FC2ブログ

ゆらゆら草

もう少し感受性を働かせれば、毎日がスペシャルになる。そう自分に言い聞かせて、 いろいろ感じたことを書きとめてみよっと。

リアルバレンタイン  


001酒チョコ四兄弟.jpg


そりゃさー、
「ヘタな舶来ものなら、日本製のほうがうまいよなー」
って言ったよ、言ったけどさー・・・

なにも、“酒チョコ四兄弟” にしなくたって・・・


002酒チョコ四兄弟.jpg


あ・・・でも、うまい。







♪ ピロートーク / オフコース




こたつのある映画館、リターンズ  


001こたつのある映画館.jpg


002こたつ.jpg


003上映中.jpg



【炬燵(こたつ)】

【炬】(キョ、コ)国字
かがりび、たいまつ、かがり

【燵】(タツ)国字
いろりをやぐらでおおって、布団を掛けて暖をとる器具

【こたつの語源】
こたつのやぐら部分が牛車の乗り降りに利用する踏み台「榻(しじ)」
似ていることから「火榻子」と漢字表記し、それを禅僧が唐音で読んだ
「火榻子(くゎたふし)」に由来すると考えられている。
起源は室町時代の禅宗が考案し、広めた物と考えられている。
※「知泉Wiki」より

004榻.jpg





♪ また君に恋してる / ビリーバンバン





♪ さよなら涙 / ビリーバンバン







005木とマンション.jpg



006カフェ.jpg


細く暗い通路の奥に  


29日から、すべてのクライアントが休みに突入。
後は、僕が年明けまでに承り案件をやっとくだけ。(苦)

まあ、電話やメールがバンバンくることもないし、
昼間にメシでも食べに行っかー、というわけで、
散歩がてら出かけたんだよ。

「どこにすっかなー」と考えてすぐに思いついたのは、
あの「栄華」だぜ。
所沢近辺ローカルの “入るのにかなり勇気のいる店” に
心当たりのある人なら、すぐにピンとくる中華食堂だよね。

いつも「行くぜー」なんて思っているんだけど、
仕事やなんやかんやで忙しくて、
ココロの準備をしっかりできなかったりすると、
なかなか行く気になれない店
とでも言いましょうか、
気合いの必要なところ。

そう、クライアントが休みのいまなら、
絶好のチャーンスなのだ!
というわけで、スタコラサッサ(死語)。


001赤い実.jpg

002赤い実.JPG

002赤い実.JPG


スカッと晴れているけどキンと寒い中、とうちゃこ。

004栄華.JPG

ところが、これだ。

005栄華お休み.JPG

お休み。
でもさ、これって年末年始休業の掲示に見えないよね。
いつからいつまで、って書いてないし。

フツーなら、“今日だけ休み” の書き方だけど、
悪く考えれば、いつまで休むかわからないぞ
ってとることもできるよね。

「エイガよ、お前もか」
なんせ、パパママショップならぬ、ジジババ食堂だからなー。
一日も早く “あの栄華の日々” を取り戻してほしい。

006栄華看板.JPG

不安な気持ちのまま、「なら、気合いの必要な店・その2だ」
ってことで、「プロペ通り」方面へ。



007プロペ通り.JPG

008くるま入口看板.JPG

「くるま」の看板のあたりに、
“スキマのような通路” があるはず。

009くるま通路入口.JPG

これだ!
これは、しょんべん横丁のような通りじゃないんだよ。
ビルの中なのだ。
プロペ通りを歩く人々は完全に無視、
もしくは見て見ないフリ?

建物の中に、長屋式に店が並ぶ寄り合い所帯なんだな。
昔は、たまに見かけたよね。
「〇〇市場」とか「〇〇ショッパーズ」とか言って、
魚屋とか、八百屋とか、豆腐屋とか、肉屋とかが
並んでいる長屋店舗。

010通路中.JPG

011通路の店.JPG

あやしいっしょ?
5~6軒入れるテナントのうち、
当該店のほかは夜しかやってない飲み屋が2軒、
あとは閉店状態。

012くるま看板.JPG

それにしても、「くるま」とはなんだ?
「くるま屋」でも「くるま家」でもなく、「くるま亭」でもない。
「くるま庵」、「くるま軒」、「くるま食堂」、「くるま園」、
「くるま苑」、「くるま菜館」、「くるま飯店」、「レストランくるま」、
「レストハウスくるま」、「カフェテリアくるま」、「グリルくるま」、
「ビストロくるま」、「オーベルジュくるま」、「トラットリアくるま」、
「リストランテくるま」、「タベルナくるま」、「オテル・ドゥ・くるま」、
「シェくるま」、「食彩くるま」、「食房くるま」、「味処くるま」、
「くるま茶房」、「くるま茶屋」・・・でもなく、ただの「くるま」なのだ。

「土屋」とか、「田村」とか、「ジョナサン」とか、苗字だったり、
「中野」とか、「淡路」とか、「北海道」みたいな地名だったりするのは
あまり違和感がないけど、「くるま」みたいな一般名詞は珍しいよなあ。
「くるま」って店名がありなら、「自転車」とか、「バイク」とか、「乳母車」
だってありってことになるよねぇ。

店主が、カーマニアなのか?
店主の苗字なのか?
駐車場なんてひとつもないし。
ま、いいけど、今度、聞いてみよっと。

013メニュー.JPG

014メニュー.JPG

015メニュー.JPG

016メニュー.JPG

017メニュー.JPG

018メニュー.JPG

019メニュー.JPG

020メニュー.JPG

021メニュー.JPG

入口の横に貼ってあるメニューを見てびっくり!
ラーメンと蕎麦と定食が数種ある、立ち食い蕎麦屋みたいなとこ
かと想像していた
んだけど、なんと、すごい品数!
中華、めん類、和定食、洋食、サラダ、焼き鳥、つまみ、酒・・・
なんでもありじゃんか。


022店内.JPG

店内に入ったら、これまたびっくり!
なんと、広い
喫煙可席は、4人掛けテーブル × 6卓と2人掛けテーブルが2卓。
禁煙の別室には、4人掛けテーブルが5卓もある!
フルに入ったら、50人近くも入れるじゃん。
クルママニアの店でもなかった。

えーっ?
あの細くて昼間でも薄暗い通路、「たむろ禁止」の張り紙のある
通路の奥に、こんなパラダイス?!
これまで、この通路にはだけは入っちゃいけないと
無視してプロペ通りを歩いてきた自分が恥ずかしい。

023マンガ.JPG

漫画も新聞もどっさり。
完璧。

客もさまざま。
サラリーマン風、地元の高層マンションに住んでいそうなおじ様、
昼呑みのとっつぁん、ガテン系の二人組、子供を連れた家族、
中年カップル・・・。
畏るべき、懐の広さよ。



店主は、白髪で長めのオールバックの初老の方。
同じく初老の女性がお冷を持って、オーダーを取りにきたよ。

僕は、反射的に「オムライス!」とたのんでしまった
オムライスがあるのか確かめていなかったし、
入口のメニューを見て、「味噌チャーハン」というのに
しようと心に決めていた
のに。
早く作れるはずのランチサービスの定食があるし、
他のお客さんたちも、みんなサバ味噌定食とかをたのんでいるのに
めんどくさい客と思われたに違いないなー。

ほどなくして、オムライス到着。

024オムライス全景.JPG

ほ、想像通りの姿。
しかし、玉子液を多めに使って半生に仕上げたとろとろ具合は
確かな腕とみた。

025オム食べ.JPG

うまいよー。
うむ、典型的な昔ながらのオムライス。
もやし&ワカメの味噌汁とキャベツののサラダつき。

12時40分頃。
そうこうしているうちに、どんどん混んできた。
4人掛けテーブルに4人座っているわけではないけど、
喫煙可席も禁煙席も、ほぼ満席!

驚いたのは、僕の正面に座った女子二人組。
お洒落な20代OL・未婚、って感じだな。
ポニーテールの一人は中条あやみ、
もう一人はストレート&セミロングの佐々木希。

ウソだろ、って?想像におまかせしますよ。
でも、どうせ想像するなら、かわいいほうがいいっしょ?

薄暗い店内が、スポットライトで明るくなった気がしたよ。

一人は「麻婆なすみたいなおかずの定食」、
もう一人は「モツ煮定食」を頼んでいた。
淡い桃色のニットに白いスリムフィットパンツに
パンプス履いて、足を組みながら、大き目のご飯茶碗を持って、
箸でモツ煮を突っついている姿はなかなかステキな光景だったわ。
(じろじろ見てんなよな)



客がどんどん来る中、初老のお二人の切り盛りを見ていたら
痛ましい感じがしてたけど、いつの間にか、30代前半と思しき
朗らか女子と、むすっとした20代後半くらいの男子も登場


娘&息子なのか?嫁なのか、娘婿なのか?
女子のほうは、厨房も任されているようだ。
とにかく、機動力アップ!

「ああ、よかった、この店はまだまだなくならないんだな」
と思って店を出た。


026サンフレッチェ.JPG





★本年もいろいろありがとうございました。
新年もぼちぼちお付き合いくださいませー。






♪ 366日 / 上白石萌歌





♪ どんなときも。/松岡茉優





♪ 時代 / 白戸家




よいクリスマスを!  


001イチョウとモミジ.jpg





002クリスマスリース.jpg





003サンタたち.jpg





004パルコのツリー.jpg





005月.jpg





♪ 1st X'mas Eve / 平松愛理





♪ Someday Somewhere / TULIP





♪ 生まれ来る子供たちのために / オフコース





♪ Thank God It's Christmas / Queen




にせ?鬼まんじゅう  


001鬼まんパッケ.jpg

近所の「西友」にてゲット。


002鬼まん全体.jpg

でも、ほら、やっぱり「蒸しパン」な感じでしょ?


003鬼まん分割.jpg

5mm角くらいに切ったサツマイモがちらほら。
鬼度というか、ゴツゴツ度が全然ないですねー。
明らかに、生地が主役ですねー。

黒っぽいのは、サツマイモの皮だろうね。


004鬼まん分割アップ.jpg

まんじゅうの中心には、“あんこ” が。
これにもサツマイモの角切りが混ぜてあるけど、
あんは、いわゆる白あんだね、白いんげん豆のやつ。

ま、これはこれでうまいけど・・・







♪ 汐風のなかで / 鈴木康博





♪ 恋人よそのままで / 鈴木康博





♪ 荻窪二丁目 / 南こうせつ









005風力発電.jpg



006赤い実.jpg



007銅像.jpg


▲Page top