ゆらゆら草
もう少し感受性を働かせれば、毎日がスペシャルになる。そう自分に言い聞かせて、 いろいろ感じたことを書きとめてみよっと。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
大人が遊ぶ “砂場” もあるんだよ


H「最近、天ぷらものに凝っていて、本日は室町砂場の天もり。
この店が発祥というメニューだが、てえーしたもんだって感じ。」


室町砂場_天もり

おーっ、大御所登場!
「吾妻橋やぶそば」に続いて、『室町砂場』ですね。
老舗名店が近くにあっていいなあ。
江戸蕎麦の粋を楽しめましたか?
あ、“てぇーしたもんだ” って表現に、その答えが出ていますねー。

僕にとって、“砂場”は最近までとてもミステリアスな蕎麦屋だったんだよ。
だってね、高校卒業までの18年間は、田舎で砂場の看板なんか一度も見たことなかったし、
東京に出て来てからも、蕎麦屋を気にしてたわけでもないし、
近所にも “砂場” はなかったからね。
あ、いや、いまでも “砂場”のこと、全然知らないんだけどさ。

だいたい、僕は “室町砂場の天もり” もまだ食べたことがないんだなー。
ふとどきもんの蕎麦好きですなあ。
室町砂場の天もりといえば、天もりのパイオニアだもんね。
おか天ではなくて、甘汁にドボンとかき揚げを浮かべて、蕎麦は冷たいもり、というスタイル。
夏場に暑くて、蕎麦屋のドル箱メニューの天ぷら蕎麦が売れなくなるのをなんとかしようと
考えられたものらしいよ。

“砂場”といえば、東京のすべての蕎麦屋の頂点、というとちょっと違うか、
東京のすべての蕎麦屋の元祖、みたいなブランドなんだからねー。
かんだやぶの創業者だって、元は「中砂」っていう砂場蕎麦屋をやってたくらいだから。
室町砂場の天もりを食べたことないなんて、お恥ずかしいですわ。

僕は、“さらしな”というと、手ぬぐいの「さらし布」を思い出して、
何か蕎麦の作り方かなんかだと思ってた。
“やぶ”は文字通り、竹藪かなんかが店のそばにあったんだろうな、って想像がつくよね。

でも、“砂場”って何よ。
最近は、犬や猫がうんこすると幼児にとってばっちいので、
金網で囲まれた公園の砂場があるけど、そんな悲しい風景しか想い浮かばないけど、
って程度だったんだな、これが。

しかしだ、蕎麦屋の “砂場”は、ホントに砂のある砂場のことだったのだ!
蕎麦屋の “砂場”は、もともと建築用の砂置き場だったところにできた蕎麦屋だから
“砂場”という呼び名がついたんだそうだ。

その砂場は、豊臣秀吉が大坂城建設を始めた時に作られた、砂や砂利や建設資材置き場のことだと。
そのあたりを“砂場” という呼び名で呼んでいたらしい。

それで、大坂城建設着手の翌年の1584年には資材置き場で職人に食事を提供するための蕎麦屋があった、
という有力な説があって、それが日本初の「蕎麦屋」だ、
ということになっているみたいだけど、真偽がはっきりしないらしい。

でも、記録では “蕎麦切り” 自体はそれより10年も前にあったことが確認されているし、
そのエリアを “砂場” という呼び名で呼んでいたことは間違いのないこと。

秀吉が作った大坂城とともに豊臣氏が滅ぼされて、
徳川による大坂城が完成した1629年に、空き地になった砂置き場に、
幕府が「新町」として遊郭街を作ったそうだ。お上公認だよ。
その辺がやっぱり俗称で、“新町砂場”と呼ばれていたみたいだね。

そこは後に、江戸の吉原、京都の島原、大坂の新町と呼ばれるほどの
一大欲望産業エリアになったそうだ。
いまの大阪市西区新町の二丁目と三丁目のあたり

記録では、その “新町砂場”には2軒の人気麺類屋があったそうだ。
「和泉屋(いずみや)」「津国屋(つのくにや)」
庶民に “砂場の蕎麦屋” という呼ばれ方をして、
そのうち屋号じゃなくて “砂場” で通るようになった、
というのが『砂場』の起こりらしいね。

1700年代や1800年代に発刊された書物を比較すると、
この2つのどっちかが、記録に残る日本最古の『砂場』ということらしい。

つまり・・・

① 記録に残る日本最古の蕎麦屋は、江戸ではなく大阪にあった
② 記録に残る日本最古の蕎麦屋は、『砂場』である
③「和泉屋」と「津国屋」のどっちかが砂場の第一号店


・・・ということになるわけだ。

でもこれは、あくまで “記録に残る” であって、当時の有名店という意味に近いと思うな。
だって、当時の大坂や江戸の繁華街には、蕎麦やうどんを食べさせる屋台や茶屋がたくさんあったんだから。

江戸で初めて蕎麦屋の『砂場』の文字が登場するのは、1751年に発刊された「蕎麦全書」とのこと。
有名な日新舎友蕎子の著作で、「薬研掘大和屋大坂砂場そば」という店名が出てくるらしい。
ここでも、砂場が大坂発祥であることがわかるよね。

だけど、この「大和屋」が、最古の「和泉屋」や「津国屋」と関係あるかどうかはわからない。
ただ、1629年から1751年の間のどっかで、大坂から江戸に『大坂砂場そば』が進出してきた
ということは確かなわけだよな。

1751年以降の書物では、いまの中央区に “砂場” のつく蕎麦屋があったことや、
「浅草黒舟町角砂場蕎麦」という店があったことなどが確認されているから、
1700年代後半には、江戸にもけっこうな数の “砂場”があったはずだよね。

1800年代になったら、当時の書物に登場する “砂場”の数もふえて、
「茅場町すなば大坂屋」とか「久保町すなば」、「砂場そば 糀町七丁目砂場藤吉」、
「砂場そば茅場町定吉」、「砂場そば深川御舟蔵前須原屋久次郎」、「兼房町砂場安兵衛」、
「浅草黒舟町角砂場重兵衛」、「本所亀沢町砂場兵蔵」なんかがあるんだけど、
このうちの「久保町すなば」が、いまに残る『巴町砂場』で、
「砂場そば 糀町七丁目砂場藤吉」が、いまの『南千住砂場』
でも、どれも、大坂のどこの砂場とつながりがあるのか、わからないらしい。

茅場町のすなばや浅草黒舟町の砂場は、どこへ行っちゃったんだろう。
その人たちだって、江戸時代から続く東京の砂場の元祖であるはずなのに。

というわけで、いまも続く江戸の砂場の系列は、2本あるということになるねぇ。

「久保町すなば」は、元々、徳川家康が名付けたとされる御用屋敷街の久保町というところにあった。
町屋立ち退きの命令が出て微妙に引っ越したりしてるけど、
いまだにずっと東京都港区にある愛宕山の近くにあるのだ。
明治になって町名が巴町になってから、店名が『巴町砂場』に変わった。
現在のご主人(萩原長昭氏)で15代目!
これが、2本の系列うちの1本。

もう1本の系列は、その「砂場そば 糀町七丁目砂場藤吉」だけど、
1813年にはもう存在してて、1848年には江戸の名物のひとつとして超有名店になってたとのこと。
いまの千代田区麹町4丁目あたりにあったらしいんだけど、
麹町は江戸城外堀の四谷見附より内側だから、当然、
フツーには町屋を建てられない武家屋敷町のまっただ中だし、
当家が持っている江戸時代の資料に、1831年に長岡という名字が書かれているから
ただの蕎麦屋ではなかったと考えられているんだそうだ。

その名店が、12代目の紋次郎の時に財テクで失敗して、大正元年に南千住へ移転して
いまの『南千住砂場 砂場総本家』となった
んだって。
平成25年現在のご主人、長岡孝嗣さんは14代目!

『巴町砂場』と一緒に江戸蕎麦・砂場のルーツを背負っているなんて、スゲーな、って感じだけど、
どうも、趣味蕎麦の店として高級路線を進んでいる巴町とは正反対で、
めちゃめちゃ庶民派路線を突っ走っているらしい。
庶民の足・都電荒川線が近くを走っているのとは、関係ないと思うけど。

ところで、その南千住砂場の前身「砂場そば 糀町七丁目砂場藤吉」は、
江戸から明治の動乱期もものともせず生き残り、「本石町砂場」「琴平町砂場」の2店も生んだ。

「本石町砂場」は、最初、慶應年間(1865~68年)に暖簾分けで高輪の魚籃坂に出店した後、
明治2年に日本橋に移転してできた店

これが、なんといまの『室町砂場』。
その室町砂場から、親族により昭和39年に生まれたのが、いまもやってる『赤坂砂場(室町砂場赤坂店)』

「琴平町砂場」は、明治5年、「砂場そば 糀町七丁目砂場藤吉」の職人だった稲垣音次郎が
暖簾分けしてもらって出した店で、これが、Hくん日用の『虎ノ門 大坂屋 砂場』

いまの建物は、大正12年に建てられて平成7年に改修も加えられたものだけど、
場所は、明治5年の創業の時から変わっていないというからすごいねー。

関東大震災を生き残り、大正ロマンをいまに伝える、文化財に指定してもいいくらいの木造3階建てが、
地区再開発事業に巻き込まれて、もうじき移転閉店するらしいよ(平成25年2月現在情報)。
たいへんだ!1回一緒に行ったけど、もっともっと行っとかなくちゃね。

今度、休みの日にでも、都電に乗って南千住砂場に行ってみないかい?
室町や虎ノ門の本家だよ。
けっこうがっかりする人も多いらしいんだけど、
それもまた一興かなって思うんだけど、どうかなあ?


●『室町砂場』
03-3241-4038
東京都中央区日本橋室町4-1-13 砂場ビル
月~金 11:30~21:00(L.O.20:30)
土 11:30~16:00(L.O.15:30)
定休日/日・祝


“藪” で嗜む東京の正月、いいなあ
2013年が明けて、Hくんが郷里から赴任先のこっちへ帰ってきた。
今年は、だいたい4日か7日から仕事始めがフツーだからなあ。

H「さっそく、お気に入りの吾妻橋やぶで天ぷら蕎麦を肴にゆるりと一盃。
この店は午後2時ごろから混むので不思議。酒ニーズが高いと思われます。
ちなみに並木やぶの前を通りましたが、長蛇の列。
蕎麦屋はゆるりと酒を飲みつつ蕎麦をたぐるのがいいので、
いかに名店といえども、敬遠しちゃいます。」


6日に行ったんだね、『吾妻橋やぶそば』
「並木藪蕎麦」ともなると、松の内でも長い行列ができるんだねぇ。
お気に入りなんだ、吾妻橋。
それは、初耳だねー。

“やぶ”って、「藪蕎麦」とか「藪そば」とか「やぶそば」とか「やぶ」とか「藪久」とか「竹藪」とか
やけにいろいろあるけど、何がホントなんだ、って気持ちで、
吾妻橋やぶそばを、ネットで調べてみたっけ・・・

1990年か91年頃に、「かんだやぶそば」で長年やってきた名人・梅岡二郎さんが独立して、
アサヒビール本社の近くで開店したのが始まりだそうだ。
その後、2009年11月13日に場所を少し移動させてリニューアルオープンした店とのことだねー。
へーっ、“かんだやぶ“ のバリバリの暖簾分け店なんだ。

「並木藪蕎麦」に長い行列ができていても、駒形橋を渡るだけで、
すっかり“藪”のかたちになっちゃってる口を満足させることのできる店
、とのこと。
なんか失礼な感じの言い方だけど、実際、そりゃ助かるわなあ。
Hくんも、自然とそんな使い方を見つけていたんだね。

2009年のリニューアル移転から、完全手打ちにしたそうだ。
そうそう、かんだも並木も池之端も一部機械打ちだと言うのは周知の通りだけど、
そこまでは伝統を守る必要はないよねぇ。
麺の太さも、それに合わせて蕎麦汁の味も、藪御三家とは微妙に違うらしいよ。
いやいや、機械打ちはまずいという意味じゃないス。
僕は、うまけりゃ、なに打ちであろうと気にしないタイプ。
でも、“吾妻橋“が完全手打ちだというのは魅力ですなあ。

「なぜか午後2時以降に混み出す」と書いているけど、
アサヒビール本社横時代から、蕎麦前を目的で来る客が多かったとのことだから、
昼飯タイムを外して呑みに行く人が多いんじゃないかな。
なんせ、11:30~16:00までの通し営業だから、
呑もうと思えば午後2時頃に来るしかないということかもしれないね。

リニューアルしてから1年間くらいは、天ぷらがなかったらしい。
建築上の問題だったとのことだけど、いま時そんなことってあんのかねぇ。
いまは、藪伝統の芝海老のかき揚げが以前のままに復活した、
ということで写真の天ぷら蕎麦なんだねー。

吾妻橋やぶそば_天ぷらそば

うまそうだね!
このガリッと揚げるのが、藪らしいところなんだろうね。
これは、“甘汁でもう一回煮る“のとは違う独自のやり方なんだね、きっと。
ココのは“かんだ“よりうまい、という意見もあるようだよ。

いいなあ、藪のこの天ぷらは死ぬまでに一度は食べてみたいなあ。
あと、鳥わさとかつ煮!
菊正の燗で、サクッとやってみたいな。


藪蕎麦のハナシが出てきたので、
どっかで書いとこうと思ってた藪蕎麦の歴史でも、以下。

藪蕎麦の“藪”とは元々は蕎麦屋の屋号ではなく、
ホントに竹藪の中にあった蕎麦屋だから愛称として呼ばれていたものらしい。

それは1700年代の江戸時代のことで、
東京・池袋の近くの雑司谷の鬼子母神にあった2軒の人気蕎麦屋のうち、
門前茶屋だった方と、ちょっと離れた竹藪の中にあった方を区別するために、
竹藪の方を “藪の内そば” とか “藪の中爺がそば” と呼んだことから生まれたペットネームだとのこと。

この“藪の内そば”を、鬼子母神にお参りに来た人が、行く時に注文を入れといて、
帰りにちょうど通りかかる頃に蕎麦を作ってもらっといて食べて帰る、
という使い方をする人も多かったそうだ。

この元祖“藪の内そば”は、戸張喜惣次という主人がやっていて人気を博していたけど、
1818~30年(文政)の頃に廃業したのではないかと言われているそうだ。
その頃には、江戸のあちこちに「藪そば」を冠した蕎麦屋があったそうだ。
江戸にはよっぽど竹藪があったのと、語呂のいい粋な呼び名が流行ったんだろうね。

この雑司谷の“藪の内そば”は、いまの“かんだやぶそば”とはどうも関係ないようだ。
つまり、この店から分家が生まれていたとしたら、
かんだやぶとは別の由緒ある“藪”が存在しているはずだねー。

その後、江戸にたくさんある藪そばの中で群を抜いたのは、
深川藪之内の「藪そば(藪中庵)」という蕎麦屋だったとのこと。
幕末から明治にかけて名店として人気があったらしいんだけど、明治に入った頃には、
千駄木の団子坂にも大人気の “藪”「蔦屋(通称:千駄木やぶそば)」があって、
その2店が肩を並べていたという記録が残っている。

深川の藪は、明治37年頃に廃業したと思われて、
千駄木・団子坂の藪「蔦屋」も明治39年頃に、支店を残して倒産したそうだ。

深川藪の流れは、もうどこにもないんだろうか。
雑司谷系列も深川系列も資料が残っていないので、
現在まで支店を残しているこの千駄木団子坂「蔦屋」系列が、
やぶそばの正統なルーツとして語られているのが現状みたいだね。

「蔦屋」は、天保4年(1833年)の記録では、伊勢安濃津藩の武士だった山口伝次郎が創業者で、
武家をやめて町人として親戚の苗字である三輪姓を名乗って始めたというのがあるけど、
下野(栃木)出身の武士が創業者だとする説もあって、はっきりしないようだ。

でも、千駄木の団子坂の中ほどに「蔦屋」という蕎麦屋があったことは複数の記録からして間違いなくて、
それが「藪そば」とか「やぶそば」とかと呼ばれていたことも文献に残っているそうだ。

明治時代の「蔦屋」は、敷地面積が1500坪を越える屋敷のような店で、
坂を利用して仕事場と客室が複数立ち並び、敷地内には人口の滝まであったそうだ。

売り物の蕎麦は、今とはまったく違って、挽きぐるみのいわゆる田舎蕎麦で、
うどんくらいの太さ
があって、コシも東京一ではないかと言われるくらい強かったとのこと。

器類は、邸の周りがその名の通り竹藪だったので、蒸籠や箸、土産用のつゆ入れの筒などに
竹細工が用いられていた
のが特徴的だったそうだ。

その「蔦屋」には、神田の連雀町(現在の淡路町のあたり)に支店があって、
明治13年に、堀田七兵衛という人物がこれを譲り受けることになって、
これがいまの『かんだやぶそば』の始まりとなったそうだ。

この時点で「雑司谷・藪の内そば」はすでに消滅していて、
「千駄木団子坂藪そば・蔦屋」と「深川藪そば・藪中庵」とこの「連雀町藪蕎麦」が、
東京の藪そばのベストスリーと当時の書物に紹介されている。

先に書いたように、「深川藪そば・藪中庵」は明治37年頃になくなったと言われていて、
明治39年頃には、隆盛を極めた「千駄木団子坂藪そば・蔦屋」も財テクに失敗して廃業したから、
その後は、“藪そば”といえば、蔦谷の暖簾を継いだ神田連雀町のことさすようになったとのことだ。

おもしろいのは、『連雀町藪蕎麦(現・かんだやぶそば)』の創始者の堀田七兵衛は、
元は「砂場」系の蕎麦屋をやってた
こと。
江戸時代に林立した“藪蕎麦”の中から、“藪”のルーツを引き受けることになった店に、
“砂場”のDNAが入っていることだ。
「連雀町藪蕎麦」を引き継ぐ前まで、堀田七兵衛は浅草蔵前の「中砂」という砂場の4代目だったのだ。
堀田家が大阪の砂場をどうやって東京に継いできたかは、不明らしいけど。

その後「連雀町藪蕎麦」は、関東大震災と第二次大戦を経て、堀田七兵衛の次男・平二郎が継いだ。
三男に勝三というのがいて、京橋の支店をやっていたのだけど、
浅草並木町に元々あった団子坂藪蕎麦(=蔦屋)の支店「藪金」に、
26歳の時に移転させられて店を任せられた。
それが、いまの『並木藪蕎麦』
だそうだ。

その堀田勝三の長男の平七郎が、日本橋三越支店を経て“並木“を承継。
昭和29年に勝三の三男の鶴雄が上野池の端の新店を任せられたのが、『池の端藪蕎麦』の始まり。

この “神田連雀町(かんだやぶ)”“浅草並木”“上野池の端” が、
初代・堀田七兵衛の血縁直系なので、「藪御三家」と呼ばれているんだね。

さらに、明治25年に「連雀町藪蕎麦」が初めて暖簾分けしたのが鵜飼安吉の『藪安(現 上野藪そば)』
明治37年に暖簾分け第二号店として開業したのが多田与四太郎の『浜町藪そば』
初代七兵衛の妹4人のうちの1人の娘が、大正になって七兵衛の弟子と結婚して出したのが『泉岳寺藪そば』

この他、直系・暖簾分け含めて、本郷、浅草、日陰町、銀座、人形町、京橋、日本橋、
本駒込、三田、芝浦などに“千駄木団子坂→神田連雀町系“藪蕎麦は展開したけど、
戦後までにみんな廃業しちゃって、御三家プラス「上野」、「浜町」、そして「泉岳寺」が残ったというわけ。
(以上『蕎麦屋の系図』岩崎信也 光文社知恵の森文庫 参照)

Hくんお気に入りの『吾妻橋やぶそば』は、何店目か僕はわからないけど、「上野」、「浜町」と並ぶ、
「神田連雀町藪蕎麦(かんだやぶそば)」のれっきとした暖簾分け店
なんだなあ。

“藪”というと、クロレラ入りの緑色の細くて弾力のある麺と塩辛い蕎麦汁を思い出すけど、
分家の御三家も暖簾分け店も、それぞれ工夫が進んでいて、
伝統を守りながらも少しずつ違う味やメニューが愉しめるらしいね。

僕は“藪”は、デパートに入ってた「かんだやぶそば」の支店の
“せいろう”を食べたことがあるだけなので、もちろん、興味もりもりですぜ。
今度、一緒に“かんだ”に行ってみよっか、高いけどねぇ。


●『吾妻橋やぶそば』
東京都墨田区吾妻橋1-11-2
03-3625-1550
11:30~16:00
ランチ営業、日曜営業
定休日/月曜・火曜
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.