乳酸菌は人類を救うか?



変な飲み物シリーズ、続いておりま~す。

またまた、近所のスーパーで見つけちゃったよ。


001はたらく乳酸菌_パッケ.jpg

002はたらく乳酸菌_グラス.jpg


「はたらく乳酸菌」的な展開は別に変じゃないけど、
“味” は変だったなあ。

ライチって、さっぱりした甘酸っぱさが魅力なんだと思うんだけど、これは甘過ぎだなあ。
ライチ風味がわざとらしいし、後味わるいなあ。
すごくまずいということはないけどねー。
まあ、個人の好みですなあ。



ところで、最近、乳酸菌の注目度、高いよね
今回紹介の「カルピス系ドリンク」や「ヨーグルトドリンク」、「ヨーグルト」、
「漬物」や「白麹」、ちょっと前なら「マッコリ」などなど・・・
“発酵食品ライフ” がすっかりブーム。
ヨーグルトなんか、売り切れさわぎがあったりしたよね。

でもさ、やれインフルエンザや風邪の予防にいいとか、
ガンになりにくいとか、花粉症やアトピーが軽くなるとかいろいろ言っているけど、
売り場に行ってもいまいちわかりずらくない?

これって、わけがあるんだよ。
「薬事法」というのがあってね、
医薬品はもとより “健康” や “病気” などに効果の期待できる食品やその成分について、
勝手に風邪に利くとかアレルギー症状を軽減するとか言っちゃいけないことになっているんだなー。

所定の研究データや実験による実証データが用意されていて、それが厚生労働省や保健所が受理していて、
医学的にその効用が確かにものとして認められていないものは、
何かに “利く” とか “治る” とか言っちゃいけないし、
“利きそう” とか “治りそう” とか感じさせるだけでもNGとなっているんだよ。

だから、「よっしゃ、ヨーグルト食って花粉症治すぜ!」って思ってスーパーに行っても
どれがそれなんだかさっぱりわかんない。
乳酸菌ならどんなやつでも同じ効用がある、っちゅうわけではないらしいのに、
パッケージやPOPなどに、何に対して効果が期待できる、とかちょびっとも書いてないからね。

薬事法くんの「消費者を守りたい」という気持ちはわかるけど、あまりにもわからないよな。
ここまでわからないと、逆に消費者を混乱させる弊害が生じてるよなあ・・・


そこで大切になってくるのが、「利用者・消費者の口コミ」でしょ。
・・・というわけで、乳酸菌の種類とその効用がちょろっとわかるものを作ってみました。パチパチパチー
よかったら、利用してください。

ただし、効用は人によって大小さまざまらしいし、
食べ過ぎたら逆に体に良くないし(食品はなんでもそうだよね)、
で、あくまで参考ということで、よろしくですー。


003はたらく乳酸菌_乳酸菌の種類と効用.jpg


コメント

非公開コメント

おはようございます
「はたらく乳酸菌」ユニークな名前ですね。

No title

こんにちは
なるほど~
我が家も爆弾が毎日1本”ヤクルト”を飲んでから会社に行っています。
体にいいかも~と嫁が薦めたもので、やはり体に良かったんですね。

ヨーグルトはグリーク系。甘くないトロトロしていないヨーグルトをドライフルーツやナッツが混ざっているシリアルにかけて、牛乳かけて食べると美味しいですよ。バナナのスライスを入れればもっと豪華になるけど…

お薦めです、試してみてね。

こんにちは

うわ〜ヨーグルトといっても、こんなに乳酸菌の種類や効能が違うんですね!
薬だって効くかどうかは個人差があるんだから、健康食品だって効能には個人差がありますよって前提で、わかってる研究結果は表示してほしいですよね。
私は買う時は「明治」が多いかな・・・。

ヨーグルトも好きだけど、乳酸発酵した漬け物も大好きです。
小さい頃から、ぬか漬けはもちろん、浸かりすぎて酸っぱくなった白菜漬けとかも好きだったんですよ。
大人になって、そうかあれは体にいいんだな〜と思いました(笑)。

No title

すっごい!つかりこさん、私がスーパーのヨーグルト売り場で

  結局どれがいいのかワカンナイヨーッ!

とイラついていたことを解決する記事だわ☆
すんばらしい!これを参考に選びますわ。Thanks!

薬事法

薬事法でワタシも何度も、公取と戦いました。
お互い、こんなシゴトをしていると、
もちろん、ダメだと分かっていても…、
何とか、そして可能性を考えますよね。

「消費者を守りたい」大切な事なのですが、
ワタシ達にとっての永遠のテーマかも知れませんね??

つかりこさん、こんにちは!

すご~い、こんな一覧表があるんですね!
とても参考になります。

ただ、その人の腸に合うか合わないかは、
摂取してみないと分からないらしいとも聞きました。
私なんて、ビオフェルミンを3錠飲むと、
却って下痢(すいません(^^;)になっちゃうんです。
でも、いろいろヨーグルトを試しても、
結局のところ、どれが合うかさっぱり分かりません(^▽^;)

腸内環境は良くしておきたいので、
塩麹や納豆や漬物・キムチも食べてます。

Re: ネリムさん、こんにちはー

「歯周病菌とたたかう」という歯磨き小品もありましたね。
「はたらく」も「たたかう」も、平易な言い方で親近感が湧きますが、
そういう言い方にしてるのにはもうひとつ理由があるんですよ。

「効果がある」→「はたらく」、「殺菌する」→「たたかう」、
ということなんです。つまり、はっきり言っちゃいけないので、
ファジーな言い方にせざるを得なかった、ということです。
薬効成分は含有されているけど、人によって「利くとは限らないよ」、
「100%殺菌できるとは限らないよ」、ということなんですね。

おっしゃる通り、この商品の名前は「ライチ」とか「ジュース」より
「乳酸菌」が主役になっているのが、とても珍しいですよね!

Re: サンデーランチさん、お帰りなさーい!

ギリシャ系は、日本では森永の「パルテノ」というのがありますが、
販売地域が限定されていて、まだまだポピュラーではないですね。
カスピ海ヨーグルト(クレモリス菌)というのが、一時期、爆発的に
流行したことがありましたが。

ヤクルトもギリシャ系も、ヨーグルトの基本は、腸内環境(いろいろな菌のバランス)
を整えることで「整腸・免疫」効果を高める、というものみたいです。
そこから、たとえば整腸→美肌、免疫力アップ→インフルエンザと戦う、長寿
などと因果関係が展開するようです。
それが、菌の種類によって得意分野が微妙に異なるというのが、いろんな商品がある
理由のようですね。
腸の健康は、免疫力と密接なつながりがあるようなので、ヒトの健康維持には
とても大切な器官のひとつのようです。

シドニーにヤクルト、あるんですね!


> ヨーグルトはグリーク系。甘くないトロトロしていないヨーグルトを
> ドライフルーツやナッツが混ざっているシリアルにかけて、
> 牛乳かけて食べると美味しいですよ。バナナのスライスを入れればもっと豪華になるけど…

↑美味しそうなレシピ、ありがとうございます!

No title

ライチ味のはたらく乳酸菌は、微妙な味だったんですね。
自分では、中華などのデザートでライチが出てくるとがっかりするほどなので
あまり好んではいただきませんね。

薬事って、審査過程などがオープンになっていない感じでわかりづらいですよね。
薬や機器などでもいつ承認されるかは、おおよそしかわかりませんね。

乳酸菌などには、特定保健用食品でしょうけど、ほんとうに効用があるのかとおもいますが、
基本的に日本人は、お上の言うことは信じやすい気がします。
自分の所でも息子の受験の時に、明治ヨーグルトR-1が、免疫力が上がって
インフルエンザ対策にいいなどと言って食べさせていました。

なんだかんだ言って、利用者・消費者の口コミが、一番かもしれませんね。

Re: こんにちは

里花さん、いつもありがとう!

乳酸菌の効果は、各社の研究室や世界中の食品研究所などで
大昔から研究がすすめられていて、その効果も実証されつつあるのですが、
それでもパッケージなどに効用が書いていないですよね。
おっしゃるように、効果の個人差やリスクは個人責任ということにしてもいいから、
効用について少しは表示してもらいたいもんですよね?

漬物の発酵は、やはりほとんど乳酸菌のなせる技なんですが、
最近、特に注目を浴びているものがあります!
それは、「すんき」という漬物です。
長野県の木曽地方に400年も前から伝わっている、赤かぶの菜っ葉の漬物です。
この漬物には、「植物性ナノ型乳酸菌」という
自然界では、すんきだけにしかみれないもので、
長野県が長寿国だったり、木曽地方の人のアレルギー罹患率の低さの原因では?
と注目されているようです。

Re: さとちんさん、こんにちはー

いやー、喜んでいただけるととてもうれしいです。
こちらこそありがとうございます。

実は、仕事で「乳酸菌PR誌」みたいなのを作らせていただいているので、
ちょっとは情報があるんです。
あと、いまは乳酸菌ブームなので、ネットにもたくさん情報が
掲げられるようになりましたね。

Re: 薬事法

師匠、お帰りなさいましー

> 薬事法でワタシも何度も、公取と戦いました。

↑やはりそうですよねー。
食品や化粧品などは、日々薬事法との戦い&公取や保健所への相談
に追われますよね。
とくに、最近は合法ドラッグがはびこっていますし、
自然食品、サプリメントなどが大ブームなので、
かなりうるさく上から指導がきていますよね。

根拠のない売り文句を伝えるのはもちろんよくないですが、
あまりにも何なのかわからないのもどうかと感じますね。


発毛剤というのは、現在、日本では1つしかなくて、他はみんな育毛剤。
その1つを除いて「生える、発毛する」なんて言っちゃいけないんですよね。
1つも発毛剤がなかったその昔、育毛剤の広告で、
おもしろいキャッチフレーズがありました。

“広告で、生える、とは言えません。”

・・・名コピーです!(大笑)
ですが、現在では「生える」と言うのはもちろん「生えるのでは?」と
感じさせるだけでもだめみたいです。

Re: つかりこさん、こんにちは!

YANさん、いらっしゃいませー

持ってる情報を整理して、表を作ってみました。
よかったら、ご利用ください。

そうそう、おっしゃる通り、人によって効果の大小は
さまざまなようですね。
しかも、即効性がないので続けてみないとわからないのがネックですよね。

僕は慢性の十二指腸潰瘍で、年に2度くらい痛くなる時期があって
つらい思いをしてたんです。
倒れるほど痛くはならないので、病院へ行っても「ガスター」みたいな
薬をくれるだけだったんです。
そこで、ヨーグルトが腸内環境を整え、ピロリ菌と戦ってくれるというので、
3年くらい前から毎朝少し食べているんですが、
ぱったりと痛くなることがなくなりました。

↑なんか、ダイエットの雑誌広告のやらせおばちゃんのユーザーズボイス
みたいになってますが、ホントのことで、ちょびっと感謝してるんです。


> 私なんて、ビオフェルミンを3錠飲むと、
> 却って下痢(すいません(^^;)になっちゃうんです。
> でも、いろいろヨーグルトを試しても、
> 結局のところ、どれが合うかさっぱり分かりません(^▽^;)

↑そうか、YANさんはすこぶる健康なんですよ、きっと!
デザートとして楽しんでいれば、自然と健康維持になっているかもねー。

Re: takaki11さん、コメントありがとうございます!

ライチ、お好きでないんですね?
このドリンクは、ライチ風味をつけているんだと思うんですが、
味が濃過ぎな気がしました。
もうちょっと何とかならなかったのか?

乳酸菌の働きは、そのメカニズムがほぼ科学的に証明されているのですが、
確定的なエビデンスと医薬製剤として安定的に生産できることが実証されるまでは
いまの特保どまりのまま進むと思います。
それはもう、小保方さんの論文さわぎじゃないけど、
膨大な実験資料とたくさんの科学者の納得が確立するまで
大変な手間のかかる仕事だと思います。
薬事法をクリアするということは、そういうことだと思います。

そうれまでは、消費者のクチコミがその正否を判断づけていくのでしょうね。
乳酸菌のヨーグルトやタブレットは、即効性が低かったり、
効果に個人差があるので、まだまだゆっくり評価が進むのだと思います。

「乳酸菌」とか「薬事法」とか・・・

ひとつの商品から、健康とか法律とか・・・いろいろな社会の仕組みが出てくる、面白いですね。このドリンク、写真のようにコップにうつすと、とても美味しそう。お酒やワインではなく、乳酸菌を飲みながら、新しい味の、かならず、何か発見がある。当たりはずれとかね(笑)。

Re: 「乳酸菌」とか「薬事法」とか・・・

JOHNNYさん、コメントありがとうございます!

仕事に追われて滅多に更新できないので、1つのネタのタイミングで
できるだけネタを派生させていろいろ書いておきたい、
と思っているので長くなってしまうんですよね。
おもしろい、と言っていただいて救われます。
ありがとうございます。

乳酸菌飲料や食品は、かなりいろいろなものが出てきましたが、
もうひと息、なんかおもしろいことが起こりそうな気がしています。
ぼちぼち注目していこうと思っています。