これからのドイツとともに
喜びを分かち合いたいものです。
日本は、食糧問題とエネルギー問題とサッカー問題をドイツに学ぶべき、と思っています。
つかりこ | URL | 2014.07.13 04:23
JOHNNYさん、コメント、こちらこそサンクス!です。

サッカーのコメント、ひとんちなのに長々とすみませんでした。
でも、ああいうハナシっておもしろいでしょ?
他にもいろいろあるんですよ。
たとえば、「オランダやスペインはなぜ優勝できないか」
(スペインは前回やっとしましたが)とか、
「組み分け抽選のトリック」とか、
「イギリスとドイツのフーリガンの違い」とか、
「スコットランドリーグは宗教の戦い」とか・・・・・。
W杯が終わっても、Jリーグを応援してやらなくちゃ、ですよね。

このサイトのテンプレートは、FC2さんの「共有テンプレート」から
拝借しているものです。
それに少しだけ、色を変えたり、文字の大きさや行間を変えたりしているだけです。
イラストはページ最下部の「ふわふわ。り」という方(会社?)が
管理しているもののようですね。

画面をできるだけさっぱりさせたくて、これにしたのですが、
一部の人から「似合わねー!」という意見も出ましたねー(笑)。
takaki11 | URL | 2014.07.13 21:35
いよいよ、決勝ですね。
つかりこさんの予想では、ドイツ優勝なんですね。
自分は、アルゼンチンを応援してますが、どちらが勝っても良い試合を
期待しています。
つかりこ | URL | 2014.07.13 23:21
ドイツを応援しているわけではないのですが、
どうも、ドイツのほうが強いかな?、と。

応援といえば、
国家経済が破たんの危機に見舞われているアルゼンチンが
勝った方が世のため人のためになるかなあ、と思います。

アルゼンチンの強さを、もひとつ把握しきれていないので、
予想が大きくはずれるかもしれません。
決勝戦が始まって、やっと気づいた、ということになるかもしれません(汗)。
そういう意味でも、とても楽しみです。

さてさて・・・!
Comment Form
公開設定

プロフィール

つかりこ

Author:つかりこ
北海道生まれ。広告制作会社勤務。スポーツ、飲み食い、音楽、読書、映画などなど、興味がゆらゆら。

ちかごろの記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
検索フォーム
リンク