ゆらゆら草

もう少し感受性を働かせれば、毎日がスペシャルになる。そう自分に言い聞かせて、 いろいろ感じたことを書きとめてみよっと。

ツマミは、ハラミ、煮込み、記号論・・・  


行きつけの呑み屋、持ってる?

僕は、いくつかありますよ。
週に何度か行く、というほどの行きつけでもないんだけど、
思いついたら、たま~に一人で行く呑み屋。

一人で行く、というのは、一人で行きたいんじゃなくて、
呑みに行こうかな、と思いついた時に
自分一人のことが多いからそうなってしまうだけ。

だいたい、ちょっと変な店が多いかなあ。



焼き鳥屋もよく行くねー。
けっこうな大串で、材料も新鮮で美味しくて、かなり安い店、とか
寿司屋みたいなナリで、ものすごく美味しくて、かなり高い店、とか・・・。

でもね、ココの店は特筆もの!
いや、ホントは特筆したくなかったとこ。
安い、うまい、行列しない、うるさくない・・・そして、変

『萬太郎』。
観たところ、外観も内装もただの場末の焼き鳥屋なんだけど、
変、だというのは↓コレです。

001社長の言葉01.jpg

聞いたら、「社長の言葉」だと、お店の人が言ってた。
そういえば、僕がココに初めて来た頃、
インテリな顔をしたおじさんが焼き鳥焼いていたねー。
あれが、店長?社長?なのかなあ。

001社長の言葉02.jpg

アングルに入りきらないので、前のほうを部分拡大。
ほう、なんだかおもしろいな。
今でも生きているのかなあ?亡くなってしまったのかなあ?

001社長の言葉03.jpg

カウンターの側面(赤破線のところ)に貼ってあるんだよ。

読みにくいので、↓書き取ってみました。



------------------------------------------------------------------------------------------------------

言葉の真意とは

世の中の人々にとって大事な物は「書物」である。
だが、本当に大事にされているのは書物ではなく
そこに書かれた「言葉」である。

しかし、言葉自体が大事ではなくて、
言葉のうちに含まれている「意味」の方が大事である。

だが、意味も又究極の物ではなく
意味が指向している「事実」こそ最も大事なものである。

ところが、この事実というものは
言葉では伝えられないものなのである。

言葉によって伝えられるのは物の名前と声にすぎず
目によって見ることのできるのは物の形と色にすぎない。

このようにその物の本質を伝えることはできない。

つまり、道が絶対的で無限な真理が
「人間の言葉ではいい表わせない」ということである。

人間のことばは「一つのものを二つに分け、相対差別を設ける」
という特性を持っているからである。

日本語で「わかる」というのは物を分ける事であり、
中国語で「弁ずる」ということばは物を別ける意味を持っている。

このように、人間のことばは「分別」や「弁別」によって
全体的で不可分な真理を破壊してしまうのである。

「真理が真理だ」といったとたんに真理である、真理でない、
ものとに二分され、真理と虚偽の対立差別が生まれる。

それだけでなく、真理は虚偽を排除することによって
自らを限定し、自らを有限化することにある。

だから、人間のことばでとらえられた世界はつねに
真と偽、美と醜、善と悪、といった相対差別に陥るのである。

このように人間のことばは
「無限であるべき真理を有限化し、絶対であるべき道を相対化する」
という欠陥を持っている。

だから、絶対無限の真理については
「弁ずるは黙するに若かず」
「至言は言を去る」
「知る者は言わず、言う者は知らず」
「聖人は不言の教えを行なう」
と言う他はいいようがないのである。

だから、聖人は言葉の虚しさを知って言葉を用いないのである。

                          萬太郎


------------------------------------------------------------------------------------------------------


・・・ね、おもしろいでしょ?
これは、言語記号論の一種だよね。

そういえば、白とも黒とも言えないことってあるよね。
それを、ああだこうだ論証して「白だ」って、結論づけちゃうと
いや、でもそうじゃないなー、ってことが後から生じてしまう。

そういう場合は、白でも黒でもない、というのが答えなんだろうね。
または、こういう場合は白、というような条件つきの答えなんだろうな。



言葉って、ヒトの頭の中にある後天的に得た「概念」を
ひっぱり出すための「記号」なんだよね。
人によって経験の内容が異なるから、同じ言葉でも人によって意味が違うんだよ。

たとえば、「青」と聞いて、キミはどんな色を思い出すだろう?
「空の青」の人もいるだろうし、「海の青」の人もいるよね。
「ティファニーの青」、「制服の青」、「ボールペンの青」・・・・

絵や写真で見せる「青」と、言葉で伝える「青」は人の数だけ違うんだなー。
その違い(誤解?)が、文学になるのだ、って習ったことがあるなー。

・・・なんて、ココに来るたびに考えてしまう。
安くてうまい焼き鳥の他に、もひとつおまけの “おつまみ” が置いてあるんだよ。
ググーッと読み込むと、悪酔いするけどね(笑)。





このカテゴリーでの記事の内容は、
この「社長の言葉」で終わりにしようと思っていたんだけど、
ついでに食べ物の紹介も。

008メニュー.jpg

002大根酢の物.jpg

僕がまずたのむのは、「冷しトマト」とこの「大根スノモノ」
焼き鳥が出てくるまで時間がかかるし、野菜類も食べなきゃ。

「大根スノモノ」は、千切りの大根とにんじんのなますだよね。
甘酢あえに、ゴマ油と唐辛子で味付けしてあるんだなー。

それと、瓶ビール。

003サッポロラガー.jpg

サッポロ・ラガーだよ。
珍しいっしょ?

004ぼんじり.jpg

ぼんじり1本150円はタレで。
もちろん、炭火焼きだよ。

005ハラミ_カシラ.jpg

串焼きは、なんでもそこそこうまい。
この “そこそこ” というのがミソだと思うな、僕は。
安いんだから文句はないし、
いつでも気負わずに来れる理由がそこにあると思う。

でも、この「ハラミ」はめっちゃジューシーで、全然そこそこじゃないよ。
写真の奥2本が「ハラミ」で、手前2本が「カシラ」。
いずれも豚、塩焼き。

006煮込み.jpg

「煮込み」は2種あって、「牛スジ煮込み」と、この「煮込み」。
この「煮込み」は、いわゆる豚の白モツだね。
豚の白モツは、徹底的に洗わないと臭みが強いので、
味噌とか生姜とかでごまかして作ることが多いんだけど、
ここのはなんと塩味なんだよ。

超徹底的に洗って、長時間水で煮て、何度も水を取り換えて、
油とアクをとって・・・ものすごく手間がかかっているのがわかる。
出汁も、ただモツと野菜を煮ただけのものでなくて、
別に作ったものだなあ。

白モツのほか、煮崩れしてない人参とごぼうとこんにゃく、
土台的に大きな豆腐も入っている。
煮崩れしていない、というのがミソ。
割烹や料亭の煮物とおんなじやり方をしているのがわかるね。
仕上げに、きざみネギと白ゴマまで振ってある。

これは、さりげないけど、すごい400円だぞ。

007煮込みアップ.jpg

油がひとつも浮いていないのがわかる?
そのまま食べても、さっぱりした塩味&合わせ出しのモツ煮が楽しめるけど、
器のへりにひっかけてある、コチュ醤みたいな甘味のある唐辛子醤を
溶かして食べればさらにバツグン!

実は、ココの第一の名物は、「牛レバ刺し」だったんだよ。
500円で、新鮮な牛レバーをにんにく味のごま油タレで食べられた。
それやこれやで、いまはもうないのが残念。



009外観.jpg

場所は、西武新宿駅(=新宿プリンスホテル)のすぐ横の路地を入ったとこ。
ギラギラ歌舞伎町にこんな通りがあったっけ?という感じのとこにある。

こきたない店だし狭いから、みんな来んなよーー。


ほうじ茶好き + 牛乳好き = ??  



001ほうじ茶ラテ.jpg

近所のスーパーにあったんだよ。

『ほうじ茶ラテ』。

よく冷蔵庫にあるカルピス(原液)に、十六茶や爽健美茶を入れてカルピスを作って飲むけど、
ほうじ茶にミルクを入れて飲むことはないなあ。

珍しいっしょ?
熱いほうじ茶、好きなんですよ。
だから、ラテになってもおいしいかなあ、と思って買っちゃいました。



ところで、カフェ・オ・レとカフェ・ラテの違い、知ってた?

カフェ・オ・レ(仏)は、フツーのコーヒーに温めたミルクを混ぜたもの。
基本的には50対50で混ぜるらしい。

カフェ・ラテ(伊)は、エスプレッソに温めたミルクを混ぜたもの。
エスプレッソは専用マシーンで淹れるけど、簡単に言うと、深煎り豆を使うから
濃い、にがい、んだよね。
だいたい、コーヒー20にミルク80くらいが一般的らしい。

ちなみに、カプチーノ(伊)は、エスプレッソ30に対し、温めたミルクを30と
蒸気で泡立てたミルクを40合わせたものだそうだ。
ま、材料はカフェ・ラテと同じ。



ほうじ茶ラテにハナシを戻してっと。
さて飲もう、と思ってパックの側面を見ると、“そういえば系” の疑問がプカリ。

002公正マーク.jpg

牛乳パックって、こういうマークがついているよね?
ずいぶん前から、「なんだコレ?」とは思っていたんだけど、
ブログをやってると、調べてみよう↓という気になるから不思議だよね。

----------------------------------------------

(1)飲用乳の公正マークは

①飲用乳の容器やキャップにつけられています。
②全国飲用牛乳公正取引協議会会員の証です。
③公正競争規約に基づく「適正な表示がなされている飲用乳」の証です。
④多くの消費者に知られています。


(2) 会員によるこの公正マークの表示の信用及び規約遵守確保のため、次の事業を行っています。

①適正表示指導
会員が新しい容器やキャップをつくるときや表示を変えるときは、
表示を点検し、会員に指導しています。

②市販品成分検査
市販の飲用乳を買い取り、乳成分を分析し、容器やキャップに表示された乳成分値と
合っているかどうかをチェックしています。

③定期成分検査
協議会が認定した検査機関で、会員の製造した飲用乳について
4か月毎に乳成分を検査しています。

④生乳の使用割合表示に関する調査
生乳の使用割合が表示された飲用乳を生産している事業者に対し、
4か月毎に生乳の使用状況を調査しています。

⑤検査技術研修会の実施
会員の検査技術向上のために研修を行っています。

----------------------------------------------
※ 以上、全国飲用牛乳公正取引協議会HPより



ところで、味のほうは・・・

003ほうじ茶ラテ.jpg

見た目は、やや色の薄いコーヒー牛乳。
ごくごくいってみると・・・んー、甘味がついているんだなー。
砂糖入りミルク、って感じだけど・・・あー、後からふわっと香ばしい香りがきた。

んー、なんだかなあ。
まずくはないけどねぇ。


ご縁ふたつ。DVDは売れるかな? ~ 『東京難民』  



001古本売り.jpg

東京に出てきて、初めて路上生活者を見たんだっけ。
郷里では見たことがなかったと思う。
北海道で寒いから、路上で生活なんかできないに決まってるよね。

その頃は、何かに就業している人が、
どんなことをしたら路上生活に堕ちるのか想像もつかなかった。
だって、東京ならバイトやパートを含めると、
何にも働く方法がないということは考えにくいし、
生活保護が受けられない状況というのも理解できないから。

この映画を観ると、とてもコワくなるなー。
それは、「あー、自分もこんなふうにして路上生活者になるかもしれないな」
って思わされるということではなくて、
「いまの時代なら、突然会社が倒産して収入がなくなっても不思議じゃないなー」
ってリアルに感じるからだな。

しかも、もしそうなったら、知人から「やめとけ」と言われるまでもなく
この映画の主人公のようにホストになんかになれるわけがないし、
路上生活をする前に、いいトシこいて何かの方法で生活を支えられるられるのか?
って身につまされるのだ。
まあ、若けりゃまだまだ方法はいろいろあけるどね。

アベノミクスのひとつ、東京を経済特区にするハナシ、
あれは、アメリカの企業のように、
社員を会社の都合でクビにできるようにもなるプランだからね。
数年後には、ホントにいきなり難民になる人がたくさん出てくるかもしれないね。

002東京.jpg



<あらすじ>

中村蒼が演じる主人公は、フツーの大学生。
ある日突然、学費未納が続いたとのことで、大学を除籍になる。
続いて、家賃未納で管理会社からアパートも追い出されてしまうことに。

003学生.jpg

すべて、田舎の父親が支払っていたから、
いまのいままでお金が未納になっていたことに気づかず、
非情な結果だけが突然やってきたんだな。
父親は大きな借金をかかえて、逃亡中だ。
コワイ借金取りがうろついているので、田舎を頼ることもできない。

アパートを追い出される前に、なんとか滞納している家賃を稼ごうとバイトをするけど、
そう簡単にまとまった金なんか稼げないよね。
とうとう、アパートを追い出されてネットカフェで寝泊りすることになる。

ある時、治験のバイトをすることに。
これは、製薬会社に雇われて新薬などのテストに体を提供する仕事だね。
名前を伏せた薬や薬に似せたものを飲まされたり塗られたりして、
パッチテストや血液検査などをして薬の安全性を確かめるんだね。
バイト料は大小さまざまだけど、この物語の主人公は、
製薬会社の施設に泊まり込みの大きなケースで20万円も稼ぐんだな。

そのお金を手にした、と思った矢先に飲み屋で知り合った女にキャッチされて
ホストクラブで高額請求されるハメに。
これで、ネカフェ代も飲み代も払えない状況に陥ったわけだ。
いよいよ、どうしようもなくなってしまったので、
そのホストクラブのマスターに頼んで、ホストとして働いて金を返すことにするんだなー。

そこから先は、転落が早いよね。
なんたって、ヤクザ屋さんが出てくるからね。
ホストクラブの就業状況(笑)や、女性客をどうやって風呂に沈めるか(風俗産業に引き入れる)
なんかもわかるちょっとしたハウツーものみたいな展開だね。

004ホストと看護婦.jpg

005逃亡.jpg

当然、稼ぐことに冷酷になれない主人公は、ヤクザからも追われるハメに。
そして、とうとう・・・。



監督は、『陽はまた昇る』、『チルソクの夏』、『半落ち』、『日輪の遺産』、
『ツレがうつになりまして。』などを撮った佐々部 清。

脚本は、『あなたへ』で第36回日本アカデミー賞優秀脚本賞をとった青島武。

主題歌は、『桐島、部活やめるってよ』の主題歌も手がけた高橋優。

んー、申し分のないスタッフなんだけど・・・申し訳ないけどもうひとつ中途半端な印象だなあ。
僕的には、もっと恐ろしく作ってほしかったなあ。
家もない、金もない、借金取りのヤクザに追われる、警察に捕まる、騙される、
ヤクザにボコボコにされる・・・そこんとこが全然コワくないし、痛くもない、邪悪度も低い。

映像的に “闇” が足りないのと、演出の “溜め” が足りないのでは?(生意気ですみません)
原作を読んでいたので、これはフツーに撮ったら映画としてあまりいい感じにならないだろうな、
って予想した通りの出来だったなあ。

いやいや、決しておもしろくない、ということはないんだよ。
日本の現在を如実にえぐっていて、場合によってはカンヌ映画祭あたりで賞をとれるテーマ
じゃないかと本気で思っているんだよ。
だから、とてももったいなかったかなあと思うんだなー。



じゃ、なんで劇場まで観に行ったのか、というと、期待半分&おつきあい半分だったんだよ。
実は、この作品の原作の福澤徹三というのは、僕の知人なんです。
昔、僕が1年近く出向していた会社の宣伝部に中途採用で入社してきた人なんだよ。
半年くらい毎日一緒に仕事をした仲間なんだな。
北九州の小倉の街で、何十回も飲みに行ったっけ。

その後、その会社は倒産してしまって、彼は職を失ってしまったんだな。
それから、しばらく美術系の専門学校の講師をやって食べていて、
小説を書いたと言っていたんだよ。
学生に就職難であることに対する危機感がまるでないんだよ、って言っていたっけ。
その頃の経験が生きているんだね、この作品に。

2000年頃に短編集を出して小説家としてデビューしたんだね。
しかも、ホラー作家として。
そういえば、彼が小倉周辺のお化け話をする時の目の輝きといったらなかったよなあ。
特技を活かしたんだねー。

長編2発目の『壊れるもの』(2004年7月 幻冬舎 / 2008年2月 幻冬舎文庫)は、傑作だね!
フツーの会社員を蝕むオカルトが、カチッとした文体で描かれていると思う。
その頃だったかな、彼がホラー小説誌の企画で「ホントにあった怪談」を連載していた時に、
実話ネタを提供してやったことがあったっけ。
東京の四谷の焼き鳥屋で一緒に呑んだよなあ。

それからずっとホラーをベースに創作を続けているけど、
大藪春彦賞を受賞した『すじぼり』(2006年11月 角川書店 / 2009年7月 角川文庫)や
この『東京難民』みたいな “青春×ヤクザ” モノもボチボチ書いているんだね。
最新のヤクザ系は、『灰色の犬』(2013年9月 光文社)というのが出ているんだな。
読んでみようかなー。

今年の年賀状に「今年は飲みに行きましょう」って書いてあったので、
久しぶりに新宿でも行こっか。

006福澤ポーズ.jpg
本人がヤーさんみたいに見えるけど(笑)、多分に演出されているね



そういうわけで、映画の前評判がどうであろうと、劇場に観に行ってやろう、
って心に決めていたんだよ。

でもね、中村蒼が夜の雨の中で倒れているシーンがよかったし、
いま人気の山本美月もけっこうよかったし、
ホストに入れ揚げてしまう看護婦を演じた大塚千弘は発見だったなー。
物語の中心付近にベテランのいない中、彼女の存在感は強くて惹きつけられるものがあったなあ。
裸の体当たり演技があったから、というだけではなくてさ。

007主な出演者.jpg
左上が大塚千弘ちゃん

それから、この大塚千弘ちゃん、後からネットを調べてて気づいたんだけど、徳島市出身なんだね。
あれー、と思ってよく見ると「映画的日記」映画カッパさんのご近所の女性の娘さんだった!
そう、山下リオのお姉ちゃんなんだね。
そういえば、よく似てる!

縁って、ホント味なものですよねぇー。



008東京難民ポスター.jpg

●『東京難民』
2014年 日本
上映時間:130分
製作:森山敦
監督:佐々部清
原作:福澤徹三
脚本:青島武
音楽:遠藤浩二
主題歌:高橋優「旅人」
撮影:坂江正明
美術:若松孝市、小林久之
照明:守利賢一
録音:福田伸
配給:ファントム・フィルム
出演:中村蒼、大塚千弘、青柳翔、山本美月、
   中尾明慶、金子ノブアキ、井上順 ほか


今年は、何から卒業しようか?  



僕にとって、卒業ミュージックといえばコレ。





★ 白いページの中に / 柴田まゆみ



ホントは別れの歌なんだろうけど・・・
ラブラブだ、仕事だ、趣味だ、スポーツだで、生活がすごーく充実している時って、
日記のページが白くならない?





★ 最後の春休み / 松任谷由実



『卒業写真』じゃないところがお洒落っしょ?
しかし、なんでチャン軍足やねん。





★ さくら / ケツメイシ



卒業でも、入学でも、転勤でも合うかな?
しっかし、削除されまくりなので、動画こんなんしかないんだよねー。
目つぶって聴こう。





★ 風待ち / GRAPEVINE



初夏の歌だけど、卒業後の私はいま・・・って感じの、同窓会的な曲。


凝り性、新展開  



親友のHくんから、写メが届きました。

彼は僕の蕎麦の師匠なのですが、
なんと今回は、『寿司弁当』ですー!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ご無沙汰してます。
最近、どうですか?
こちらは、このところ寿司弁当づくりに凝ってまして。
その一端を。
鯖寿司、スモークサーモン寿司、鰤寿司です。
スモークサーモンは王子サーモン製。
鰤は昆布じめです。

京都に行っている末娘が帰省しているので今夜は蕎麦を打ちます。
では。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

001寿司_鯖寿司.jpg
しめ鯖の巻きずし

002寿司_サーモン.jpg
スモークサーモンの押し寿司

003寿司_鰤.jpg
昆布じめ鰤の押し寿司


寿司ぃ?
なんでまた、いま寿司なんだろう?
で、なんでまた、“弁当” なんだろう?

やれ、燻製だとか、カクテルだとか、お造りだとか、蕎麦だとか・・・
なにかと「手作り凝り性」のHくんではあるけど、なんか理由があるのでは?
・・・でメール返信してみた。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
①寿司弁当って、会社とか山歩きとかに持って行く「弁当」ってこと?
「器」としての弁当ってこと?

②これって、木型を使った押し寿司?
酢飯を作っているの?
鯖は酢でしめてないの?
それぞれの作り方の簡単な説明を教えてもらえますか?

③なんでまたいま、寿司に凝っているの?

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
①会社に持って行ってます。

②鯖寿司は巻きすで巻きますが、ほかは木型を使った押し寿司です。
当然、鯖は自家製しめ鯖。
酢飯は、生姜と胡麻を混ぜ込んでいます。
ちなみに生姜の酢漬けも自家製です。

③秋田杉の曲げわっぱ弁当箱を買って以来、弁当が楽しくなってきて、
その曲げわっぱのシーンに最も合うのが寿司だったからかなあ?。
なんせモノから入る性格なので(笑)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

へぇー、押し寿司用の木型を持ってるんだあ。
しめ鯖を作るだけでも大変なのに、
酢飯に入れる生姜の酢漬けも手作りかあ、すごいねー!

秋田杉の曲げわっぱ?!
あー、そうか!!
めでたい系で秋田に行ったか、もらったかで曲げわっぱを手に入れたんだねー。
そうかそうか、結婚されたお子さんからみねぇ。
うんうん、めでたいことだし、子供想いのHくんらしいねー!
お子さんの家庭の幸せを願う気持ちが見て取れるねーー。
やさしいんだねー。

そうだね、曲げわっぱには寿司が似合うねー。
ちらし寿司とかでも既視感があるねー。
寿司は、めでたい食べ物だしねー。

幸せ感、ガッツリ伝わってきますよ。
うらやましい!
ご家族皆さんの幸せがずっとずっと続きますように!

それにしても、マメだねぇー。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Hさま

返信ありがとう!
追って、ブログにアップさせていただきます。


福島原発の汚染水の垂れ流し報道をみると、腹が立ちますねー。

最近、何かで読んだもので、少し明るいもの↓がありました。

2013年、日本国内の太陽電池の売れ行きがかなり良かったそうです。
それらによる総発電量は、750万キロワットにものぼるそうです。
自家発電がポピュラーになりつつあるようです。

現在、原発による発電量は、約4,430万キロワットだから、
このまま太陽電池の普及が進めば、単純計算で、5~6年後には原発が不要になる理屈です。
電力会社は、蓄電・送電会社に転身すればいいでしょ。

つかりこ

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------



3月11日です。
亡くなられた大勢の方々のご冥福をお祈りいたします。
いまなお困難な中にある方々の暮らしの、一日も早い回復をお祈りいたします。



いま、ボリウッドが HOT! ~ 『きっと、うまくいく』  



卒業の季節ですー!

・・・というわけで、最近観た映画で、卒業がらみのやつをご紹介。
『きっと、うまくいく』(原題:3 Idiots)、っちゅうインドの映画だよ。

001きっと、うまくいく_踊り.jpg

あっ、いまインドの映画をバカにしたねー?
「あー、あの独特な民俗音楽で、やたらとわいわいみんなで踊るやつだろ」って?
・・・・そうだけど、これはちょっと違うんだよ。
もちろん、その踊りも2~3回出てくるけど・・・(汗)。

「卒業系なのに、しっとり『セント・エルモス・ファイア』じゃなくて、なんでインド映画よ?」
って思ってるんでしょ?
あのね、確かに “しっとり感動系” じゃないけど、ものすごくおもしろいんだよ。
観たらきっと、こういう卒業系があってもいいかなって思うと思うよ。

002きっと、うまくいく_3人顔.jpg

あ、いま「カレーくさいとか、味が濃い」とか言ったでしょ?
でもね、これはホントにおもしろいよ。
“しっとり感動系” じゃなくて、“笑って、踊って、泣いて、感動系” って感じかな(笑)。

笑って、踊っての部分はしょうがないっしょ。
だって、「マサラムービー」なんだから。
「マサラムービー」のマサラというのは、そう、ご存知ガラムマサラとかの “マサラ粉” のことだよ。
ほら、いろんなスパイスが調合されたミックススパイスのこと。
だから、マサラムービーというのは、ラブ、涙、笑い、サスペンス、バイオレンス、そしてハッピーエンドが
渾然一体となっている=インド映画のこと
なんだよ。
これは、多言語国家だし、身分階級もいろいろあるインドにおいて、
誰もが楽しめるように考えられた作り方なんだねー。

そんな、独自の世界を醸すマサラムービーは、
日本でもずいぶん昔からマニアックな人たちに人気だったんだよ。

003きっと、うまくいく_ムトゥ-踊るマハラジャ.jpg
『ムトゥ 踊るマハラジャ』から

でもね、ただわいわいやるだけのマサラムービーの時代はもう終わって、
いまは、「第二次インド映画ブーム」と言われているのさ。

第一次ブームの時に観て、「なんじゃこりゃ、恥ずかしい!」と思ったことのある人は、
ちょっと認識を変えるべき時期が来たと言いたいな。
「ボリウッド映画」がインド国内だけでじゃなくて、
やっと、世界の人々に超おもしろい娯楽映画として評価される時が来たんだと思う。
最近のこういうコメディやサスペンス、VFXモノを観てみー。
すげー!って感じ。

004きっと、うまくいく_ラ・ワン.jpg
『ラ・ワン』から

現に、この『きっと、うまくいく』は、インド国内の映画賞を総なめにして、
過去最高人気の作品になったばかりか、スピルバーグやブラピも絶賛した映画なんだよ。

ちなみに、「ボリウッド」とは、ボンベイ(=現ムンバイ)のボとハリウッドをくっつけた造語。
いまは、インドの映画製作本数は年間約1,200本以上で、アメリカの約700本を上回っているんだけど、
「インドって映画の国じゃないか!」って認知されるようになってから、
映画の都=ムンバイがそう呼ばれるようになったんだよ。
さらに近年では、本数ばかりでなくその中身もハリウッド並になった、と言われているんだよ。

もひとつおまけに、豆知識。
世界で最も映画をたくさん作っている国は、なんとナイジェリアだよ。
年間2,000本あまり。
ただ、ほとんどが自主製作的で、いわゆるロードショウでなかったり、
いきなりDVDになったりを含んでいるから、
アメリカやインドと同じステージに載らないかもしれないけど。



<あらすじ>

ところは、インドで最も難関の工科大学。
入学して寮のルームメイトになった3人の男子学生が主役だ。
3人は身分も出身地も違うんだけど、勉強ができることに違いはない。

005きっと、うまくいく_入学.jpg

3人の内の一人、ランチョーは、入学して学生生活をするうちに、
インドでナンバー1の大学が、工学への研究心を失っていて、
テストの点のとり方や就職のハウトゥばかりに力を注ぐ機関に成り下がっていることに気づく。

ランチョーはそういう点で学長に意見したり、友達には工学が好きじゃないなら勉強などやめて、
自分のやりたいことするよう勧めたりする。
そして、3人のやらかすことといえば反抗的ないたずらばかり。
そんなんだから、当然、学長は退学だと言い出すし、親は嘆き悲しむことに。

006きっと、うまくいく_学長.jpg

でも3人はひたすら、いたずら、恋、人助けなどをしながら、
おもしろ青春を謳歌する。
「点取りをめざすのではなく、やりたいことに打ち込む、成功は跡からついてくる」
という考えを全うするのだった。

007きっと、うまくいく_3人01.jpg

008きっと、うまくいく_3人02.jpg

009きっと、うまくいく_3人03.jpg

010きっと、うまくいく_人助け01.jpg

011きっと、うまくいく_人助け02.jpg



ある日、3人のいたずらに巻き込まれて怒ったチャトルが3人を呼び出し、
「10年後に誰が一番出世しているか勝負しよう」
「10年後の9月5日にここに集合!」という約束をさせる。
チャトルは学校で一番成績がいいはずで、3人はもちろん退学スレスレ。

012きっと、うまくいく_9月5日.jpg

そして、10年が経ち約束の場所へ。
それぞれが、それぞれの道を、幸せに歩んでいるところだ。
もちろん、チャトルは大会社の副社長になり、豪邸を構えている。
ランチョーだけが来ていない。
卒業以来、ランチョーの行方はわからないのだ。

彼らはランチョーの居所を探しに旅に出るんだな。
そして、驚きの結末へ・・・・。

013きっと、うまくいく_ピアバイク.jpg

こうして、さらっと書くとなんてことはないけど、
実にいろんなことが起こるんだよ。
3時間近くもあるからね。
僕の印象では、コメディドラマ4本分くらいの見ごたえ&笑いごたえ!
でも、むちゃくちゃおもしろい&泣ける、だったりするから、あっと言う間。
途中で、ここらで休憩入れた方がいい、みたいなカットが入ったりするし(笑)。

014きっと、うまくいく_休憩.jpg
劇場では、ここで休憩時間が入ったのでは?

やー、これはおもしろいなあ!
やっぱりマサラしてるけど、ちゃんと卒業&青春モノになっているよね。
極めて秀逸なストーリーだし、映像もバツグンに美しいぞ!
たしかに、映画として優れているぜー。
まあ、突っ込みどころもいろいろあるけど、
それは笑いと涙が思い切りふっとばしてくれているねー。

015きっと、うまくいく_ペン.jpg



そして、けっこうな社会派でもあるんだな。
インドは、僕らが想像する以上に身分階級制度が厳しくて、
少し前までは身分の低い家庭の子供は、大学なんて行けなかったんだよ、どんなに頭が良くても。
それはね、お金がないから行けない、という意味ではなくて、入ってはいけない、という意味。
難しい、という意味ではなく、「差別」というか「区別」されているということ。

1990年頃だったかな、インド政府はそれを少し緩めて、
勉強のできるコは身分に関わらず大学に行けるようにした
んだね。

勉強ができれば、誰でも出世してお金持ちになれるチャンスが生まれたから、さあ大変!
それによって、優秀な人財がどんどん社会に出るようになって、
インドの産業や経済が大いに伸びた
んだよ。

反面、社会進出への競争が激化して、大学が学問を忘れて就職の道具になってしまう。
入りたくもない学部に進み、テストの点のとり方やライバルの蹴落とし方、
就職のハウトゥばかりに秀でたやつが増えてしまった。
さらに、落第したり就職に失敗したりして自殺する若者も増えて社会問題になっている
んだね。

この映画は、そういうことを糾弾したスパイスがピリッときいているんだよ。
いや、そのスパイスこそがこの映画のメッセージなんだね。



なんともマサラな、カレーみたいな映画!
時々食べたくなるよね、インドカレー。



016きっと、うまくいく_ポスター.jpg

●『きっと、うまくいく』(3 Idiots)
2009年 インド
2013年 日本
上映時間:171分
製作:ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー
監督:ラージクマール・ヒラーニ
原作:Chetan Bhagat『Five Point Someone』
脚本:ラージクマール・ヒラーニ、ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー、ジット・ジョーシ
音楽:ジャンタヌ・モイトラ、アトゥル・ラニンガ、サンジャイ・ワンドレカール
撮影:C.K.ムラリーダラン
編集:ランジート・バハドウル、ラージクマール・ヒラニ
日本語字幕監修:いとうせいこう
配給:日活
出演:アーミル・カーン、カリーナー・カプール、マドハヴァン、シャルマン・ジョシ ほか
受賞:第57回ナショナル・フィルム・アワード
   ・作品賞
   ・音響賞(Anup Dev)
   ・作詞賞(Swanand Kirkire - Behti Hawa Sa Tha Wo)
   2010 国際インド映画アカデミー賞(IIFA Awards)
   ・作品賞
   ・監督賞(ラージクマール・ヒラーニ)
   ・Best Story(ジット・ジョーシ、ラージクマール・ヒラーニ、ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー)
   ・助演男優賞(シャルマン・ジョーシー)
   ・主演女優賞(カリーナ・カプール)
   ・悪役賞(ボーマン・イラーニー)
   ・作詞賞(Swanand Kirkire)
   ・男性歌手賞(- Shaan - Behti Hawa Sa Tha Wo)
   ・撮影賞(- C. K. Muraleedharan, ISC)
   ・脚本賞(ジット・ジョーシ、ラージクマール・ヒラーニ、ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー)
   ・台詞賞(ラージクマール・ヒラーニ、ジット・ジョーシ)
   ・編集賞(ラージクマール・ヒラーニ)
   ・録音賞(Bishwadeep Chatterjee、Nihal Ranjan Samal)
   ・歌曲録音賞(Bishwadeep Chatterjee、Sachin K Sanghvi)
   ・Best Sound Re-Recording(Anup Dev)
   ・Best Background Score(Sanjay Wandrekar,Atul Raninga、Shantanu Moitra)
   2010 フィルムフェア賞
   ・作品賞
   ・監督賞(ラージクマール・ヒラーニ)
   ・助演男優賞(ボーマン・イラーニー)
   ・台詞賞(ラージクマール・ヒラーニ、ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー
   ・Best Story(ジット・ジョーシ、ラージクマール・ヒラーニ)
   ・脚本賞(ラージクマール・ヒラーニ 、ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー)
   2010 Max Stardust Awards
   ・ベスト・フィルム・オブ・ザ・イヤー賞
   ・最優秀女優賞(カリーナ・カプール)、
   2010 Star Screen Awards
   ・作品賞
   ・監督賞(ラージクマール・ヒラーニ)
   ・主演女優賞(カリーナ・カプール)
   ・悪役賞(ボーマン・イラーニー)
   ・コメディアン賞(オーミー・ヴェイドヤー)
   ・脚本賞(ジット・ジョーシ、ラージクマール・ヒラーニ、ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー)
   ・台詞賞(ジット・ジョーシ、ラージクマール・ヒラーニ)
   ・編集賞(ラージクマール・ヒラーニ)
   ・振付賞(Bosco-Caesar - Zoobi Doobi)
   ・新人俳優賞(オーミー・ヴェイドヤー)
   第37回日本アカデミー賞 優秀外国作品賞(ノミネート、2013年)


プロフィール

ちかごろの記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

リンク