ゆらゆら草
もう少し感受性を働かせれば、毎日がスペシャルになる。そう自分に言い聞かせて、 いろいろ感じたことを書きとめてみよっと。
201602<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201604
春の陽気にほだされて

先週くらいから、所沢はすっかり春だなー。
なんか、まわりで花が一斉に咲きだした気がするねー。
桜はまだちょびっとしか咲いていないけど。


001鈴蘭みたい.jpg

これは、なんちゅう花?
ここにあるやつは、腰丈くらいの低木だなあ。


002蝋梅みたい.jpg

これは?
見つけたやつは、膝丈くらいの低木。


003ツバキ.jpg

ツバキだろうけど、何ツバキ?


004ジンジロゲ.jpg

これくらいはわかる、ジンジロゲ。
いい匂い。


005白い桜.jpg

白い桜。
中国原産だっけな?



よしよし、ちょいと花でも愛でながら酒でも呑むか、
って、手に入れてきた酒・・・


006孝之01.jpg

007孝之02.jpg


タカユキー。





缶コーヒー、ほとんど飲まないけどねー。
電通のクリエーティブとエンジンフイルムっていう
プロダクションで作ってるんだね。







♪ 赤いスイートピー / 松田聖子





♪ 春一番 / キャンディーズ




いちごのパンツ、じゃなくてパン・・・

・・・パンでもなくて、まんじゅうだった。


001いちご袋入り.jpg


いつものスーパーへ行ったっけ、こんなのが売ってたよ。
いちごの季節だし、いま話題のヤマザキだし、買っちゃった。


002いちご全体.jpg


うん、これはまんじゅうだね。
外側は、あんまんとかのまんじゅうの皮ですわー。


003いちごかじり01.jpg

パクッ!

おお、ばっちり「いちごミルク」な味だねー!
どっかで食べたことある味だなあ。


004いちごかじり02.jpg

005いちごかじり03.jpg

パク、パクッ!

おーおー、そうだ、これは「マンマローザ」の中身だあ!
一見、しろあんなんだけど、いちごの香りと甘酸っぱさと、
ミルクのまろやかさが口の中に広がるわー。
マンマローザのいちご味とおんなじだぞー。


006いちごかじり04.jpg

パクッ!
120円/5口 なりぃ。


山崎製パンの関連会社の「ヤマザキナビスコ」がなくなるって、知ってた?
あ、会社そのものはなくならないはずだけど、社名が変わるんだよ。
「ヤマザキビスケット」に変わるんだっけな。

つまり、ヤマザキがナビスコ製品のライセンス製造と販売をやめるということだよ。

えーっ、「オレオ」とか「リッツ」とか「プレミアム」とかが、スーパーから消えるの?
っと言えば、そうでもないんだな。
製造と販売の権利が、本家アメリカのナビスコ(モンデリーズ・インターナショナル)に
戻るだけなので、製造も販売もモンデリーズ社の日本法人が行なって、
おなじみのブランドは売り場から消えることはないだろう、ということ。

でもね、どこの国で作ることになるかわからないから、
場合によっては安心感が落ちるかもしれないね。
それから、モンデリーズ・ジャパンの販売力がちょろかったりすると
スーパーであまり見かけない、なんて現象も起こるかもねぇ。

サッカーJ1の「ヤマザキナビスコカップ」はなくなるのかなあ?
ヤマザキがスポンサードを承継すれば、「ヤマザキカップ」だろうし、
モンデリーズ・ジャパンが続ければ、「ナビスコカップ」って名前が短くなるんだろうね。

子供の頃から観てきたあのTVコマーシャルも、間違いなく変わるだろうね。

モンデリーズがヤマザキに、「販売をこちらにやらせろ。製造だけやってろ」
って、ヤマザキの長年培ってきたブランド資産や売上利益を奪うような契約変更を
突きつけてきたらしいよ。
ヤマザキ側は、「なら、きっぱりやめたるぜ!」ということで、
そういうことになったみたい。

オレオやリッツが食べられなくなるかもしれない、
っちゅうのは困るけど、ヤマザキの潔い態度は好きだぜ。

ヤマザキは、ヤマザキビスケットとなって、
「オレオ」や「リッツ」や「プレミアム」の類似商品を売り出すかも

って、業界ではそういうウワサも出ているようだね。





007トトロ.jpg


近所のパン屋さん、「エリゼ」のトトロパン、再登場!
すごく上手で、キレイにできてるだろ?


008トトロ半分.jpg

イデーーーッ!
昔ながらのカスタードの入ったクリームパンだよ。







♪ Tarkus / Emerson Lake & Palmer





♪ Echoes / Pink Floyd




マッドマックス + 4DX + 3D =

001映画01


ブルブルッ、ガコガコン、ブシュー!

いやー、スゲーわ!
すごかった、4DX+3D!

先週の日曜日(3/6)に、埼玉県入間(いるま)市にある
「ユナイテッド・シネマ入間」で「4DX+3D」映画を観てきたぜー!

002エレベーター.jpg

003いらっしゃい.jpg

しかも、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』だぜっ。
3月に入ってから、関東方面では再上映が行なわれているんだな。
米国アカデミー賞にノミネートされたせいで、
見逃した人やリピーターからの再映の要望が高まったんだろうね。
結局、アカデミー賞たくさんとったよね。

004映画02


僕は、フツーの映画館とDVDで、2度観ていたんだけど、
「あれはいつか、4DXで観たい」と思っていたところへ知人から再映情報が!
「コレ幸い」って、野郎3人で行ったのだ。

005ちはやふるポスター.jpg

006僕だけポスター.jpg

007_5WAVEポスター.jpg

008ポップコーン01.jpg



その昔、ちょびっとだけボディソニックっちゅうのが流行ったよね?
覚えてる?
映画のシーンに合わせて、微妙にブルブルって振るえるやつ。
それから近年では、テーマパークのアトラクションや青少年科学館みたいなところで
「座席が動く系」+「3D」なムービーも見かけるようになった。

4DXって、その2つ合わせたようなものだと想像していたんだけど、
んー、実際はもっともっと激しかったよ!

たとえば・・・
車が炎上すれば、スクリーンのあたりでスモーク(ドライアイス?)が煙るし、
水没すれば、前の座席からけっこうな量の水しぶきが飛んでくるし、
雨が降れば、頭の上から水滴が降ってくるし、
蹴飛ばされれば、背中からどつかれるし、
槍や弾丸が飛んで来れば、首筋を風がよぎるわ・・・
で、シートベルトやドライヤーがついてないのが不思議なくらいだったよ。

それがマッドマックスだもんだから、すんごく激しくておもしろかったけど、
難点といえば、2時間も続くからけっこう疲れるんだな、これが。(笑)
それから、水没の時の水しぶきはいいけど、
血が噴き出す時に、水しぶきを出すのはやめてほしいわ。(笑)

009椅子引き.jpg
一つ一つ、がっちり大きな座席

010椅子寄り.jpg
何やら、物々しい仕掛けがありそう

011椅子正面.jpg
正面から観たらこんな感じ・・・

・・・っと、ここまで撮っていたら、映画館の人(女子)がやってきたよ。
「カメラをロッカーへしまいに行ってください」とのこと。
「あー、すんません、もうしまいますから」と僕。
「だめです、ロッカーへしまいに行ってください」
「ああ、終わるまで、もう出しませんよ」
「だめです、ロッカーへ・・・」
んもー、なんだよなあ、もうすぐ始まるってのによー。
スクリーンではちょうど、「ストップ映画泥棒」のムービーが流れていたからなあ。




CGの発達でものすごくリアルになった映画。
さらには五感に迫って、ますますリアルになるよな。
次は味覚か? そのうち霊感(第六感)まで行くのかなあ。

リアルな表現って、創作物とか芸術とかっていうのとは
ちょっと違う気がするんだけどなあ。
それは、“あるあるリアル芸” じゃないの?

表現とかアートって、受け手の “想像” と相まって起こす
“化学反応” みたいなものだよねぇ。
ある種の表現物は、どんどんヒトの想像の余地を奪って成長していくんだなあ。
まあ、それはそれでおもしろいのだけれど。


012ポップコーン02.jpg

013また来て.jpg





014ポスター

●マッドマックス 怒りのデス・ロード(Mad Max:Fury Road)
2015 オーストラリア、アメリカ
上映時間:120分
監督:ジョージ・ミラー
脚本:ジョージ・ミラー、ブレンダン・マッカーシー、ニコ・ラサウリス
製作:ジョージ・ミラー、ダグ・ミッチェル、P・J・ヴォーテン
製作総指揮:イアイン・スミス、クリス・デファリア、コートニー・バレンティ、
      グレアム・バーク、ブルース・バーマン、スティーブン・ムニューチン
撮影:ジョン・シール
音楽:ジャンキーXL
編集:ジェイソン・バランタイン、マーガレット・シクセル
美術:コリン・ギブソン
衣装:ジェニー・ビーバン
視覚効果監修:アンドリュー・ジャクソン
配給:ワーナー・ブラザース映画
制作会社:ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ、デューン・エンターテインメント
出演:トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース=バーン
   ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ライリー・キーオ、ゾーイ・クラヴィッツ、
   アビー・リー、コートニー・イートン、ネイサン・ジョーンズ、ジョシュ・ヘルマン、
   ジョン・ハワード、リチャード・カーター、iOTA、アンガス・サンプソン、
   ジェニファー・ヘイガン、メーガン・ゲイル、メリッサ・ジャファー、ジョイ・スミザース、
   クエンティン・ケニハン ほか
受賞:国際映画批評家連盟賞 グランプリ受賞
   ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2015 作品賞受賞
   第4回ボストン・オンライン映画批評家協会賞
   ・作品トップ10 1位
   ・監督賞受賞
   ・撮影賞受賞
   ・編集賞受賞
   ・作曲賞受賞
   第36回ボストン映画批評家協会賞 編集賞受賞
   第41回ロサンゼルス映画批評家協会賞
   ・監督賞受賞
   ・撮影賞受賞
   ・美術賞受賞
   ・作品賞次点
   ・編集賞次点
   第19回オンライン映画批評家協会賞
   ・作品賞受賞
   ・監督賞受賞
   ・撮影賞受賞
   ・編集賞受賞
   ・主演女優賞ノミネート
   第19回トロント映画批評家協会賞
   ・作品賞次点
   ・監督賞次点
   AFIアワード 2015 映画部門受賞
   第89回キネマ旬報ベスト・テン
   ・外国映画ベスト・テン1位
   ・外国映画監督賞受賞
   第50回全米映画批評家協会賞
   ・作品賞3位
   ・撮影賞3位
   第73回ゴールデングローブ賞
   ・作品賞(ドラマ部門)ノミネート
   ・監督賞ノミネート
   第21回放送映画批評家協会賞
   ・監督賞受賞
   ・美術賞受賞
   ・編集賞受賞
   ・衣装デザイン賞受賞
   ・メイクアップ&ヘアスタイリング賞受賞
   ・視覚効果賞受賞
   ・アクション映画賞受賞
   ・アクション映画主演男優賞受賞
   ・アクション映画主演女優賞受賞
   ・作品賞ノミネート
   ・主演女優賞ノミネート
   第36回ロンドン映画批評家協会賞
   ・作品賞受賞
   ・監督賞受賞
   ・英国/アイルランド男優賞受賞
   第25回東京スポーツ映画大賞 外国作品賞受賞
   第58回ブルーリボン賞 外国作品賞受賞
   第22回全米映画俳優組合賞 スタント・アンサンブル賞受賞
   第69回英国アカデミー賞
   ・衣装デザイン賞受賞
   ・編集賞受賞
   ・メイクアップ&ヘアスタイリング賞受賞
   ・美術賞受賞
   米メイク&ヘアスタイリスト組合賞
   ・長編映画部門 時代劇/キャラクターメイク賞受賞
   ・長編映画部門 特殊メイク効果賞受賞
   第66回アメリカ映画編集者協会 エディ賞
   ・長編映画編集賞 (ドラマ部門)受賞
   第88回アカデミー賞
   ・衣装デザイン賞受賞
   ・美術賞受賞
   ・メイクアップ&ヘアスタイリング賞受賞
   ・編集賞受賞
   ・音響編集賞受賞
   ・録音賞受賞
   ・撮影賞ノミネート
   ・視覚効果賞ノミネート
   ・監督賞ノミネート
   ・作品賞ノミネート
   第63回ゴールデン・リール賞 映画(英語)音響効果部門受賞
   第39回日本アカデミー賞 最優秀外国作品賞 ノミネート







♪ Out of Control(MAD MAX: FURY ROAD Ver.) / MAN WITH A MISSION × Zebrahead





♪ セシウムと少女 主題歌 / 知久寿焼




神さま、もう地震や津波を起こさないでください・・・?

001空.jpg


仕事で移動中だったので14:46にできず、さっきやっと黙祷できた。

その後、
ケフコタカハシさん「鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ」
の記事を読ませていただいて、ちょっと考えさせられたよ。

僕らは、8月15日にも黙祷するよな。
目をつぶって想うことといえば・・・

① 亡くなった方の冥福を祈る
② 国や国民のために戦ってくれたことに感謝またはお詫びまたは悲嘆する
③ 二度と戦争が起こらないことを祈る(起こさないことを肝に銘じる)


・・・ってところだと思う。

①は、故人のために想うことであって、ホントなら親族や知人だけがすることだよね。
でも、②や③があるように、故人が個人であっても、
戦争は社会的なことだから、赤の他人でも “われわれの社会のやらかしたこと” として
黙とうするんだよね。

じゃ、3.11については、何を想いながら黙祷するんだろう?
もちろん、亡くなった方々の不運に哀悼の意を表して、冥福をお祈りするよね。
でも、②や③の社会性となると・・・すっきり見当たらないなあ。

地震や津波が起こらないことを自然の神様に祈る?
それもアリかもしれないけど、「黙祷」とは少し意味が違うのでは?
別の儀式を行なってやればいい。

よりいっそう防災に力を入れることを誓う?
もう二度と津波が来るようなところに住まないことを誓う?
それも、黙祷とは違うよね。
行政や個人の問題だよね。



日本人って原始人の時代から、地震や津波に見舞われ続けてきたんだよな。
その度に、故人の冥福と自然の神に祈り、
先人の知恵や希望にパワーをもらいながら、がんばって、がんばって「復興」させ、
さらには、それまで以上の「発展」をモノにしてきたんだと思う。
それが地震列島にある日本の “民俗” なんだと思う。
ノスタルジックな気分だけで言うと不謹慎だと怒られるけど。

でもね、今回は違うぞ。
古代から続いてきた復興と発展の民俗スタイルとは違うんだよ。
今回は・・・
どんなにがんばっても、一生、「復興」も「その後の発展」も
ままならないエリアができてしまったし、
自然の神様のしわざだけじゃない、
僕らの社会のせいで発生した災いもある
んだから。

つまり今回は、「黙祷」する時に、故人の冥福をお祈りすること以外に
もう一つ想うべきことがある
ということだ。

それは・・・
「二度と原発事故を起こさないことを肝に銘じる」ことじゃないのかな?
「どうやったら、二度と原発事故を起こさないで済むのか考える」ことでは?



002ミモザ.jpg







♪ BECAUSE / LETTERMEN





♪ Your World My World / Albert Hammond




copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.