徳島のソウルで、カツ!!

2016/01/28

このあいだ家に帰ったら、
冷蔵小包でズシリと重いものが届いていたんだよ。
差し出しを見たら、おー、映画カッパさん(映画的日記)からだ!

そういえば、年末にお会いした時に、お土産にバーボンを進呈したっけ・・・
「お返しに、徳島のソウルフードのフィッシュカツを送るよ」って、おっしゃっていたんだわ。
「ははは、まずいんだよ。まずいんだけどねー」って、言っていたやつかあ。

その日はもう夜遅かったので、次の日の晩にいただきましたよー。

よっしゃ、じゃ、これをばブログネタにして、
何かとネガティブ・ランキング上位に入りがちな徳島を
ちょいと応援してやっかあ
、って思った次第。

入試にカツ! 卒論にカツ! おのれにカツ!
という季節でもあるしね。



箱の梱包を解くと・・・

001パック.jpg

こんな感じ。
写真ではわかりずらいけど、
タテ7~8cm、ヨコ12cm、高さ10cmくらいの、ドかたまりだよ。


002パック横.jpg

側面(=高さ)から見ると、おー、カツだ!
たくさん入ってる!


003中身上.jpg

油紙のような包みを開くと、やはりカツが。
この写真だと大きさがピンと来ないので、コロッケみたいに見えるけど
短辺8cm × 長編12cmくらいの大きさがあるし、
なぜか2枚にしか見えないけど、10枚重なってるんだよ!

004中身横.jpg

ほらね!


005フライパンへ.jpg

「つくし」さんのHPに書いてあったように、油を敷かずにフライパンへ投入。

006皿.jpg

焼けたら、こうだ。
見た目よりでかいんだよ。
この皿は、直径16cmだからね。

あ、しまったなあ、サラダもあったんだけど、
こちらに盛り付ければよかったねー。


007表面.jpg

よしよし、サクッとできてる。


008カット01.jpg

ほれほれ、厚さ6~7mmくらいの中身に、
2mmくらいの衣 × 2で、全体10mmくらいの厚さのカツだねー。


009カット02.jpg

“フィッシュカツ” なんだから、
魚のすり身かタラのフライみたいなものかと想像してたんだけど、
はい、これはさつま揚げというか、丸天というか、
魚のすり身の天ぷらにカツの衣をつけた状態なんだな。

サクッとした噛み心地と、じゃこ天のような弾力ある歯ごたえ。
本体にかまぼこみたいな旨味があるうえに、
衣にも味がつけてあるようだから、このままでしっかり味がある。

すり身だから、少し海系の香りがするのかなと思っていたら、
なるほど、淡いカレー味がつけてあるんだね。
魚臭いということは全くないんだよ。

なんだ、なんだ、カッパさんったらウソつき!
すごく、うまいじゃんか。
さては、“あらかじめハードル下げとく作戦” に出ました?

「駄菓子屋のカツみたいだ」というコワッパもいたが、
あんなプアな味じゃないなー。
んー、なんだ、うまいぞー!


010マヨ.jpg

マヨで。
もちろんうまい!


011ソース.jpg

おたふくソースで、カツらしく。


012醤油.jpg

醤油もイケる。
でも、ちょっとしょっぱいので、
大根おろしと一緒だったらバッチリだったね。


013チーズ.jpg

014チーズアップ.jpg

別途、とろけるチーズを載せてオーブンで焼いてみたら洋風に変身。
これは、子供にウケたわー。


んー、ビールが飲みたくなってきたー!
これは、間違いなくビールに合うはず。

015ビール.jpg

というわけで、スペインの「イネディット」というのを開けてみた。


016イネディットラベル.jpg

麦芽量が日本の規定以下なので、発泡酒扱いだけど、
これはベルギーの「白ビール」とおんなじだな。
上面発酵のエールで、大麦と小麦を原料にして、
コリアンダーとオレンジピール、リコリスで風味をつけている。

カツがうまくて、ビールもうまくて、マリアージュもバッチリだあああ!



017手.jpg


おお、もっと呑みてぇーーー!
よっしゃ、続いて日本酒にするかあ。


カッパさん、ありがとうございました!







“ 愛は勝つ ” / KAN


受験生も受験生の親も、卒論生も修論生も、カツーーーー!



“ TRUTH ” / T-SQUARE




comment (20) @ おっ、いいねー

死ぬまで生きようぜ ~ 『悼む人』

2016/01/24

001抱擁.jpg


人は、何のために生きるんだろう?(照)
人は、この星の上で何をしようとしているんだろう?
・・・そんなことを考えさせられた。

ある哲学者は、「人はどこまでも “超” をめざすのだ」と言った。
ある生物学者は、「自分の遺伝子をより優位に残そうとするのだ」と言った。

でも、それじゃ答えになってないよな。
なぜ、“超” をめざすのか、なぜ、利己的に遺伝子を残すのか、
答えていないもんね。

超をめざして、地球を滅ぼすのが目的なのかい?
他の生き物を滅ぼして、最強の遺伝子を残すというのかい?
なんてことにもなるし。

そう、そんなことはわからないんだと思う。



002悼む.jpg


主人公の青年は、変なやつだ。
交通事故とか、殺人事件とかが起こった現場を訪ね歩いて、日本中を旅している。
あかの他人の死亡現場をだ。

そして、その死のいきさつを調べて、その場所で亡くなった人を文字通り “悼む” ・・・

どういった方に愛されていたか
どんな方を愛していたか
どんなことをして人に感謝されていたか
あなたが確かに生きていたということを
私は覚えておきます


・・・お経とかではなく、そんなことをぶつぶつ言って拝むんだよ。

故人が、善人であろうと悪人であろうと分け隔てはない。
どんな人だって生前、ちょっとくらいはいいことをしただろうということだ。
作中で何度も繰り返されるこの道端の儀式に、僕はビビッときたね。

僕はよく、愛する者を失って悲しむ人を元気づけるために(自分にも)、
「死って、生きている者のためにあると思う」って言うんだよ。
ふさぎこんでばかりいないで、故人の思い出から何か教訓を得ようや。
そうすることが、誰かの死が生き残っている者の役に立つ。
それが、愛する者を生かし続けるということだろう、という意味で。

そんな考えとビビッと符号したんだな。



この映画は、日本映画にありがちなネガティブなアプローチだけど、
主人公のぶつぶつ文言は、翻せば・・・

生きている間に、何かを愛し、愛されよう
誰かに感謝されることをしよう
それをみんなで後世に伝え残そう


・・・と言っているに違いないよな。



そんなことを世界中の人がしたからって、
なんで、人は優秀な遺伝子を残しながら超をめざしていくのか、
って答えは見つからないだろうけど、
少なくとも、ほんの少しくらいは世の中、良くなる気はする。



003誕生.jpg





004ポスター.jpg

●悼む人
2015 日本
上映時間:138分
監督:堤幸彦
脚本:大森寿美男
原作:天童荒太『悼む人』
製作代表:木下直哉
製作総指揮:武部由実子、長坂信人
製作:神康幸
協力プロデューサー:菅野和佳奈
ラインプロデューサー:利光佐和子
音楽プロデューサー:茂木英興
撮影:相馬大輔
編集:洲崎千恵子
美術:稲垣尚夫
装飾:相田敏春
音響:壁谷貴弘
照明:佐藤浩太
VFX:浅野秀二
録音:渡辺真司
音楽:中島ノブユキ
主題歌:熊谷育美「旅路」
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
製作会社:「悼む人」製作委員会(木下グループ、オフィスクレッシェンド)
配給:東映
出演:高良健吾、石田ゆり子、井浦新、貫地谷しほり、椎名桔平、
   大竹しのぶ、甲本雅裕、堂珍嘉邦、麻生祐未、上條恒彦
   戸田恵子、平田満 ほか
受賞:第28回(2015年)日刊スポーツ映画大賞
   ・石原裕次郎賞
   ・主演男優賞 高良健吾 ※『きみはいい子』と合わせて







“ All You Need Is Love ” / The Beatles





“ あせ ” / NSP





“ 愛するってこわい ” / じゅんとネネ




comment (16) @ 映画>コレコレ、いいよ!

冬といえばギターだぜ

2016/01/20


物心ついた頃、気づいたらそこにギターがあった。
親父が弾いていたんだな。
ボディも弦も茶色くなってしまった、ガットギター。

弦は、古くなったら交換するもの、
切れたらバラで買えるものということも知らずに
いじくっていたんだよ。



中学になった頃、
フォーク歌手が使っているようなやつが欲しくなって
バイトして買った。
当時、1万8千円。

憤りや、恋心や、世界平和や・・・
訳もなく自分の中から出てくるものの分だけ練習した、
とでもいうのかなあ。



高校ではエレキを覚えたよな。
でかい音が出る分、気持ちや体を爆発させた。



ハタチを越えて、
ジャズやフュージョンのギタープレイと出会った。
大人の爆発のしかたというものを知った気がしたな。

ちょっと上手くなった分だけ、いいギターを買った。
いつか、ラリー・カールトンや渡辺香津美みたいに弾けるようになって、
プロが使うような高いやつを買おうと思った。

本気であんな風に弾けるようになると信じていたんだよな。



冬になって寒くなると、そんなことを思い出すんだよ。
寒さで指が動きずらくなったり、
空気やボディが乾燥して、アコギの音が妙に良くなったり・・・。

僕のギターは、いまだに中途半端な値段のやつのまま。





“ Liquid Fingers ” / Kazumi Watanabe





“ Unicorn ” / 渡辺香津美 feat. 野呂一生 & JIMSAKU





“ Point It Up ”/ Larry Carlton





“ Mediterranean Sundance/Rio Ancho ”
/ John McLaughlin, Paco DeLucia, Al DiMeola(Friday Night in San Francisco 1981)






“ This Time ”/ Earl Klugh




comment (20) @ 音楽>季節の音楽

北と南の憎悪を消すものって ~ 『サスペクト』

2016/01/11

001注射.jpg


北朝鮮が核実験をしたねー。
「水爆の実験はアメリカをはじめとする敵対勢力から、
国の自主権と生存権を守り朝鮮半島の平和と安全を保証する自衛的措置だ」・・・だそうだ。
しかも、「核抑止力を質的、量的に絶えず強化していく」んだそうだ。

なんでこのタイミングで、親代わりの中国の怒りをかってまでそんなことやってんだ、
って思うけど、どうもいつものアメリカ等にタカるための“だだっ子政策” とはちょっと違って、
キム・ジョンウン(金正恩)第1書記の誕生日に乗じて、
現体制の国威発揚をはかったのではないかと言われているようだね。
ということは、現体制が国内で安定していないということなわけだ。
経済ではなく政治のことね。

僕はいつもテレビで金正男を見るたびに、
「この人がホントに政治を行なっているんだろうか?」って疑っているんだよ。
で、式典などで彼の後ろに控えている人たち(ホントはこの人たちが北の政治を
仕切っていると思われる)を見ると、なんとみんなじいさんばかり!
だから、国内的にはアンシャン・レジーム批判のようなことが起こっていて、
政権争いなどでギクシャクしてるんじゃないかという気がしてるんだよ。
それで、現体制が国威発揚の必要性にかられたというのは理解できるわけだよ。

もしくは単純に、南シナ海で侵略を続けてアセアンの国やアメリカと喧嘩っぽくなっている
中国への応援歌でも歌ったつもりでいるんじゃないだろうか。



この映画はフィクションだけど、北朝鮮の特殊部隊の工作員のあり方や “脱北“、
脱北者を受け入れる側の韓国の姿、韓国における脱北者の組織の存在
なんかが知ることができ
て、とても興味深かったよ。

あ、映画としては、バリバリのスパイ・アクションもので、
コマとばしの格闘カットや、緊迫感あふれるPOV、
屋根の上や大橋から飛び降りたりするスタント、
CGを使わずに街なかでガッチャガッチャにぶっこわすカースタントなどは
ハリウッドもびっくりのハイクォリティだよ!

もう何度も言っているけど、コレ系では韓国映画はもうとっくに
香港映画にも、日本映画にも後塵をぶっかけているんだね。



<あらすじ>

北朝鮮特殊部隊の元工作員、チ・ドンチョルは、
訳あって秘密抹消のため当局から消されることなったんだな。
仲間の工作員から命を狙われ、妻娘も殺され、命からがら韓国へ脱北する。

002橋から.jpg

それからの彼の生きる意味は、復讐あるのみ。
ソウルの街の片隅で運転代行の仕事をしながら、
同じく脱北して、いまは韓国にいる妻娘殺しの犯人を探していた。

ある日、在韓脱北者の生活の支援活動を行なう有志組織の会長が
チ・ドンチョルの目の前で殺されてしまう。

003格闘.jpg

004銃.jpg

死ぬ直前に会長からある物を預かってしまったがために、
ある組織から、チ・ドンチョルが犯人に仕立てられる。

そのせいで彼は、韓国の警察と、ある組織の二者から追われながら、
自分も仇を追うという、なんと、三重の追跡劇が展開するという
ストーリー仕立てなんだなー。



まあ、アメリカやイギリスの諜報工作員モノでは、
掃いて捨てるほどあるストーリーだけど、
成長著しい韓国映画でも、南北関係がますます緊迫化するいま、
“北朝鮮の特殊工作員 VS 韓国の諜報機関” みたいな危ない設定の作品は
珍しいんじゃないかな。

今回の核実験の前の、ついこの前には、
北と南はあやうく戦争をおっぱじめるところだったし。

でも、この映画はよく観るとね、
南北統一の願いが込められているんじゃないかと思う。
南側から北への、さりげない親愛が見て取れるんだなあ。

アクション映画としてものすごく見応えがあるけど、
そういう意味でもかなりおもしろい作品だと思う。
でもともかく、スパイ・アクションものが好きなら、
すばりおすすめの一本ですわ。


005逮捕.jpg




---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

そもそも、朝鮮半島ってなんで南北2つに分離しているんだろう?

第二次大戦が終わるまで、朝鮮半島って日本が統治していたんだったよね。

第二次大戦における日本の敗戦が見えてきた1943年11月、
すでに「カイロ会談」でアメリカとイギリス、中華民国は、
「大戦が終わったら、日本から朝鮮を開放させよう」と話し合ってあったんだね。

そこへ、東アジアに領土のほしいソ連が首を突っ込んできて、
1945年2月の「ヤルタ協定」となって、
「大戦が終わったら、朝鮮半島はアメリカ、イギリス、中華民国、ソ連の
4国で信託統治することにしようぜ」と、誰の許可もなく勝手に決めちゃったんだよ。
信託統治とは、複数国で行なった実例がないので具体的にどうやるかは不明だけど、
奪ったエリアを “国連の領土” ということにして、
施政を信託された国(この場合上記の4カ国)で政治を行なうことらしい。

1945年7月にポツダム宣言(日本に降伏を勧告)。
8月6日、アメリカが広島に原爆を投下。
その直後の8月8日に、ソ連は卑怯にも日ソ中立条約を破って日本に宣戦布告。
満州国、樺太南部、千島列島、それと朝鮮半島を奪ったんだよ。

それをみたアメリカは、「朝鮮半島は全部はやるまい」とちょっかいを出して、
8月15日以降に、北緯38度線を境に、北はソ連軍、南はアメリカ軍が
占領することにしたんだな。

そんな中、朝鮮民族も黙ってはおらず、
あちこちに散らばっていた、共産主義の金日成らや右翼の李承晩ら、
民族運動家たちなどが朝鮮半島に集まって活動を始めていたんだよ。

その後12月に、アメリカ合衆国、イギリス、ソ連の3国で、
「朝鮮を信託統治しよう」という協定を結んだ後、
朝鮮国内では、信託統治賛成派の金日成らと、反対派の李承晩らが
抗争を始めたんだよ。

それで、ソ連が共産主義を掲げる北側に協力的なのをみるや、
南の李承晩は1948年5月に、南朝鮮だけで大韓民国という独立国家を
作っちゃったんだよ。

で、北側も黙っていられず、その7月に憲法を制定して、
9月に金日成を首相にして朝鮮民主主義人民共和国を建国したというわけ。

さらに、1950年に北朝鮮が朝鮮南北統一をめざして始めたのが朝鮮戦争なんだ。
9月には、韓国側は北朝鮮の侵攻にぐいぐい押されてしまったけど、
マッカーサー率いるアメリカ軍の介入を得て、
10月には逆に中国国境まで押し返す。

それをみた隣国の中国は、北朝鮮に加担することに。
朝鮮戦争は、<北朝鮮+中国>VS<韓国+アメリカ>という構図になったんだな。

それぞれ押したり押されたりしたけど、とうとう38度線あたりで膠着状態に。
1953年のスターリンの死を機に、休戦の気運が高まって、
その7月南北の休戦協定が結ばれたんだよ。

でも、これには問題があって、
韓国の李承晩大統領が休戦協定への署名を拒み、
代わりにアメリカの軍の代表が署名したため、
実質、韓国と北朝鮮は休戦協定も平和条約も結ばない、
いわばいまでも戦争状態のままということになっているんだな。

だから、この前のように、ちょっとした弾みで戦闘が始まっても
ちっとも不思議じゃないというわけ。

どっちの国も、南北統一が悲願なんだけど、
それぞれ自分とこを主体にして統一したいと思っているから、
簡単そうに見えてそう簡単にはいかない問題だというわけだ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------






006ポスター.jpg

●サスペクト 哀しき容疑者(용의자)
2013 韓国
上映時間:137分
監督:ウォン・シニョン
脚本:イム・サンユン
製作:チャン・ファンシン、ユ・ジョンフン
撮影:イ・ソンジェ
照明:イ・ビョンフン
美術:イ・ジョンゴン
アクション監督:オ・セヨン
音楽:キム・ジュンソン
配給:ツイン
出演:コン・ユ、パク・ヒスン、チョ・ソンハ、ユ・ダイン、
   キム・ソンギュン、チョ・ジェユン、ソン・ジェホ、
   パク・チイル、キム・ウィソン、ナム・ボラ ほか







“ イムジン河 ” / フォーク・クルセイダーズ





“ Space Oddity ” / David Bowie



2016年1月10日昇天。そっちの星の上から、地球の平和を祈っていてくれ!


comment (14) @ 映画>コレコレ、いいよ!

つかりこ宛年賀状コンテスト2016

2016/01/08

Omunaoさん(オムライスのある風景)のリクエストにお応え!
去年はやんなかったけど、今年はやってみよっかあー。
もう、松の内が過ぎちゃったけどさ。



[年頭から泳ぎま賞]

001プール.jpg

爽快なイラストです。
しかし、なぜ猿が泳いでいるのかは謎です。
新年から、「がんばらねば」という気持ちにしてくれます。
差出人は、超有名格闘技の運営団体のスタッフです。



[今年が見えるで賞]

002申.jpg

デザイン会社にありがちな、ソツのないデザインです。
“窓” から見えるものが、フツーの風景写真なのが残念です。



[だじゃれで賞]

003key.jpg

苦しいエスプリですが、独自性は高いです。
彼の職業は、カギ屋ではありません。



[だじゃれで賞2]

004きのこ.jpg

“サルノコシカケ” とひっかけているのでしょうか?
フードスタイリストさんですからねー。
腰かけるところがあっていいなあ。



[ナイスアイデアで賞]

005バナナ.jpg

何気にグッドアイデアですねー。
小さいお猿のイラストは不要かも。
差出人は、某有名交響楽団に勤めていた女子。
いまは、2人のお子さんのママです。



[絵がうまいで賞]

006こけし.jpg

イラストのアート性が高いです。
こけしを僕に受け取りに来いと言いたいのでしょうか?



[絵がうまいで賞2]

007猿と呼ばれた男.jpg

バツグンにうまいです。
PCで、ホントに筆で描いたかのようなタッチが表現されています。
山岡荘八の小説からイメージして描いたそうです。



[グッドタイミングで賞]

008スターウォーズ.jpg

なるほど、今年の正月がスターウォーズ7で盛り上がっていることを
確信して作った、見事な切り口です。
ヒットするに決まっていますが、さらにお祈りしているのでしょうか?
大手広告代理店勤務なんだから、裏手をまわしてBB-8にしてほしかったです。



[祝詞どころじゃないで賞]

009世界平和.jpg

祝詞のない賀状はコレだけでした。
あやしい宗教の勧誘かと思いました。
しかし、とてもいい賀状だと思います。



[不安になるで賞]

010もう出さない.jpg

どうしても年賀状で言いたかったんでしょうか?
なんでなのか?どうしてしまったのか?移住するのか?病気でも?・・・
年頭から不安になるメッセージです。



まあ、こんなもんでしょう。
ツッコミきつかったかなあ?(みんな、ごめんね)

なんか、年頭から変なもの見ちゃった、という方には下記↓をどうぞ。

011おみくじ.jpg







" 365日の紙飛行機 " / AKB48




comment (16) @ おっ、いいねー

迎  春

2016/01/01

2016
あけましておめでとうございます。


ことしもたくさんいいことがあなたにありますように


001雑煮


本年もどうぞよろしくおつきあいくださいませ!







002朝日元旦ラテ

2016年元旦の朝日新聞のラテ面。
ちょいとオシャレなシカケが! わかるぅ?







" A HAPPY NEW YEAR " / 荒井由実




comment (22) @ クイズ