ゆらゆら草

もう少し感受性を働かせれば、毎日がスペシャルになる。そう自分に言い聞かせて、 いろいろ感じたことを書きとめてみよっと。

現代っ子のピュアはどこにある ~ 『箱入り息子の恋』  



いやー、久々にピュアな気持ちになったあ、って感じ。

目の不自由な女子と、まじめな男子の恋愛ストーリーだけど、
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』とか『解夏』、『武士の一分』みたいな
よくある “つらいけど、がんばって、泣かせる” 系の映画とは、だいぶん違うんだよ。

まじめだけど無口でぎごちない感じの男子のほうを主役にして、
絶妙な笑いをちりばめたラブコメディなんだなー。

もちろん、泣き笑いでちゃんと感動させくれる内容だよ。

でもね、
ふたりがひょんなきっかけで出会い、いくつかの障害を明るく乗り越えて、
晴れて結婚の方向へ・・・といった見え見えの展開でハナシが進むけど、
よくある “お涙ちょうだい劇場“ とは違うんだなー。

いきなり、本人ヌキで親どうしが対面する “代理見合い” という
オッペケペなシーンから始まるくらいだからね。

そう、この作品のすばらしさは、設定の妙にあると思う。
ちょっと間違うと平凡な “障害乗り越え系” のストーリーになってしまうはずなのに、
絶妙な物語の設定で、実におもしろい映画になっていると思う。



●目の不自由な女子(菜穂子)は、お金持ちの家のお嬢さん。とても美人でピュアな性格。
●主役の男子(健太郎)は、平凡なサラリーマン家庭の息子。
 まじめな市役所職員だけど、無口、残業しない、出世欲なし。
 趣味は、ひまつぶしのテレビゲーム。恋愛経験なしの35歳。
 “箱入り息子” というのとはちょっと違うかな。
●菜穂子の親も、健太郎の親も、自分の子供の弱点を心配して婚活に焦っている。

・・・という設定であるだけで、僕ら観る者にとって、物語はぐ~んとおもしろくなるんだなー。
そう、障害者の菜穂子と、ひきこもり気味の健太郎は、平等なんだよ。
いや、どちらかというと障害者の側が相手を値踏みしていて、めっちゃ痛快。

★目の見えない菜穂子には、健太郎の純粋さ、やさしさだけが伝わる。
 容姿は見えないし、表情も見えないので、無口でぎごちない健太郎の
 飾りのないやさしさが浮き彫りにされるんじゃないかな(笑)。
★健太郎は、出世への野望も自信もないけど、菜穂子のハンディキャップを埋めてあげることなら
 平凡を絵に描いたような自分でもできそうだと感じる。(ホントは大変なことに違いないけど)
★親たちは、わが子を愛するがゆえに、本人をさしおいて問題を起こす。

・・・ね、なんだかポテンシャル感じるでしょ?
実際、上記のような設定のせいで、純愛ものストーリーの “純愛” 部分がクローズアップされて
とってもせつなくて、胸キュン(古)なラブストーリーに仕上がっているんだよ。

でもね、純愛ものらしく、“予定調和” 的にハナシは進んでいくんだけど、
最初からエンディングまで、微妙に観てる人の想像を裏切るように作ってある。
なるほど、ちゃんと映画ファンがウンウン首を縦に振れるように作ってあるんだなー。
うまいねー。

僕は、「こんなんで、ぜってー泣かないぞ」と自分に言い聞かせて観始めたんだけど、
最後のほうで不覚にも涙を流してしまった。
んー、いい映画だねー。



<あらすじ>
※ 観る前に、ちょっとでもストーリーを知りたくない人は、すっとばしてください。


001箱入り息子の恋_まじめ.jpg

まじめな市役所職員、35歳。
言われたこと以上はやらない、現代の若手社会人・健太郎を演じるのは、星野源。
『地獄でなぜ悪い』と合わせて、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞をとったんだね。

002箱入り息子の恋_傘.jpg

お見合いをする前に、二人は出会っていたんだね。
ひどい雨が、健太郎のやさしさと夏帆ちゃん(菜穂子)のうつくしさを際立たせる。

003箱入り息子の恋_ゲーム.jpg

楽しみは、テレビゲームくらい。
お見合いを嫌がる健太郎に、賭けを挑む父。



004箱入り息子の恋_お見合い.jpg



005箱入り息子の恋_デート01.jpg

006箱入り息子の恋_デート02.jpg

恋愛慣れしていない二人のデートは、素直な心が浮き彫りにされてとっても初々しい。

007箱入り息子の恋_父の反対.jpg

娘を思う親心は、健常者でも同じだよね。
娘が障害者である分、親のあったかい気持ちも強調されていると思う。

008箱入り息子の恋_再生01.jpg

ストーリーについてはもう言わない。
そりゃそうだよねー。

009箱入り息子の恋_再生02.jpg

この画像の背景は、僕が昔住んでいた日野市だなー。

010箱入り息子の恋_再生03.jpg

観た人はきっと、この場面で泣くよ。

011箱入り息子の恋_点字手紙.jpg

↓もうちょっとちゃんと知りたいという方は、こちらをどうぞ。
「映画的日記」



夏帆ちゃんの演技がすばらしかった。

012箱入り息子の恋_夏帆.jpg

きっと初めてだったと思うんだけど、“濡れ場” にも挑戦したんだよ。
それを差っ引いても、すばらしい演技だったと思うなー。
僕から賞をあげたい(笑)。

夏帆ちゃんと言えば、「三井のリハウスのコマーシャル」に出てたよね。
白鳥麗子 = リハウスガールだよね。

三井のリハウスのコマーシャルは、“家族の物語調” のCMのパイオニア的存在で、
監督はあの市川準
リハウスガールは、これまでに14代も続いてきて、
それを踏み台の一つにして羽ばたいた女優↓もたくさん!

013箱入り息子の恋_リハウスガール.jpg



この作品で、夏帆ちゃんがさらに大きく羽ばたいたと感じたのは、僕だけかなあ?





014箱入り息子の恋_ポスター.jpg

●『箱入り息子の恋』
2013年 日本
上映時間: 117分
監督:市井昌秀
脚本:市井昌秀、田村孝裕
製作総指揮:木下直哉、水口昌彦、齋藤正登
製作:武部由実子、中林千賀子
助監督:副島宏司
製作会社:キノフィルムズ、ブースタープロジェクト
配給:キノフィルムズ
出演:星野源、夏帆、平泉成、森山良子、大杉漣、黒木瞳 ほか
音楽:高田漣
主題歌:高田漣 feat. 細野晴臣「熱の中」
撮影:相馬大輔
照明:佐藤浩太
録音:尾崎聡
編集:洲崎千恵子
受賞:第37回日本アカデミー賞新人俳優賞(星野源、『地獄でなぜ悪い』と合わせて)
   第68回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞(星野源)
   第35回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞(星野源、『地獄でなぜ悪い』と合わせて)
   第5回TAMA映画賞 最優秀新進男優賞(星野源、『地獄でなぜ悪い』、『聖☆おにいさん』と合わせて)


コメント

こんばんわ
読んでいて心暖まる映画だなと思いました。

ネリム #oM6tt0T6 | URL
2014/04/09 22:23 | edit

夏帆ちゃん

前から気になってた、夏帆ちゃん…。
この映画で、映画女優として開花した気がします。
「天然〜」をもう一度見直そうと思っています!

映画カッパ #- | URL
2014/04/09 23:23 | edit

こんにちは

写真見てるだけでも、ぎごちなく初々しい2人の感じが伝わってきます。
こういう話って、何だかいいな〜。

ところで、日野市に住んでいらしたんですか?
私、生まれ&育ちは日野市ですよ〜。
これは日野市のどのへんかなあ?

里花 #- | URL
2014/04/10 16:43 | edit

Re: ネリムさん、コメントありがとうございます!

くすくす笑えて、とってもあったかい作品ですよ。

やさしい気持ちとがんばる気持ちをもらえます!
機会がありましたら、ぜひどうぞー。

つかりこ #- | URL
2014/04/11 05:43 | edit

Re: 夏帆ちゃん

あ、そうですね!
そういえば「天然コケッコー」では、違和感があった記憶がないです。

映画「うた魂♪」やドラマでは、セリフが自然でないなー、なんて思っていたんですが、
その後、「任侠ヘルパー」や劇場版の「タイムスクープハンター」などで
ちょっと変わった役をやっていて、おっ、がんばってるな、って思っていました。

この映画の役のイメージにぴったりだったせいもあるでしょうけど、
ここへきて、ひと皮むけた感じがしますよね。

いよいよますますがんばってほしいですねー。

つかりこ #- | URL
2014/04/11 06:09 | edit

Re: こんにちは

里花さん、まいどです!

うわー、奇遇ですねー!
以前のコメントの内容から、中央線を下ったほうで育たれたんだろう
と想像していたんですが、まさか日野だったとは!

僕は、上京してから4年間住んで、その後、国分寺、小金井、
また国分寺、小平と引っ越して、また日野に4年いて、
いまは所沢に落ち着いています。

学生時代の最初の2年は実践女子大(四大)の近くに泉塚交差点というのがあって
そのあたりに住んでいました。
後半の2年は、日野自動車正門から国道はさんで向かいのあたりの多摩平6丁目に
住んでいました。
スーパーアルプス高倉店で、バイトしてたこともあるんですよ(笑)。

引っ越して、戻ってきて住んだ4年は、結婚して実践四大のそばの「大久保団地」
に住みました。

・・・なので、万願寺のほうは疎いですが日野はだいたい詳しいですよ。
緑が多くて、大好きな町です。
いまだに、友達もたくさんいますよ。
僕にとっては第二のふるさとです。

記事の画像のロケ場所は、多摩動物公園のある多摩丘陵の斜面にある住宅地から
南平か平山の住宅地を見下ろした風景ですねー。

そうですかあ。
日野っ子だったんですねー。

つかりこ #- | URL
2014/04/11 07:21 | edit

No title

へぇ~なんか面白そう♪
夏帆はNHKのドラマ「カレ、夫、男友達」あたりから良いな~と思うようになりました。
(このドラマ、真木よう子、木村多江も出てて、すごく面白かったんです)
しかし、リハウスガールすご~い!よくわかんない人もいますが、売れっ子輩出率高いですね。

話変わりますが、ブログって少しずつ書き手のバックグラウンドが見えてきて
面白いっていうか、興味深いっていうか・・・不思議なかんじしますね~。

さとちん #- | URL
2014/04/11 11:50 | edit

ふたたびこんにちは

おー、実践女子大のお近くだったんですか!
実践女子大(4大)は私の実家から徒歩5分ってとこですよ。
家の前をいつも、女子大のお姉様がたが通ってました。
小学校も、実践女子大と線路はさんではす向かいの7小でした。
実践女子大近くの公園でよく友達と遊んだし、
いとこも近くに住んでたので、なつかしい思い出がいっぱいです!
日野自動車には、小学校の社会科見学で行きましたよ。
スーパーアルプスは、両親がよく車で買い物に行ってました。
バイトされてたなんて、お会いしてるかもしれませんね〜。
私もわかるのは日野駅周辺エリアで、万願寺や高幡方面は
あんまりわかんないです。

日野もどんどん変わっていってるので、
まだ雑木林や野原がいっぱいあった子供時代が懐かしいです。

里花 #- | URL
2014/04/11 14:52 | edit

つかりこさん、こんにちは!

この映画、ノーチェックでした。
つかりこさんの「・・・なんだなー」って言う、
優しく満足感いっぱいの文章表現で、
心が温かくなる作品なんだなーって伝わりましたよ(^_^)
レンタル店で探してみようかな。

リハウスガールは何と言っても宮沢りえさんが強烈に可愛かったですね!
一色紗英さん、池脇千鶴さん、川口春奈さんのCMは覚えてますが、
坂井真紀さんや蒼井優さんや夏帆さんも出演していたとは・・・
でもなんとなく思い出してきました。(^^;

YAN #9L.cY0cg | URL
2014/04/11 18:16 | edit

Re: さとちんさん、こんにちはー

> 話変わりますが、ブログって少しずつ書き手のバックグラウンドが見えてきて
> 面白いっていうか、興味深いっていうか・・・不思議なかんじしますね~。

↑僕の場合、プロフィールが露出しても全然気にしないのですが、
まあ、記事の内容と関係のないことは、とりあえずクローズにしているだけなんです。

ネットっておもしろいですよね。
フツー人の出会いって、まずあいさつとプロフィールの紹介から入って、
だんだんと趣味のハナシとか用件とかに以降していくのに、
ネットの場合は、いきなり趣味のハナシとか用件から入って
後からプロフィールがわかる、って感じ。
信用より先に用件(コンテンツ)が先行しちゃう。
変なメディアですよねー。

つかりこ #- | URL
2014/04/12 19:20 | edit

Re: ふたたびこんにちは

里花さん、レスありがとうございます。

> おー、実践女子大のお近くだったんですか!
> 実践女子大(4大)は私の実家から徒歩5分ってとこですよ。
> 家の前をいつも、女子大のお姉様がたが通ってました。


むははははー、日野市だってそれなりに広いのに、めっちゃ近所で驚きです!
だったらご実家、大阪上か神明か多摩平7丁目のあたりですよねー。
まあ、これ以上詮索しませんが。
あー、びっくりです。

ご実家に住まわれていた頃、夜中に町内で裸でギター弾きながら騒いでる声が
聞こえませんでしたか?
それが僕です。(うそー)

日野もけっこう変わりました・・・
●国道20号の高倉-日野自動車前-日野坂-日野橋-谷保までの区間がショートカットされて
国道20号じゃなくなった!(高倉から右に入って、市立病院の前の通りをまっすぐ行って
多摩川を渡って谷保までが国道20号になった)
●大阪上の坂を下って行くと、市営の自転車置き場に突き当たって左に曲がるでしょ?
あそこは昔はまっすぐ線路を渡って駅前の不二家の裏へつながっていたんですよね。
あの坂が本来の甲州街道だったんですよね。
●駅そばのケーキ屋さん「シャモニー」はいまでもある!
●僕が上京した時、八王子東高校と日野台高校は、できて間もない頃でした(トシがバレバレ)。
●大阪上を登り切ったあたりに銭湯がありましたが、いまはもうないです。
●7小のそばの角に、電気の「家庭科学」ってありませんでしたっけ?エアコンを買いました。
●多摩平団地がガンガン建て替えられています。
●日野台高校の横の都営団地は、昔は木造平屋住宅の密集地帯だった。
●市立病院が新しくなりました。
●都立工科短大が4大になりました。
●「日野館蕎麦」が移転した。
●東豊田の「黒川清流公園」で、よく憩いました。
●市役所の食堂でよく昼ごはんを食べました(安い、まずい)
●「ラブラブ」で買った自転車にいまでも乗っています。
・・・・・

「日野あるあるばなし」したら、楽しそうですね。

つかりこ #- | URL
2014/04/12 20:31 | edit

Re: つかりこさん、こんにちは!

YANさん、いらっしゃいませー!

レンタル店にありますよ、たぶん。
お約束ストーリーの、よくある “障害乗り越え系” の映画ではありますが、
コメディだし、映像の撮り方のうまさやストーリーの微妙な意外性などで
それ系の中でも秀逸な1本だと思います。
なかなかいい作品だと思いますよ。
お嫌いじゃなかったら、ぜひどうぞ。

リハウスガールの宮沢りえさんは、ホント驚くほどかわいかったですよねー。
いまでもはっきり記憶に残っています。
10代目以降くらいになって記憶に薄いのは、
CMの出稿量が少なくなっているからかもしれませんね。

ハナシは別ですが、キムタクが出てたタマホームのCMは
Deep Purpleの「Burn」の替え歌でしたよね。

つかりこ #- | URL
2014/04/13 02:29 | edit

No title

つかりこさん、こんにちは!

大作も好きですが、こういったプログラムピクチャー的映画は、大作よりも大きく、というか、よりこころの深いところに訴えかけてきてくれます。
最近、「こころのつながりって何だろう」といったことを強く意識していることもあり、このような映画に触れると改めて「本当に大切なこと」を考えさせられます。

ボクは傘をあげられるか。
この言葉の向こうにあるもの……。

夏帆ちゃんも素敵ですが、病と闘いながら活動休止と再開を繰り返す星野源さんの益々のご活躍を祈念しています。

Omunao #- | URL
2014/04/13 07:39 | edit

No title

この映画、説明と写真を見ているだけで、若い2人の初々しいとぎこちなさが伝わってきます。
娘はいないですが、親の気持ちはいつも同じですね。
近頃では、「抱きしめたい」を見て泣いてしまいました。
年のせいか涙もろくて困ります。
レンタルして、泣いているのを見られるのがいやなのでこっそり1人で観てみようと思います。

takaki11 #- | URL
2014/04/13 09:08 | edit

No title

つかりこさんはいっつもいい物見つけてきますね。
ちなみに歴代のリハウスガール8代目妹役の井上真央ちゃん
めっちゃ気になります。白雪も気になるんだけど。

ちっち #- | URL
2014/04/13 13:53 | edit

Re: Omunaoさん、コメありがとうございます!

こういう作品って、昔みたいな「かき入れ時からはずされてしまって」感が
薄くなっているように思います。
年から年中登場しますもんね。

そうですよねー。
このテの作品って、胸を打つものが多いですよね。
自分のエモーションがこういうのにフィットしやすい状態だったりすると、
忘れられない1本になることが多いと思います。
僕にとっても、この作品はいつまでも心に残るだろうと思います。

「こころのつながりって何だろう」って・・・
どこかの哲学者が言う「純粋理性」みたいなものって、
理想であって実際は存在し難いものなのかも、思っています。

世の中、意識するやしないに関わらず、須らくギブ&テイクで
成立しているのでは?とトシを食ってからは思っています。
若い頃は、ギブもテイクも行動原理にするのを許せない、
と思っていた時もありましたが、それこそが潔いフェアプレーなのでは?
と考えるようにもなりました。
観念的な表現になってしまいすみません。

星野源さん、去年の12月からくも膜下出血で、入退院を繰り返していたんですね。
しらなかったです。
快復をお祈りするとともに、彼の音楽活動にも目を向けてみようと思います。
お知らせありがとうございました。

つかりこ #- | URL
2014/04/14 00:32 | edit

Re: takaki11さん、いつもありがとうございます。

「抱きしめたい・フォーエバー」というのをやってましたねー。
んー、あれで泣くなら、この映画を観たら号泣するのでは?(笑)

この映画のおもしろいところのひとつは、
女子側の父=大杉漣のメンタリティにあります。
あとはぜひご覧になられてお確かめください。
ええ、こっそりお一人の部屋で・・・(笑)。

つかりこ #- | URL
2014/04/14 00:47 | edit

Re: ちっちさん、いらっしゃいませー!

> つかりこさんはいっつもいい物見つけてきますね。

↑いえいえ、いろんな方たちに教えてもらっているんです。
この作品は、コマーシャルの量は少なかったと思いますが、
主役が日本アカデミー賞の俳優賞をもらうくらいですから、
かなりの人気作でもあるんですよ。
まちがいなく、おもしろくて感動します。
機会がありましたら、ぜひどうぞ。

井上真央ちゃんの最新作は、『白ゆき姫殺人事件』ですよねー。
原作が湊かなえで、綾野剛と共演で、監督が中村義洋といったら、
んー、これは観てみなくちゃいけないだろうなあ・・・。

つかりこ #- | URL
2014/04/14 01:01 | edit

ローカルな話ですが

最近の日野の様子、詳しくありがとうございます!
国道20号がそんなに変わったなんてびっくりです〜。
「自転車置き場」わかりますよ〜。(実家のすぐそばです)
中学くらいまでは、まだ踏切を渡ってたと思います。
踏切の手前にタバコ屋さんがあって、子供の頃はよくそこで
母にアイスを買ってもらってました。
踏切の向こうにはお地蔵さんがあったんですよね。
ケーキ屋さん「シャモニー」も、実家で昔からの定番ですよ。
駅前の喫茶店「トムの家」もたしかまだありますよね。
そこは友達とよく行って、コーヒー1杯で長居したものでした。
平屋の頃の都営住宅、小学校の同級生が何人か住んでましたよ。
日野台高校のところは、昔工場があった跡地で、
私が子供時代は空き地だったのでそこでよく凧揚げしました。
神明あたりは、縄文遺跡の発掘をしていたのでやはり当時は空き地、
そこでも凧揚げしてました。
日野台高校は、私の同級生が第一期生だったと思います。
あっ年がばれる(笑)。
私は電車通学に憧れていたので、歩きで行けちゃう日野台高校と
バス通学になる八王子東高校はパス、でした。
「ラブラブ」はそういえば、父がよく行って買い物してた気がします。
懐かしくて、ついつい長くなりました!
私も最近あまり帰省してないので、また何か面白い変化があったら
教えてくださいね。



里花 #- | URL
2014/04/14 14:08 | edit

Re: ローカルな話ですが

里花さん、コメントありがとうございます。

日野台高校がなかった時は、見たことがなかったので
興味深かったです。

「シャモニー」は、何十回も買いに行きました。
ニアミスしているかもしれませんね。

「トムの家」はまだありますねー。

しょーもないハナシにおつきあいいただいて
ありがとうございました!!

つかりこ #- | URL
2014/04/15 00:44 | edit

失礼します

「微妙に観てる人の想像を裏切るように」って、どこなんだろう・・・と、やっぱりわかってないアタシでした☆

ただ、確かにつかりこさんのおっしゃるとおりと思ったのは、「つらいけど、がんばって、泣かせる” 系の映画とは、だいぶん違う」ってところ。そうです、そうです、言われてそこは気が付きました。設定の妙です!だから、あの優しく心温まる良い雰囲気にできあがってるんだね。つかりこさんに言われなければ、す~っと流していたと思います。ありがとうございます。

「最後のほうで不覚にも涙を流してしまった」んですね。感動のポイントがアタシと似ているのかしら~と嬉しくなりました。そうそう、夏帆ちゃんの演技がとっても良かったのも同感です。純粋にときめいて、でも戸惑って、そして前進する、しかも目が不自由って言う難しい役柄をよくもまあ、素敵に演じてくれたもんです。

と、また過去記事にコメントしてしまいました。
失礼しました☆

きたあかり #- | URL
2015/07/09 21:37 | edit

Re: 失礼します

きたあかりさん、コメントありがとうございました。
ちょっと、バタバタしており、レスがとんでもなく遅くなってしまいました。

> 「微妙に観てる人の想像を裏切るように」って、どこなんだろう・・・と、やっぱりわかってないアタシでした☆

↑たとえば、彼女のお父さんとケンカしても、どこかで仲直りすると思ってた、とか、
最後はもっとスキッとハッピーエンドになるのかと思ってた、とか、
思いませんでした?

> ただ、確かにつかりこさんのおっしゃるとおりと思ったのは、「つらいけど、がんばって、泣かせる” 系の映画とは、だいぶん違う」ってところ。そうです、そうです、言われてそこは気が付きました。設定の妙です!だから、あの優しく心温まる良い雰囲気にできあがってるんだね。つかりこさんに言われなければ、す~っと流していたと思います。ありがとうございます。

↑ふたりのウチのどっちかがフツーの人だったら、
「がんばれ系」になっちゃったかと思いますが、
ふたりともフツーじゃない設定なので、
「ちょっと新しい恋愛もの」ができあがったんでしょうね。
すてきな純愛映画だと思います。

> 「最後のほうで不覚にも涙を流してしまった」んですね。感動のポイントがアタシと似ているのかしら~と嬉しくなりました。そうそう、夏帆ちゃんの演技がとっても良かったのも同感です。純粋にときめいて、でも戸惑って、そして前進する、しかも目が不自由って言う難しい役柄をよくもまあ、素敵に演じてくれたもんです。

↑愛は何ものにも勝る、ああいう勝り方があっていいんだろうな、って思います。
夏帆ちゃんは、ますますいい女優になってきましたね。
『海街diary』での演技も楽しみです。

> と、また過去記事にコメントしてしまいました。
> 失礼しました☆

↑いやいや、過去ログコメント、大歓迎です!
これからも、ご遠慮なくどうぞですー。

つかりこ #- | URL
2015/07/16 12:11 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurayuragusa.blog.fc2.com/tb.php/110-675cb2bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちかごろの記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

リンク