ブーブー祭


ブーブー祭.jpg


へー、へー、へー。
何気に大胆な表現じゃないかい。

今朝の新聞に折り込まれていたチラシの端。
埼玉が誇る、豚肉とハム・ソーセージのテーマパーク
サイボクハムのやつだ、へー。

「ブ」の濁点が、ブタの鼻になっているから、
豚肉とひっかけているのかと思いきや、
ほとんど豚肉とは関係なさそうだし、
「ブ」の後の音引きがフキダシみたいになってるし、
ま、いいかあ。



昔、セミナーで、
「広告クリエイティブの活性化は、もはや “清く、正しく、美しく” から
抜け出す以外方法はない。タブーや常識を破ろう」
なんて習ったことがあったけど、こういうのをいうのかなあ。

へー。
んー、行こうかなあ、やめよっかなあ。
参加者のきれいな女子と、「へぇー!?」な仲になれるかなあ。
「手づくりこんにゃく教室」もあって、
お腹の調子がよくなりそうなイベントともいえるよなあ。

でもなあ。







♪ Any Major Dude Will Tell You / Steely Dan





♪ Haitian Divorce / Steely Dan





♪ Doctor Wu / Steely Dan




みんなが願い事をしますように


001ツリー.jpg

恒例となりつつある、
ウチのマンションの七夕飾りコンテストでござーい。


002にんじゃ.jpg

これは、なってみたいけど・・・


003雪女.jpg

これは、気持ちがよくわからないなあ。


004世界征服.jpg

んー、忍者や雪女レベルじゃ世界征服は難しいかもよ。


005願い.jpg

おおーっ、すばらしい!
今年のチャンピオンは、これだなー。







♪ 線香花火 / NSP





♪ No Surprises / Radiohead




フレンドシップ、ってか?


9月18日の深夜(19日未明)、みんなが寝ている間に、
安保法案が参院で可決されてしまったよ。

なんてこったい。
これで、アメリカがやらかす戦争で日本人がたくさん死ぬことになったわけだ。
なんで、個別的自衛権じゃないんだ。

野党はこの後、どんな作戦に出るんだろう?
国会は立法府ではあるけど、法の番人ではないのだ。
最高裁には「違憲立法審査権」というのがあるよな。
民主党あたりは、裁判に持ち込むんだろうか。



ネットを眺めてて、ふと思い立った。
「そうだ、そこへ行ってみよう!」
いみじくも、今日は9月19日だっ。



001しんとこ駅で.jpg

最寄り駅から電車に・・・。

002拝島駅.jpg

003拝島駅.jpg


めざしたのは「拝島(はいじま)」。

004横田入り口.jpg

そうさ、在日米軍横田基地だよ。
おねーちゃん、うれしいのかい?

005アメニティボックス.jpg

006stop.jpg

007ガレージ国旗.jpg

008フレンドシップ.jpg

日米友好祭 Japanese - American Friendship Festival 2015!
ふん、フレンドシップだとさ、うれしくて涙がちょちょぎれるわ。

009パトリオット.jpg

航空自衛隊のパトリオットミサイル発射機。

010装甲車.jpg

011トウチくん.jpg

ゆるキャラが好きで、自衛隊に入る人もいるのかい?

012戦闘機.jpg

013戦闘機.jpg

014機銃.jpg

015機銃.jpg

016オスプレイ.jpg

これがオスプレイか。

017オスプレイ.jpg

018オスプレイ.jpg

そんなに兵器が好きなのかい?

019オスプレイ.jpg

020エンジン.jpg

021車輪.jpg

022ヘリ.jpg

兵器ではしゃぐ子供その2

023矢印.jpg

僕らはホントにどこへ向かっているんだろう





024ポスター.jpg

なんだ、交通安全のことかあ







“ Danger Zone “ / Kenny Loggins




七夕、ことしも雨かなあ?


001七夕飾り.jpg


ウチのマンションの七夕飾りでーす。

誰でも自由に短冊を書いて下げられるようになっています。



002短冊.jpg


うほほーい、栗原くんに大賛成ですー!




003星空.jpg

でも、

戦争、テロ、災害、経済恐慌・・・

“とんでもないこと” は、もうこれ以上、起こりませんように  (-m-)” パンパン





“ No Surprises “ / Radiohead





“ 最後のニュース “ / 井上陽水




北海道のハロウィーン



ハロウィーンと聞くと、必ず思い出すことがあるんだよ。
それは、「ろうそく出ーせー」だよ。

僕の田舎では、8月7日の七夕に行われていた。
その日の夕方に、近所の空き地なんかに子供たちが集合する。
女の子は、浴衣姿が多いかな。
男の子は自分で作ったカンテラ、女の子は市販の提灯を持ってくる。
ろうそくを灯すのだ。

カンテラを器用に作る、学級長のヒロオ、
いつもお母さんに叱られてばかりのカズエちゃん、
お嬢様なので、普段なら夜に出かけるなんてあり得ないマスミちゃん、
大きな天体望遠鏡を持ってるスギさん、
幼稚園の頃からずっと洟たれ小僧のカンジ、
本州から転校してきたばかりで初参加のナリタくん・・・・
みんなが、いつもの家庭の時間から、今日は抜け出してくる。

中学生になったら、あんまり参加しなくなるかなあ。
小学校の高学年の子が班長みたいになって、6~7人のグループを作る。
年長の子が、みんなのろうそくに火を灯すんだよ。
準備ができたら、さあ、出発!
ぼんやり灯った明かりが、蛍のように町のあちらこちらを漂い出す。

知ってる家も、知らない家もおかまいなし、
無作為に訪問して、お菓子やお駄賃をねだるんだよ。
町内の家々は、みーんな子供たちの餌食だ。
その時に、玄関先で歌う唄がこれ。


♪ろーそく出ーせー出ーせーよ 出ーさーないとー かっちゃくぞー
 おーまーけーにー喰いつくぞー 喰いついたら放さんぞー



この唄を聞いたら、だいたいはおばさんが出てきて、
子供たちにキャンディやチョコやお駄賃をくれるというしくみだ。
もちろん、小さなろうそくをくれるウチもたくさんある。
でも、ろうそくだけだとあまりうれしくない。

一度、お寺に行ったら、どでかいろうそくを一人一人にくれたことがあったなー。
それがあってから、お寺に行くのはやめたけど。

時々、引っ越してきたばかりで、この風習を知らないみたいで、
「おまえたち、この夜中に何やってんだ!!」って怒鳴るおっさんもいる。
そういうケースにも僕らは慣れているので、
「あー、知らね~のかよ、しょうがねーな、来年はちゃんと覚えとけよなあ」と心でつぶやいて、
(こっちのほうが大人だぜ)といった顔をしてさらっと退散する。

手作りカンテラと提灯に火を灯して夜に繰り出す、年に一度の冒険の日。
何時までとも決まっているわけではなくて、
一人抜け、二人抜けして「ろうそく出ーせー」の灯は消えていく。
「また、来年なー」。



001カンテラ


・・・ね、似てるでしょ?ハロウィーンに。
「ろうそく出ーせー」は、真夏だけどね。
いまでもやってるのかなあ?

日本には昔から、お盆に子供が「灯篭流し」や「提灯かざり」なんかをする習わしがあるそうだ。
それで、それらに使うろうそくを子供たちが自分で寄付を願って回った、というのが
この「ろうそく出ーせー」の起源らしいね。

僕が子供だった頃は、ただ楽しかっただけだけど、
いまは大昔の北海道の暮らしを想像せずにいられないんだ。
明治の開拓開始以後、寒くて、貧しい生活を強いられた人たちの、
「せめて、つらい開拓の先陣を切ってきた先祖をまつるお盆だけでも、肩を寄せ合って収めたい」
という気持ちがそこにあるような気がして、哀愁を感じてしまうのだ。

「ろうそく出ーせー」は、それゆえに北海道に根付いてやまなかったのだと思う。




♪ 時 代  作詞・作曲:中島みゆき


今はこんなに悲しくて
涙もかれ果てて
もう二度と笑顔には
なれそうもないけど


そんな時代もあったねと
いつか話せる日がくるわ
あんな時代もあったねと
きっと笑って話せるわ
だから今日は
くよくよしないで
今日の風に吹かれましょう

まわるまわるよ
時代はまわる
喜び悲しみくり返し
今日は別れた恋人たちも
生まれ変わって
めぐりあうよ


旅を続ける人々は
いつか故郷に出会う日を
たとえ今夜は倒れても
きっと信じてドアを出る
たとえ今日は
果てしもなく
冷たい雨が降っていても

めぐるめぐるよ
時代はめぐる
別れと出会いをくり返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって
歩き出すよ


まわるまわるよ
時代はまわる
別れと出会いをくり返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって
歩き出すよ


今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって
歩き出すよ