ま、いいか バレンタイン


001クッキー_スライム.jpg


「お、バレンタインだから、オレにくれるチョコクッキー作ってんのかー」

「違うよー、お母さんと、作って食べたいねー、ってことになったのよ」

「またまたあ、照れなくたっていいじゃん」

「違うったらー」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、

「食べてもいいよ」


002クッキー_ハート.jpg


「ほらみろ、オレのために作ったんだろ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、

「うー、食べ過ぎたー、もう、晩ご飯食べらんないわー」

「お母さーん! お父さん、晩ご飯のお寿司いらないってさー」

「・・・って、何かの陰謀かい」







♪ My Funny Valentine / Chet Baker




雪でした


所沢では、午前中から降り出したかなあ。
午後になって、どんどんひどくなって、
いまは小降りだけど、もうどっさり20cmくらい積もっちゃったよ。


寒椿01.jpg

寒椿02.jpg

寒椿03.jpg



雪と言えば、その昔、東京方面で大雪が降ったのを思い出すよ。
やー、しょっちゅう降るんだけどね。
その時は、一晩で30cmくらい降ったかな。
よくある、成人の日の大雪

前日の夜からバンバン降って、
ほとんどの電車が停まってしまった。

それで、会社に泊まることにしたんだっけ。
仕事がめっちゃ忙しかったので、
電車が停まらなくても泊まりだったに違いないんだけどね。(笑)

で、朝になったら、私鉄(京王線)だけが動いてた。
僕が住んでいるところの最寄駅には停まらない線なんだけど
割合近くまで行けるので、とりあえず乗ったっけ。

「高幡不動」駅で降りたら、家の近くまで行けるバスが動いてた。
ラッキー!と声を上げて乗ったんだった。
成人式の日なので、フツーの社会人や、
僕みたいなスーツを着ていないあやふやな大人のほかに、
着物姿の新成人の男女もけっこう乗ってたねー。
そうそう、バスの行き先は成人式を行なう市民会館方面でもあるんだ。

それが、家までの距離の半分くらいところまでは順調だったんだけどね。
その辺に長ーい坂があって、もうちょいで登りきるところで
バスがスリップしたんだよ。
バスのタイヤは、チェーンをはいていたんだけどさ。

運転手さんはバックして、平らなところから助走をつけてリトライ。
でもだめ、坂を上れない。
激しくトライしたら、タイヤが滑って車体が横向きになったりしてた。

6~7回トライしたところで・・・
昇降口の扉が、プシュー!

運転手さんがマイクで、
「このバスは、このまま車庫に戻ります、
皆さま大変申し訳ありませんが、降りてください」だと!

ええっ?降りろだと?
最寄り駅まで行きますので、ご容赦ください、とかじゃないのかよ。
こんなどっさり雪の積もった坂道のど真ん中で、降りろだと?

ぞろぞろ、みんなあっけにとられたように文句も言わず降りたよ。
その時はなんとなく、「上れないんだから、しょーがねえーか」
って思ったけど、雪深い道を1時間くらい歩いて家まで帰る途中で
だんだんムカムカしてきたっけなー。

着物&草履の成人式の若者たちには、なかなかの成人初試練だったかなー。
ま、式当日に突然、着物がなくなっちゃうのよりはマシだけどね。


寒椿04.jpg

寒椿05.jpg







♪ 雪 / 猫





♪ Kathy's Song / Simon & Garfunkel




僕のテレキャス


♪ 何もなかったように / 荒井由実








001テレキャス全景.jpg


僕のテレキャスでっせー。

ちょっと、引っ張り出したくなってしまいました。

だって、昔のロックバンドのハナシだとか、
ギターのハナシだとかするもんだから。


002ピックアップ.jpg


ピックアップマイクが、おもしろいでしょ?

上のハムバッカーが、
レスポールのやつみたいな広い金属板のやつなんですよ。


003ブリッジ.jpg


ブリッジは、弦2本を一つで引っかける3個金具じゃなくて
1本1本引っかけるタイプでしょ。

で、ブリッジの土台の金属板が、真っ平ら

3辺の淵が立ち上がっている、フツーの箱型のやつより
個人的にはこっちのほうがカッティングとかミュートが
やりやすいんですよ。

でも、弦が金属板で囲まれていないぶん、カッティングの音が
シャープさに劣るような気がするけど、どうでしょうかねぇ?



もっと、いろいろ教えてほしいことあったんですよ。

ずるいです、ハナシの途中でどっか行っちゃうなんて。

ワールドカップだって、もうすぐだっていうのに。





004サザンカ.jpg



005桂の冬木.jpg



Requiescat in pace, Mr.Pipco1980.






♪ Misslim / 荒井由実




来年こそは・・・


001オリオンと冬の大三角.jpg


あちゃー、失敗。

いくら周りが明る過ぎるからって、
いくら街なかの濁った空気だからって、
ひど過ぎる。

一応、オリオンと冬の大三角が写っているんだけどね。

来年こそは、しっかり光をキャッチしなくちゃ。





今年もチンタラ更新におつきあいくださり
ありがとうございました。

来年もボチボチおつきあいくださいませー。
1日経ったらもう来年だけどね。







♪ 雪が降る町 / 奥田民生





♪ 風は西から / 奥田民生



あ、いけね、マツダのCMソングだった。


モロなオムライス


001毛呂駅.jpg


仕事で、毛呂に行ったよー。

毛呂(もろ)とは、埼玉県の西のほうの毛呂山町にある
JR東日本八高線の駅名だね。

この辺といえば、隣町の「越生梅林」とか
日高市・高麗川の「巾着田の曼殊沙華公園」が有名かな。
湖や低山のハイキングなんかでも人気。
名産品には「桂木ゆず」というのがあるねー。

それから、まわりがゴルフ場だらけ
飯能市から熊谷市の間に30くらいのゴルフ場があるなー。
トランプ大統領と安倍首相がゴルフをやった、川越の
「霞ヶ関カンツリー倶楽部」もけっこう近くにあるんだよ。



ま、とにかく、電車で毛呂にとうちゃこ!

駅の西側に出ると駅前通りがあるんだな。
ふと先を見ると、正面に「埼玉医科大学(毛呂山キャンパス)」
の正門の文字が。
おー、埼玉医科大学への “参道” だなー。

その数十メートルの参道の左右には・・・

昔ながらのタバコ屋。

002タバコ屋.jpg


駅前の定番といえば今川焼屋さんでしょ。
子供の頃、ウチの田舎にもあった。

003大判焼き.jpg

004大判焼き2.jpg


「エコー」って、なんでそんな店名に?


005だんご.jpg

茶屋っぽい佇まいのだんご屋さんなどなど、
んー、ほのぼのいいところだねー。
駅前通りなのに、僕以外誰も歩いていない。
天気がよかったせいもあって、すっかりぽよぽよしてしまった。



いかんいかん、仕事仕事。
モードを入れ替えて、あれやこれやをスタコラ済ませてっと。
で、やー、メシでも食おうか、というわけ。
せっかく毛呂山まで来たんだから、土地のものでも・・・。

あの大判焼きの店以外に何かあるのか、って探しても、
えー?ないのかー?ってウロウロしてたら、
かろうじて喫茶店みたいなのがあった!

006千草01.jpg

007千草02.jpg

「千草」、昔ながらの喫茶店というかパーラーというか。
ここに入ろう、というか、ここしかないというか。(汗)

中に入ると・・・おー、こりゃ広い。

008千草店内.jpg

この毛呂駅前にあって、供給過多というか、設備過剰というか。
でもそうか、ここ以外に食堂っぽいものが見当たらないし、
医大病院関係の人やジモティなどの、みーーんなが来るんだな
きっと、ここに。

009千草接客.jpg

でも、昼時なのに僕以外一人しかいないし、客。


たのんだのは、もちろんオムライス・600円(税込)
えー?土地のもの食うんじゃなかったのかい?
っつったって、喫茶店なんだもん。
オムライスがあったのだって、ほとんど奇跡だろー。

・・・なんて、ひとりノリツッコミ。
だって、ひとりなんだもん。


010オムライス全景.jpg

ほいほい、出てきた。
おー、美しい!
昔ながらの、モロなオムライス!
もう一回言うけど、モ・ロ・な・オムライス。

011オムアップ.jpg

んー、中身がよくわかんない。
玉ねぎ以外のものが入っているのかな?
でも、うまいよ!

012オムスプーン上げ.jpg

それから、これはフツーのオムとは決定的な違いがあるねー。
玉子焼きが厚いんだよ。
フツーは、薄くてピラピラか、または、厚くてトロトロだよね。
でも、ここのはそのどっちでもなくて、“厚くてズッシリ”!
“玉子焼き感” がたっぷり楽しめるねー。
なるほど、そうかあ。
こういうアプローチもあるんだなー。

んー、これは、昔ながらのモロなオムライスじゃなくて、
“毛呂なオムライス”
なんだあ。

ちゃんちゃん。

大変おいしゅうございました。

013コーヒー.jpg



駅に向かって歩いていると、さっきは気付かなかったけど、
こんなのが・・・

014駅前本屋01.jpg

015駅前本屋02.jpg


× さ × の
驛 前 本 屋
實篤書[印]


・・・って書いてある。
1行目は、「皆 さ ま の」だろうね。

実篤、といえば・・・・!
おお、そうか、武者小路実篤のことだろ!
そういえば、「新しき村」って、
この辺にあるんじゃなかったっけ?

大正時代だかに、武者小路実篤が提唱して作った、
自給自足、場合によっては無政府主義で生きようとする、
ヒッピーのコミュニティみたいなとろこだよね。


-----------------------------------------------------------------------

<代表挨拶>

新しき村のホームページをお開きになった方に、
私達の身近な友としてご挨拶を送ります。
しかしながら私達はお目にかかったこともなく、
お話ししたこともありません。これからがあなたとを
結ぶ大切な会話に、そして橋渡しにとなってゆきます。
本文にもでてくると思いますが、新しき村の出来たのは
大正七年で、平成二十六年の今年で九十五年になります。
そのことをご存知でしたでしょうか。以下は新しき村の
概要を一からご案内するつもりでご紹介してまいります。

私は講演などで新しき村をお話しするとき、
「新しき村は理想的社会を作ろうと願うものです」と
お話ししています。(そんなことが…)と思われる方が
多いと思いますが、理想的社会の第一条件は、自分が
理想的な生き方をしてゆこうというのがその第一歩です。
自分だけよければいい、他人はどうなっても構わない。
そんな手前勝手なものでなく、新しき村の目指している
ものは【自他共生】の世界です。心のままに生きることが
互いに通じ合える生き方を求めての世界です。ですから
他人を思い通りにしなければ満足できないという人達は
ここには居りません。自分を磨いてゆくこと生長させて
ゆくことは私達の生き方の中心になっています。
武者小路実篤の提唱によって始まった運動ですが、その
【新しき村精神】を基準に自他共生の世界を目指しております。
新しき村精神についてはおいおい話してまいりましょう。
(石川清明)


<新しき村の概要>

新しき村は、武者小路実篤が提唱した、
新しき村の精神に則った生活をすることを目指して、
その活動を続けている。

その精神とは、

・全世界の人間が天命を全うし、各個人の中にある自我を
 生長させることを理想とする。
・自己を生かすため、他人の自我を害してはならない。
・全世界の人々が我らと同じ精神、同一の生活方法をとる
 ことによってその義務を果たし、自由を楽しみ、正しく生き、
 天命を全うすることができる道を歩くように心がける。
・かくのごとき生活を目指すもの、かくのごとき生活の可能性を信じ、
 また望むもの、それは我らの兄弟姉妹である。

新しき村の現況は、つぎのとおりである。(2013年)

所在地:〒350-0445 埼玉県入間郡毛呂山町大字葛貫423番地1
電話/FAX:049-295-5398
土地:所有地約10ヘクタール、借地約3ヘクタール
村内生活者:13名
村外会員:160名

生産的な事:卵、シイタケ、米、野菜、茶、筍、竹炭などの生産、
      販売をしています。
      土地改良材としての鶏糞も販売しています。
文化的な事:新しき村美術館を公開するとともに、
      所蔵品の貸し出しを行っています。
      機関誌『新しき村』を毎月発行、
      また自費出版を中心とした出版事業も行っています。
建物:公会堂兼食堂(580㎡)、新しき村美術館(250㎡)、
   新しき村ギャラリー(200㎡)のほかに住宅、作業場、鶏舎。

-----------------------------------------------------------------------
※ 新しき村HPより http://atarashiki-mura.or.jp/

おおー、いまでもあるんだねー。





♪ Angels We Have Heard On High / Sixpence None The Richer



メリー・クリスマス!!