FC2ブログ

ゆらゆら草

もう少し感受性を働かせれば、毎日がスペシャルになる。そう自分に言い聞かせて、 いろいろ感じたことを書きとめてみよっと。

ちょっと、ぶらーっと  


ついこのあいだの休みの日、カメラを持って散歩へ。


001紅屋.jpg


できるだけ歩いたことのない道を探して、
住宅街を縫うようにして歩いていたら、
グレーの鍔つきの帽子を被ったじいさんが
歩いていたんだよ。

横を抜き去ろうとしたら、ぐい、と寄って来た。
「すみません、駅はどっちでしょうか?」

外を歩いていると、よく道を聞かれたりするんだよなあ。
平日に仕事で移動中でも、休みの日でもけっこう
捉まるんだよ、昔から。

で、なぜか外国人が多いような気がする。
しかも、白人。
英語がそんなにできるわけでもないし、
そんなに外をぶらぶらしてるわけでもないのに。

外国人に道を聞かれやすい風貌とかあるんだろうか?
でも、今回は日本人のじいさんだわ。

「んーと、この辺からだとどこの駅にも近くないけど、
どこへ行くつもりなんですか?」
「石神井公園」
「んーと、西武池袋線だよね」
「はい」
「だったら、所沢駅がいいですね」
「ああ、西武線だったらどこの駅でも大丈夫です」

・・・と言っているけど、全然大丈夫そうには見えない。
現に、道に迷っているんだろ、
西武新宿線の電車に乗ったとして、
この昭和レトロじいさんは池袋線に
乗り換えられるのかい?

002行き止まり.jpg


「わかった、所沢駅まで一緒に行きましょう。
僕も所沢駅まで行こうと思って歩いていたんです」
「はっ、ありがとうございます!」

「けっこう遠いけど、大丈夫?」
そうして、僕らは家の建て込んだ路地を
ひたすら歩いた。

「石神井公園へは、何しに?」
「住んでるんです」
「へ? じゃ、石神井公園から所沢へ来たんだ?」
「はい」

「所沢へは、何しに来たの?」
「ちょっと、呑みにでも、と思って」
「・・・って、まだ昼飯どきだよ。石神井公園の駅の
付近にだって飲み屋はいっぱいあるんじゃない?」

「ありますが、ちょっとぶらーっと、
遠くへ行きたい気分で」
「ふーん」
「昔はよく所沢へ来たんだけど、
駅から出たら道に迷ってしまって」

迷うにも程がある。
「駅までは、まだ20分くらいかかるよ」
「最近、頭がおかしくなってねぇ」

いわゆる “徘徊老人” というやつか、って思ったんだけど、
会話の内容はそんなに変な感じはしないよな。
「ホントに頭がおかしな人は、最近、頭がおかしいかも
なんて言わないでしょう、そういう人はたいがい
オレは頭がおかしくなんぞねえ、って言うんですよ」
「わはは」

「あ、ここはさっき通ったところですな」
ちゃんとわかっているのだ。

003あまのや.jpg


駅近くの商店街にたどり着いた時、じいさんは言ったよ。
「お礼に、この辺でビールでも一杯どうですか」
「んー、まだ昼間だし、夕方から少し片づけたい
仕事もあるしねぇ」
「ああ、そうですかあ」

「ほら、あそこが所沢駅のエスカレーターですよ」
「ああ、わかります。もう、帰れます」
「ん、改札まで行ける? キップ買える? 池袋線のホームわかる?」
「わかります、わかります」
「んー、ついでだから、券売機のところまで
一緒に行きましょう」

「ほらほら、石神井公園までなら240円ですよ。
池袋線だから3番線ですよ、行けます?」
って、振り返ってじいさんを見ると、
黒っぽいウェストポーチから千円札の束をごそっと
つかみ出して、こちらへ突き出しているではないか。

「お礼と言ってはなんですが、受け取ってください」だと。
「いやいや、いらない、いらない、そんなつもりは
毛頭ないんですよ、ちょうど僕も駅まで歩くところ
だったんですから」
「でも・・・」
「いいから、物騒だから早くしまって、
石神井公園に着いたら、それでビール呑むんでしょ?」

それから、じいさんは僕に礼を言って、
改札を通って3番線のほうへ歩いて行ったっけ。



後から振り返れば、その日は「敬老の日」だったんだ。
僕は、いいことをしたと思っていたんだけど、
そうではなかったのかもしれないなあ。



ちょっと、ぶらーっと出かけたくなって・・・
住宅街をジグザグ30分ほど歩いて遠くの駅へ・・・
じいさんも僕も、やってることは同じこと。


004枯葉.jpg


005彼岸花.jpg







♪ Uncleあるちゅうの唄 / ふきのとう





♪ Alone Again / John Lennon





♪ 白いページの中に / 柴田まゆみ




スナップ散歩 1805  


001栄華.jpg

所沢の「絶滅危惧メシ」の代表格の一店


002ゆり.jpg
石楠花(シャクナゲ)


003草.jpg


004葉っぱ.jpg


005松葉菊.jpg
マツバギク


006枯れ木.jpg


007葉っぱ.jpg


008なでしこ.jpg
美女撫子(ビジョナデシコ)

がんばれ、なでしこジャパン!


009スモーク.jpg
スモークツリー



010花.jpg
サツキ


011荒幡肉店.jpg


012稲荷神社.jpg

とんかつ屋「菊富」の横の路地から「坂稲荷神社」が見える


013ブラシ.jpg
金宝樹(キンポウジュ、ブラシノキ)


014松葉菊.jpg
マツバギク


015青い花.jpg
千鳥草(チドリソウ、ヒエンソウ)


016タンポポ綿毛.jpg


017綿毛.jpg
?????


018ドクダミ.jpg
ドクダミ


019花.jpg
マーガレット


020かつらの葉っぱ.jpg


021つぼみ.jpg
ポピー(ナガミヒナゲシ)の種


022橋.jpg


023木陰.jpg


024鳥.jpg

※花の名前は、「花の足音」のまりさんからご教示いただきました。
 ありがとさんですー!



最近、なんだか暑いよねぇ。
ぷらぷら歩いているだけなのに、クラクラするわー。
でも、ビールがうまい。

明日もがんばろー!





♪ きっと言える / 原田知世





♪ 時をかける少女 / 原田知世





♪ くちなしの丘 / 原田知世




墨田川橋渡し  


001きれいな水辺で.jpg


蔵前橋で隅田川の遊歩道に降りて、
厩橋のほうへ歩きながら写真を撮っていたら、
誰かが僕の肩をトントン。

振り返ったら、白人の老夫婦。
ニコニコ、ウォーキングスタイル。

せっせと作業をしている船を指差して、
「あれは、何をやっている?」と聞いてきたよ。

「ツ クリーニン.」って答えると、
「クリーニン?」って、ちょっと驚いているようす。

「デイル ピッキン トラッシュ アップ・・・」と言うと、
「オー」っておじさんたちの作業を凝視。

「・・・フォア トキオ・オリンピッ.」って続けると、
「ヤー、オ・モ・テ・ナ・シ」って、納得したようだった。

“きれいな水辺で世界をお出迎え”

天気が良くて、気持ちのいい日だったなあ。


002国技館.jpg
いま激動の国技館


003江戸東京博物館.jpg
江戸東京博物館、展示おもしろいよねー


004高速の下から


005スカイツリーと水上バス.jpg


006ライオンとスカイツリー.jpg


007厩橋と船.jpg


008厩橋.jpg
これは、厩橋


009駒形橋.jpg
いま、駒形橋は東京五輪に向けて塗装工事中


010遊覧船.jpg


011駒形橋の下から.jpg
駒形橋の下から撮ってみた


012釣り船.jpg


013あみ清の船着き場から.jpg
屋形船の船着き場から


014吾妻橋たもと.jpg


015吾妻橋街灯.jpg


016マツヤ浅草.jpg


017神谷バー.jpg


018リキシャ.jpg


019浮世絵.jpg



4月の末頃に、ちょっとした仕事で両国に行ったんだよ。
ついでに、浅草の街を撮って来ようと思っていたんだけど、
午前中に終わると思っていた仕事が午後2時頃までおしおし。

ケツカッチンなので、浅草の街の入口までで
スナップ散歩タイムリミット。 オー・マイ・ガッ
また今度ねー。







♪ This Time / Earl Klugh





♪ my home town / MSクラブ(小田和正カバー)




▲Page top