なまりを隠すのは、むずかしいっぺよ


NHKの朝の『ひよっこ』を観ていると、思い出すことがあるんだよ。
北関東なまりを聞くと、必ず思い出すんだよね。



学生時代、誰かのアパートにアルバイト仲間で集まって
音楽聴きながら、酒でも呑んでダベっていたんだな、たしか。

新潟出身のイズミくんが、ふと言ったんだよ。
「スズキくんよー、おめーは、バッカなまってんなー」
(こいつも、なまってる)

そしたら、栃木出身のスズキくんは、
「なにこいてんのぉ、
おらぁ、全然なまってねぇっつったよ
田舎に帰ってしゃべったら、
東京に住んでっからって、おめーはなに気取ってんだあ、って言われんだぞー」

・・・だと。

全員 「だから、それがなまってんだべー!」
スズキ「いやいや、なまってねぇっつったら、なまってねぇーつう
全員 「・・・・・・」


その数秒後、スズキくんはみんなの不穏な空気を察したのか、
“なまりをいじくる鉾先” を秋田・大館出身のフジワラくんに向けたのだった。

スズキ「なまってるっつたら、やっぱ秋田がすごいんじゃねー、
おにぎりのこと、なんつったっけ?」
フジワラ「・・・だまっこ」

スズキ 「先生のことは?」
フジワラ「・・・ひぇんひぇ」
全員、「がははははー!」


この大館まげわっぱめー!
というわけで、なぜかみんなでフジワラくんを小突き出したのだ。

誰かが弾みで脇の下を突っついた時に、フジワラくん異常な暴れ方!
そこは弱いのだと言う。
そんなことを聞いてしまって、やめるいなかっぺがいるわけがない。
手足を押さえつけて、横手のドカ雪のようなくすぐり攻撃だー。

こ~ちょ、こちょ、こちょ、こちょ・・・・・・・
フジワラ「ぐええええええーっ、死ぐー、
やめてけれ、やめてけれーっ!」

全員「わははははー、なまってる、なまってるー」

その時だ、フジワラくんはこう言ったのだ。
かゆい、やめてけれー、かゆいーっ

「お、ちょっとやめれ、やめれ」
おもわず、みんなは攻撃の手を離した。
つかりこ「なんだとー、
大館ではくすぐったいことを
“かゆい” って言うのか?

フジワラ「んでね」
つかりこ「じゃ、なんで “かゆい” って言ったんだよ?」
フジワラ「・・・・・」

つかりこ「くすぐったいことを大館では、なんて言うんだよ?」
フジワラ「・・・・・」
つかりこ「んー?なんて言うの?」
フジワラ「・・・・・こちょまて」
全員「ぷっ」

つかりこ「なら、なんで “かゆい” って言ったの?
フジワラ「みんなが言葉ばバカにするから、なまりが出ないようにって
標準語に訳したんだけど・・・
あんまりにもこちょまでぐで・・・
翻訳まちがった

・・・だとさ。

全員「ぷぷぷ、ほー、けっこう余裕あったんじゃないかよー」
“横手のドカ雪くすぐり” が再開したのは言うまでもない。



かゆい.png




♪ 秋田音頭


1663年頃からあると言われている、ザ・ジャパニーズ・ラップミュージック。
お国自慢やエロい歌詞を、アドリブで演ったりするんだそうだ。
めっちゃ、ノリがいいよね。



↓ シモネタ大バーゲン!「ウソみたいなホントの話」過去ログ ※テキストリンクです

● 上石神井駅のトイレ
● 謎の境界線
● ボディコンの性質 ①
● ボディコンの性質 ②
● きゃっち話。
● 大腸内視鏡検査でわかったこと
● ゾーッ話。~ ホントにあったコワイ話



コメント

非公開コメント

がははははは(^◇^)
翻訳間違った、は良いなあ。

アタシも、自分では訛っていない気でいるけれども、
実は、かな~り訛ってるんだろうなあ。あははは。

ちなみに、アタシの出身県の山形県では、”くすぐったい”ことを
”こちょびたい”
と言います。おほほほほ。

方言っていいですね♪

フジワラくん、最高ですね!(笑)

秋田の方言って何だか可愛いですね♪
長い付き合いのネット友達が秋田人ですが、
標準語そのものです(活字だから?)
普段は方言でしゃべっているんだろうな^^

つかりこさんは標準語かしら?^^

No title

岐阜県(といっても広いのですが・・・)の言葉は、
理解できないほどなまっていないと思っていました。

が、東京出身の嫁をもらった友人がいて、その嫁の前で友人と
会話していたら、嫁が言うのに、二人の会話って理解できない!
マジか!?

東濃弁はこちら↓

東濃弁ってこんな感じやらぁ~
http://www.eva.hi-ho.ne.jp/ichikawa/tonoben/syoukai.html

理解できませんね~、というか、どう言うのかわかんないですよね(笑)

あー、ずずねー

最近は訛りって身近で聞くことないですが、昔 職場にいた年配の男性が、何かをこぼして服が濡れた時の「あー、ずずねー」の衝撃!忘れられません。どこの言葉がわかりませんし、普段会話する相手ではなかったので、未だに謎のまま頭にこびりついています。

こんにちは

北関東の訛りは、どこか温かみがありますよね。
私の母も北関東出身なので、同じような訛りを聞くと親しみを感じちゃいます。
大学時代、寮生活で全国各地の人がいましたが、意外に兵庫県出身の子の話が
聞き取りにくかったのを思い出します。

おはようございます。

うふふ(^_-)-☆
地方の言葉って面白いですね。

こてこての地元の言葉は、大切に使っています。
○○弁の神と言われています。

訛りってわかりづらいですが、ほのぼのとして良いですよね。

いや、私も「意味がわからない」とよくい言われます(*^_^*)

Re: きたあかりさん、コメントありがとうございます。

> がははははは(^◇^)
> 翻訳間違った、は良いなあ。

↑でしょ、でしょ?
くすぐられて苦しい状況の中で、
なまりを出さないようにとするいじましさが
かわいらしいでしょ。

ちなみに大館の彼は、将棋4段の秀才です。

> アタシも、自分では訛っていない気でいるけれども、
> 実は、かな~り訛ってるんだろうなあ。あははは。

↑この前は、全然気づかなかったですねー。
少し気を付けているとけっこう隠せますよね。
でも、かなり意識しないと自分でも気づかないででしまうのもあるんですよ。
中でもやっかいなのは、イントネーションです。
ウチの田舎では、「コーヒー」とか「包丁」とか「イス」などは、
↑コー↓ヒー、って前にアクセントがあって、
ずーっと標準語のアクセントだと思っていたので、
知人に突っ込まれるまで何年も方言だと気づかなかったです。

> ちなみに、アタシの出身県の山形県では、”くすぐったい”ことを
> ”こちょびたい”
> と言います。おほほほほ。

↑おほほほほ、かわゆいですねー。
ウチの田舎では、「こちょばい」、「こそばい」ですかね。
“こちょ・・・” がポイントですねー。

Re: 方言っていいですね♪

ももこさん、コメントありがとうございます。

> フジワラくん、最高ですね!(笑)

↑でしょ?
いいやつなんですよ。
方言を出さないように話しているせいで、
会話のレスポンスがあまく、ゆっくり話すので愚鈍な人に見られがちでしたが、
将棋4段で頭脳明晰、スポーツもうまいすばらしい人でした。

> 秋田の方言って何だか可愛いですね♪
> 長い付き合いのネット友達が秋田人ですが、
> 標準語そのものです(活字だから?)
> 普段は方言でしゃべっているんだろうな^^

↑実際に「音」で聞いてもかわいいですよ。
ものの名詞に「・・・っこ」ってつけることが多くて、
あどけない感じです。
それから、「さしすせそ」が「ひゃ、ひぃ、ひゅ、ひぇ、ひょ」
「かきくけこ」が「たちつてと」に変わることが多くて、
これもまた子供みたいでかわいらしいんです。
(秋田人に怒られるかなあ)
あ、ちなみにウチの親父は、秋田出身なんですよ。

最近の人は、テレビやネット等で標準語に慣れ親しんでいるので、
文章などではほとんど方言は出ないんでしょうね。
佐々木希ちゃんなんかは、秋田便の「あ」の字もないですよね。
でも、秋田弁を話す佐々木希ちゃん、かわいいかもですね。

> つかりこさんは標準語かしら?^^

↑はい、ぼくはソフィスケイテッドされているので、
NHKのアナウンサーもびっくりの標準語ですよう。(笑)
てーかー、ウソ、ウソ。
北海道弁ですねぇー。
よく北海道には、あまり方言がないと言われますが、
んー、けっこうあるなあと思います。
しかも津軽弁をはじめとした東北弁はもちろん、
北関東、関西、九州のなまりもかなり混じっていると思います。
例えば、雨のことを「↓あ↑め」って発音したり、
それはオレがやってあげるという時に「オレがやっちゃる」と言ったりするなど、
関西や九州の方言もバリバリ混じっています。
北海道は植民開拓地なので、そうなったんでしょうね。
それで、なまじっか標準語に近いので、逆に全然とれない方言もあるんですよ。
僕は、いっちょ前に標準語を使うようにしてきましたが、
最近、トシを食ってきて恥じらいがなくなってきて、
方言も平気で使うようになってきました。(笑)

Re: バニーマンさん、コメントありがとうございます。

> 岐阜県(といっても広いのですが・・・)の言葉は、
> 理解できないほどなまっていないと思っていました。

↑はい、これまでに知り合った岐阜県出身の知人が2人いますが、
なまっている感じは全然しなかったです。

> が、東京出身の嫁をもらった友人がいて、その嫁の前で友人と
> 会話していたら、嫁が言うのに、二人の会話って理解できない!
> マジか!?
>
> 東濃弁はこちら↓
>
> 東濃弁ってこんな感じやらぁ~
> http://www.eva.hi-ho.ne.jp/ichikawa/tonoben/syoukai.html

> 理解できませんね~、というか、どう言うのかわかんないですよね(笑)

↑どへー、これは難しいですねー。
僕にとっては、とてもレアです。
どこにも似ていない言葉がけっこうありますね。
これでネイティブに話されると、その奥さん、
何言っているのかわからないとおっしゃるのがよくわかります。
へー、初めて聞きました。
斎藤道三とか竹中半兵衛もこういう言葉で話していたんでしょうかね。

でも、岐阜出身の知人、全然なまっていなかったなあ。
岐阜の人は、なまりを隠すのがうまいのかなあ。

Re: あー、ずずねー

びーさん、コメントありがとうございます。

> 最近は訛りって身近で聞くことないですが、昔 職場にいた年配の男性が、何かをこぼして服が濡れた時の「あー、ずずねー」の衝撃!忘れられません。どこの言葉がわかりませんし、普段会話する相手ではなかったので、未だに謎のまま頭にこびりついています。

↑僕も初めて聞く言葉でした。
ググってみたら・・・栃木方面の方言みたいですね。
「ゾクゾク、鳥肌がたつ」みたいな使い方みたい。
そのかた、濡れた服が肌にペタペタくっついて、
気持ち悪くてそう言ったんじゃないでしょうか。
または、濡れてホントに寒かったかでしょうね。

ふだん方言を出さないで話している人が、
ポロッと方言を出してしまう時って、
話している相手にかなりの親近感を持っている時なんじゃないかと
僕は想像しています。(僕もそうです。もしくはなまりのとれない人・汗)
そのかた、びーさんのことが好きだったのでは?

Re: こんにちは

里花さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

> 北関東の訛りは、どこか温かみがありますよね。
> 私の母も北関東出身なので、同じような訛りを聞くと親しみを感じちゃいます。

↑そうですよね。
僕は、いまでも栃木、茨城、福島出身の友達が何人かいますが、
下からしゃくるようなイントネーションがひょうひょうとしてて
それだけでほっこりしてしまいますよね。
この記事では、おちょくったみたいな感じになってしまいましたが、
実は僕は方言が大好きで、できるならがっつり取り組んで
研究者にでもなりたかったって思っているくらいなんです。(笑)

> 大学時代、寮生活で全国各地の人がいましたが、意外に兵庫県出身の子の話が
> 聞き取りにくかったのを思い出します。

↑鹿児島や宮崎、津軽、島根あたりは、
年配のかたたちがネイティブに話すと、
まったくって言っていいほど何を言っているのかわかりませんよね。

あ、兵庫県(神戸)の人の言葉が聞き取りにくかった経験、
僕にもありますよ。
あそこの言葉は、いわゆる関西弁なんでしょうけど、
僕の感覚では大阪弁より早口で、抑揚が少ない気がします。
それで、文字にしたとしたら大阪弁と同じ言葉でも、
聞き取れないということが生じたのだと解釈しています。

日野、八王子方面でも年配の方などは、独特な話し方をしますよね。
あの辺は、江戸時代は絹の生産と流通で栄えたところらしいので、
多摩西部(北多摩?)に共通した方言があったかもしれませんね。

Re: おはようございます。

Miyuさん、コメントありがとうございます。

> うふふ(^_-)-☆
> 地方の言葉って面白いですね。

↑おもしろいですよねー。
方言って、大和言葉の古語がその地域の環境などによって
変化したものが多いので、よく見ると意味のわかるものが
多いと思われますが、中にはいまではまったく見られない古語や
半ばその地域の流行語みたいなものもあって、
そういうやつは語源が全然わからないものもあるんですね。
また、鹿児島の方言などは、わざと幕府の人にわからない言葉を
創り出したと言われるようなものもあります。
その辺の言葉の語源を探ったりしたら、
すごくおもしろいんじゃないかと思います。

> こてこての地元の言葉は、大切に使っています。
> ○○弁の神と言われています。

↑あ、「おみゃーら」とか「ハヤシもあるでよ」とかですかね?
これも、なんで「みゃー」とねじれることになったのか知りたいですねぇ。

> 訛りってわかりづらいですが、ほのぼのとして良いですよね。
>
> いや、私も「意味がわからない」とよくい言われます(*^_^*)

↑今度、Miyuさんの記事で特集してくださいなー。

No title

はいさい!
つかりこさんのお嬢さんは方言しゃべりますか?
うちは違う地方出身者同士の核家族で
これまた違う地方へ移住したものですから
娘たちには方言が身に付かなくて
それがとっても残念だ! と娘たち本人が言っていました。
そんなこと言われて、
あぁ、方言てひとつの財産だなぁ
と思いましたよ〜。

シモネタ大バーゲン・・・ぷぷぷ。
私がつかりこさんに初めてお目にかかったのは
「上石神井駅のトイレ」でしたね。
あれから3年ちょい、懐かしゅうございます。

Re: さとちんさん、コメントありがとうございます。

> はいさい!

↑おー、そうだった!
何を言っているかわからない方言の大御所を忘れていました。
沖縄弁もルーツを調べるとおもしろいでしょうね。

> つかりこさんのお嬢さんは方言しゃべりますか?
> うちは違う地方出身者同士の核家族で
> これまた違う地方へ移住したものですから
> 娘たちには方言が身に付かなくて
> それがとっても残念だ! と娘たち本人が言っていました。

↑やー、ウチの娘はまったく方言を話さないですねー。
てか、話せないと思います。
ツレ方の九州の実家には、ちょくちょく行っているので、
あっの言葉は知ってはいるはずですが、
うつっちゃっているということはないですねー。

> そんなこと言われて、
> あぁ、方言てひとつの財産だなぁ
> と思いましたよ〜。

↑そうですよね。
せっかく両親が方言を話せるんだから、
外では英語、家では日本語の在外日本人の子女のように
育てれば良かったかもですね。(笑)
バイリンガルとかトリリンガルとか、自慢しちゃったりして。

> シモネタ大バーゲン・・・ぷぷぷ。
> 私がつかりこさんに初めてお目にかかったのは
> 「上石神井駅のトイレ」でしたね。
> あれから3年ちょい、懐かしゅうございます。

↑はい!そうでした。
「上石神井駅のトイレ」のコメを読むと、
さとちんさんのはじめましてコメントがありますよねー。
あれから僕たち、大切に愛を育てて今日まできました。(笑)
これからもどうぞよろしゅうお願いいたします。
(銀婚式かいっ)

3年かあ!
時の経つの早すぎだわー。

東北訛りに魅かれます

九州から上京し、今の職場でも多くの東北人にお世話になってきましたが、職場ではほとんど東北訛りは聞かれません。私も当初は抵抗がありましたが、九州以上に神奈川に長く住んでいると「じゃん」と平気で使ってしまってます。地元博多で使おうものなら「きさん、魂を売ったとや(貴様、魂を売ったのか)」と言われるでしょうw。『ひよっこ』は観ていませんが、最近ハマっているジャズ漫画『Blue Giant』の主人公も仙台人。九州出身ということもあるのでしょうが、その東北訛りに魅かれます。大阪や博多の言葉は角が尖がった感じがしますが、東北弁は角が丸い。でもその訛りで朴訥と真理を呟やかれると、関西弁よりも九州弁よりもドスが効いている気がします。

ありがとうございます

検索すればいいものを全然気づかず、長年気になってました。確かにあれは、ずずねかったんだと思います! 好き?!、、、私は恋愛には鈍いのでなんだかわかりませんが。
私は、気を許した人には毒舌まくし立てる悪い癖があります。

Re: 東北訛りに魅かれます

papayoyoさん、コメントありがとうございます。

> 九州から上京し、今の職場でも多くの東北人にお世話になってきましたが、職場ではほとんど東北訛りは聞かれません。私も当初は抵抗がありましたが、九州以上に神奈川に長く住んでいると「じゃん」と平気で使ってしまってます。地元博多で使おうものなら「きさん、魂を売ったとや(貴様、魂を売ったのか)」と言われるでしょうw。

↑そういえば、ご実家、九州の北のほうでしたよね?
ウチのカミさんの実家は八幡西区なんですよ。
いまでは、僕もカミさんも魂捨てて「〇〇じゃん?」なんて話しています。(笑)

> 『ひよっこ』は観ていませんが、最近ハマっているジャズ漫画『Blue Giant』の主人公も仙台人。
> 九州出身ということもあるのでしょうが、その東北訛りに魅かれます。大阪や博多の言葉は角が尖がった感じがしますが、
> 東北弁は角が丸い。でもその訛りで朴訥と真理を呟やかれると、関西弁よりも九州弁よりもドスが効いている気がします。

↑papayoyoさんは、やさしい方なんですね!
僕の知っている九州人や関西人は、東北なまりを嫌いな人が多いんです、
「野暮ったい、アホっぽい」と言ってね。
東北の人は、方言を気にしてついゆっくり目に話す人が多いようで、
そのために「トロい」人に見られがちのような気がしますが、
でも、ホントは早口の人は早口だし、行動やアタマの回転が遅いなんて
ことはないんですがね。
あと、東北や北海道の人の言葉使いって、角が丸いことが多いですね。
例えば人に命令する時でも、「やめろ」と言わずに「やめれ」と言います。
これは、すばり命令形ではなくて、下一段活用の仮定形なんですね。
やめれ(ばいいんじゃないか)などの省略で、柔らかい言い方なんです。
どういう風土からそうなったのかわわかりませんが、
ずばりモノを言わない習慣があって、そこんところが
ポンポンものを言う西日本の人にはもどかしいのかもしれませんね。
でも、たぶん怒っている人の言葉は東北人には東北の言葉が一番こわいかもしれませんね。
それはどこの地域でも同じに違いないですよね。
僕のまわりには、関西弁が一番ドスがきいているやろとか
博多弁が一番おそろしいやろとか言う人がいますが、
僕にはどちらもあまりこわくないですねぇ。
やはり、故郷のヤクザの言葉がなまらおっかねーす。

Re: ありがとうございます

> 検索すればいいものを全然気づかず、長年気になってました。確かにあれは、ずずねかったんだと思います! 好き?!、、、私は恋愛には鈍いのでなんだかわかりませんが。
> 私は、気を許した人には毒舌まくし立てる悪い癖があります。

↑あ、「クラスのいじめっこ男子ですねー」。
いませんでした?好きな女の子に意地悪する男子。
好きだから接触したいんでしょうけど、
つい意地悪しちゃうんですよね。(僕は違います・汗)
きっと、照れ隠しなんでしょうね。

毒舌 vs 方言で、愛を確かめあったら、
まわりで聞いている人はびっくりするでしょうね。(笑)

> 例えば人に命令する時でも、「やめろ」と言わずに「やめれ」と言います。
沖縄もそうなんですよ〜!いっしょ、いっしょー。

> これは、すばり命令形ではなくて、下一段活用の仮定形なんですね。
> やめれ(ばいいんじゃないか)などの省略で、柔らかい言い方なんです。
そうだったのね?! さっすがつかりこさん物知り☆
なんで「れ〜」なんだろ?とずっと不思議に思っていました。
柔らかい言い方なんですね!なんか嬉しいさ〜♪

毎度だす..

こんにちは 
秋田ネタ、サンキュでした!。
でも近頃の若い人は、殆ど方言を使わないし、ナマリもないみたい
ですから、酷いナマリの子に出会うと、愛おしくなっちゃいます!。

あっ、今更ですが、今後共….です、

Re: さとちんさん、コメントありがとうございます。

> > 例えば人に命令する時でも、「やめろ」と言わずに「やめれ」と言います。
> 沖縄もそうなんですよ〜!いっしょ、いっしょー。
>
> > これは、すばり命令形ではなくて、下一段活用の仮定形なんですね。
> > やめれ(ばいいんじゃないか)などの省略で、柔らかい言い方なんです。
> そうだったのね?! さっすがつかりこさん物知り☆
> なんで「れ〜」なんだろ?とずっと不思議に思っていました。
> 柔らかい言い方なんですね!なんか嬉しいさ〜♪

↑ でしょ?おもしろいですよねー。
特に「物知り」ということもないんですよ~。
調べるのが仕事みたいなもんですからね。
広告やパンフレットをつくる時に調べた
雑学的な知識がちょっとは貯まるんですよ、
ひろーく、あさーくね。

あ、沖縄でも「・・・れー」って言うんですね。
そういえばこの言い方は、
わりと日本中に広がっているかもしれませんね。

うちなー言葉や返還前のできごとのことなど、
今度ゆっくり聞かせてくださいねー。

Re: 毎度だす..

pipco1980さん、コメントありがとうございます。

毎日のようにおうかがいしておきながら、
いつも読み逃げしておりすみませんです。
音楽は大好きなのですが、好みが広くも深くもなく、
なかなか畏れ多くてコメントしずらいのです。
それから、もともと引っ込み思案でもあるので
バツグンにおもしろいpipco1980さんの記事を
ただただ読みに専念させていただいておりました。

音楽を演る、創るほうに関わってらっしゃったお話、
とても楽しいです。
私も、宣伝ではありますが、SMEさんのアーティストの
楽曲セールスに時々からんでいるんですよ。
昨今は、デジタルデータのダウンロードの時代となり、
まだまだマーケティングモデルを模索中のようです。
制作現場やツアーの現場のことは全然知らず、
アーティストと会うことも滅多にないので、
pipco1980さんのお話、とてもわくわく拝読させて
いただいております。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
あ、自身にも言い聞かせなければいけないところですが、
夜更かしや、不規則な生活はホント健康によくないですよねぇ。
大きなストレスにならない範囲で、ぼちぼちブログ更新
いたしましょう、お互い。
(あ、僕はぼちぼち過ぎですねー、すんません)

> こんにちは 
> 秋田ネタ、サンキュでした!。
> でも近頃の若い人は、殆ど方言を使わないし、ナマリもないみたい
> ですから、酷いナマリの子に出会うと、愛おしくなっちゃいます!

↑ 秋田弁をちゃかすような記事になってしまいましたが、
けっしてバカにしているわけではないんですよ。
愛です、愛。
ウチの親父の方言でもあったので、愛おしいんですよね。
そもそも、北海道弁だって全然カッコのいいもんでもありませんし。
最近、親友の息子さんも秋田女性と結婚したところなんです。

> あっ、今更ですが、今後共….です、

↑ はい、これからもいろいろ教えてくださいねー。
どうぞよろしくお願いいたします。

初めまして~

お話とても面白くて笑いながら読んじゃいました
特に 「上石神井駅のトイレ」
手に汗握る緊張感がたまらなかったです(笑)

ちなみに私、親の仕事の関係で(公務員)北海道生まれですが
高校入学のときは大館でした(実家)
秋田は3年しか住んでいませんが方言はなかなか覚えられなくて
・・・って北海道も結構な訛りがありますよね?
その後東京の学校に行ったので上石神井等の地名が出てくると懐かしいです

さらにさらに私も広告関係の仕事を少ししていたので
何となく奇遇だな~と思っちゃいました
つかりこさんの文章は抜群に人をひきつけますよね~
ブラボ~~!楽しいです

・・・っと、初めてなの長々と失礼しました~
また遊びに来ますね

Re: 桜子さん、コメントありがとうございます。

> 初めまして~

↑ 桜子さん、初めまして。
ご訪問ありがとうございます!
くいしんぼなので、ちょくちょくそちらに寄らせていただいておりますが、
いつも、読み逃げばかりですみませんでした。

> お話とても面白くて笑いながら読んじゃいました
> 特に 「上石神井駅のトイレ」
> 手に汗握る緊張感がたまらなかったです(笑)

↑ わーい、そう言っていただけて、とてもうれしいです。
ひどい(おもしろい)体験でしょ?
多目的トイレの非常ボタンには、要注意ですよ。(笑)

> ちなみに私、親の仕事の関係で(公務員)北海道生まれですが
> 高校入学のときは大館でした(実家)
> 秋田は3年しか住んでいませんが方言はなかなか覚えられなくて
> ・・・って北海道も結構な訛りがありますよね?
> その後東京の学校に行ったので上石神井等の地名が出てくると懐かしいです
>
> さらにさらに私も広告関係の仕事を少ししていたので
> 何となく奇遇だな~と思っちゃいました

↑ へぇ~、奇遇奇遇!
僕は秋田県にはに住んだことはないのですが、
親父が秋田市出身でして、行ったことはあるんですよ。
それで、北海道生まれでしょ。
東京の学校に行ったのも、広告関係の仕事も一緒ですねー。
おまけに、去年は仕事で仙台と石巻に10回くらい行ったんですよ。
なんだか、奇遇がめっちゃ重なっていますよねー。

> つかりこさんの文章は抜群に人をひきつけますよね~
> ブラボ~~!楽しいです
>
> ・・・っと、初めてなの長々と失礼しました~
> また遊びに来ますね

↑ やー、喜んでいただけてホントうれしいです。
更新が遅くて大変申し訳ないのですが、
これからも、ぼちぼちなが~くお付き合いくださいませ。
ありがとう!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます