ゆらゆら草
もう少し感受性を働かせれば、毎日がスペシャルになる。そう自分に言い聞かせて、 いろいろ感じたことを書きとめてみよっと。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
わらのスライム

埼玉県の行田市にある「古代蓮の里」というところに、
“藁で作ったスライム” が展示されているというので
行ったった。

001案内板.jpg

002タワー.jpg


なんだ、このタワーは?

003タワーと看板.jpg

おおー、あったあった。
手前のやつは、よく見る青いやつなんだろうけど、
奥のやつは何?キング?
わはは、全然くわしくなかったりして。

004スライム大小.jpg

012スライム大小人あり.jpg
バニーマンさんのご要望にお応えして、人が入っているバージョンもアップ

大きさの感じがわかりずらいかもしれないけど、
小さいほうは、高さ2mくらい。
でかいほうは、高さ6~7mくらいあるんじゃないかな。

なんで藁で作ったスライムなのか、って思ってたんだけど、
あ、そうか!
荒川のあたりには田んぼがけっこうあって、
稲作がさかんなんだったなー。

ちょっと調べると・・・
「コシヒカリ」、「キヌヒカリ」、「彩のかがやき」、「朝の光」、
「あかね空」、「ゆめみのり」なんて銘柄があるんだそうだ。

へぇー、しかし、埼玉県産の米なんて、スーパーで見たことないけどなあ。
いったい、どこへ行っちゃっているんだろうなあ?
水田の広大さからすると、そんなに少量でもなさそうだけど。

005スライム大.jpg

006スライム小.jpg

でっかいほうは、中に入れるようになっているんだよ。

007スライム大中.jpg

008スライム大中2.jpg

ほらほら、梁がめぐらせてあって、
2階建ての家くらいの高さがあるんだな。



009タワー2.jpg

なんでタワーかというと、
実は、ここの敷地はかなり広くて、
古代蓮の蓮池が広大に広がっているし、
木や花などの植物がたくさん植えられているので、
きっと眺めがいいんだろうねー。

いまは真冬なので、蓮は1輪も咲いていなくて、
泥沼というか湿地帯というかがあるだけなので、
登らなかったよ。

010梅.jpg

でも、白い梅が咲いていた。
んー、あたり一面がいい匂い!

011蝋梅.jpg

おー、かわいらしい蝋梅も。



ドラゴンクエストって、一度もやったことがないし、
ロールプレイングゲームも好きじゃないし、
風が強くてめっちゃ寒いんだけどさ、

スライムの好きなふたりが、喜んでくれれば倖せ、ってことで。







♪ 私の願い / オフコース





♪ Creep / Radiohead(acoustic)




歌舞伎町の夜は明けて

忘年会、バカスカです。

その日は、永田町の立食パーティでビールとウイスキーをガバガバ呑んで、
その後、赤坂の中華料理屋でスタッフ打ち上げで紹興酒をガバガバ呑んで、
さらに、ショットバーに移ってウイスキーをカポカポ呑んで、
おまけに、新宿の焼き鳥屋でビールをグビグビ呑んで、グロッキー。
新宿のサウナに泊まったのだった。

午前遅くに外へ出て、家に帰ろうと西武新宿駅のところ歩いていたら・・・

001ミラノ座裏.jpg

おー、そっか、この通りから「新宿ミラノ座」の裏側が見えたんだ!
おーおー、この前観た『新宿スワン』で、“屋根の上ロケ“ に使われていたんだよ。
2014年の末に閉館していて、いまはビル全体が廃墟になっているんだけどね。

002ミラノ座裏2.jpg

『新宿スワン』の、綾野剛が所属するスカウトマン事務所の社長訓示みたいなシーン、
事務所の屋上に全員が集合しているように見えるんだけど、
実は多分このミラノ座の屋根の上なんだな。

だってさ、そのシーンをよく見ると、みんなが立っている床面が盛り上がっているんだよ。
昔の体育館みたいな、かまぼこ型の屋根でしょ。
よくあんなところにのぼったよねー。



ほんじゃ、表側を見てみるか、ということで行ってみた。

003ミラノ座表.jpg

ほれほれ、行ったことのない方には申し訳ないんだけど、
こっち方面の映画好きにはおなじみの風景なんだよ。

でっかい映画館が3つと、アート系の「シネマスクエアとうきゅう」、
ボーリング場なんかが入っていたなあ。
映画とボーリングで、100回以上はお世話になったと思う。
青春の風景の1ページ、というやつだな。

004ミラノ座前.jpg
1959年当時のミラノ座の前の広場 ※ウィキペディアより拝借

005ミラノ座前2.jpg
2015年現在のミラノ座の前の広場 ※グーグルマップより拝借


ミラノ座の前は、四方をビルに囲まれた、ちょっとした公園みたいになっていてさ。
昔は、その辺の地べたに座ったまま始発電車を待っている若者がたくさんいたっけなあ。

ここには、松竹・東急系のミラノ座1~3と
単館ロードショウのパイオニア「シネマスクエアとうきゅう」のほか、
まわりのビルにはなんと、「新宿プラザ劇場」、「新宿コマ東宝」、「新宿トーア」、
「新宿ジョイシネマ」、「新宿オデヲン座」など15近くの映画館が林立していたんだよ。

そう、ここはあの歌舞伎町の1丁目だけど、“映画の聖地”でもあったのだ。
日本で封切られる商業映画のほとんどの名作が、
このテニスコート4~5面程度のエリアで見られたんだよ。

一般の人はもちろん、どれだけの映画人、映画マニア、映研学生が通い詰めたんだろう。
それが2010年前後に10スクリーンほどがバタバタ閉館。
2014年末には全部なくなってしまった。
ミラノ座の1と2は両方とも、1,000席以上ある日本最大の映画館だったんだよ。
園子温監督が、ミラノ座の屋根の上でロケをした気持ちがわかるような気がするなあ。

007ありがとうミラノ座.jpg
2014年年末のミラノ座入口



ミラノ座を正面に眺めて、真後ろを向くと・・・

006東宝シネマズ.jpg

おっと、あのゴジラの載っかっているビルの「TOHOシネマズ新宿」だ。
東宝系はIMAXで復活やー!
元あった、「コマ劇場」や「シアターアプル」はなくなってしまったけどね。

なくなってしまったミラノ座やまわりの映画館の後に何が来るのか、
ゴジラが凝視しているって訳だなー。なはは



せっかくだから、新宿をブラブラしたぜー。

008一番街アーチ.jpg
おなじみの一番街入口のアーチ状看板。よく見ると「劇場通り」とも書いてある

009ダグ.jpg
村上春樹氏が昔、よく本を読みながら長居したらしいジャズ喫茶「ダグ」



おっと・・・

010ぼったくり看板.jpg

おまわりさーん、これじゃ、ホントにやばいキャッチ被害はなくならないよー。
だって、キャッチするコって、全然「客引き」に見えないんだからさ。





“ 学生通り ” / 木之内みどり


作詞:松本隆、作曲:財津和夫、編曲:松任谷正隆、歌:竹中直人の奥さんです。



“ 学生街の喫茶店 ” / ガロ



ゴジラ、歌舞伎町に現る!





東京・新宿駅の西口の小田急ハルクに入ってるビックカメラで
パソコンのソフトを買って、大ガードをくぐって帰ろうとしたら・・・

001西口ゴジラ.jpg

おおっ?!


002西口ゴジラ.jpg

おーっ、ゴジラだっ!!


003西口ゴジラ.jpg

ゴジラが暴れてる!!

歌舞伎町のほうだ!
行ってみるべー。


004歌舞伎町ゴジラ.jpg

お、コマ劇場があったあたりだ!
それにしても、日本語じゃない言葉を話すおっさん、
オレのカメラの前に割り込むんじゃないよ。


005歌舞伎町ゴジラ.jpg

おー、なかなかスリリングな造作だなー。

ゴジラの身長は、出演作品によって50~100mの幅があるんだけど、
「HOTEL GRACERY」って書いてあるビルが130mだから、
これは50mクラスのゴジラだなー。
それにしては、ちょっと頭が小さいかな?
まあいいか。


006歌舞伎町ゴジラ.jpg

おお、いいぞ、いいぞ。
なかなかの表情じゃないか。


007歌舞伎町ゴジラ.jpg

やったー、文句のつけようのない顔だ!!
これが、ゴジラなのだ!!
歌舞伎町の “悪” に、強烈な睨みをきかせているぜー!!





ゴジラが立ってるのは、東京都新宿区歌舞伎町1丁目19番地1号。
そう、「新宿コマ劇場」があったところなんだよ。
いわゆる “新宿歌舞伎町“ のシンボル的建物だったんだなー。
円形の回り舞台が特徴で、そのようすが「回る独楽」みたいだということで
「コマ劇場」ってなったんだそうだ。

演歌歌手の美空ひばりとか北島三郎、五木ひろし、八代亜紀なんかの
“芝居つきのリサイタル” の聖地ってイメージが強いけど、
1956年にできてから実にすごいイベントが行われてきたんだね。

●千葉真一のジャパンアクションクラブ (JAC )のミュージカル
●山口百恵の「百恵ちゃんまつり」
●YMOの「ウィンター・ライヴ1981」
●サザンオールスターズのカウントダウンライブ
●第9回NHK紅白歌合戦(1958年)
●毎年大晦日の『年忘れにっぽんの歌』
●毎年6月の「ドリームジャンボ宝くじ」の抽選会
などなど

「シアターアプル」っていう小劇場も併設されていて、
僕も憂歌団のコンサートを酒を飲みながら観たことがあったなあ。

その後、演歌人気が低迷してしまい、2008年に閉館決定。
2011年3月から1年かけて取り壊されたんだね。

それからは、複合インテリジェントビル「新宿東宝ビル」として再開発が進んで、
今年(2015年)4月17日に完成・開業したのさ。
地上31階地下1階建てで、高さ130m、延べ床面積は55,390平方メートルだって!

1階と2階に飲食店。
3階から6階は、TOHOシネマズの12スクリーン約2500席の
都内最大級のシネマコンプレックス。
東宝はもともとコマ劇場の大株主の一つだからね。
9階から31階は、藤田観光が運営する約1030室のホテル「ホテルグレイスリー新宿」。
TOHOシネマズでは、初のIMAXシアターの登場!
・・・というわけで、ゴジラが出現することになったわけだ。



歌舞伎町といえば、日本のやーさんと台湾マフィアから始まり、
コリアンマフィア、福建省マフィア、上海マフィアなんかが跋扈するイメージ。
昔から、街中で不用意に写真を撮るなんて危なくて、って感じだけど、
世界中の観光客や映画好きの老若男女がやってきて、
気楽にシャッターを押せる街になるよう、ゴジラが一役かってくれそうだよねー。


何の意味も目的もないもの


赤瀬川原平さんが亡くなってしまった。
77才だったそうだ。
肩書は、作家・随筆家・美術家・武蔵野美術大学客員教授。

ムサ美の油絵科を中退後、前衛芸術家として活動。
千円札を模したものを作品にして、罪に問われたことがある(笑)。

'70年代といえば、「ガロ」や「朝日ジャーナル」で漫画を書いていたんだよ。
「朝日ジャーナル」で連載していた『桜画報』という漫画の最終回で表現上の問題を起こし、
編集長の更迭や、出版局での大がかりな人事異動が行われるなど、
「朝日ジャーナル」創刊以来の一大不祥事の張本人となる。

'70年代末からは、純文学の作家としても活躍。
1979年に『肌ざわり』で中央公論新人賞を受賞。
1981年、『父が消えた』で第84回芥川賞を受賞
1983年、「雪野」で野間文芸新人賞を受賞。

1989年に公開された映画、『利休』の脚本も書いたりしたんだね。
実に多才!

1996年には、あの『新解さんの謎』
1998年は、『老人力』でベストセラー、同年の流行語大賞を受賞したんだね。

猫好き、カメラ好きで、著書多数だそうです。



そんな故人の、妙で多彩な活動の中でも、僕が忘れられないのは、「トマソン」のことだ。

あれは、1987年だったと思う。
街なかの建物・看板・張り紙などを観察・鑑賞する団体「路上観察学会」
というのが注目を浴びたんだよ。
その学会が出した『東京路上探険記』というエッセイの中で、
そのメンバーの中心的人物だった赤瀬川原平さんが'70年代から普及していた
「トマソン」というのが、一躍、注目の的になったんだな。

こんなの見たことない?
たとえば、どっかの家の壁の、地上2mくらいのところに石段も何もないのに
“玄関” があったりするのを。
どうやって出入りするの?って玄関。
はたまた、ちょいと階段を上ったら行きつくところ “コンクリートの壁” だったりする階段とか。

そういう、何の目的でそこにあるのかわからない街の造作物のことを
赤瀬川さんは「トマソン」と呼んだんだよ。
なんで、「トマソン」なのかは簡単。
昔、読売ジャイアンツに鳴り物入りで、超高い契約金で雇われた大リーガーが来たんだよ。
その名もゲイリー・トマソン
ところがトマソン、全然活躍せずに帰国してしまった。
つまり、“何の役にも立たないもの” ということで、「トマソン」と名付けたんだね。

でも、赤瀬川さんは、「トマソン」を茶化しているわけではなくて、
そのシュールな姿を、何の意味も目的もない=純粋芸術と捉えて、
「超芸術トマソン」と呼ぶことにしたみたい。



僕は、就職したばかりの頃、東京・四谷の会社に通っていたんだけど、
毎日通る道の傍らに、「変なものがあるなあ」って思っていたんだよ。
それが、コレ↓

001純粋階段.jpg

ほら、何のための階段かよくわかんないでしょ?
僕が毎日見ていた時は、実はこの写真のような姿ではなくて、
この階段が張り付いている壁も窓も植え込みもなくて、
おまけに手摺りもなくて、まわりに何もない歩道の傍らに、
ただ6~7段上ってただ6~7段下るだけのコンクリートの石積みがあっただけ
で、
もっとシュールなたたずまいだったんだよ。

階段とくっついていた建物は、祥平館という歴史ある旅館で、
いまはもうそれも階段もなくなっちゃって、
1階にセブンイレブンの入った、祥平館ビルになっちゃったけど。

「トマソン」の呼び名のなかった頃から、四谷祥平館の “純粋階段”
または “四谷階段”(笑) なんて呼んでいたそうで、
見事、「超芸術トマソンの第一号」に選定されたんだった。



こういったトマソンムーブメントは、いまでもいろんな人がその火を灯し続けていて、
ネットで検索するといろいろ出てくるけど、

002行き止まり階段.jpg

僕のお気に入りは圧倒的にコレ↓

003海部トンネル.jpg

「俺たちの旅 三十年目の運命」でロケに使われた駅、徳島の海部駅付近にあるトンネルだっ!!
なんじゃこりゃー!? でしょ?



赤瀬川さん、僕が行くまで、天国でもまたおもしろいことやっててくださいねー。










東電さんには、日々感謝しているんですよ、原発以外は。


copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.