ゆらゆら草
もう少し感受性を働かせれば、毎日がスペシャルになる。そう自分に言い聞かせて、 いろいろ感じたことを書きとめてみよっと。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
がやがや報告 ~ キネマ旬報ベスト・テン 第1位映画鑑賞会と表彰式


行ってきましたよー。
ご存知、2月8日(土)、あの大雪の日。

埼玉県の新所沢の8日は、午前2時頃から雪が降り始めたんだよ。
その頃は、まだ降り始め。
地面がうーっすら白くなってる程度だったな。
朝8時半頃に家を出た時は、もう10cmくらい積もっていたよ。
確かに、近年では珍しいハイペースだ。

駅に着いて電車を待つ。
西武池袋線で池袋まで行って、地下鉄有楽町線に乗り換えて、
「新富町」まで行ったら、駅のすくそばが会場のはずだな。

電光掲示版に表示されている電車がまだ来てないわ。
ちょっと遅れているかなー。
やっと来たのに乗り込んで、10分遅れで約束の「西武池袋線所沢駅上りホームの一番前」に到着。

ちょっとしたら、Kくんから電話があって、まだ途中だとのこと。
Kくんとは、飯能在住の仕事仲間。
夏に書いた記事で、飯能河原にある蕎麦屋で一緒に蕎麦を食べたやつだよ。

25分遅れでやっとKくんと合流。
遅延運行のせいで満員に近い状態になった電車に乗り込んで、
池袋からは逆にガラガラに空いた地下鉄有楽町線に乗り換えて、
10時25分頃のギリギリに会場に着いたんだった。

会場は中央区役所の向かい、旧電通本社(現電通テック)のはす向かい。
近所には、「築地市場」、「築地本願寺」、「歌舞伎座」、
「マガジンハウス」なんかがあるんだよ。
銀座というより東銀座のほうだった。

001キネ旬ベストテン_入口.jpg

この時点で、東京都中央区も10cmくらい雪が積もっていたなあ。

002キネ旬ベストテン_場内.jpg

会場は、昔ながらの2階式のホールだね。
キャパが900人だから、やや小ぶりな市民会館って感じかな。
あ、「銀座ブロッサム 中央会館」って名前だから、中央区の区民会館かなあ。
きっと、そうだねー。

上映開始15分前で、だいたい7割くらいの客入り。
でも、どんどん人が増えてくるねー。
大雪の中、皆さんごくろうさんなことですー。

さてさて、レトロなブザーの音が鳴って、場内が暗くなって、
はじまり、はじまりぃー。



<第1位映画鑑賞会>



★文化映画第1位作品『標的の村』

003標的の村ポスター.jpg

国が、「オスプレイ」の着陸場建設に反対して座り込んだ
東村(ひがしそん)・高江の住民を通行妨害で訴えた!
国や団体が、反対運動を委縮させるために、裁判という手段を使って弾圧・恫喝したのだ。
アタマにきた住民は県民大会を開催、10万人が結集した。
その直後に、日本政府は電話一本で県に「オスプレイ」配備を通達した。
完全にアタマにきた住民は、強硬配備前夜の2012年9月29日、
台風17号があばれる中、アメリカ軍普天間基地ゲート前に身を投げ出し、
22時間にわたって米軍基地を完全封鎖した。
警察は、これを強制排除しにかかる。
住民たちは、警察官に向かってアジる。
日本人と日本人が、ウチナンチュとウチナンチュが、戦ってどうするんだ?
ほら、国やアメリカ軍はただ見てるだけだろ!

004標的の村シーン.jpg

監督の三上智恵さんは、地元テレビ局・琉球朝日放送の女性ニュースキャスターなんだよ。
三上さんは、表彰式の場でトロフィーを手にして言ってたよ。
「地元で何度ニュースにしても、全国ニュースにはならなかった。
何度ドキュメンタリー番組を作っても、全国ネットで流れることはなかった。
だから映画にしたんです」
その言葉に感動しました!


●『標的の村』(ひょうてきのむら)
2013年 日本
上映時間:91分
製作会社:琉球朝日放送
プロデューサー:謝花 尚
監督:三上智恵
構成:松石泉
撮影・編集:寺田俊樹



005文化映画ベストテン.jpg
こういうドキュメンタリー系もおもしろそうだね。『先祖になる』あたりはおもしろいかな



★外国映画第1位作品『愛、アムール』

006愛、アムールポスター.jpg

パリに住む音楽家の老夫婦。
時には、教え子のコンサートに招かれて出かけて、
レストランで食事をしたりする、比較的裕福な余生を送っている。
ある日突然、妻が認知症(?)になってしまう。
妻の願いから、自宅で生活をすることに。
だんだんと壊れていく妻、それを深い愛情で支える夫。
そして、衝撃の結末。

007愛、アムールシーン.jpg

日本では昔からよくあるテーマではあるね。
でも、静かな映画なのに、映像の明暗・美しさ、アングル、役者の演技、
偶然性までも計算に入れたカット、空気のような音楽・音声など、
作る人の視点で見ると完璧としか言いようのない出来の作品だなー。
デジタルカメラで撮影したらしいんだけど、
こんなふうに撮ることができるんだね。
これから世界中で頻出する(している?)社会問題を、
静かに深くえぐった作品だと思う。
第65回カンヌ国際映画祭のパルムドール受賞作だね。


●『愛、アムール』(あい、あむーる)
2012年 フランス・ドイツ・オーストリア
上演時間:127分
製作会社:Canal+、フランス3シネマ
脚本・監督:ミヒャエル・ハネケ
配給:ロングライド
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ ほか



008外国映画ベストテン.jpg
僕が観たのは、キネ旬選出が4本、読者選出が5本。『嘆きのピエタ』おもしろそー



★日本映画第1位作品『ペコロスの母に会いに行く』

009ペコロスポスター.jpg

認知症の母親とハゲちゃびんの息子のおかしくて切ない毎日。
ある日、症状が重くなる母をヘビーな気持ちで介護施設に預けることに。
ところが、患者同士の出会いがあったり、
見舞いに来ている家族同士の出合いがあったりで、けっこう楽しかったりする。
ホントは大変な介護を笑い飛ばしてくれる作品だね。
会場は、終始爆笑の渦!

010ペコロスシーン.jpg

情緒あふれる長崎の町が舞台。
薄れていく “日本の記憶” と “母の記憶”、その切なさがオーバーラップして、
笑う映画のはずなのに涙を流してしまった。

原作は、岡野雄一作のエッセイ漫画。
自費出版からベストセラーになった人気作品だそうだ。

監督は、『男はつらいよ フーテンの寅』、『時代屋の女房』、『美味しんぼ』などを撮った
86歳の名匠・森崎東。

配役は、昔の有名人がたくさん出ていて、極めておもしろいよ。


●『ペコロスの母に会いに行く』(ぺころすのははにあいにいく)
2013年 日本
上演時間:113分
製作会社:「ペコロスの母に会いに行く」製作委員会
原作:岡野雄一
脚本:阿久根知昭
監督:森崎東
配給:東風
出演:岩松了、赤木春恵、原田貴和子、加瀬亮 ほか



011日本映画ベストテン.jpg
僕が観たのは、キネ旬選出が6本、読者選出が8本だな。『横道世之助』好きだなあ



★1位作品上映の1本目と2本目の間の昼休みに、蕎麦屋へ行って来たよ!
 築地にある名店のひとつ、『築地 布恒更科』でござる。
 別途、記事にいたしますので、乞うご期待!






<表彰式>



さてさて、上映会が終わったら、お待ちかねの表彰式!!
大雪だけど、皆さんちゃんと来るのかなあ?

012キネ旬ベストテン_授賞式舞台.jpg

チケットハガキには、「撮影禁止」と書いてあるけど、
会場を見渡すと、スマホやカメラを用意している人がけっこういるいる!
よっしゃ、僕もいま人気の役者をバッチリ撮ってやるぞ、とカメラを準備。

ところが、さっそく「ケータイやカメラやビデオでの撮影は、固くお断り」との場内放送が。
さっきまで構えていた人たちが、ササッとスマホやカメラを引っ込めたよ。
僕は心の中で「いくじなしめ、オレは撮ったる!」と気合を入れたねー。

013キネ旬ベストテン_授賞式笠井さん.jpg

司会は、フジテレビアナの笠井さんだ!
カメラのズームを使って笠井さんを撮っていたら、笠井さんたら・・・
「ケータイやカメラやビデオでの撮影は、ご容赦ください」とのこと。
まるで、僕に向かって言っているようなセリフ!
これで、完全にノックアウト。
写真撮る気が失せてしまった。
ごめんちゃい、この後の画像はネットのあっちこっちで拝借してきたものです。
勘弁してください。



★日本映画作品賞『ペコロスの母に会いに行く』
森崎東監督が来る予定だったみたいだけど、大雪と体調不良のせいで代理の方が来たね。
たしか、撮影スタッフだったと思う。



★外国映画作品賞『愛、アムール』
これは、配給会社の人が代わりに来ましたねー。



★文化映画作品賞『標的の村』

014三上智恵_標的の村.jpg

三上智恵監督が来場。
さすが琉球朝日放送のニュースキャスター、発声がいいねー。
「ニュースとドキュメンタリーを何百本も作ったけど、まったく他県で放送されることがなかった。
何とかして日本中に伝えたい、という気持ちから、映画という方法を選んだ」
というコメントには泣けたねー。



★監督賞・読者選出日本映画監督賞 / 石井裕也
・舟を編む


015石井裕也.jpg

若干30歳!埼玉出身。
奥さんは、なんと満島ひかりなんだね、このーっ。
『川の底からこんにちは 』、『ハラがコレなんで』など、秀作多数。
とうとう『舟を編む』で、第37回日本アカデミー賞の優秀監督賞もとっちゃった。
今年、最新作も封切り予定。



★外国映画監督賞・読者選出外国映画監督賞 / アルフォンソ・キュアロン
・ゼロ・グラビティ


016キュアロン.jpg

メキシコ人。
なんと、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 』や『トゥモロー・ワールド』を撮った人!
どっちもすばらしい作品だよねー。
本人は来なくて、配給会社の方が代理で来てたけど、
「日本の歴史ある賞で、ゼロ・グラビティが評価されたことは、大変光栄なことだ」
って、本人からのコメントが読み上げられていたね。



★脚本賞 / 荒井晴彦
・共食い


017荒井晴彦.jpg

この人は、映画版の「踊る・・・」をはじめとした映画のインスタント化を批判したり、
阪本順治監督に脚本をいじられて激怒したり、熱いおっさんなんだよなー。
実は、昔から賞もたくさんもらってる大御所。
『遠雷』、 『探偵物語』、『Wの悲劇』、『ひとひらの雪』、『リボルバー』、『KT』、 『ヴァイブレータ』、
『大鹿村騒動記』など、アート系も娯楽系もエロ系もほいほいこなす、筋金入りのセンセだ。
『共食い』の仕事は、娘に手伝ってもらったって、白状していたなー。
雑誌「映画芸術」編集長。



★主演女優賞 / 真木よう子
・さよなら渓谷・すーちゃん まいちゃん さわ子さん・そして父になる


018真木よう子_さよなら渓谷.jpg

『さよなら渓谷』では、裸で濡れ場に体当たり!
近年あまり見かけない、演技ジェニックな女優といえるかもしれないな。
2013年は、複数の映画に重複して出演していたので、
「役に入り込んだままになったりして、次の現場で次の役に自分を持っていくのが大変だったのでは?」
という質問にこともなく、「現場に入ったらすぐにその役になりきれるので、別に大変じゃない」
って答えていたっけ。
監督の要求に、ほいほいいろんな演技ができることでも定評があると、何かで読んだこともあるなあ。
「無名塾」をやめてから、グラビアアイドルで終わるのか、と思っていたけど、
いよいよ本格的な女優になったね!



★主演男優賞 / 松田龍平
・舟を編む


019松田龍平_舟を編む.jpg

身長183cmだってさ!
役柄が多彩だよね。
大別すると、「人を殺しそうな不気味な感じの少年」、「忍法を使いそうな剣士」、
「無口でコミカルな草食系男子」、「いるんだかいないんだかわからない端役」かな?
近年は、その内の「無口でコミカルな草食系男子」で人気を博してきたんだねー。

020松田_真木.jpg

報道では、「キネ旬の新人賞をとった人は主演賞をとったことがない、というジンクスがあったが、
史上初の両方受賞ですね」という問いかけに対して、
照れるように「やってやったぞ!」って喜んだ、ということになっているけど、
見てた印象では、喜ばざるを得なくて苦笑いした、という感じだったなー。
奥さんは、雑誌「ニコラ」のモデルで、村上龍原作、李相日監督、クドカン脚本の映画『69 sixty nine』の
ヒロイン役をやった太田莉菜、おー、こんなとこにいたんだ!



★助演女優賞 / 田中裕子
・共食い・はじまりのみち


021田中裕子_共食い.jpg

ジュリー(沢田研二)の奥さんだよ。
『マー姉ちゃん』でデビューして、『おしん』で大ブレイク!
いまや、アジアやイスラム圏で、この人を知らない人がいないくらいになったねー。
僕的には、神経がぴりぴりするような日本女性の役のイメージがあるけど、
最近はほんわりしたおばさんやお母さんの役が増えてきたかな。
報道では、「30年前に主演女優賞を獲得した時に、松田優作さんと並んで表彰されましたが、
いままた、その息子さんと同じ舞台に立ててどうですか?」という質問に、
うれしそうに「ちょーうれしい!」と答えた風に言われているけど、
ホントは田中さん、年齢を茶化されているように感じたのか、
おちゃらけてるニュアンスに見えたね、僕の目には。



★助演男優賞 / リリー・フランキー
・凶悪・そして父になる


022リリー_そして父になる.jpg

始めの頃はあぶなっかしい感じだなー、って思っていたんだけど、
最近はずいぶん役者業が板についてきたよね。
式場では、「『凶悪』を先に観た人には、『そして父・・・』を観ている時に、
あのお父さんがそのうち人を殺すんじゃないか、って見えたみたいで、悪い影響があったはず」
と、笑いをとっていたねー。
一発で、まわりの役者の緊張感をふっとばしていたっけ。
ホント、すっとぼけたおっさん。

023キネ旬ベストテン_リリー2.jpg



★新人女優賞 / 黒木華
・舟を編む・シャニダールの華・草原の椅子・くじけないで・まほろ駅前番外地


024黒木華_舟を編む.jpg

きたきた!
はるちゃんですー!
オーラを感じるよねー。
いまんとこ、ドラマでも映画でも端役ばかりだけど、
彼女が登場するとそのシーンにパッと華が咲くように見えるのは、僕だけだろうか?
決して、絶世の美女、って感じじゃないけど、目に見えない引力を感じるなあ。
会場では終始緊張気味だったせいか、ツンデレな印象に見えたなー。

025_黒木華2.jpg

外国の映画賞もとりそうな勢いの『小さいおうち』では、大役を授かったね。
これから、ますますの活躍を期待しちゃおう!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2014年2月16日(未明)、
黒木華が第64回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞!
やったねー!
日本人の受賞は、左幸子('64)、田中絹代('75)、寺島しのぶ('10)に
続き4人目だそうです。
黒木華受賞.jpg
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------



★新人男優賞 / 吉岡竜輝
・少年H


026吉岡竜輝_少年H.jpg

松田龍平のインタビューで、「キネ旬の新人賞をとった人は主演賞をとったことがない」というのを聞いて、
「えーーっ!?」と騒いで、会場を湧かせていたよ。
歌舞伎役者になりたいそうで、舞台を踏んだことを褒められても、
外弟子状態なので、「言ってみれば、派遣社員みたいなもんです」と言って、
さらに観客の爆笑をとっていたねー。
うん、大物の予感。
『少年H』をまだ観ていなくて、大変恐縮です。



★キネマ旬報読者賞 / 荒俣宏

027荒俣宏_キネマ旬報読者賞.jpg

キネマ旬報本誌に映画のコラムを書いているのかな、それに対する賞みたい。
淀川長治さんももらったことがある賞らしくて、荒俣さんはとても喜んでいたねー。
子供の頃から、タダで映画館に入れてもらって、
いつも混んでいたので、ステージの上に載って観ていたそうだ。
おしっこがしたくなったら、舞台そでのカーテンに向かって立ちションしていたそうだ。
だから、映画はたくさん観ているけど、ちっとも覚えていない、と謙遜していたっけなあ。



★ムービープラス・アワード / 『そして父になる』
「ムービープラス」って、CS?スカパー?
キネ旬と繋がりが深いみたいで、ついでにそこの賞の表彰もやっていたな。
この人気作も、ちゃんと表彰されました。
めでたし!



028_表彰式全員.jpg

上段左から・・・
脚本家の荒井晴彦、琉球朝日放送の三上智恵監督、ミヒャエル・ハネケ監督代理、
アルフォンソ・キュアロン監督代理、荒俣宏
下段左から・・・
黒木華、吉岡竜輝、田中裕子、松田龍平、真木よう子、リリー・フランキー、石井裕也監督、森崎東監督代理

いやー、おもしろかった!!
めったにできない経験ができましたねー。
映画カッパさん、ホントにホントにありがとうございました!!
同行のKくんも、よろしくお礼をお伝えください、とのことでした。



イベントが終わった時点で、銀座の積雪は20cm以上あったかなあ。
おもしろいから、大雪の中、有楽町駅まで歩こうぜ、
ということで、Kくんと “八甲田、死の行軍” 開始!!



銀座の呑み屋街が、ススキノに見えた。



029_銀座.jpg

030ブランド通り.jpg
マツヤ銀座の並び、“銀座ブランドストリート” も雪の装い

031_シャネル.jpg
もう一度、クリスマスが来た気分だねー



雪 / 猫  作詞・作曲:吉田拓郎




コメント
コメント
この日に、行かれたんですね〜!
私も新宿をちょこっと歩いて、ここは札幌か?って思いましたよ(笑)。吹雪いてましたもんね。

「横道世之介」も良かったですよね〜
あのしょうこちゃん役の子が、来年のNHK朝ドラのヒロインです。「赤毛のアン」の翻訳をした方をモデルにしたドラマだそうです。
「舟を編む」の監督さんが、満島ひかりちゃんのだんな様だとは知りませんでした・・・。
ついでに言うと、田中裕子さんが沢田研二さんの奥さんだったのも知らなかった・・・ちょっとうといですね。
つかりこさんの記事を見ていると、自分はあまり映画観てないけどいろいろわかって面白いです♪
2014/02/11(火) 17:44:06 | URL | 里花 #- [ 編集 ]
会場って意外や意外、こじんまりした所なのですね。
その分、受賞者との距離が近くていいですね~。
あ~うらやまし~。
ところで、あの日は埼玉のお家まで帰れたんですか?
実はツレアイも午後2時~7時まで東銀座に行っていたんですが
な~んと!雪で電車がストップして帰れなかったんですよ。
つかりこさんや如何に?!と思ってましたよ。
2014/02/11(火) 17:55:40 | URL | さとちん #WOq6nlhY [ 編集 ]
雪、すごい。
いゃ〜、テレビでは見てましたが、凄い雪ですね。
本当に無事に帰られてよかったです。

そして、素晴らしい報告レポートありがとうございました。
堪能させて頂きました。
つかりこさん達に行って頂いて本当に良かったです。
勿論、徳島からはこの天候だと、たどり着けてなかったですね。
それと会場の狭さ、キャパ900人とは…
さすがは、キネマ旬報社。
権威はあっても予算は少ないのでしょうね。

ご一緒して下さったKさんにも宜しくお伝えください。
2014/02/11(火) 18:48:45 | URL | 映画カッパ #- [ 編集 ]
満喫されたようですね!
素敵なレポートで、こちらも同行した気分です(´∀`)

それにしても雪。
寒そ~
わたしの地方は、さほど降らなかったんですよ~。
子供らが残念がっとりました。

最後の銀座の雪景色を見て、
東京に住んでた頃、大雪に見舞われた年のことを思い出しました。
すごい量の積雪で、
あまりの寒さに、近所の電気屋まで、
電気ヒーター買いに行ったんです。

で、雪の中、それを引きずって持って帰ったという苦い思い出(ノ∀`)

それを思い出しましたヽ(´▽`)/

来週は、わたしも東京へ出張です!
寒くないといいなぁ~
2014/02/11(火) 21:22:34 | URL | ハリガネ #- [ 編集 ]
Re: 里花さん、いつもありがとうございます。
そうそう、8日は東京が北国の風景になりましたよね。
めったにないことなので、ちょっとうれしかったりして。

「横道世之介」が箸にも棒にもかかっていなかったのが、残念でした。
大したストーリーでもないものを、あんなにおもしろく撮れる監督の力は偉大だと思います。
まだ若い監督なので、くさらずやってけば、そのうち賞のひとつもとる監督では。

あ、そうそう、吉高ちゃん、次の連ドラのヒロイン演るんですよね!
楽しみですー。

いつも最後まで読んでいただいて、うれしいです!
ありがとうございます。
2014/02/12(水) 05:57:40 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
Re: さとちんさん、お尻、青くなっていませんか?
転倒痛、病院で診てもらったほうがいいかもしれませんよ。

会場、そうそう、市民会館の中ホールといった大きさでしたね。
でも、ライブをやるわけでもないので、
すごく大きくてもしょうがないか、って気もしました。
ええ、前の方の2~3列はプレス用となっていましたが、
わりと近くで俳優を見ることができましたよ。へへへ、いいだろー
でも、真木よう子は、離れた所からだと目鼻立ちがよく見えないくらい
顔が小さかったですよ!

あー、ツレアイさん、東銀座で見かけましたよ!(ウソぴょーん)

あの日は、行く時は電車が徐行運転で、「間に合わないー!」
って焦りましたが、帰りは20cm以上積もっていてもなんともなかったです。

ツレアイさん、ひょっとしてJR線ご利用だったのでは?
JRって、すぐに運行を止めるんですよ。
僕らは、有楽町まで歩いて、地下鉄有楽町線に乗ったので、
雪の影響はなしだったんです。
池袋からは、地上を走る西武池袋線というやつなんですが、
西武線や京王線って、大雪でも台風でも
なかなか運行が止まらないので有名な電車なんです。
よって、ほいほい帰れました。
所沢は、30cmくらい積もっていてワークブーツを履いていても
歩けない道がたくさんありました。

個人的には、あれくらいなんともない雪なので(北海道生まれ)、
ニュースで大騒ぎしているのが不思議でならないのですが・・・。
でも、ちゃんと転倒する歩行者もいるので(笑)、
注意を促す必要があるんでしょうねー。

整形外科っていい加減な医者が多いけど、
一度は診てもらったほうがいいんじゃないでしょうか?
大事にしてください。
2014/02/12(水) 06:35:28 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
こんにちは
行ってきたんですね。もっと先の話かと思っていました。アハハ~
最近日本のTVドラマをネットで見ているので、真木さんと松田さんなんかも知る様になりました。
雪の銀座もお洒落ですね。ここまで降ると滑らない?帰りは電車走っていましたか?
2014/02/12(水) 11:52:06 | URL | サンデーランチ #- [ 編集 ]
こんばんわ
雪の中お疲れ様です
どの映画も面白そうですね。
2014/02/12(水) 17:35:02 | URL | ネリム #oM6tt0T6 [ 編集 ]
Re: 雪、すごい。
映画カッパさん、ありがとうございました!!

そうですねー、所沢は10年くらい前にもドカッときたことがありますが、
都内は16~17年ぶりでしょうか。
東京でも、一晩で30センチくらい積もることもたまにあるんですよー。
道産子の自分にしてみれば大したことないのに、
みんなそんな準備をしていないので、大騒ぎになるんですよねぇ。
まあ、車に乗る必要のある人にとっては大変なモンダイですが・・・。

ルポ、楽しんでいただけたとしたら、とてもうれしいです。
いちおう、ニュースやネットで紹介されていない
会場現場ならではのエピソードに心がけたのですが・・・(汗)。
僕としては、こんな経験はめったにできないことなので、
とてもとても楽しく堪能させていただきました。
こちらこそありがとうございました!!

会場は、東京ドームみたいなとこでやっても意味がないですもんね。
あれでじゅうぶんですよ。
僕らは、1階席の中ほどに席を陣取りましたが、
それでも、真木よう子の顔が小さ過ぎて、よく見えないくらいでした(笑)。

同行のKもとても感激しておりました。
ホントにありがとうございました!
2014/02/12(水) 19:07:38 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
こんばんわ~!

キネマ旬報ベスト・テン に行ってこられたんですね(^O^)/
いいな~~\(^o^)/
なかなか経験できないことですよね♪
素晴らしかったでしょうね(^_-)-☆
私も見てみたかったな(^_^;)

関東の記録的な大雪の日だったんだ~(~_~;)
大変でしたね(+_+)
2014/02/12(水) 21:30:10 | URL | ぺこ★ぺこ #- [ 編集 ]
良い1日ですね
つかりこさんの様な映画ファンには、素晴らしく充実した1日ですね。
それぞれの映画が素晴らしく、生の表彰と大雪を吹き飛ばせますね。
その後の行軍も札幌では日常茶飯事です。
すすきのよりネオンも都会的で綺麗です。
蕎麦もレヴューも楽しみにしています。
2014/02/12(水) 21:51:46 | URL | takaki11 #- [ 編集 ]
Re: ハリガネさん、コメありがとうごさいます。
一度にたくさんの俳優を生で見るなんて、なかなかできない体験でした。
映画カッパさんに感謝しきれないほどの気持ちです。

そちらはけっこう温暖なんでしょうね。
日本海側に、“屋根” がたくさんありますもんね。
お子さんたちは、がっかりでしょうけどね。
こちらも、大人はわーわー、ひーひー言ってましたが、
近所の子供たちは大喜び!
雪だるまとすべり台があっちこっちにできましたよ。

住まわれていた頃の大雪というと、
16~7年前のやつかな?19年前かな?32年前のやつかな?
僕の記憶ではその3つくらいかなあ、東京の大雪ったら。
電気ヒーター、引きずったんですか?
雪だから、引きずったほうが楽だったとか?(笑)

来週は、場所によっては雪が残っているところがあるかも知れませんね。
あったかい服装でお越しください。(´▽`)/
2014/02/13(木) 02:57:43 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
Re: サンデーランチさん、いらっしゃいませー
帰りも西武線は動いていましたよ。
地下鉄ももちろん雪の影響は受けないので、何の問題もなく帰宅できました。

銀座、写真でみる以上に歩道には雪が積もっていたので、歩きずらかったですが、
照明の点いている所はきれいですよね?
すこしロマンチックな気分になりました。
同伴者は、南極越冬隊員みたいなカッコの男でしたが(悲)。
2014/02/13(木) 03:16:22 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
Re: ネリムさん、コメントありがとうございます!
キネ旬のセレクションは、フツーにビデオ屋さんやネットでチェックしてても
なかなか見つけられないものが多いですねー。
僕は去年、新旧含めて184本の映画を観ましたが、知らない作品がたくさんありました。
アート系や社会派の作品が多いような気がします。

ネリムさんはかなりお忙しそうですが、時には映画もいかがですか?
おもしろいのを見つけたら、教えてくださいねー。
2014/02/13(木) 03:22:16 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
Re: ぺこ★ぺこさん、コメントありがとうございます!
大雪の中歩くのも、冒険気分で楽しかったです!
たまに降る雪は、交通機関が止まらなければ、メルヘンですよねー?
大雪ったって、東京の場合は、そちらの日常や北海道の故郷なんかよりは、
寒くないんですよ。

俳優さんたちも、なんだか緊張しちゃっていて、人間であることを確認できました(笑)。
ただ、松田龍平の背の高さと真木よう子の顔の小ささ、体の細さはフツーじゃないですね。

脚本家の荒井晴彦さん、荒俣さん、リリーさんは、
話が上手でとてもおもしろい魅力的な人物ですね。
一緒にお酒を呑んでいろんな話をしたら楽しそうです。
おっさんの魅力って、そういうところにあるような気がします(苦)。

村上出身の平野歩夢くん、銀メダル獲りましたねー!!
(^O^)/やったーっ!!
2014/02/13(木) 13:49:09 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
Re: 良い1日ですね
takaki11さん、コメありがとうございます!

大雪は、むしろ外に出ることができて、こちらも希少な経験ができて楽しかったですよー(笑)。
北海道なら、日常的なことですけどね。
8日の雪は、けっこうサラサラしていましたが、でもやっぱり湿り気が多くて、
傘をささないと衣服が濡れてしまうのが、北海道の雪と違うところですよね。

銀座には、「ニッカの看板」はないですが、裏通りはすすきのみたいになってましたよ(笑)。
JR線は止まっていたみたいですが、余裕でタイ料理を食べて帰って来ました(汗)。
2014/02/13(木) 13:57:56 | URL | つかりこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.